Blog

2021年弾き初め即興につき 

 

今年に入ってからまたエネルギーがシフトしましたね。 

 

集合的なエネルギーの流れもあるんでしょうね。 
それは宇宙的な流れとも言えるだろうし。 

 

そんな流れの中で個人的に最近は内側の平和、愛、情熱にさらに意識を 
フォーカスするようワークしています。 

 

その一環としてこの地球と宇宙のエネルギーとつながることがあります。 

 

具体的には、最近は早朝5時台位に起きて太陽が昇る7時過ぎには 
外に出てウォーキングします。 

 

晴れた日には、昇ったばかりの太陽をエネルギーフィールドと体内に 
取り入れることで体を活性化し、自律神経、免疫力や体力を向上させる 
ことができます。 

 

太陽を拝みながら、好きなアファメーションやマントラを唱えます。 
そうやって波動の高い言霊を潜在意識と体内に響き渡らせます。 

 

そしてウォーキングの締めにストレッチで体をほぐし、 
最後にレイキのレネルギーを体に充満させます。 

 

こうしたルーティンがまた自己ヒーリングの相乗効果としても 
抜群にいいことがわかりました。 

 

それだけでなく、そうやって太陽や空や大地や木々植物と繋がることを 
意識したり、朝の新鮮な空気から得られるプラーナを取り入れたり 
すると次第に心からの感謝の気持ちや祝福を感じれるようになります。 

 

すると日々のシンプルなことに幸せを感じれたり、満たされたりという 
感覚が増してきたように思います。 

 

コロナ以前はよく旅もしてたし、色々ものを買ったりとか外側の活動や 
行動が多かったように思うけど、実際はそんなに外出しなくても、 
物を買わなくても今ここに必要なだけのものは与えられてるんだなーと 
感じることは多々あります。 

 

それは結局豊かさの感性が養われたということに尽きるのかと思います。 

 

そう言った意味において、このコロナによる環境や状況の変化は 
色んな感情的揺さぶりや、変容を促されましたが、その分成長した部分が 
大きかったように思います。 

 

きっと世界はまだしばらく混沌としてるんじゃないかと予想されますが、 
それも含めて与えられた今生での尊い命いなので、ポジティブな創造活動に 
活かしていきたいですね🌈 

 

と言うことで前置きあいかわらず長いですけど本題です😆 

 

今年最初にYouTubeアップロードした音源の紹介です。 

 

愛ギターで演奏した即興作品になります。 

 

もうルーフトップは流石に寒いので、部屋で弾いてます。 
映像は演奏動画の代わりに花達の写真を散りばめました。 

 

即興ですけどなんとなくタイトルを付けたくなったので、 
イメージ的なものを言葉にしたらこんな感じになりました。 

 

​”Flowers Of Life"​ 

 

まあいわゆる神聖幾何学のフラワーオブライフにも掛けた言葉なんですが 
日々散歩しながら植物やお花達と繋がったり、うちの胡蝶蘭と繋がったりして 
生命の尊さや美しさを表したらそんな言葉になるのかなと思います。 

 

ここでのフラワーは美しさ、尊さ、豊かさ、愛、などに置き換えられる言葉です。 

 

生命の美、尊さ、豊かさ、愛、、、 
それらに繋がり気づくことが自分の魂を蘇らせるものだと思います。 

 

花たちはその象徴でもあり、そういった存在そのものなんですよね。 

 

そして人ひとりひとりの命もまた然り、、ということですね✨

 

 

 

 

 

昨日のウォーキングの時に撮った朝日はとても輝かしく清々しかった。

 

 

 

この日は夕日のタイミングでもウォーキング。 
とにかくいい天気で気が良かったから外に出ずにはられなかった。 

 

気とかエネルギー的には早朝のエネルギーの方が空気が新鮮だし、 
静かだから、やっぱり朝の方をお勧めしますね。 

 

でも夕暮れのトワイライトはまたそれで美しいから目を離せない。

 

 

 

 

胡蝶蘭と新年のお初物 

 

先日紹介したうちの胡蝶蘭、あれからまた蕾が開いて 

花がどんどん咲いてきてる。 

 

見た所開花してるのは7つほどで、あと3つほど蕾が 

咲こうとしてる。 

 

満開になるとちょうど10になるんだー✨ 

 

でもなんか茎から別の若い枝も生えてきているので 

ひょっとしたらそこからも花が咲くかもしれない。 

 

なんかお花が咲いてこんなに嬉しい気持ちになったのは 

初めてかもしれない。 

 

今まで種からお花を咲かせたことも数えるくらいだけど 

何度かあって、それはそれで嬉しかったけど、今回は 

ひときわ喜びが大きい。 

 

蘭の花だからだろうか。 

 

それもあるだろうけどと一度咲いてから枯れ落ちて、茎だけになって 

あんまり期待してなかったんだけど、たまにお水をあげてたら 

再び枝が生えてきて花が咲いて、、、 

 

また花が咲いた時期がグレートコンジャンクション 

の時期にも重なったのも喜びをいっそう高めてくれたのかもしれない。 

なんか植物から元気やいいバイブや教えをもらってる。 

 

命って尊いなって感じさせられる。 

 

その尊い命は、もちろん自分自身も当てはまる、 

自分が尊い存在なんだって教えてくれてる。 

 

そして人類も、すべてのこの地球に存在してるものすべても。 

 

 

この花はおれのために存在してくれてる。 

 

「生まれてきてくれてありがとう」 

そんな感謝の気持ちが湧き出てくる。

 

人間の一生からしたらほんの少しの儚い命だけど最高に美しくって 

おれの目の前に生き生きと輝いて生きてる姿が崇高に感じられる。 

 

その様に自分を尊ぶということを教えられているよう。 

 

自尊心、自己愛の学び。 

 

命あるものすべてが神聖で尊い。 

 

 

 

 

年が明けてからのお初行事。 

 

 

それはギターの弦交換。 

 

おれの今持ってるナイロンのギターはCordobaってやつ。 

 

いままで所有したギターの中で一番気に入ってると思う。 

 

もともとナイロン弦ギターでは結構有名なメーカーで 

調べたところカリフォルニアのサンタモニカで創業したらしい。 

 

コスパがめっちゃよくって、音もいいし弾きやすい 

今時ギターも1000ドル以下でも全然いいパフォーマンスする 

ギターはたくさんあるけどこれもその一つ。 

 

いや下手したら200ドルくらいでも普通にいいんちゃうやろか。 

おれの最初のナイロン弦ギターは100ドル台(1万円台)だったけど、 

そのギターでソラリスの最初のアルバムも、ソロアルバムも 

録音したよね。 

 

下に音源紹介しておきます。 

 

昔から基本ギターの値段って料金が高ければいいってものではないと 

思ってるから、そんなにオーダーメイドで5000ドルとか10000ドルとか 

するやつって興味ないですね。 

 

基本あまり手入れとかするほうじゃないから、そんな高いギター買ったら 

湿度とか調整するの気を使ったりするのも面倒だし、 

ボディーにヒビとか入ったらショックだろうから、 

もし買えたとしても買わないですね。 

 

 

 

それはそうと、年が明けてまもなく弦が切れて交換した。 

 

おれも手入れ苦手なのに加えて、古い弦の音も味があって 

いいと思ってるからあまり弦の交換とかしないんだけど、 

今回は3弦が切れたのは驚いた😆 

 

普通1弦かせいぜい2弦くらいの細い弦が切れるのはあるけど 

3弦が切れたってのはよっぽど使い熟してたんだというのと、 

ええ加減に替えーよとギターの神様に言われたような気がした。 

 

あのセントラルパークの夏の日々をずっとこの弦で 

弾きまくってたからかなり消耗してたに違いない。 

 

なのでめっちゃ久しぶりに弦を替えた。 

 

そしたら気持ちよくってスッキリした。 

 

それは髪の毛を切りに行った後の爽快感とも似ていた😆 

 

新しい弦で爪弾くと音が伸びてクリーンやなーって 

気持ちよかった。 

 

やっぱもう少し楽器のケアもしてあげんにゃね✨ 

 

その100ドル台ギターの音が聴ける曲はこちら 

 

"Song Farewell" 

 

1998年録音。 

最初のソロアルバム”Invisible" から。

 

 

 

 

ということで後は年が明けてからのセントラルパークの 

冬の風景をご紹介します。 

 

こっちには神社がないので、おれの気持ち的には 

セントラルパークがお参りに行く場所のような感覚がある。 

なので初詣のような気持ちでここの自然のエネルギーを 

受け取ってきました。 

 

 

 

1月2日だったこの日は気温10度前後だったので 

そんなに寒くはなかったけど少し風は強かったので 

雲の動きが早かった。 

 

 

 

小川のエリアで岩場に寝そべってエナジーチャージする。 

 

 

 

湖のほとりでも太陽エネルギーで新年のエナジーチャージ。 

 

この時そばにアメリカン女性がウクレレ弾きながら  

ポップソング歌ってたのでプチハワイアンな気分もありで  

楽しめた。 

 

 

まえ雪が降った時に来た時とはまた違う風景。 

 

 

 

おれも去年とは全く違う自分に生まれ変わってるのを感じる✨

 

今年また新たな人生を切り開いていこう🌈

 

 

 

正月のオススメ動画 

 

2021年1月1日正月 

 

あけましておめでとうございます🌅 

 

今年もよろしくお願いします🙇‍♂️ 

 

ニューヨークは日本とは現在14時間差で遅れているので 

ラインで日本の知人にコンタクトしてると、足早に 

あけましておめでとう、ってまだこちらは大晦日の真っ只中で 

言ってたりして、これも当たり前なのだけど正月は特に 

年の節目で不思議な感じになります。 

 

大晦日は近所の日本食材屋さんにいっったら鰊(にしん)の煮魚を

売ってたのでそれを年越しそばに乗せて食べたりしました。 

 

友人と年越しそばはどうやって食べるのって話をしてて、 

鰊そばというものを初めて知った矢先、お店に行ったら 

いきなりそれが目についたので、これは買いだなって感じで 

食べてみたら美味しかったです✨ 

 

最近就寝時間がかなり早く、10時前後にはもう眠たくなるので 

大晦日も起きては年越せないなと思ったらやっぱ11時くらいには 

寝てしまった。 

 

そして5時くらいに目が覚め、元旦の初早朝ウォーキング。 

 

そして初日の出を拝みに外に出た。 

朝は澄み切った空気で太陽が光り輝いてた。

 

 

 

今日は正月だし、なんかダラダラモードでのんびり過ごすのに 

最適なおれが最近よく見る動画のオススメをいくつか紹介します。 

 

まずは数日前に初めて知ったこの名コンビ。 

 

生まれはロシア、育ちは日本のロシア人コンビで 

ゲイのブラスと女性のアレちゃん。 

 

この二人の関西訛りの掛け合いがかなり笑える。 

 

ブラスはゲイらしいおしゃべり好きで、とても頭良くって 

かつ下ネタトークがよく出てきたりして、笑わかしてくれる。 

 

二人とも子供の頃から日本に移住してきてとても日本語自然に 

話せるし、かつロシアの文化もよく理解してるから、その文化の 

相違を面白く話してくれる。 

 

ここに貼ってある動画は結構問題作だったらしく、 

ロシア人女性のこと結構ディスってるのだけど、ただディスるんじゃなくって 

面白おかしくユーモアあってかつリアリティーもあって楽しかった。

 

 

 

 

次に紹介するのは現在1歳になったばかりのパグのパスタと 

アラサー男豆腐のコンビの動画。 

 

パグはめっちゃ可愛いのだけど、このパスタはスペシャルに可愛いし 

イケメンの豆腐さんがまた撮りかたも演出も上手なんだよね。

 

 

 

おれお気に入りの回。 

 

近所のペキニーズ、ハッピーちゃんとおやつを取り合ってたら 

ハッピーちゃんが怒って、それでいきなり凹むパスタが可愛すぎる☺️

 

 

 

次のオススメはこれは結構前から有名な猫動画らしいいんだけど、 

スコティッシュフォールドのマル😺

 

マルは無表情なんだけど遊び好きで、狭い箱やコンテナーに入るのも 

面白いんだけど、ここの動画はマルが雪ソリに乗って遊んでる光景。 

 

自分で体重乗せて滑らせて遊んでるのが可愛い。

 

 

 

 

旅ログでよく見るのは、このショー太さんとスコットランド人の 

ルースさんのカップルがバンで寝泊まりしながら日本中を旅するもの。 

 

彼らのいく先々の自然の景色も美しいし、旅先の名産品や食べ物の 

紹介、バンでの生活なども魅力だけど、このカップルの仲良いのが 

いい感じ。 

 

ルースさんはキュートで日本語も上手くなってて、しょー太さんとの 

コミュニケーションが面白い。 

 

少し前の北海道編も楽しかったけど、ここでは宮崎県の自然の中で 

キャンプしてるのを紹介します。

 

 

 

自然豊かで美しい。 

 

そんな日本の素晴らしさと、ふたりの素朴さ、楽しんでる感じが 

伝わってくるのでお気に入りです。

 

 

 

よかったら楽しんでください。 

 

おれももっと人生エンジョイしよ✨🌈

 

 

正月に贈る曲はネイティブアメリカンフルートをフューチャーした

 

The Circle Prayer

 

300

 

 

 

 

 

2020年最後の満月 

 

蟹座の満月は今年最後の満月か。 

 

今年の夏至の日は蟹座の新月だったことを考えると、この蟹座のテーマっていうのは 
きっと大きいものだったんだろうな。 

 

家族とか仲間、愛情、感情。 

 

個人的にそれらのことをたくさん学んできたように思う。 

 

自分の中にある愛とそれに相反する恐れ。 
それに気づきながら毎日手放したり、浄化したりで変容を繰り返してきた。 

 

昨日も自己ヒーリングの締めにSacred Travelerカードを引いたら 
MIracleのカードが出てきた。 

 

実はこの前日もこのカードが出てきてて、 
その前にクライアントさんのセッションでも出てきてたから、 
驚きを飛び越して、恐ろしくも感じれ、この現象自体が 
ミラクルだなーって実感してる。 

 

ミラクルカード、最近本当に頻繁に出てくる。 
自分のために引くカードとしては10中6、7回は出て来てた。 

 

ミラクルは近いうちに起こり得るという事もあるかもしれないけど、 
本当は日々のいろんなことがミラクルなんだって伝えている感じもある。 

 

特にこの年末は必要に駆られて、自己ヒーリングを徹底的にやってて 
その変容具合は日に日に感じられるほどに変化のスピードも早まってるんじゃ 
ないかと思う。 

 

だから毎日がミラクルな日々を送っているんだと思う。 

 

セッションの時はいろんな他のカードもサポートで引いてみて 
その時に必要なエネルギーやメッセージを受け取ったりもする。

 

 

 

ミラクルと言えば、うちにおいてあった胡蝶蘭がまた花を咲かせた。 

 

この春5月くらいに買って約ひと月くらい花の咲いてるのを堪能してたのだけど 
それから枯れてずっと茎だけになっていたのだけど、 
先月くらいからまた茎のいろんなところから枝が伸び始め、 
グレートコンジャンクションの少し前くらいに花が開いた。 

 

また花開いてくれて嬉しかった✨ 
生命の豊かさ美しさを今ここで感じさせてくれる。

 

 

 

昨日のウォーキングは朝日のタイミングと夕方の夕日が沈むタイミングで 
太陽を眺め拝みながらエネルギーを受けながら歩いてた。 

日が沈んでまもなくまん丸なお月様がピカピカに輝いてた。 
蟹座の満月の光を浴びながら今年最後の満月のお月見。

 

 

歩いてる途中の近所のデコレーションはまだホリデーモード。

 

 

昨晩の満月の夕食 

ワインは最近赤のマルベックを好んで飲むかな。 

友人が自家農園で栽培した人参をおすそ分けしてくれたので 
それを蒸して、マヨネーズとハニーマスタードで和えたらめっちゃ美味しかった。 

 

それからホールフーズでかったチーズ、今回のはアタリだった。 

 

レッドポテトは始めゆがいて、柔らかくなりすぎる前に水を切って 
オリーズオイルで炒める。 
味付けは塩、ブラックペッパー、ローズマリーで。 

 

最近は時々肉系も食べるようになった。 
ソーセージもマスタードをつけてシンプルに。 

 

キャンドルはおれの手作りで、Spirit Candle って呼んでます。 
オーガニックのラベンダーとオレンジのエッセンシャルオイル 
の入ったソーイキャンドル。 

そんなワインの肴で満月の宴を一人楽しみました。

 

 

 

2020年ももう終わりだねー。 

 

最後はこの年に受け取ったあらゆる経験とその学びと成長と 
収穫の豊かさに感謝する時間にしよう。 

 

これを読んでくれている皆さんにも、ありがとうの気持ち送ります。 

 

応援してくれ、寄り添ってくれてありがとう✨ 

 

既に知っている友人やソウルファミリーもまだ見知らぬ人たちも。 

 

Blessing🌈✨

 

 

ユーチューブのリンク

 

セッションのページ

 

 

 

ニューヨークシティーのクリスマス 

 

 

​ 

先日24日はクリスマスイブだったのだけど、天気予報見るとあんまり 
天気が良くなくって風も吹いてたので街プラの予定をどうしようかって 
思ってたら最近近所に住んできた友人からテキストが来て、 
ブルーベリーパイをもらったから食べに来ないかとお呼ばれされた。 

 

スィーツにつられて、引越ししたばかりのアパートにお邪魔した。 

 

しかし家に入ったらなんか落ち着かなくって、 
フォスターしてる犬猫がいてそれなんかなーとも思ったけど、 
なんかエネルギー的に気持ちよくない感は拭えずに、 
しばらくして居た堪れなくなり、友人にぶっちゃけその旨を伝え 
部屋の掃除&スペースクレンジングを始めた。 

 

やっぱり引っ越したばかりの部屋だったから前の住人のエネルギーだったり 
置いていった家具だったり、過去のものが残っててそのエネルギーやら 
溜まってたものを捨てたりを結構短時間で断捨離&掃除&浄化した。 

 

​​​ 
運良くその場には浄化スプレーとチャイムというツールがあったので 
それらを部屋じゅうに流し、レイキのエネルギーを送ったり、 
ライトの位置や家具の位置を替えたりのオーガナイズしたりで 
かなり波動が落ち着いて、やっと居心地いい空間になった。 

 

友人も自分一人じゃできなかったからやってもらえて良かったと、 
喜んでもらえて良かった。 

 

これできっと運気の流れも好転するといいなー🌈

 

今年いろいろこの友人にお世話になったお礼も兼ねて 
人にギビングできるいい機会だったかなと思った。 

 

部屋の浄化や掃除や整理、結構大事ですねー✨ 

 

完璧にしすぎるのも疲れちゃうけど、適度にスペースをクレンジングしたり 
掃除するのは結局自分のためだし、居心地いいスペースで生活するのが 
このコロナ禍とても重要な事だと思います。 

 

ということで、街に繰り出したのは翌日25日のクリスマス当日。 

 

街のクリスマスムードはどんなんやろかと2020年年末の 
ニューヨークをひとり散策しにいった。 

 

やっぱり、例年と比べると圧倒的に観光客もいないし、レストラン店内では 
ディーナーもできないから人は少ない感はあったけど、 
5thアヴェニュー界隈は幾分クリスマスムードを味わうために訪れた 
家族連れやカップルなどがいた。 

 

クリスマス当日だったから開いてるお店も少なかったけど、 
お店のディスプレー、飾り付けなんかはさすがミッドタウンの5thアヴェニュー 
らしい派手さはあった。 

 

みんな頑張ってるなー。 

 

5thアヴェニュー沿いを歩き始める。 

 

高級ジュエリー店カルティエのビルディング、派手やな〜。 

かっこいいけど✨

 

 

 

クリスマス時期、いろいろ経緯あって教会に行くことがあった。 

 

やっぱクリスマスってキリスト生誕の日だしこの日こそ教会だろうって思ったから 
お参りしようと訪れたセントパトリック大聖堂。

 

 

 

 

 

ここは大聖堂って言ってるだけあって天井が高く広々して美しい✨

 

 

 

12月入ってかなりおもーいエネルギーが上がってきてた。 
それを手放せるように、自分を許すために教会に赴いた。 

 

今までほとんど教会なんて観光や見学にしか来なかったけど、 
うちの近所で歩きながら瞑想してたら、いろんなマインドが 
ふつふつと湧き上がってきたから、ミカエルにサポートをお願いしたら、 
教会って発想が降ってきた。

 

 

 

キリスト教で言う原罪って何だろうなって考察してみた。 

 

それはこの3次元での二元性を生み出す人の欲や恐れから生じる 
エゴなんだと思う。 

 

だけどそれが自分や相手を苦しめたり、傷つけたりもするから人は罪悪感という 
意識を備えて生きてるんでしょう。 

 

人は誰だって相手も自分も傷つけたりはしたくないし、幸せに生きたいだけ 
なのにね。 

 

でも自分の力ではどうしようもない人の性(さが)や業で自分や人を 
傷つけたり苦しめたりっていう事、人間なら多かれ少なかれ人生長く 
生きてたら起こりえる事じゃないでしょうか。 

 

そんな内なる葛藤が生じる時に人は罪悪感という意識に苦しむんだと思う。

 

 

 

だから自分の内に原罪というエゴをを持ち合わせた悲しい自分と 
それを許さない正義のジャッジを備えた厳しい自分が存在する。 

 

そしてその両極を調停するのが許し・赦しという作業なんだと思う。 

 

無条件に自分を許すという事ができる神聖な場所として 
教会は存在してるのかなって。 

 

それがいわゆる懺悔とかって言われるものなんじゃないかな。 

 

おれにはそう感じられた。

 

 

 

 

さて、教会を出て街プラを続けよ。 

高級デパート・サックスフィフスの装飾も煌びやか。

 

 

 

 

ストリート沿いのディスプレーがまた楽しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロックフェラーのクリスマスツリーは今年は人混みで混雑しなように 
柵が設けられていた。 

例年はごった返すこの近辺もこの通り。

 

 

 

ツリーを見学は出来たけど、その柵を入ってセキュリティーの人達の 
見守る中で入場できた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トランペット奏者のストリートミュージシャン 

この日は日中は10度以上あったからそんなに寒くなかったので 
演奏もできたと思う。 

この時とばかりにクリスマスソングを吹いてて、みんなチップを 
落として行ってた。

 

 

 

 

 

 

今噂のトランプ大統領の所有するトランプタワー

 

 

 

派手なショーウィンドウ

 

 

 

古い教会

 

 

 

 

 

 

赤いポストには​Letter To Santa​ って書いてある。

 

 

 

という事で、ニューヨークの街のクリスマスでした。 

 

それも過ぎ、もういくつ寝るとお正月って感じで早々と時は 
移ろいゆく。 

 

2020年は激動の年でした。 

 

世界的にはコロナの影響から政治経済の流れが大きく変わり 
それが人々に影響を及ぼしたのでしょうが、 
自分にとっては内側の意識の変容の年でした。 

 

世界的にも個人的にもこの年を境に大きく流れが変わっって 
行ってるって事を感じずにはいられないですね。 

 

そんな歴史的にも大きな変動の期間、 
みなさん一人ひとりの心の平和と安心を祈ってます。 

 

ハッピーホリデー✨🌈 

 

​The Age Of Aquarius, The Age Of Wind​

 

 

 

PS-キネシオロジーのセッションを承ってます。

 

 

 

 

グレートコンジャンクションの日のセッション 

 

​​ これを書いてるのはクリスマスイブの日。 

 

今日はできれば街に出てニューヨークのクリスマスムードの 
様子を見ながら散策したいなーと計画してる。 

 

コロナでレストランとかは店内で営業できないから、 
人がどれだけいるのか、賑わってるのか、、、 

でもおとなしいニューヨークのクリスマスも見てみたいし 
写真撮ってまた後ほどシェアしたいと思います。 

 

今日は再開した​キネシオロジーのセッション​を受けられた 
クライアントさんの感想メールをシェアします。 

 

キネシセッションを再開するとお知らせして最初のセッションが 
今回のSさんで、NY時間で12月21日の夕方でした。 

 

それは冬至とグレートコンジャンクションの日でもありました。 

 

このタイミングでセッションを申し込まれるのもすごいなーと 
感じましたが、それは彼女にとっても大きな変容の転機だったと思うし、 
私にとっても、再出発を記念するセッションだったと思います。 

 

久しぶりのキネシセッション、とても充実した、深いセッションが 
行えたと思います。 

 

自分が人の力になれること、力を与えれること、輝けること、 
そんな喜びを改めて実感できる機会でもありました。 

 

豊かさだなー✨ 

 

キネシをやっててよかった✨✨ 

 

ヒーリングやっててよかった✨✨✨ 

 

Sさんシェアリングありがとうございます🌈 

 

 

修さん、復帰おめでとうございますというか、 

戻ってきてくださりありがとうございました😊 

 

今まで生きてきて、もしかして一番辛くて 

人生のドン底なんじゃないかというような日々を 

ここ何日か過ごしていましたが、 

セッション後からは心が満ちていて穏やかなのがわかります。 

 

毎日娘と怒鳴り合いつかみ合いになり、 

母になるまでの選択をした自分を責め、 

そして良い親に慣れない自分を卑下していました。 

 

娘の性格もありますが、毎日ずっといびられて 

もう限界だとなりセッションを御願いしました。 

 

仕事も娘に邪魔されるし、部署内で人が変わったりと 

仕事が山積みでヤル気もなく、朝起きたくないほどで 

実際に先週は休みがちでした。どの方向を向いても余裕がなく、 

逃げ場もない感じで辛かったです。 

 

私のインナーチャイルド、頑なに心を閉じている感じで、 

最初声かけのほとんどに反応せず手強かったですが、 

産まれてきたことに対する罪悪感だった事には納得です。 

 

親を親として認めず、その上で良い子になり親を助け、 

存在価値をキープしていました。 

 

思い起こせば、疲れていても周りの世話ばかり焼いて 

自分のことは放ったからしにしていたのは、 

もちろん愛からくる部分もありますが、 

愛から来ていると思い込みながら存在価値を見出すため 

だったものもあったんだなと気づかされました。 

 

セッション後はとても心地が良いのです。 

 

カードのメッセージと修さんの助言通り、 

短い時間ですが翌日から朝に散歩をしています。 

 

とても気持ちが良いですし、 

何か何年も忘れていた平穏を取り戻した感じです。 

 

仕事も、他の人の仕事はその人がやれば良いと思うし、 

私もできる範囲でやればいいと思い、気が楽になりました。 

 

娘ちゃんとの関係は、今日辺りから劇的に改善し、 

仕事も邪魔されなくなりました。 

 

今までは、私の愛を感じ取ろうとして悪さをしてでも 

注意を引こうとしていたのでしょう。 

 

わがままにも寛容になった気がするし、 

何よりいびられないのは、私が自分を大切にしているからだと感じました。 

 

散歩もそうですが、自分の身体を大切にしたいのか、 

野菜も食べたくなりました。 

 

何ヶ月か炊いてなかったご飯も炊き、 

日本食スーパーに行って普段は自分のためだけになんて 

気がひけるなと思ってたイカの塩辛明太子まで買って食べた時は、 

本当に幸せでした。 

(Sさんはアメリカ西海岸在住でスカイプセッションでした) 

 

今までは周りのケアはしても自分のケアまで回らなくって、 

自分に一番に大切にされることがこれだけ心地よく 

幸せなんだと感じています。 

 

私は今自分に愛されていると断言できるし、 

その深い愛に感動もしています。 

 

こんな母に愛されてケアされている娘は幸せ者だとも思えます。 

今までは罪悪感からやっていた部分もあるので 

エネルギー的にどうだったかは疑問ですが。 

 

敏感な娘には、私のこういった内側の変容が伝わったんでしょう、 

違いを認識しなくとも感じ取り、ネガティブな共鳴が消え去ったようです。 

 

もう一つ。 

 

チューニングフォークを聴いている途中、 

 

「そうだ、お母さんを呼んで家事や子育て手伝ってもらおう!」 

と思いついたんです。 

 

これは、去年母側から提案され、 

ヘルプは必要なのに拒否してしまった経緯があるのです。 

 

去年の私にとっては、お母さんは好きでも、 

ヘルプになるとは到底思えませんでした。 

 

上手く説明出来なかったのですが、 

今思えば罪悪感の重みに耐え切れないと判断したのでしょう。 

 

カードからくるメッセージやシンクロもとても興味深かったです。 

 

状況はまだ変わりつつありますが、 

絶望していた先週から想像できないくらいに希望に満ちて、 

開放感があります。私が私を愛してくれている、 

それほど心強いものはないです! 

 

修さん、大物インチャを癒して頂き本当にありがとうございました! 

変容とミラクルをしばらく楽しみながらやっていきます! 

 

​✨✨✨✨ 

 

 

自分はオラクルカードを使うのを好んでやるのだけど、 
彼女へのセッションの締めとして今回はSacred Traveler オラクルカードを 
使いました。 

 

名前の如く、聖なる旅人。 

私たちの魂の旅をガイドしてくれるメッセージを受け取るもので、 

絵が美しくて、いいいメッセージを送ってくれます。 

 

そして今回選ばれたカードを見て驚きました。 

 

それはミラクルという見出しのカード。 

 

実はこのカード、自分がこのセッションの前に自己ヒーリングで 
ピックアップしたのと同じでした。 

 

はーーーー、同じなんだー!! 

 

その出来事自体がミラクルで驚いてました。

 

 

"Expect the wondrous to emerge" 

 

驚くようなことが現れるのを期待しましょう。 

どんなミラクルが現れるのか楽しみですねー。 

 

実はこのカード、最近自分のために引く時に何度も現れるんですよね。 


いやーーー、私たち本当にマジカルな時代に生きてますからね。 

 

思えば自分の人生、何度も奇跡的なマジカルなことはあったなーと、 
これからさらにそのミラクルを体験できるんだという祝福を 
与えられるという事なんでしょうね✨ 

 

それはもう感謝ですね🌈 

 

 

最後に写真をシェアします。 

ウォーキングしながら撮ったご近所サニーサイドのクリスマスデコレーション 

​ 

祝福と喜びを人にシェアしようというギビングなエナジーだなー。 
そう感じながらクリスマスムードを味わってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

近所の教会 Queen Of Angels

 

12月21日午後3時33分、土星と木星がちょうど重なっているタイミングで撮った 
空の写真。

 

水瓶座の時代、風の時代。 
新たな時代の幕開け。 

 

どんなミラクルストーリーがこれから出てくるのでしょうね✨ 

 

 

紹介する音源は、ギター即興で 
​The Age of Aquarius, The Age of Wind​

 

 

 

 

 

ギター即興演奏・水瓶座の時代、風の時代 

 

今日は音楽の話です。 

 

先日17日の朝にギター録音しまして、最近ユーチューブにアップするのが 

カバー曲の録音が続いていたので久々に即興を録音したくなりました。 

 

この時、ちょうど土星が水瓶座入りしたばかりのタイミング。 

 

そして今日は木星が水瓶座入りしましたね。 

 

そして明日は木星と土星が重なるグレートコンジャンクション。 

 

占星術の世界ではこれをもって水瓶座の時代、風の時代ということに 

なるのだそうです。 

 

世界の社会情勢的にも大嵐が吹き荒れているこの世の中、 

個人的に自分のコアに戻れる表現の手段は音楽です。 

 

今回の音源では、とにかく自分の魂が表現したい今のエネルギーを 

発したかったので、この風の時代の移行期間のメモリアルとしてタイトルを 

 

The Age Of Aquarius, The Age Of Wind 

 

と名付けました。 

 

 

即興演奏と一般の楽曲との違いを説明すると 

一般の楽曲にはすでに出来上がってるメロディーやコード進行があって 

イメージや曲想がある程度予測されてて、演奏者もその枠の中で 

表現するという世界なのだけど、 

 

即興演奏はその場で、なにもお約束がなく、いわゆる今ここのエネルギーを 

100%表現すると言う意味においては、ある程度想定された音楽よりも 

自然発生的で野生的な直感、インスピレーションを降ろすという作業が 
よりピュアな状態でおこなえる創造のプロセスです。 

 

100%どの音もどの間も、どういった選択をしても間違いではないという 

自由を与えられているがゆえに、退屈に陥ってしまうリスクもある反面、 

その一瞬一瞬の水や風の流れや火のパッションや土のグラウンドのような 

エネルギーを受け取りながら今ここの音を表現するというのが 

即興演奏の醍醐味だと思います。 

 

 

音楽に添えられている画像の写真は今年の春からずっとここニューヨークで 

見続けてきた四季と共に移ろいゆく自然の姿です。 

 

この2020年という忘れられない一年をずっとこのNYで過ごし 

変容し成長してきた自分が繋がってきた宇宙と地球への感謝と 

祈りを込めて🙏✨

 

 

 

土星の水瓶座入りと雪のセントラルパーク 

 

 

おとといの夜から昨日の午前中にかけてニューヨークはこの冬初めての 

スノーストームがやってきた。 

 

昨日は天体の流れで言うと土星が水瓶座に入ったそうです。 

 

今思うと山羊座から水瓶座に入るまでの個人的な土星の影響、 

すなわち試練や苦悩というプロセスなのですが 

すごくあったなーと感じました。 

 

それは内なる厳しい自分が激しく自責と呵責の念をもって 

特にここ一年の間に自分がやってきたエゴからくる、傲慢さ、 

虚栄、プライド、強欲さ、身の程知らずさ、愛の欠如、無知、 

愚かさに自分に対しての激しい恥辱と怒りを感じながら 

罵倒していました。 

 

自分をジャッジし厳しく責め続けるエゴを許さない自分が 

表に現れてきてました。 

 

かつてこう言うこともなかったことはないけど、ここまでの 

レベルで自分に向けて激しい怒りの情動を感じたことは 

なかったと思います。 

 

基本自分はゆる系のなんでもいいじゃん的でエゴの部分を 

そのまま、ありのまま受け入れようっていう、自分に甘いタイプの 

側面が強かっただけに、ここまでの情動に苦悩、しんどさもありました。 

 

それを天体的にみると土星の水瓶座への移行時期だったのか~と 

納得はしますね。 

 

本当に生まれ変わらなきゃいけない危機感というのがあります。 

 

あとで自己ヒーリングでそのエネルギーを癒してたのだけど、 

傲慢、強欲、欠如感、不足感の意識を持った怠惰な弱い自分も 

エゴなんだけど、この厳しく、自分を罰し、罪悪を感じ、反省させ、 

怒りを伴った正義感をかざす自分もエゴなんだけどなーと、 

何層もある内側の意識を傍観している自分もいることに気がつきます。 

 

そしてオラクルカードから観音様が出ていたのだけど、 

その観音様の視点からすると、すなわち慈悲、慈愛の意識 

からみると、この3次元の恐れや欲望といった非常に強烈な 

人の衝動は苦しみを重ねる人の業の極みなんだと言うこと。 

 

そんな業を簡単に超えられるほど人は完璧じゃないし、 

弱いものでもあるのだから。 

 

だからこそ高次元からは想像を絶するその強力な苦しみに 

哀れみ、慈しみの気持ちが流れてくるんだと思う。 

 

そんなエネルギーを感じながら自分を許すという感覚をやっと 

持てるようになりました。 

 

これはね~、人から見ると、自分のことそんなに厳しく修行みたいな 

ことやらなくていいじゃん、、って思うかも知れないですけどね。 

 

でもこれは自分の内側が解放され自然に溢れてくる情動なので、 

スピ系のポジティブ思考や達観をしている限りは 

その感情は出てこないと思うけど、逆にそのポジティブ思考なんかが 

この感情や内観を抑えてしまうものなんだと思う。 

 

だからありのままの自分を受け入れる、と言う意味においては 

やはりこんな激しい怒りとジャッジとエゴを許さない自分も 

いるのだと理解しました。 

 

最近内観ワークの一環としてウォーキング瞑想のようなことをやっています。 

 

外に出て、歩いているとここにいる意識から離れて思考と感情が自動的に 

流れてくるので、自分のマインドを内観するのにとても有効です。 

 

その際にも、そういった激しい情動が湧き上がって来て、 

その時にホ・オポノポノのアファメーション、、すなわち 

 

「ごめんなさい、ゆるしてください、ありがとう、あいしてます」 

という言葉の言霊を繰り返したりします。 

 

これは罪悪感を感じる相手に対してや、やってしまった誤ちの場合も 

あるだろうし、でも実際は自分のスピリット、魂、ハイヤーセルフに 

向けてその言葉を送る、というのが一番しっくりくるのかなと感じました。 

 

エゴを持っている自分に対してと、そのエゴによって本当に向かいたい 

方向にいけず犠牲になっている魂に対して。 

 

だって、ここまで自分に罪を着せたりジャッジしてる自分がいると 

自己価値が低いのも当然だと思うから。 

 

しかし、このオレの意識の変容は成長と拡大のプロセスに違いないなー。 

 

寛大な意識が木星的で、厳しいジャッジで自分を裁く親父が土星 

なんかなーと分析する乙女座の私の太陽なんかなーと占星術的な 

視点でみると面白い✨ 

 

🌈🌈🌈 

 

とまあシャドーワークのことを徒然と書くのはここまでにして。 

 

大雪が降った後、やっぱり外に出たくなったので、雪の積もった 

セントラルパークまで行ってみたので写真をシェアします。 

 

うちの近所の7番線の駅は雪に覆いかぶされてた。

 

 

 

59丁目で下車し、パークの入口へ。

 

 

 

池に雪混じりの氷が張られていた。

 

 

 

この時気温はマイナス2度くらい。 

風はそんなになかったので、そこまで寒くはなかった。

 

 

近所の住人たちが犬や子供を連れて遊びに来てた。

 

 

シープメドウは普段は広い草原のエリアだけど、今日は真っ白な 

雪景色に染まってた。

 

 

 

大体積雪は30センチくらいかな~。

 

 

 

雪だるま作るの楽しかろう。

 

 

誰も踏んでない雪の上を歩くのは結構体力を使う。

 

 

 

木があったのでここで木のエネルギーと繋がった。

 

 

 

歩道は一応雪かきされていたので歩けた。

 

 

 

パークのリスは結構人に動じない。 

近くに来ても平気。

 

 

太陽と積もった雪の浄化エネルギーは強力。 

アイスランドの氷河の浄化エネルギーを思い出す。

 

 

湖沿いの道を歩く。

 

 

夏にギター弾いてた湖沿いの休憩所

 

 

氷と雪に覆われてる。

 

 

 

カモが水の通路を泳いでる。

 

 

 

ガチョウは人間から餌を求めてたらしく、氷の間の狭い水路を 

伝ってやってきてた。

雪の間、頑張ったねー。

 

 

 

今年はここの春夏秋冬、見届けてきたなー。

 

 

この公園に感謝 

I love Central Park💖

 

 

 

 

キネシオロジーセッションの再開と方向性 

 

 

先日のブログでお伝えしたように、しばらくの休養期間を経て、 

のりこから受けたセッションでの確認もありキネシオロジーの 

セッションを再開する事を公表しました。 

 

それから数日たち、あらためてどういったヒーリングを施して 

いこうかとしばらく向き合って、やっていくことの方向性を 

お伝えできればと思います。 

 

久しぶりにセッションを受けた事を通じて

やりたい事に関しての自分の気持ちを確認する事ができました。 

 

多次元キネシはのりこの開発し、それは彼女にとって 最適

最高最善の手法ではあるけれど、必ずしもそれが全ての人にとって 

ベストなヒーリング方法かどうかはまた別のことになります。 

 

施術者本人が最も信頼と安心感をもって人にヒーリングできる 

メソッドとして、例えばレイキが最も心地よいものかもしれないし、 

IHヒーリング、シータヒーリングや、あるいはアクセスバーズや 

マトリックスがその人には最適な手法だということです。 

 

そういった意味において、自分にとってどういったヒーリングが一番 

心地いいものか、という事を考えてました。 

 

 

それはやっぱりキネシオロジーのメソッドをベースにサウンドツール の 

波動やその他のヒーリング法をバラエティー豊かに施すことで 

クリエイティブな楽しみと喜びを感じることだと思います。 

 

 

筋反射は体の声をきくためのキネシオロジーたる所以ですが、それに加え 

自分のヒーリングは受け手の発せられる言葉やエネルギーを通じて 

その感情や思考に気づきをもたらしたり、内側に意識を向け、内観する事で 

思考パターンや物事の感じ方のパターンに気づいて、手放す事を促進したり 

意識の変容をサポートすることなんだと思います。 

 

 

もちろん、それだけに留まらず肉体的症状や精神疾患などにも 

対応できるようになっています。 

 

人がヒーリングが必要な時ってどんなタイミングでしょうか? 

 

いろんな場面でそれはあると思いますが、例として次のような項目が 

あげられると思います。 

 

 

*病気などした時や不調な時、体の自然治癒力を高める必要がある時に 

 それを促進し改善する事。 

 

*そういった症状が発症した根本原因に気づくことで 

 その症状に付随した感情や不要な信念を手放す事。 

 

*自分の能力や可能性に行き詰まっている時。 

 その可能性を妨げる根本要因となっている制限された思い込みや 

 ブロックを解除し意識を拡大すること。 

 

*自分の生き方を困難に感じる時。 

 その思考や思い込みに気づき頑張らずにより楽に生きるタイミング。 

 

*気力やモチベーションが上がらない、何をしたいのかわからないなど 

 無力感や無行動の状態が続いている時。 

 

*仕事、お金、に於いて困難や辛さがある時。 

 豊かさの意識を高めたい時。 

 

*恋愛、リレーションシップに関する問題 

 

*感情的に怒りやイライラを起こしやすかったり、ストレスを感じやすい。 

 

*人との関わり、コミュニケーションが苦手、困難だと感じる時。 

 

*苦手な事、ストレスを感じる事などを克服したい時、またストレスを 

 感じやすい性質を持っいる場合、その感じ方を和らげる事。 

 

*過去のトラウマ、心の傷などを手放す必要を感じる時。 

 

*安心感を保つ事やリラックスをしづらく常に心配、不安が思考を 

 駆け巡る時。 

 

*自分の魂が本当にやりたい事をハートに従ってやる勇気を養う事が必要な時。 

 

*依存症、鬱などで人生が行き詰まってる時 

 

*自立心を高め、自分軸で生きる必要がある時。 

 

*育児で子供や配偶者などにストレスがある場合 

 

等など。 

 

これ以外にも色々あるとは思いますが、ざっくりと思いつくところを 

上げてみました。 

 

キネシは以上のようなケースでの改善や可能性の突破口を開いてくれる 

素晴らしいメソッドです。 

 

それらの提起された問題を取り扱う根本要因というのがあります。 

それは次のようになります。 

 

  • インナーチャイルド 
  • 感情の部屋 
  • 自己制限的な信念 
  • サバイバルプログラム 
  • 過去性 
  • エネルギーコード 
  • 思考形態の浄化 
  • 魂の統合 
  • 脳の調整>脳の統合、扁桃体、能力全般 
  • 肉体調整 

 

 

そういった要因の中で必要なものを上げてヒーリングのツールを 

用いて調整します。 

 

おそらく自分にとってはこれだけの要因があれば 

十分なヒーリングができる範囲だと思います。 

 

多次元キネシの宇宙系のエネルギーに関しては 

それを浄化することはできます。 

 

ただ自分にとって宇宙系のエネルギーは一度に請け負う 

エネルギーの負担が大きいので、そういったアプローチよりも、 

感情や思考形態を上記の根本要因を用いながら 

手放してゆくことでその人のペースでの変容を促す 

プロセスの方が自分にとってシンプルだと感じます。

 

 

 

例えば、依存症などは宇宙系遺伝でいうところの 

レプだったりが強い場合に起こりやすいものですが、 

その代わりに潜在的にある不足感、不十分感、満たされない、渇望感、 

などのエネルギーを全ての次元のレベルからからピックアップしてゆく方が 

自分にとって心地よいやり方だと思います。

 

 

ただ既に宇宙系に馴染んでいる方などはそちらのアプローチで

やる可能性はありますので、ケースバイケースです。

 

 

人は失敗したり苦い経験をして初めてその問題に 

気づき、変わりたい、手放したいという意思を持たなければ、 

どんなに人から言われても、調整を受けても変われないことも 

多々ありますから。(自分もそうだったけど😆) 

 

 

✨✨✨ 

 

以上が、自分が今後のキネシでやっていきたい方向性かと 

思います。 

 

自分も常に経験を通じ学びのプロセスでもありますから 

変容変化していくこともあると思います。 

 

きっと今まで以上にアップグレードしたヒーリングができれば 

嬉しく思います。✨ 

 

キネシセッションのページのリンク貼っておきます。

 

ではまた🌈

 

 

 

近所の散歩道の途中にあるクリスマスの飾り付け。 🎄

 

ここは先月はハローウィンの飾りが派手だったのだけど、 

そのシーズンによって飾りをかえてるのがすごいなーと思う。 

 

通る人を楽しませようとするギビングエナジーだなーと感心する。 

最近ギビング、与える意識という事の大切さを切に感じて学んでます✨

 

 

 

 

のりことの再会とキネシオロジーの再開 

 

12月14日射手座新月。 

 

自分にとってまた新たな決断をしました。 

 

それはキネシオロジーのセッションを再開することです。 

 

セッションを再開するに至った経緯を伝えるとこんな感じなります。 

キネシやヒーリングに興味のある方は是非お付き合いください。 

 

✨ ✨✨ ✨

 

3ヶ月半ほど前の9月1日辺りにブログでキネシオロジーの 

セッションを辞めると報告していました。 

 

その時は自分の中で音楽への情熱が強く現れていた時期で、 

音楽とサウンドヒーリング の活動に集中していきたいと言う 

思いがありました。 

 

 

それに伴い自分のキネシに対する情熱が弱まっていて、 

ああこの状態で人にヒーリングしても相手に対して 

申し訳ないし自分にとっても楽しく続けられないだろうと 

言う思いでした。 

 

 

ずっと昔から音楽は自分にとって魂の喜びでそれを 

やっていきたいと思いつつも、人生の成長のプロセスの中で 

自分の内側に音楽に向かうためのいろんなブロックを感じ 

葛藤を持ち続けていたので、アルバム作品制作などの 

活動は行っていましたが、外に発信したり、ライブ発信したり 

というミュージシャンとしての活動が十分にできてない事が 

長年の心残りでもありました。 

 

 

コロナの影響で、ライブも制限されミュージシャンにとって 

ほぼ活動ができない状態ではありましたが、 

今年8月から10月初旬にかけて、セントラルパークや 

イースト川沿いのパークでのバスキングを行った事は 

自分の音楽経験の中でもとても貴重な経験になりましたし、 

改めて自分の音楽への情熱を実感でき幸せな期間でした。 

 

 

その時期を過ぎ、10月中旬以降、気候と共に 

外での活動が必然的にできなくなってゆく状況に置かれ 

今後の自分のやるべきこと、本当に自分がやりたいことなど 

を自分の内側を内観する時間が増えてきました。 

 

 

とくに11月以降、満月と新月の時期に行っていたサウンドヒーリング 

の活動の方も流れがそちらにない感覚がありました。 

 

それに伴いじっくり内側を内観し続けては、上がってくる 

思考と感情に向き合う日々を過ごしていました。 

 

この時期は本当に自分が変わる、という意思がなければならない 

というお知らせだったとも思います。 

 

それでこの期間、自分が先に進むために手放さなければならない 

ブロックや古い信念、ネガティブな感情や思考、 

恐れに基づいた思考パターンなどが、明確に見えてきて、 

それに応じてキネシオロジーによるヒーリングのワークを 

行い続けていました 

 

自分の内側の闇=恐れやエゴとずっと向き合ってきたおかげで 

内観と自分の問題がとても明確に観えて来たことで、 

自己ヒーリングという範囲においてはかなりいろんなものに 

気づき、手放せた感覚はありました。 

 

こうした徹底した内観とヒーリングを行ったプロセスを経験したことを通じ 

感じたことは、自分にとってキネシオロジーも含めヒーリングは 

切っても切れない縁だし、自分のこうした能力を生かしていきたいという 

感覚に伴って、自分にとってヒーラーとしてのお役目も大事なんだって 

事を実感しました。 

 

そこで初めて、キネシオロジーのセッションを再開したいと言う 

思いが生じました。 

 

そんな折、12月に入ってEx-ヨメのりこにメールをしました。 

 

もう別れて1年以上が過ぎ、離婚も完全に成立し、 

お互いに過去の事にネガティブな思いも感情も何もなく、 

ただ一緒にいた20年余りの期間がお互いの学びと成長と祝福だったことに 

つくづく感謝してるので、、、 

2020年ももう終わりになろうとしているこの時期、 

その感謝の気持ちを伝えたく、、、 

またお互いの新たな人生を祝福もしたかったので 

近いうちに会って食事でもしましょうと伝えました。 

 

 

そしてメールのやり取りをしてるとフッと彼女のセッションを受けたいと 

いう思いが沸き起こって来たので、そう伝えると、しばらくして 

オーケーという返事が来ました。 

 

おれがセッションを受けたいと言うのを見た時は、 

どう言う事なんだろうと驚いていたそうです。 

 

 

今思うとセッションしたかった理由としていろんな課題はあるのですが、、 

そのうちの一つは自分の中のキネシのヒーラーとして 

やる意志とか魂やハイヤーセルフの求める方向性を確認したかった、 

と言うのがあったと思います。 

 

 

このキネシオロジーを再開したい思いが単に先走りや勢いだけで 

言ってはないかということも確認したかったんだと思います。 

 

そして昨日、久々にのりことの再開が実現しました。 

 

久々のサンセットパーク✨

 

久々の一緒に暮らしたアパート、そしてのりこが出迎えてくれた。 

 

久々のリビングルームでしばらくこのセッションに来るまでの 

経緯を伝え、自分が経験したいろんな失敗や喜び、 

その中で気づいた学び、向き合ってきた事、抱えてきた闇や 

それらを手放しきた事、そして今後の課題などを、 

ほとんど包み隠さず話しました。 

 

そして久々のセッションが始まる。 

 

それはとてもいい時間の流れでした。 

 

パートナーとして受けていたセッションとは違ったし、 

彼女のセッションスタイルもまた変わってました。 

 

ってかツールを全く用いず、腕を握っているだけ😆 

最後にエッセンスで締め、ってだけ。 

 

まじかっ! って思いましたけどね。😆 

 

 

のりこが体からのメッセージとして伝えてくれた事によると 

おれの中にマルドゥックの性質はあって、今日はそれを 

優先的にワークする必要があると言う事。 

 

 

マルドゥック的な性質と言うのをざっくり説明すると、、 

刺激を求める、直感的に動く>プライド高い系で傲慢でうぬぼれで 

せっかちで決めつける>がゆえに>先走りや盲信>がゆえに>共鳴できない> 

って言うのも>不十分感や渇望があって、地に足がつかないスピエゴ 

だと言う感じになります。 

 

 

実はおれものりこのセッションが決まってからはさらに 

自己ヒーリングのペースを上げ数日前にマルドゥックの 

調整は行ってて、その直後は結構デトックスが出てた。 

 

そのセッション後は結構自己否定や罪悪感、自己卑下、自分ダメだしなど 

思考がネガティブになった事をみると、それは間違いなく 

調整ができていることの証なんだとのりこは言ってくれた。 

 

またさらに、 

「普通はマルドゥックってのはプライド高くて共鳴できないから 

自分でそれに気づく人ってのも滅多にいないから、どうして 

おさむがそれに気づいて手放せたかが不思議だったのよ!」 

 

「でもやっぱりそれが自己ヒーリングして内観し続けた 

成果ね! 感心した」 

 

と言われた。 

 

そして何よりものりこの驚きだったことを伝えられる 

 

「わたし、おさむには金星くらいしかライトサイドはないと 

思ってたんだけど、今回なんでそこまで気づくことができたのか 

って理由を探ってわかったことは、レムリアンの遺伝もあったって 

ことがわかったのよねー!!」 

 

「それで腑に落ちたわ!! 

 ああ、おさむも守られてるのねー、って。 

 そう思ったら安心したわ」 

 

そう言うのりこの表情に感動と喜びの涙が溢れていた。 

 

「それでおさむの作ったアルバムのタイトルにレムリアって 

 名付けたんだねー✨」 

 

その話を聞きながらおれも感動で鳥肌立った。 

 

それでやはりキネシオロジーのヒーリングを再開することが 

はっきりしてきた。 

 

そしてそれはいつでも再開してオーケーだと言うこと。 

多次元キネシという事にこだわらないで、自分のやりたい 

キネシをやればいいと言うこと。 

 

それに加えて、新生スタートを切るに当たっての 

料金設定なども彼女の筋反射で決めた。 

 

✨✨✨ 

 

セッションが終わった後は、近場のイタリアンレストランで 

食事をしながらいろんな話をした。 

 

久々に彼女のエネルギーと存在を感じて 

あらためて強い人だなーって感心した。 

 

もちろん人として光も闇も持ち合わせてるわけなんだけど、 

そこまでベーシックにライトサイドを保持しつつ、走り続ける 

そのパワーはやはり圧倒的なんだなーって、 

 

おれにはないものだし、そうなろうとしてもできないだろうし、 

おれがなるお役目でもないんだと思う。 

 

光が強いとその分闇も出てくるという二元性の法則からすると、 

おれはずっとのりこの光に照らされて、自分の闇を出してきた 

太陽と月のような関係だったなーって思う。 

 

だからずーっとその光に甘えて負担をかけてきたなー。 

 

お互い別れてよかったねー。。 と、おれ 

 

「ほんとほんと、子供の世話係お疲れ様ーっていろんな人から 

言われたわよ~~」 

とリアクションの、のりこ😁 

 

ほんまやわな~。✨ 

 

のりこじゃないとおれとこんなに長くは付き合って 

いられなかったろうね。 

 

でも相手に投影しなくても自分の闇に気づいて向き合えるほどには 

自立できるようになったかな。 

 

本当に感謝してます。 のりこ。✨ 

 

結婚とか離婚とか男とか女とか、、ソウルメイトにはそんなこと 

超越して全く関係ないんだなってことがわかりました。 

 

ずっとありがとう

今も未来も過去も過去生も宇宙も次元をも超えて🌈 

 

 

 

そんなわけで、改めてキネシオロジーで復帰いたします。 

 

セッションの概要はキネシオロジーのページに掲載しています。 

 

風の時代に乗って、生まれ変わった気持ちでやっていきます。 

 

✨Love&Light✨

 

 

 

セッション前に早めに来て久々のサンセットパークをお参りした。

 

 

 

13年間くらいずっと眺めてきた空。

ここに守られてきたなー。

 

 

 

(過去の記事に関してリンクが現在” Silence In Paradise"

迄になっていますのでご了承ください)

 

2021年弾き初め即興につき

ニューヨークシティーのクリスマス

ギター即興演奏・水瓶座の時代、風の時代

土星の水瓶座入りと雪のセントラルパーク

キネシオロジーセッションの再開と方向性

のりことの再会とキネシオロジーの再開

グレートコンジャンクション、まもなく。

「鬼滅の刃」の鬼に関する考察

月食満月のデトックスと気づき

双子座満月のヒーリングリチュアル

エレメントとヒーリングと太陽とトワイライト

おやじ2猫の島とドライブ

マジカルナンバーと蠍座新月のサウンドヒーリング 

枯葉・芸術&ヒーリングの秋

おやじ その1

「牡牛座満月サウンドヒーリング ・オン・スカイプ」のお知らせ

エディの事と「異邦人」

バークシャーの紅葉

天秤座新月サウンドヒーリング On Skype

気まぐれニューヨーク街プラ写真

牡羊座満月サウンドヒーリング On Skype

祝福への感謝とギターヒーリング

ヨーコとの共演

乙女座新月 サウンドヒーリング ・オン・スカイプ

あれから一年

ディバインタイミングと信頼

『森から出てくるジプシー』

告知>魚座満月サウンドヒーリング ・オン・スカイプ

NY繁華街散策とパークでのいろんなコミュニケーション

喜び、チャレンジ、学び、祝福の日々

獅子座新月サウンドヒーリング ・オン・スカイプ

ライオンズゲートを超えて

ハリケーン・イサイアスと人との繋がり

セントラルパークでのサウンドヒーリング 

サウンドヒーリング ギター

告知>8月4日水瓶座満月のサウンドヒーリング On Skype

ストリートミュージシャン&水瓶座満月サウンドヒーリング On Skypeのお知らせ

サウンドヒーリング イン・セントラルパーク

情熱の夏・ニューヨーク2000

身も心も Body&Soul

事後報告 サウンドヒーリング On Skype

今ここにある豊かさ

蟹座の新月のテーマと事前ワーク

蟹座新月ギター&サウンドヒーリング On Skype

山羊座満月遠隔ヒーリングのまとめ

ソロギター/ Last Train Home

いまここにいきる

七夕の日・山羊座の満月を過ぎて

街プラ&奇跡の虹

夏至の遠隔ヒーリングの感想

ハートを開く・天の岩戸開き

バリトンウクレレ・サウンドヒーリング 

夏至の休暇日

2020年の夏至と新月の遠隔ヒーリング

自分の格を上げます

ニューヨークの街の風景 6月’20

内なる平和

ヒーリングツールに関して

感謝の祈りは・めっちゃラッキー当たり前

キネシセッションのプロセスに関して

パワースポット/ニューヨーク

ニューヨーク〜エッセンシャルライフ

世界で一番心の豊かな大統領

ヒッピー・スナフキンおさむの大麻論

瞬間の爆発。永遠の歓喜

コロナウィルスを浄化するためのサウンドヒーリング

自分の感情や恐れと向き合うって事

桜と人生・この素晴らしき世界

安心立命ですね

春分の日・ハワイ・クジラとサウンドヒーリング 

信頼感と安心感と豊かさに関して

免疫力を高めるサウンドヒーリング 

日本の皆さんお気楽に

スピリットキャンドル

NYリバーサイドの景色

ある棚ぼたな1日

ニューヨークの冬

冬至に捧げる曲/満月瞑想サウンドヒーリング のお知らせ

音楽の情熱

ガイド瞑想サウンドヒーリング のお知らせ&ジョンの命日&音楽制作

浄化の日々とガイド瞑想サウンドヒーリング の感想

射手座の新月*瞑想とサウンドヒーリング skype編

サニーサイドのセッションルーム

新居と人生の再出発

別れと新しい人生の始まり

ライブイン東京

多次元キネシin長野2019

2019夏 水輪の音楽祭

日本の熱い夏2019

風の吟遊詩人・スナフキンおさむサウンドヒーリング&即興ライブコンサートin 知多半島

風の吟遊詩人・スナフキンおさむサウンドヒーリング&即興ライブコンサートIn Tokyo

旅の回想録/イースター島

また会う日まで

セドナ再び

ブライトエンジェルトレイル

母なる大地、父なる空

モニュメントバレー

キャニオンデシェリー

夏至のセドナ/カセドラルロック

ビジョンクエスト・アリゾナ/1日目セドナ

ハワイリトリート2019

ニューヨーク5月なう

アイスランドの旅/レイキャビク 

大自然アイスランド

Aurora In Iceland/アイスランドのオーロラ

今年最後の日記。冬至2018

冬本番11月のブルックリン

紅葉狩り・ウッドストック

誕生日と富士山

夏の旅・最終日ロンドン

夏の旅・湖水地方のストーンサークル

夏の旅・エディンバラ

夏の旅・バレン・ゴールウェイ・コネマラ

夏の旅・タラの丘&魔女の丘

夏の旅・ダブリン&ニューグレンジ

夏の旅・コッツウォルズ散策

夏の旅・グラストンベリー

夏の旅・エイブベリー

夏の旅・ストーンヘンジ

夏の旅・ロンドン2

夏の旅・ロンドン

Silence In Paradise

春の到来と天のメッセージ

あっという間の4月

満月とアバンダンスと一月のジャーニーと

春分の日、新たなスタートを迎え

新月・満月サウンドヒーリングinサンセットパーク

芸術の冬

ニューメキシコ州 アコマ/アルバカーキ

ニューメキシコ州 タオス

ニューメキシコ州 サンタフェ/テントロック

日々の趣味と冬の空

コスメル島で年越し&新年

ギリシャの旅 アテネ最終日

ギリシャの旅 ミコノス島

ギリシャの旅 イアの光2

東京 2017秋

阿蘇の旅日記2017秋

多次元キネシin長野2017

由布院の旅と引き続きサウンドヒーリングのお知らせ

サウンドヒーリングのイベント『レムリアツアー』のお知らせ

ギリシャの旅 イアの光

ギリシャの旅 アテネ

永遠の夏

くるまの旅。ふたり。ボストン&バークシャー地方

くるまの旅。ふたり。メイン州編パート2

くるまの旅。ふたり。メイン州編パート1

ひとり旅。 ふろりだ。 其の弐。

ひとり旅。 ふろりだ。 其の壱。

ハワイリトリート2017 第3班

ハワイリトリート2017 第2班

ハワイリトリート2017 第1班

NYに戻ってからの事&サウンドヒーリング・ギターレッスン

3月のバケーション

創造のパワー/ハワイ島の溶岩

水瓶座の新月

今年をふりかえって

最新アルバム『Lemuria』の紹介
/ Introducing The New Album "Lemuria"