大雪のジャニス



今日のニューヨークは大雪。
アメリカの気象庁は大雪の嵐には台風のように名前をつけるらしい。
んでもって、今回のストームの愛称は「Janus」という。
今朝から降り始めたみたい。

台風もそうだが、雪嵐も基本女性の名前がつけられるのはなんでだろうか?

一年以上前に大型台風サンディがニューヨークまでやって来た時は、
知り合いで同じ名前の女の子がしばらく、その事をダシにしてからかわれていたっけ。。。
「サンディー、きみは大変な事をやってくれたもんだな!」とかなんとか、、、

自分の名前をダシにからかわれると言えば、おれなんかよく日本人以外の人に名前を名乗ると
「オサマ・ビンラディン」と混同されてよく「オサマ、オサマ、、」なんて言われてたっけ。。

まあ、おれもしょうがないから「はいはい、、オサマ、オサマ」って感じで受け入れる。
たいてい毎回自分を紹介するとベタなお決まり文句のようにオサマ、と言われるんで、
おれも言われる前から、「オサマじゃないよ、おさむ〜だよ」なんて言ったりして、
大人げない会話が繰り広げられてしまう。

なかには、ニヤニヤしながら、ビンラディンとか言うやつもいたりして、、
まあ、それに対しておれも機関銃撃つようなポーズとったりして、
しょーもない笑いをとってたっけね。

お笑いと言えば、最近YouTubeの映像で笑福亭鶴瓶師と上岡龍太郎師の二人が昔やってた
番組「パペポ」を見た。

パペポはおれが1992年に渡米するまで毎週欠かさず見ていた深夜番組で、
「お笑い番組好き」な、おれにとって多分一番好きなお笑い番組だったと思う。
渡米する時に唯一、この番組が見れなくなる事が無念だったかもしれない。

鶴瓶さんの温和で無邪気な芸風に、上岡さんの毒舌と知性を交えて
その無邪気さにつけ込んでツッコミを入れるあの絶妙なコンビが大好きだった。

何よりも、あの二人、何も打ち合わせも台本もなく、ぶっつけ本番いきなりで
あのトークを始める、、いわゆる即興の漫談のようなもの。

鶴瓶さんの日々のハプニングが次から次へと面白く伝えられ、げらげらと声を上げて笑わされた。
よくもまー、こんなに面白い事が起こるもんだと感心させられる。
それは、天性で笑いのネタを引き寄せられる才能なんだろうな〜。
きっとあんなの練習しても無理だもんね。

それに対して上岡さんは弁舌が巧みでいろんな事に知識が広い。
あの鶴瓶さんの芸風を見事にアンカリングしている、名コンビだと思う。

という事でここに、シェアしときます。





それから、数日前のりこがおもむろに昔の「オーラの泉」の映像を見ていた。
前は日本の娯楽番組も好きで二人でよく見てたのだけど、のりこがヒーリングしだしてからは
ほとんど見る事もなくなったので、少し懐かしい感じがした。

今見る江原さんと美和さんはとても大きな存在だった。
それは自分がヒーリングをするようになって感じるものなのでとても興味深かった。

江原さんはほんとうに共鳴力が半端じゃなく大きな愛で包み込むような
女性性のエネルギーが強いのだけど、がっちりたくましい所も持ち合わせている。
そうでなければ、こんな番組、後半はゴールデンタイムに放送してたほどの人気番組、
たくさんのひとが注目していて、中には中傷的な事を言ったり、批判されたりで
大変な芸能界の修羅場をくぐる事はできなかっただろう。

美和さんの強力な存在があったからこそこの番組は支えられたんだろう。
この人の存在はまるであの「xxxHolic ホリック」 の壱原侑子さんのようなオーラを感じる。

この二人も、先に挙げた二人のように名コンビだったね。

おれの大好きな幸せを広げる人たち。 
鶴瓶さんのように和やかで面白く、江原さんのように愛情深く優しい存在に憧れる。

「オーラの泉」ではゲストの性格やそれの大本となっている前世の話なんかをする。
なので、その性格自体が現在持っている諸問題の要因として紹介しないので、
ヒーリング、という性質のものではないのかもしれない。
やはりサイキックリーディング&カウンセリングになるだろうか。。。
それでも、その事実を知るという事と江原さん達のエネルギーを感じるだけで
なにか変容は起こるのかもしれないけど。

キネシの場合も、問題の要因(プロトコル)として、たまに前世が現れたりする。
しかし、自分は江原さんのようにビジョンで見えるわけではなく、あくまで筋反射で
前世とのエネルギーコードが繋がっている、という事を体が伝えて来るだけ。

なので、オーラの泉のようにあなたはあの時、あんな事をしてこんなことが起きて、、、
なんてストーリーを知るすべはない。
ただ、今の本人にとって人生をうまく進めるにあたって足かせとなっているような、
前世から来る不要な信念や、感情のエネルギーの情報を言葉であげていくものです。

例えば代表的なものに、権力に対する圧力、、なんてのがあります。
今の自分が日々、ニュースやネットなどで権力者やお金、地位のある人たちに対して
持っている感情、、、怒り、反発心、抑圧、搾取、理不尽なやるせない思い、、、等、
そういった感情を持つという事は結局、権力やパワーから力を奪われている、、
もしくは与えている、、という事になるのです。

日々、そういった深刻なニュースを見たり聞いたりするのは、悪い事とは思いませんし
真実を認識する事もある程度必要だと思います。
しかしそれも度を過ぎると、自分のエネルギーを持っていかれる事になりかねないのです。

そしてその要因として前世とのエネルギーコードが繋がっている、
というのが場合によって上がるかもしれません。 もちろん要因はそれだけではないでしょうが。

そういった、自分の内にあるネガティブな感情や信念のエネルギーを手放す事。
外側にある悪、と思っているものは、自分の写し鏡だと言う事だね。

バシャールが言うところの「自分バージョンの宇宙」
YOU+UNIVERSE=YOUNIVERSEという意識を理解する事と繋がって来る。




そんなおれも最近のりこからのヒーリングで権力からの抑圧、、というのを手放した。
アメリカの権力、、政府や警察や、なんやらかんやらの抑圧感、、
そしてやはり要因は前世だったよ。。。その中にエジプトの前世があったよ。

これはエジプトに行くのに必要な調整だったらしい。
エジプトは今も尚、情勢が荒れ狂ってて、軍とムスリム同胞団との争いがまだ止んでないらしい。

そんな完全100%二元性+男性性の社会に突入する前に手放す必要があるエネルギーは
できるだけ浄化しておきたいもの。

しかし今回のエジプトはなかなかアドベンチャーな旅になりそうだ。
2013年はずっとヒーリングしてて、人とかかわり合って、グラウンディング力を養って来た感はある
が、エジプトで始まるこの年はまた新たなスピリチュアルな探求と変容が飛躍的に
起こりそうだね。

今年もあっという間に終わるんだろうな〜。

それじゃまた!!

 

Leave a comment

    Add comment