最近の流れ 



典子との今週のデートは火曜日だった。

髪を切ったばかりの彼女に『違う人みたい』と照れて前を歩いていった。。。ことはなかったが、
フレッシュな気分で23丁目にあるEataly NY支店で待ち合わせ。

地下鉄駅に着いて街を眺めたら、いきなり間近にエンパイアステイトビルディングがお出迎え。
久しぶりに街に出かけた俺は少し観光客気分。
ニューヨーク市街地近郊にすむアメリカ人達は一般的にマンハッタンに行くことを
『GO TO THE CITY』と言う。マンハッタンに行く、とは言わない
日本人が郊外に住んでるところから、中心街に行くのと同じ感覚。
「街に出かける」のと同じ。

俺もブルックリン住民に馴染んでるので、ここは俺にとってのCITY。
久々に来ると本当にパワフルな街だな〜と感じる。
いろんなものを引き寄せるメルティングポット。







Eatalyの中に入るとイタリアからの輸入食品が広い敷地内に並ぶ。
ワインはもちろん、チーズ、デザート、ピザ、ハム、魚介類など、高級なものが
高級な値段で高級な感じで置かれてた。

そこで何件かあるレストラン、、、といっても店内の壁や隔たりがなく賑やか。
その中でもシーフード専門のお店に入り、ワインとアペタイザーを頼んだ。
ワインの味も流石、イタリア専門店なだけあってうまい。
けど問題はアペタイザーの量が小さすぎ。
日本人の俺たちが小さすぎだっていってるんだからどれだけ小さすぎるかは
想像以上の小ささ。
それでこの値段は、ボッタクってんだろ〜、と思うくらい理不尽。

確かにクオリティーは高いんだけれどもね、、、イタリアで良心的な値段で
チョ〜うまいワインや、食べ物食べた俺たちにはあほらしく感じる。

なので、デートスポットとしていかにも今のNYのシャレた食材屋で
シャレたワインとシャレた食べ物、シャレたカップルが行くには楽しいかも。

少し不満気味で同じEatalyの中にあるカフェでケーキなど頼んでコーヒータイム。
ここのケーキめっちゃうまいよ。 流石Eataly




さて話はヒーリング。

最近受けた典子からのヒーリングセッションではまたインナーチャイルドがでて来た。
いったい今年何回目?と言いたくほどこの年はインナーチャイルドのオンパレード。
しかし今回は両親ではなく学校生活でのこと。

テーマは人の前での大勢の人の前でのスピーチでリラックスすることや
人の話を理解することに関するものだった。

幼稚園や小学校で学ぶ勉強が理解できないことのストレス、
違う環境、人々の中にに置かれることのストレス。
等が上がって来た。

また、『いじめ』というほど大げさではなかったが、小学生中学年の頃、
嫌がらせを受けていたことの抑圧などが上がって来た。

子供はめちゃくちゃ繊細で傷つきやすいくせに、残酷なところがある。
自分が傷つくことには敏感なのに傷つけることには鈍感なのだろう。

あとで大人になってみて振り返ると分かることだが、被害者意識の子は
その頃はそれがすごく大きいことのように思えて、それが世界中でただ一人、
自分にだけ向けられているような被害者意識から、深い傷を負うことはよくある。
それが、大人になってもトラウマとして引きずってるので引きこもり、
NEET、などと言われる子らが増えて来ている要因なのかもしれない。

いじめっ子は自分が親や社会から傷つけられた八つ当たりを同じ年の子供にする。

いじめっ子を作ったのも大人だね。
大人が心の傷の痛みが分からない傷ついたインナーチャイルドのままでいるから、
子供を傷つける、、それを子がまねする。

面白いのは、この調整をしたあとでした俺のキネシセッションでは
2人続けてが学校生活での分離感や抑圧だった。

子供が学校で受けるストレスは大きい。

2人のうち一人は自立したいのだけれどどうしてもコミュニケーションの恐れから
外に出れず、家の中に閉じこもっている。

その子に何回もセッションをしてきた。

ずっといじめのトラウマがあり、それが大きくなっても引きずってきた彼女に
何度も恐れの感情をクレンジングして来た。その成果もあり始めの頃より
長年抑えてきた感情が解放して来た。
感情豊かになり、自分のネガティブな感情もポジティブな感情も受け入れるように
なって来ている。

そして先日のセッションでは人見知りの調整。
学校での分離感についてインナーチャイルドの感情を解放した。

グラウンディングができていない子供の頃は精神も不安定なので
引っ越し、転校、入学、、などの変容は相当のストレスだ。
そういう子供は友達と馴染むのもとても時間かかるし、
自分が受け入れられていないことにいつも怯えている。

自分もそんな時期を過ごして来たので、よく理解もでき、同情できるものだった。

調整ででて来た経絡は小腸経。
ここの経絡は人との繋がりに関係するもの。

よく思うことは、自分はIHキネシを小学校の頃にしてればどんなに人生違っていただろうと。
そうしてれば、いまやっとそんな調整しないでハッピーな子供時代を過ごせたろうに。。

とかなんとか嘆いてもしょうがないが、そんな傷ついた無数の天使達は大人になって
羽を折ったまま頑張って生きている。

時々、Skypeセッション、ヒーリングセッションに興味があると言って質問メールを受ける。

その人達へのメッセージは
「何も失うものはない」ということ。
そしてはっきり言えることは「何かを怖がって、失敗を恐れて、あるいはためらっても
どこにも進みません、、、だけどセッションすれば必ず何かが進みます。」
自分のハートの声を聞こえないふりして諦めるよりも、行動してだめだった、よかったと
と納得する方が大きな学びだからです。

ただ、そんな恐れの中でも、新しい扉をノックしてみたかった
あなたの好奇心とチャレンジ精神を讃えます。 


普通の人間が普通にヒーリングして、普通の状態に戻しているだけだよ。
折れた羽を元に戻すだけだからね〜、、インナーチャイルドちゃん。

Skypeセッションは基本相手の映像と音声が必要です。
それはクライアントのヴァイブレーションを感じたり、表情をみたりすること。
遠隔でエネルギーを送るのに画像があるとフォーカスしやすいこと、
ヒーリングの際、ある動作をしてもらうために指示する必要があること、
また、お互いの関係に慣れ親しむこと、、などが挙げられます。

ただ、過去にしたことがある例外は、こちらからは相手が見えるけど、
クライアントさんからはこちらの表情が見えないようにすること。
この場合はまだ、相手の表情や波動を感じれるし、遠隔エネルギーを送れるので
問題ありませんでした。

クライアントさんによっては、画像を見ると落ち着かなかったり、
緊張する人もいると思うので、ぜったいに画像が必要だ、というルールは作りません。

もし音声だけセッションしたいという要望であれば、
きっとその時点でコミュニケーションや自己価値の問題をやっていく調整が求められるでしょう。

あなたのためのセッションです。 

「ここにきたのは偶然ではなく必然です」

いつか会うあなたとの出会いに感謝と祝福。

ー追伸ー
コメント欄にセッションを何回か受けてるクライアントさんがコメントしてくれました。
セッションをするかどうか戸惑ってる人にはとても役に立つと思うので、この場でコピペします。

セッションを受けるのを迷われる方の気持ち、すごくよくわかるなー。
「失うものは何もない」はセッションする側からはそうなのだろうけれど、迷っているとなかなかそう思えないんですよね。というか、その言葉が腑に落ちない。。。

たとえば、、、昔の私ならこんなふうに思っていたと思います。

うまくいかなかったら、、、お金が無駄になる、時間が無駄になる、
本当にうまくいく保証はないじゃない、
うまくいかないと自分が傷つくんじゃないのか、
ヒーラーさんと相性が悪くて傷つくのがいや(実際に何度か傷ついたし)、
多くの人がうまくいっても私だけダメってことあるんじゃないの、そうなったらミジメ、
もしダメだったらますます自分の出口が見えなくなってもっと苦しくなりそう、
その場だけその気になってもすぐに「魔法」が解けてしまうんじゃないのか、
結局私は何をしてもダメなんじゃないのか・・・(←ほとんど自分への呪いですね)

と、こんなにもスラスラ書き連ねられる自分がコワイ!(笑)

すでに何度かお世話になっている私ですら、
1年前ならお世話になっていたかどうかわかりませんし(決心がつかなかったかも)、
5年前なら石橋を叩いても渡らなかったかも知れないし(マインドが強すぎた)、
10年前だったら「怪しさ」が先立って(笑)きっとパスだったろうなぁ。

のりこさんも書いていらしたけれど、そのタイミングになるとなぜか受けてしまうんだと思います。

で、何度か受けている私としては、あと一歩のタイミングの方には思いっきり背中を押して差し上げたい気持ちです!
あと二歩くらいの方には、とにかく一度トライしてみては?とおすすめしたい。
これ、昔の私に言っているのかもしれませんが(汗)

とはいえ、キネシをご存じないとイメージが湧きにくいかもしれないですね。

受けてみた者として言えるのは、このセッションに失敗はない、ということです。
おさむさんはこちらの代理としてこちらの潜在意識の声を気長に拾ってくださいます。時間制ではないし。
こちらはボーッと?座っているだけなので全然疲れません!
集中して何かをするのはおさむさんだけです(笑)

出てくる声(キーワード)の多くはピンとくるものだし、たとえピンとこなくても傷つくことは一度もありません。
何それ? ピンとこないけど? で終わり。
そもそも自分を傷つけたり責めるキーワードは出てこないんですよ、自分の中から。

3時間近くの長丁場になりますが、迷っていらっしゃる方は一度受けてごらんになるのがいいと思います。
ちなみに私はおさむさんの回し者ではありません(笑)



K さん ありがと〜&ラブ〜!!



それから先日は初めてレイキマスターとして、マスターコースを伝授した。
俺もMasters of The Masterになったよ。
レイキマスターのテキストにこんなことを書いた。

『マスターコースを受けたからヒーラーになれるのではありません、
ヒーラーでいるとはあなた自身のあり方であり、生き方であり、豊かさの表現です』

面白いことに俺にはヒーラーになりたいと言う、渇望はそんなになかったように思う。
ヒーラーとして生きるのが流れとして自然にやって来たので、その流れに乗っただけ、
のような気がする。 
そんなに勉強を頑張ったという感覚もない、、、よくやったと思うことは、
とにかくヒーリングを受けていたこと。。。そして自分の闇を見つめること。

俺からマスター伝授受けた人たちはこれからどんなヒーリング人生を歩くんだろうね。
それも今後見守っていきましょう。

さて最近典子と一緒にみていた一番アニメの紹介。

タイトルは『xxxHolic』

こちらはその続編 『xxxHolic 継』

これかなり面白いよ。結構人気だったみたいだけど知らなかった。

主人公の「壱原ゆうこ」はこの世の世界とあやかしの世界のシャーマンのような存在。
彼女のキャラクターがなんとも味があっていい。
おっとり艶やかで、洞察に鋭く、時にはお茶目、、
酒と肴、、そしてキセルタバコが好き、毎回派手な衣装で粋な大人の女性。

あやかしの世界、興味ある方は時間があればご覧あれ。

それじゃまたね。

Love

3 comments

  • Kayoko

    Kayoko

    おさむさん、こんにちは。かよこです。 セッションを受けるのを迷われる方の気持ち、すごくよくわかるなー。 「失うものは何もない」はセッションする側からはそうなのだろうけれど、迷っているとなかなかそう思えないんですよね。というか、その言葉が腑に落ちない。。。 たとえば、、、昔の私ならこんなふうに思っていたと思います。 うまくいかなかったら、、、お金が無駄になる、時間が無駄になる、 本当にうまくいく保証はないじゃない、 うまくいかないと自分が傷つくんじゃないのか、 ヒーラーさんと相性が悪くて傷つくのがいや(実際に何度か傷ついたし)、 多くの人がうまくいっても私だけダメってことあるんじゃないの、そうなったらミジメ、 もしダメだったらますます自分の出口が見えなくなってもっと苦しくなりそう、 その場だけその気になってもすぐに「魔法」が解けてしまうんじゃないのか、 結局私は何をしてもダメなんじゃないのか・・・(←ほとんど自分への呪いですね) と、こんなにもスラスラ書き連ねられる自分がコワイ!(笑) すでに何度かお世話になっている私ですら、 1年前ならお世話になっていたかどうかわかりませんし(決心がつかなかったかも)、 5年前なら石橋を叩いても渡らなかったかも知れないし(マインドが強すぎた)、 10年前だったら「怪しさ」が先立って(笑)きっとパスだったろうなぁ。 のりこさんも書いていらしたけれど、そのタイミングになるとなぜか受けてしまうんだと思います。 で、何度か受けている私としては、あと一歩のタイミングの方には思いっきり背中を押して差し上げたい気持ちです! あと二歩くらいの方には、とにかく一度トライしてみては?とおすすめしたい。 これ、昔の私に言っているのかもしれませんが(汗) とはいえ、キネシをご存じないとイメージが湧きにくいかもしれないですね。 受けてみた者として言えるのは、このセッションに失敗はない、ということです。 おさむさんはこちらの代理としてこちらの潜在意識の声を気長に拾ってくださいます。時間制ではないし。 こちらはボーッと?座っているだけなので全然疲れません! 集中して何かをするのはおさむさんだけです(笑) 出てくる声(キーワード)の多くはピンとくるものだし、たとえピンとこなくても傷つくことは一度もありません。 何それ? ピンとこないけど? で終わり。 そもそも自分を傷つけたり責めるキーワードは出てこないんですよ、自分の中から。 3時間近くの長丁場になりますが、迷っていらっしゃる方は一度受けてごらんになるのがいいと思います。 ちなみに私はおさむさんの回し者ではありません(笑) おさむさん、またメールしますね。

    おさむさん、こんにちは。かよこです。

    セッションを受けるのを迷われる方の気持ち、すごくよくわかるなー。
    「失うものは何もない」はセッションする側からはそうなのだろうけれど、迷っているとなかなかそう思えないんですよね。というか、その言葉が腑に落ちない。。。

    たとえば、、、昔の私ならこんなふうに思っていたと思います。

    うまくいかなかったら、、、お金が無駄になる、時間が無駄になる、
    本当にうまくいく保証はないじゃない、
    うまくいかないと自分が傷つくんじゃないのか、
    ヒーラーさんと相性が悪くて傷つくのがいや(実際に何度か傷ついたし)、
    多くの人がうまくいっても私だけダメってことあるんじゃないの、そうなったらミジメ、
    もしダメだったらますます自分の出口が見えなくなってもっと苦しくなりそう、
    その場だけその気になってもすぐに「魔法」が解けてしまうんじゃないのか、
    結局私は何をしてもダメなんじゃないのか・・・(←ほとんど自分への呪いですね)

    と、こんなにもスラスラ書き連ねられる自分がコワイ!(笑)

    すでに何度かお世話になっている私ですら、
    1年前ならお世話になっていたかどうかわかりませんし(決心がつかなかったかも)、
    5年前なら石橋を叩いても渡らなかったかも知れないし(マインドが強すぎた)、
    10年前だったら「怪しさ」が先立って(笑)きっとパスだったろうなぁ。

    のりこさんも書いていらしたけれど、そのタイミングになるとなぜか受けてしまうんだと思います。

    で、何度か受けている私としては、あと一歩のタイミングの方には思いっきり背中を押して差し上げたい気持ちです!
    あと二歩くらいの方には、とにかく一度トライしてみては?とおすすめしたい。
    これ、昔の私に言っているのかもしれませんが(汗)

    とはいえ、キネシをご存じないとイメージが湧きにくいかもしれないですね。

    受けてみた者として言えるのは、このセッションに失敗はない、ということです。
    おさむさんはこちらの代理としてこちらの潜在意識の声を気長に拾ってくださいます。時間制ではないし。
    こちらはボーッと?座っているだけなので全然疲れません!
    集中して何かをするのはおさむさんだけです(笑)

    出てくる声(キーワード)の多くはピンとくるものだし、たとえピンとこなくても傷つくことは一度もありません。
    何それ? ピンとこないけど? で終わり。
    そもそも自分を傷つけたり責めるキーワードは出てこないんですよ、自分の中から。

    3時間近くの長丁場になりますが、迷っていらっしゃる方は一度受けてごらんになるのがいいと思います。
    ちなみに私はおさむさんの回し者ではありません(笑)

    おさむさん、またメールしますね。

  • おさむ

    おさむ

    かよこさん コメントありがとう!! とても役に立ちます。 クライアント側の声なのでとても共感してもらえると思います。 あれから文章を少し編集したのでよろしければ再読してください。

    かよこさん

    コメントありがとう!! とても役に立ちます。
    クライアント側の声なのでとても共感してもらえると思います。

    あれから文章を少し編集したのでよろしければ再読してください。

  • Kayoko

    Kayoko

    おさむさん、お役に立てて何よりです。 スカイプセッションの説明を追加されたのですね。 画像付きがネックになることもありますね。微妙な女性心理も働いて(笑) でもやってみたら画像なしよりもずっと深く入れた気がしました。 おさむさんの雰囲気もわかるし、対面セッションに近い感覚がありました。 だから落ち着けたのかな。

    おさむさん、お役に立てて何よりです。
    スカイプセッションの説明を追加されたのですね。

    画像付きがネックになることもありますね。微妙な女性心理も働いて(笑)
    でもやってみたら画像なしよりもずっと深く入れた気がしました。
    おさむさんの雰囲気もわかるし、対面セッションに近い感覚がありました。
    だから落ち着けたのかな。

Add comment