旅の終わり



 

 

夕方の船便でモロカイ島からマウイ島のラハイナに戻ったおれたちは

そこから車で近いカアナパリのアストンホテルにチェックイン。

 

もともと最後の日はホノルル空港からニューヨークに戻るので

ホノルルでホテルを予約しようと思ってたが、

荷物は全部あるし、ホノルルの喧噪を考えるとせっかくの

リラックスした旅行がもったいないと思い、最後の日まで

マウイ島に滞在する事に決めた。

 

そして最後までビーチでのんびりする時間を設ける事ができた。

ここは始めかずみちゃんと写真撮影で訪れたカパルアビーチ。
湾内は波が少なく、岩場になっていてスノーケリングには最適なビーチ。

ここでパラソルをレンタルして、最後の日のビーチを堪能した。

 



 

 

リゾートの敷地内にあって整備が行き届いているので、人も多い。

 

ここで最後のスノーケリングを思いっきり堪能しようと

しばらく海の中を魚たちと一緒に泳いでいた。

 

場所によっては足が着かないスポットがあり、始めはそこでも

問題なく泳げていた。

ところがもうそろそろ終わろうと最後に海の中に入って

その足の着かない場所を泳いでいると急に恐れがでて来て

呼吸困難になり、スノーケルを顔からはがして溺れそうになりながら

必至の思いで砂浜に辿り着いた。

 

この時は心身かなり消耗してしまった。

周りでは子供が楽しく泳いでたり、人々がくつろいでいたりする

なかで、一人で死にかけて苦しんでいる光景が滑稽で

情けなく、今回の旅で足の着かない場所で泳ぐ恐れを克服したかった

事もあってかなり自信喪失。

 



 

しかし、その事から自分の恐れや自信のなさ、いろんな事を気づかされた。
そして恐怖症という症状を持っている人たちがこんな風に恐れを感じるんだと言う事を
自分の身を持って感じた。



 

 

最後の日の夕日はウクメハメビーチでギターを風と波の音と

共に奏でる。



 

そして最後のツーショット



 

 

最終日、飛行場へ向かう前にホノコワイの浜辺で食事。

さようなら、また来ます。



 

 

ハワイから帰ってからは、滞在中草吸ったり神聖植物使ったりした事

に加えて、ビーチでの溺れた事件が重なって、グラウンディングが下がっていた。

 

なので典子からセッションを受け、また自己ヒーリングも何度もした。

 

典子からのセッションであがって来た事は、その場所で過去に

溺れた人のエネルギーに繋がってしまった事。

またマカハから感じていた自分のヒーラーとしての自己価値の低さ、

そこで上がって来た被害者意識など、自分の潜在意識が抱えてた

いろんな恐れや感情、不要な信念が浮かび上がって来た。

 

溺れた事でおれも初めてプロトコルに恐怖症がでて来た。

それほどにあの経験は強力でトラウマチックだった。
 

ハワイから戻ってもうすぐひと月。

今は前よりも力と自信に溢れた感じがする。

 

雨降って地固まるとはこういう事なんだろう。

一度自分の潜在的に持っていた恐れや感情が現実化(雨)し

それを光に戻すプロセス(ヒーリング)によって

地固まる(グラウンディング)がさらに強まった。

 

ハワイ島はグラウンディングのエネルギーという事を

見聞きしていたが、これはかなりハードな荒療治なグラウンディングワークだった。

 

パワースポットに行くと人はそこでエネルギーチャージして

元気になって、運よければ幸運をつかむ事を期待する人もいるけど

パワースポットはその人の願いと今その人の持っている波動を

修正するのだと思う。

だから、潜在的な恐れや感情、不要な信念が浮き上がってくる。

 

セドナでもシャスタでもパワースポットや聖地と呼ばれる場所に

行った人たちが帰って来て言う事は、大抵グラウンディングが下がったり

現実社会に嫌気がさしたりして落ち込んだりなど、

帰ってから結構大変だったりする。

 

だけどそれは元々自分たちが潜在的に持っていた恐れが上がって来たお知らせでもある。

ならば、その恐れや感情と向き合って手放して行くプロセス(ヒーリングなど)

をやっていけばいい。

そうやって変容するチャンスを与えられたのだから。

 

さて、来週から日本滞在。

地元でも東京でもセッションが埋まってしまった。


今年の始めになんかのサイトで占って出たキーワード『働』
の予言が現実化してる感じがする。

 

こうして自信やグラウンディング力が高まって日本でのセッションする事が

できて本当によかった。
心の準備は万端。 やるっきゃないっすね。


そしてその自信,安定感が最近のセッションで出て来ている。
それに従ってクライアントさんたちの反応も前とは違うように感じる。
 

ヒーリングする事に必要なのは自分への自信、自尊心。

それはどれだけプライドを手放せるかにもかかっている。

この事はヒーリングをする事に限らず、あらゆる人間関係に関わる事でもある。


プライドという承認欲求、人から認められたい(ネバ),受け入れられたい(ネバ)

が自分をハートから離れさせるものだから。


自尊心とはありのままの自分を受け入れる事、自分を愛する事。


人の評価や意見、周囲の目など外側の力に翻弄されない、

自分軸を持った状態で今ここにいる自分を受け入れている状態。


それが今ここにある宇宙の無限の力にアクセスし
ハートで感じる事なのだと思う。

 

それはいわゆるサレンダー、全く委ねるという事。

自分の願いでなく宇宙の意志に委ねる事。


人はみな委ねる事ができればいいだけ。
幸せでも不幸でも楽しくても苦しくても、そこには本当は何も意味はなく
それに委ねればいい。
自分の見る、感じる現実は自分が創造したものなのだから。

まる2ヶ月間の魂の解放の旅、
そんなこんなの学び気づきを与えてくれた愛しのハワイのスピリット、自然に感謝。

そしてそこで出逢った素敵な人たち、マカハでの参加者、スタッフの方々。
全ての人たちに感謝します。 

あなたたちは私の創造した現実の絶対不可欠な参加者なのだから。

ハワイのスピリット、言霊を最後の挨拶に代えてこのハワイシリーズを
締めくくりたいと思います。

アロハ&マハロ

『ありがとう、ごめんなさい、ゆるしてください、あいしてます』

Love&Light



 

 

Leave a comment

    Add comment