マカハ 魂の解放の旅 A班

 

魂の解放リトリート前半戦A班。

各6名ずつ5泊6日のヒーリング合宿はとても内容の濃い

経験とチャレンジの連続だった。


日本に在住しているいろんな価値観、経験をもった人たちを
毎日典子とおれとで交互に2回ずつ計4回のセッション。

一日に3人平均3時間のIHセッションを行った。

今回のリトリートでは日々が学びの連続。
今現在C班が終わった時点でこの日記を書いてるのだけれど、
それぞれの班によってクリエイトされるエネルギーが全く違うものだったことも
興味深く、それぞれに来たときと帰る前とでエネルギーが全く変わっている事に
とても驚かされた。

こうしてクライアントと同じ屋根の下、6日間共同生活をするのも始めてだし、
日に日に彼女らが変化して行く様子を垣間見る事も普段ニューヨークで
セッションするよりもっとはっきりしていたように感じた。

A班はおれや典子のセッションを既に受けた事がありセラピストやヒーリングを
やっている人も数人いたので始めから親しみを感じる事ができた。
ただそれとヒーリングがスムーズにいくかとはまた別の話。

人によっては人生の転機を迎える大きな決断をしなければ行けない事を
体が訴えていて、それを相手に伝える事は自分の筋反射やヒーリングへの
信頼を試されるものでもあった。

またこの班に関わらず、男性への信頼感、女性性に関する問題がテーマに
上がってくる事も多くあった。
おれの今までのセッションの積み重ねと、自分自信の持っていた男性性の問題に
向き合ってワークして来た事が、女性の男性への不信感に敏感すぎるほど
感覚的に共鳴しているように感じた。
その時はそのエネルギーはしんどいものだけれど、調整が終わるとそれが
おさまり、日に日に彼女らの表情に女性らしい優しさと、素直さがでてくる。

セッションの後は大抵夕焼け時で、リトリートから眺める水平線に落ちる夕日と
スタッフのみなさんが用意してくれる素晴らしい食事は仕事の疲れを癒してくれる。


5日目はハートのワーク。
ハートを開くためのいくつかのワークを約4時間に渡って行うもの。

ワークの直前。 パワーストーンを部屋の中心において始まりの儀式。
このワークがみんなのハートを開き、繋げる事ができますように。


このハートのワークがそれまで4回のセッションの仕上げとして

とても功を奏していて、ハートで感じるという事がどういう事か、、という事を
初めて感じれた人も多くいた。

みんなのハートをひとつにして、お互いの魂のピュアさを感じる至福の時。

全ての行程を終えてこの土地のエネルギーに守られている事も感じる。
この聖地にこのタイミングで出会う人たちは完璧なタイミングでここに呼ばれて来ている
という確信を日に日に感じていた。


スタッフのみんなとの関わり、みんなとの生活の中で、
自分も含めて、全ての人の魂の解放を促進している事は間違えない。

同じ5日目、ハートのワークの後はみんなのツアーに同行する。

ここはクカニロコ・バースストーンと言われる聖地でありパワースポット。
見晴らしのいい広々とした平原の真ん中にある。

朱実さん曰くここはかつてとても神聖な場所で、かつて古代のハワイの王族の
女性達がマナの霊力がこの島でも最も強いと言われるこの地の岩上で出産を
したのだと言う。



朱実さんがハワイ語の祝詞やチャントを唄い、この土地へ挨拶をしたあとで
おれたち一行は自分たちの手作りレイ(ティーツリーの首飾り)を岩のうえに奉納する。

そして各自、パワーストーンの周辺でマナの力をしばらく感じていた。
ここに佇んでいると大地からのエネルギーを感じる。これがマナの気なのだろうか。。
グラウンディングの力が強いようだ。



A班一行でレイをまといて集合写真。
ハワイの聖地ではパレオなど裾の長いスカートを着るのが礼儀。



それからほど近いドール社のパイナップル農場のショッピングモールで
パイナップルソフトクリームを平らげたあとはノースショアにあるハレイワという
町を散策。

ここには有名なマツモトシェイブドアイスというかき氷のお店があって
みんなわざわざ行列作って並んでいた。

おれは基本抹茶のかき氷練乳入り以外はかき氷に興味がなかったし、
アイスクリームで十分満足してたのでここの名物は拝まなかった。

町の雰囲気はいい感じのお店が並ぶ。




マカハへ戻るドライブの途中

夕焼け時に太陽の光が山の向こう側から照らし出される。

とても神々しい光だった。



 

A班を終了してみなさんおつかれさま。
このリトリートの記念すべき最初のグループ。

どの班もとても個性があって、いろんな感動やチャレンジが
あっておれもみんなとこの魂の解放の旅を
する事ができて本当に恵まれていると感じています。

旅はまだ始まったばかり。

次はB班。
 

Leave a comment

    Add comment