メナハウスとピラミッドの夕べ

ルクソール最後の朝。
早朝はいつも焚き火をしたような香ばしいにおいが町中を立ちこめる。

そして一時間ごとに時間のお知らせかのように、
コーランの声がスピーカーを通じて町のあらゆるところから聞こえて来る。

始めの頃は、それに異国を感じたものだが、
慣れるとやかましくうっとうしくも感じる。
いちいちスピーカーじゃなくていいやん。。。

簡単に食事を済まし、最終地カイロに戻る。




カイロ空港では、おれたちをメンフィスツアーのタレックが迎えに来てくれた。
約一週間ぶりに会って、彼の存在を感じると何となくホッとしたものだ。

空港からホテルに直行せず、まずはエジプトの有名な考古学博物館に向かう。
博物館の周辺の町は本当にごみごみしていて車もぎゅうぎゅうにひしめき合っている。
この渋滞ぶり、半端じゃないよ。どの車を見ても傷やへこみでボコボコになってる。
この町で新車、もしくはきれいな状態の車を見る事はほとんどなかった。

そんな雑踏の街中、タレックに誘導されて美術館入れ口までいくと目の前に装甲車が
何台も広場に並んでいてものものしい。

博物館に入ると、ここは写真撮影禁止なんだと言う、、、がその規制に反して
展示されているものを見るとけっこうレイアウトが雑多だったり、
彫像の上に電話かなんかが置かれたりしていて、
館のスタッフ達はそんなに丁重に扱っているとは思えなかった。
なので、何のための撮影禁止なのかが不明瞭。
イタリアはトリノのエジプト博物館なんかは写真とり放題だったのにね。

しかし量的にはかなり多くの展示物が並べられていた。

中でも注目したのは、イクナートンの像。
イクナートン、またはアメンホテプ4世は多神教であった、
それまでのエジプトの宗教を廃し唯一神アテン(太陽神)のみを奉る
世界初の一神教を始めた事で知られる。





その他、船とそれに乗る作業をしている人たちの様子を表した、
かなり精密な模型のようなものは驚きだった。 
この当時から、こんな精密な縮小模型が作られていた事は興味深かった。

あとは、エジプトに行く前にYouTubeで見た、宜保愛子さんがエジプト博物館で
『ツタンカーメンが毒殺された時に使用されたワインの壷』
と言っていた場所なんかもあった。 

館内を1時間半程度で満喫し、タレックに迎えに来てもらい、車でホテルに向かう。

エジプト旅行最後の宿はピラミッドにもっとも近い場所にある5つ星ホテル『メナハウス』

何でも歴史的由緒あるホテルらしく、1869年に建てられたと言うから、
ほぼ明治維新の頃だね。さすがに今まで泊まったホテルの中でも一番広く、
格式ある感じがした。

うちらが泊まった部屋からはこんな感じでピラミッドが眺められた。




このホテル内にあるレストランも評価が高く、中でもインド料理は絶品だと言う。
欲張りなおれたちは、体調が完全に復帰してなかったものの、最後の晩餐、、、
という事でピラミッドに乾杯したく、ごちそうをオーダーした。
一つは中東のアペタイザー盛り合わせ、、、もう一つはエビの入ったカレーライス。

それがおれたちの下痢の症状をさらに引き延ばす事になろうとは、
この時のおれたちはまだ何も知らなかった。



確かに味はご機嫌だったよ。

食事後、メナハウスの中を係の人に案内してもらった。
ここ、プレジデンシャル・スイート。
ここから見るピラミッド、最高!!



案内人の人はいい感じの老人のおじさん。
さらに、スイートルームを案内してくれ部屋を拝見する。
プレジデンシャルな廊下を歩く。

プレジデンシャルなベッドルーム。
プレジデンシャルなバスルーム。


そしてプレジデンシャルな居間。

最後はゴージャスな夜。 

ピラミッドにさよなら。

ピラミッドを眺めながら自分に語りかけた。
「もう戻ってくる事はないのかね、、、ここは。
あと30年したら、どうなってるか見に来るのはいいかもね。」

このピラミッドの麓で繰り広げられている男性性の闇の世界。
この神の創造物はそんな波動をなんで引き寄せるのだろう。

なんでおれたちはここに呼ばれて来たんだろう。
その闇の中に一回揉まれてくる事をおれたちを
導いてくれている上の人は望んでいたんだろうか。

そんな、今回エジプトに来た事の意味を考えていた。




明けた次の日、帰りの飛行場までの道のりを
メンフィスツアーのタレックについて来てもらった。

彼は最後まで愉快なやつだった。 彼との会話はおれたちの心を和ませる。
おれは最後に彼に伝えた
『ありがとう、いろいろ世話してくれて。 君と出会えてラッキーだったよ!!』

本当にそう思った。 聞くと彼は23才。 すれてなくて、素直さとピュアさがあるよ。
最後にとった彼の写真。




この仕事を始めてまだ8ヶ月とかそのくらい。この仕事が好きで人が好き、という感じ。

彼もまたひとりの光の存在だった。

光と闇の旅、、、今回はそんなタイトルの旅立ったのかもしれない。
(毎回そんな旅ばっか、、、って言う話もあるが。。。)

エジプトは闇もかなり強かった。
旅行者にこんなにストレスを与える国もなかなか珍しいと思う。

おれたちだから感じたいろんなエネルギーのストレス。

トートの彫像に始まった体の不調。そこでヒーリングがあり、水あたり、食あたり、
そして下痢で腸内強制浄化。 その期間約10日、最近やっと回復した。
体重も来たときと比べてかなり減った。

これだけでもかなりの心身のデトックス作用があったと思う。

のりこもあとを引きずり、ニューヨークに戻ってから、具合を悪化し、回復までに
数回のヒーリングを繰り返し、やっと最近回復して来ている。
それに伴っていろんなものが手放せたらしい。

パワーをもらって来た、、、というのはいろんな次元であったかもしれない。

最後にニューヨークにつくと何となく自分のホームベースに帰って来た事にホッとした。
ニューヨークがいつになく柔らかで穏やかなヴァイブに感じた。
そのくらい波動の違いに驚く。

帰ってしばらくしてニュースでエジプトの過激派のニュースを見た。
彼らはバスを爆発させ犠牲者を出したあと、
外国観光客は数日以内に国外に出ないと攻撃する。。。という勧告を出していた。

ギリギリのところだったんだなと、思ったら今回、本当に導かれていたんだなと感じた。

今回の旅を振り返って、自分にとってよかった場所に順位を付けると。



4位ーアブシンベル神殿とその中の小部屋のパワー。

3位ーナイル川のクルージング&神殿巡り。

2位ーグレートピラミッドの王の間で二人だけでずーっと瞑想できた事。

1位ーデンデラ神殿の美しさ、ハトホルと神々の力。


王の間の棺の中に入った事でこれからの人生、
どう変容して行くのかこの年まだ前半なのにヤバくなって来た。

そんな、変化の速度の早さを感じながら、この旅を終えた。

次の目的地はどこなんだろ〜〜!!

おわり。。。

エンディングソングは

Gipsy Kings - Baila Me』


ジプシー、、って言う言葉は「エジプト人、エジプトから来た、、」
という意味が語源だと聞いた事がある。
エジプトにちなんで、、、という意味と、次回の旅はスペインかな、、
という期待もこめて、ジプシーキングを紹介します。

彼らはアンダルシア・アクセントのスペイン語を歌うフランス人。
ルンバとフラメンコのミックスした彼らのダンサブルなグルーブは
おれたちのハートを踊らせてくれるね。

だからバ・イ・ラ・メ、、、(一緒に踊ろう!!)

アディオス!!アミーゴス、アモーレス!!!








 

Leave a comment

    Add comment