師走の休日


今日から12月、、、
寒さも本格的になって来るこの時期皆さんいかがお過ごしでしょうか?

日本の旧暦では12月のことを師走というよね。
一説には普段は走らない師匠も走る時期、という風に言われているが
ヒーリングマスター典子は12月でなくてもいつも走っている。
というかここ数年振り返って、走ってなかった時があったかどうか疑問だ。
んんん、、むしろ毎日爆走していたような気もする。
そして今日もバッタバタとマインドをたたき切る、侍ヒーラーのりこ。


一方マスターおさむは12月1っ日から休日。
というかレイキマスター伝授する予定が、先方の具合いが悪くなってキャンセル。
こういう時に限って具合が悪くなるのは体からのメッセージ。
きっとなにかマスターとして準備できていない何かがある。

なので一応別の日に変更したが、キネシセッションになる可能性は高い。

マスターになるのに特別な資格や制限があるわけではないが、やっぱりある程度の
肉体的、メンタル的な準備というのはあるらしい。
なのでそれに逆らってマスターになったとしても、結局うまく行かないんだろう。
だから今回のお知らせは完璧なタイミングで来たのだと思う。

ということで師走初日の今日はスローダウン、、師は休む。。。えっ、いつも休んでるって?
一休おさむはのんびり師走。

ヒーラーに専念するようになって、通勤時間ゼロなので、自転車も前ほどは乗らなくなり、
少々運動不足気味、、、それに加えて以前よりワインを飲む量が増えたので
ちょっと太って来た。

以前はうちから職場のあるユニオンスクエアまで、マンハッタン橋を渡って
自転車で片道45分を一年中毎日のように走っていたのでシェイプをキープできてたんだね。
今考えたらよくやってたね〜。あの頃の俺。

なのでこれ以上太るのもちょっとやだなと思い、最近はウォーキングするようにした。
というのは、この時期サイクリングするのはもう時期が遅い。
ランニングもいいけど、足と心臓に負担かけるらしいし、あまり続かなそう、、

自転車であまり走り回りたくないもう一つの理由は警察の交通監視。
というのはここ数年自転車通勤やサイクリングする人がやたら増えて来たNY。
それに伴って自転車屋さんも増えたし自転車専用道路も増えた。。。
その反面自転車利用者に対する交通規制もかなりキビシくなって来た。

運にもよるけど信号無視や、夜暗くなってライトをつけないで走ると
チケットを容赦なく切られる。
なのでニューヨークのバイカーの皆さんは要注意だよ〜。

そんなわけで、必要なとき以外は乗りたくないと思うようになった。

今日は隣町パークスロープまでウォーキング。
自転車なら約10分だけど、歩きなら片道45分ほどで辿り着くこの町は
12年以上前に住んでた。

白人の家族が多い今や家賃もブルックリンで一番高いエリア。

ここにはオーガニックの食材屋さんや質の高いワイン屋さんなんかがあるので
よく買い物に出かける。

往復すれば1時間半のウォーキングなのでちょうどいい感じの距離。
いい運動になる。

近いうち、恐らく今月中にこの近所にホールフーズもできる。
3アヴェニューと3stのコーナーでこの前自転車で通りかかったら
外装はほとんどできていた。
ここにできたら俺は確実にパトロンになる。
そうなるとますますマンハッタンには用事が無くなるな。


話は変わって先日のサンクスギビングは久しぶりに金子さん家に行ってきた。
金子さんは前の職場で出会った60過ぎのおじさん。
かつてはロックギターリストでレコードコレクター、、俳優業も少ししたこともある。
いろんな分野の音楽にめちゃくちゃ詳しい。
特にビートルズは彼が現役で聴いて来たので、その当時のLPやEP、シングルや海賊版など
レコード屋に持っていったらきっと高値で売れそうな貴重なレコードが揃ってる。

ちなみに彼が70年代にアッパーウエストにある豆腐屋に勤めていた時に
彼のアイドルである当時マクロビオティックをやっていたジョンレノンが店に訪れて、
自分はただ呆然と立ち尽くすだけだった、、、という話は、何回も聞かされた。

しかし最近はもっぱら行くと日本の歌謡曲なんかが流れている。
その気持ちはよくわかるけどね。

金子さんがくれた200枚近くあるミックスCDの中に、自分のインスピレーションになった
音源もいくつもある。
きっと自分の好みだけで選んでたら絶対に聴かなかった音楽とか。。。
日本の昔の音楽とかもね。

俺が職場を離れて、会う機会が無くなったのでこのサンクスギビングの休日を
口実に会いにいった。

40年位住んでいると言うアッパーウエストにある彼の部屋に入ると今回は
以外にもジャジーなサウンドで迎えてくれた。

俺は酒屋さんが早めにしまってたのでワインを買うチャンスを逃してしまったのだけど、
そこは流石、金子さん。ちゃんとボージョーレーヌーヴォー買ってたよ。
二人飲んでみて意気投合したのは今年のボージョレー、うまいことはうまいが
去年の方がよかったよね、、、ということだった。

二人だけのパーティー、酒と草と音楽で幸せな時を過ごした。

きっと彼は俺のソウルメイトなんだろうな。
初めてあった時から知ってる人だった。

全くヒーリングもスピリチュアルも関係ない世界に生きてるけどね。
だけどそんなこと問題じゃないんだよね、、
そんなことは所詮表面的な信念体系や生き方の違いに過ぎない。
だけどそんなものを脱ぎ捨てた所で、無条件に愛せる人、、というのがいる。

ソウルメイトって別に異性の恋人で、生涯に一人だけのパートナーってことじゃないよね。
ソウルメイトって魂の友、とか相棒とか仲間とかそんなことだと思ってる。
だから俺は今生でたくさんのソウルメイトに逢いたい。
ラブを無条件にシェアできる仲間達。

ちなみに何年か前にセドナの名前は忘れたけど有名なサイキックのリーディングで
典子が見てもらった時に俺と典子はツインソウルなんだと言ってた。

ツインソウルってのはその、陰と陽みたいな関係ってことかな。
お互いの性質を補い合う関係。。。鏡のようなものだね。

確かに俺の成長は典子なくしてはあり得なかったからね。
俺の闇を見つめ、それに気がつかせてくれるようにした。

抜けてみるとやはりツインソウルという関係だったからこそ成し得た偉業だとも思う。
奇跡だと思うよ。

さてさて師走の始め、俺にとっては時間が止まったような一日だった。
ただ今を生きている、、そんな永遠の一瞬の幻。


さて、次の写真は最近ユニオンスクエアの毎年恒例の野外クリスマスギフトショップ。
たくさんのお店がひしめき合うこの時期、ユニークなものがたくさん並ぶ。

 
このガネーシャかっこいいね。 となりはブッダかな。
みんなハートに手をクロスして神聖な様子の天使達

ここは典子のお気に入りのエンジェル人形のお店、クリスマスの飾りの人形達はかわいすぎる。
エンジェルのかわいい手作り人形を手に取って欲しいかどうか検討中の典子
                
                  ターキッシュランプ。。。トルコに行ったらこればっかりだったよね。


 それでは皆さん、、師走も気楽に行きましょう!!Take It Easy!! 




 

Leave a comment

    Add comment