マウイ島 (ハレアカラ&ラナイ島)

 

 

キヘイにいた時は

おれたちは日々スノーケルができるビーチを探索した。

波が高く強すぎるサーフィン向けのビーチはスノーケルには

向いてないので浅瀬で岩場や珊瑚地帯の多いところを

探さなきゃ行けない。

ここは砂浜がキレイなビーチだけど魚はそんなにいなくて波も強い。
短いサーフボードで子供たちが遊んでる。

 

のりこも春分の日以来スノーケリングにハマる。

水に顔をつける事さえできなかった彼女。

ハワイの海の美しさが彼女を変えてしまった。

 

 

ハレアカラに登る日

朝日を見ようと早朝3時くらいに起きてまだ暗いうちに

宿をでる。
 

山頂に続くハレアカラハイウェイになると
同じように朝も早よから朝日を見ようと車が次から次に
列をなして登っている。


渋滞はないのでキヘイから約1時間半で山頂に到着。

そこで展望台まで歩いていき、お日様の昇るのを待つ。


予想以上に人がたくさんいた。きっと世界中から

ここの朝日を見ようとやって来てるに違いない。

すごいね、ハレアカラとお日様。




 

 

6時半頃になってようやく御来光。

広がる雲海の向こうから光が射す。

おめでとうございます!!



 

 

ここに来てる人全員、静まり返ってこの光のエネルギーに触れる。
雲の動きがほとんどなく、静寂のひと時。



 

 

ハレアカラはバシャールが言うところ地球のハートチャクラの

エネルギーを持ったパワースポットなんだとか。

そこで太陽のエネルギーに触れる事はきっと自分の内なる

ハートのエネルギーに光を注ぎ地球のハートと共鳴している

事なのだと思う。


 

 

標高3000メートルから見下ろすマウイの景色。
山が陰を創っている。



 

 

彼方を見渡すとハワイ島のマウナケアとマウナロア。



 

 

こちらは銀剣草(シルバーソード)

珍しい高山植物らしく、絶滅が危惧されるのでレンジャーの人に

保護されている。

触ってはいけません。







 

 

キヘイの町からラハイナに宿を移す日。

ラハイナ方面をドライブしている途中、白浜で人気の少ない

ビーチを見つける。

 

ウクメハメビーチと言うらしい。

どこのビーチも大抵美しいけど、この青さには何度来ても癒される。

 

ラハイナの町に到着。

ラハイナはアメリカンのリゾート地で中心街はお店が立ち並び

観光客で人も多い。


 

 

夜のラハイナの街に繰り出す。

夜も賑やかな海沿いの街



 

 

 

翌朝、ラハイナより少し北にあるホノコワイへファーマーズマーケットに

食材を買いに行くと通りの向こう側に公園があってビーチもあった。

岩場が波を防いでいるのでスノーケリングには最適。

 

ここで潜っていると、また典子のところに大きなウミガメがやって来た。

これは前回の4マイルビーチでみたカメよりデカかったのでびっくり。

でもしばらくこのいわばのそばで一緒に泳いでいた。

 

今回の旅行を通してウミガメに縁がある。
 

そう言えばけいこさんのところに泊まっていた時、

日本人の女優さんが泊まってて、その人がおれの事をカメさんだなんてことを

言っていた。


最初はそんな事を言われたの初めてでピンとこなかったけど、

ちずちゃんかずよちゃん達と一緒に写真に写ったおれの顔は

カメみたいだったので納得。

おれのスピリットアニマルはウミガメだな。きっと。




 

 

翌朝、日が昇る前からラハイナの港へ向かう。

この日は船でラナイ島へ繰り出そうと言う計画。

 

というのはラナイ島にあるフロポエビーチに午前中イルカが

やって来ると言う情報をネットで嗅ぎ付けたのがその日の前夜。

ツアーに参加するのもジープで島をドライブするのも手遅れだったため

船でこのビーチだけでも行って見ようと企てた。

まだ薄明るい。おつき様が夜の名残を見せる。





 

 

ラナイ島はラハイナの港から船で約1時間。

島に近づいてくるとその岸壁が雄大な姿を見せてくれる。


 

 

これはまた断崖絶壁。 機械で切り落としたかのよう。



 

 

港に到着して徒歩約10分程度でビーチに到着。

ここはリゾートホテル・フォーシーズンズも隣接している。



 

ビーチに来ると早速スノーケリングを堪能。
少々波は強かった。
波の力って強力だからね。この力で電気おこせるよね。

ビーチの岩場のところに水たまりになるところがたくさんあって

そこに小さな魚やいろんな生物がいるので、

天然水族館を見ているようで楽しい。



 

 

岩場の水たまりに波が押し寄せてくる。


 

ここは海藻パラダイス。


 

この岩場のところに潜ってみたかったけど以外に波が強い。


 

 

 

しかし待てど暮らせどいっこうにイルカの姿は現れない。

ここはイルカの出現率70%だとか言ってたはずなのに。


おれたちはその30%の方を選んでしまったのね。

ま~、それにはきっと訳があるのかもね。

おれの渇望だったかな。。。

なので最後におれは浜辺でバリトンウクレレを弾きながら
このビーチを堪能した。

ここで弾いたやつビデオに撮ったから下に掲載しますので見てね。
 




 

 

ほんのひと時だったけどラハイナのヴァイブは

ネイティブハワイアンの人たちが多く住んでいて、ローカル色の強い

数件のリゾートホテル以外は自然な古いハワイを感じさせるものだった。
 

イルカと戯れる夢は淡くも崩れ、昼過ぎには船でラハイナに戻る。
ま~、あのビーチを堪能しただけでもよかったよ。

ラハイナの港をでてすぐにある広場にはバニアンツリーがある。
ここのやつはひとつにまとまっていなくて、枝が広範囲に広がって地面に降りている。
そしてその木の下でアートやらギフトを販売している。
この木の下は日差しを防いでくれてとても気持ちがいい。



 

 

ラハイナの宿のそばのビーチからの夕日。

 

次回はハナへの道にあるボタニカルガーデン。

ガーデンオブエデンの植物たちをお送りします。





 

今日の音楽

ラナイ島での収穫はこのビデオ。

浜辺の波の音、風の音、ローカルな子供たちの遊び声、

太陽と空と海。

完全な光の中で演奏する事は祝福の時。

 

タイトルは

「The Blessing At Lanai」

 

もちろん即興演奏です。
音声はカメラのマイクです。

お楽しみあれ。

 

Aloha



2 comments

  • 竹やん

    竹やん http://nytakeyan.exblog.jp

    おさむ君のウクレレ最高。この楽器(私が勝手にいだいていたハワイアン音楽)のイメージがこれ聞いててガラっと変わったわ〜。 顔がカメですか…ハワイのホヌって神聖なイメージだし、いいね!

    おさむ君のウクレレ最高。この楽器(私が勝手にいだいていたハワイアン音楽)のイメージがこれ聞いててガラっと変わったわ〜。
    顔がカメですか…ハワイのホヌって神聖なイメージだし、いいね!

  • Mother Earth Sound

    Mother Earth Sound

    竹やんちゃん コメントありがとう!! そうでしょ、いい音だよね〜,このウクレレ。波のバックとめっちゃマッチしてる。 そうホヌはハワイの神聖な動物だよね。 おれの感じるウミガメのイメージは、平和,安心、 言葉で表現するとSlow Down,Take It Easy って感じかな。

    竹やんちゃん

    コメントありがとう!!
    そうでしょ、いい音だよね〜,このウクレレ。波のバックとめっちゃマッチしてる。

    そうホヌはハワイの神聖な動物だよね。
    おれの感じるウミガメのイメージは、平和,安心、
    言葉で表現するとSlow Down,Take It Easy って感じかな。

Add comment