もう師走だね〜。

 

最近のニューヨークはもう紅葉はとっくに終わって、
寒さも本格的になるかな~と構えてるのだけど、以外と
まだ本格的ではなく、摂氏10°前後と例年より気温があたたかい。

ハワイへたどり着くまで残りあと2ヶ月足らず、
うまく冬を切り抜け次なる旅に赴きたい。

「今年は自分にとって大変な年だった〜」、、な〜んてまだ今年が
終わる前から出会う人々に話てるけど、
それはたいてい自分の内側の多次元的な意識のデトックスなので、
外的な事を客観的に見れば、大したことはないのだけれども、
エゴとか感情とかがいろんなレベルで付着してなかなか抜けなくて
苦しかったのかな~。

で、抜けてみればなんか落ち着いてグラウンディングしてる感じで
そんな頃にハワイリトリートの事や、ロンとのイベントなどで
参加者の方々とやり取りをしたりと庶務を淡々とこなしつつ、
必要な人達にヒーリングセッションを施していた。

いろんなケースの人達がセッションにやって来る。
最近おもしろかったのは子供のセッション。

いままで、子供の直接対面セッションをした事がなかった。
それはきっと自分の中に子供への苦手意識があった事の
現れだったのかもしれないけど、その意識も薄れてきたから
こういったチャンスがやって来たのかもしれない。

これでも以前、子供にギターや打楽器で音楽の個人レッスンを
やってたこともあった。
こわれやすく、もろい心の幼い子供に自分はどう接してあげることが
できるのか、わからなかったな〜。

今回のセッションは8才の女の子で、お母さん同伴でのセッション。
今までの対面セッション最年少は20才だったので、ぶっちぎり
最年少トップに躍り出た。

先日お母さん(Tさん)からお便りを頂いたのでシェアさせて頂きます。
(娘はLちゃん)

 

『先日は Lがお世話になり、ありがとうございました。

しつこい咳もようやく ほぼなくなり、
めっちゃ元気になってます。
というか、以前にも増してパワーアップ、
そしてバージョンアップしています。

良くしゃべるようになったこと。
この変化は 大きいです。

マヂで!

おさむさんのところに伺った時、
ワガママが言えないとか、我慢しているとか 
そんなような事が 多分出てきてたと思うのですが、

わたしがセッションをした時も、自由に表現すること に関して 
いろいろ出てきていて、
これは カラダに聞けば、奥深いところもでてくるのですが、
聞かずとも、 彼女がスピーチや表現することに関して問題があることは、
これまでも明らかなことでした。

まだ、原始反射も残っているし、言語中枢も 調整したらいいと思っていますが、
それでも、この湧き出るような発信力。
それはそれは楽しそうに しゃべるしゃべる。
よかったね~、L。

全てはベストのタイミングって言うけれど、
おさむさんのところに伺ったのも、本当にそのとおりでした。

Lにとってもそう、
そして、何よりわたしにとっても。
わたしの準備が整ったんだな~って思いました。

改めて、子供にとっての親の存在や影響も再認識させてもらいましたが、
きっと昔のわたしだったら、
Lの咳のことを自分のせいに感じたり、母としての責任感やら罪悪感やら、、、
そこから自分のことを認められなかったり、卑下したり。
そんなループに入ってたかもしれないな って思うから。

おさむさんがLにしているセッションは、
途中から自分のことのようにも感じられたけど、
揺さぶられることもなく、とても冷静に、客観的に、
ムスメでありながらも他人事、
一つのケーススタディーをみているような感じでした。

あ、わたし、なんか、平気だ。影響受けてないなって。
わたしにとっての気づきや学びが またたくさん ありました~。

おさむさんと コドモ。。。
???
って、最初は思っていたのですけどね。
ハッキリ言って、超~ アリ!!ですよ。この組み合わせ。

セッションの途中で、
Lの手に触れながら、
子どものエネルギーってピュアだな~って、
おさむさん、おっしゃっていたけど、
側から見ていて、
一つのフレームに、Lとおさむさんが収まっているそのピクチャーがね、
そのエネルギーがね、二人合わさって とってもピュア。

とっても綺麗だったから。

おさむさんセッションの 最年少記録更新させて頂き、光栄でございます~。
また、連れて行くことも、ある?かな。

~中略~

(っていうか、うーん、子どもと一緒のおさむさんから、父性は感じなかったけど~、、、
なんだか 男っぷりが (以前にも増して !) 上がったように見えたけど~~。
なんでだろう~。ぐふふ。)』

 

 

よく大人のセッションでインナーチャイルドを取り扱う事が

多いのだけれど、Lちゃんは現役チャイルド。

だれしもが現役の子供だった時期があったわけで、それが

年を重ねるにつれて子供の心、気持ちを置き去りにして

忘れてしまうわけで、、、

子供らしさ、無邪気さ、喜び、好奇心、、、

子供に触れ、その子の瞳を見つめるとピュアなエネルギーが

感じられて来て、大人のみんなが忘れつつあるものが

ここにはあるんだな~と思うと、感動した。

調整は主に喘息、呼吸器系の調整だった。

喘息気味のLちゃん、母親の小児喘息の体質を受け継いだDNAの

プロトコルや呼吸器の青写真の調整に加えて、精神的なものとしては

自分の気持ちをうまく表現できないことで感情を押さえてしまう傾向が

問題として上がってきてた。

 

セッションの最後に遊びでアセンテッドマスターの

オラクルカードを彼女に選んでもらった。

出て来たカードは天照大神のカード

見出し文には「Come Out Of The Closet」(外に出ておいで)

というもので、自分を表現することが苦手で内気なLちゃんには

タイムリーでぴったりのメッセージだった。

 

 

もう一件の子供のセッションは母親が代理で筋反射を受けた。

彼女自身、エネルギー的なものを感じる力が強いらしく、

頂いたメールは子供の事はおいといて、彼女の代理を受けていたときの

感覚だったりするのだけれど、なかなかおもしろいコメントだったので

ここに掲載しておきます。

 

『今回もおさむさんのコドモ代行セッションは実に充実したもので、

より深く、より広いところへ行ったようです。

 

これは統合に時間かかりそうです。

 

脳の各パーツへ働きかけていただいてるときに変性意識になってしまい、

自分の物語が始まってしまい、おさむさんに引き戻していただいたり。

 

で、慌てて戻って来て目を開いてみたら、上方に丸いモノと

光の結晶のようなものが輪のようになってキラキラしており、

あら凄いわーって思ったけど、自然過ぎて驚きはしなかったです。

 

コドモと、そしてわたしにもいろいろと教えていただき、大感謝です。

コドモは手がかかりますが、とてもとてもかわいいです。

彼の長所短所をよく理解して気長にサポートをしていきます。

 

そして、わたし自身も知らない間にストレスが溜まっていたのがわかりました!
セルフケアにいそしもう、と。

 

後略   』

 

 

調整自体はADHDや自閉症、感覚機能の調整など
かなり脳に関係する調整が中心だった。

最近はよくDNAのプロトコルがでてくる。
もっぱらおれとのりこのセッションの流行みたいで
親やその家系の遺伝子の影響を解消するもの。

ちびっ子セッション、これからもっと入るかな~。
ハワイでもリトリートにちびっ子が参加するので、
今回はその前振りなのかな~とか思ったりね。



ところで最近、のりこと街のミートパッキングエリアを散策して来た。
久しぶりに足を運んだので、はじめて見るお店がたくさんあった。

この界隈は今ではけっこうな観光名所になってるらしい。
昔はけっこう物騒なエリアだったんだけどね。
20年以上住んでると街の風景も変わるね〜。

でも自分はもっと変わったかな〜。




















ちょっと前まで、あまりニューヨークに執着も愛着もなかったように思ってたけど、
いろんな国や土地を旅するようになって、外から帰って来る度に、
ここが家なんだな〜と感じるようになった。

いろんな人種がいる所が安心するのかな〜。
そして八百万、無数の世界を受け入れる懐の深さが好きかな〜。

自由の国。
無数に存在する自由の表現がここにはあって、
いつでもどんな世界にでもゲートが開かれているこの街。

世界でもここはスペシャルなパワースポットだよね。

I LOVE NY !! ❤️



 

Leave a comment

    Add comment