ハワイ日記 (ハヴィ編)

 

ようやく日記なんかが書けるほど余裕がでてきた。 

ハワイにいると「今を生きてる度」がグッと上がるので 
とくに何かをしなければならないことはなくても、 
日記を書くような気持ちにはならなかった。 

子供の頃の夏休みの宿題と同じで おれはきっと、
最後にまとめてやるタイプ。 

といってもいつも間に合わないのだけれど。。。 

一方のりこは大抵日記をアップデートしている。 
彼女は夏休み中に宿題を全部仕上げるタイプなんだろう。 

ヒロでのヒーリングリトリート。 
そしてアーキュトニック&フィボナッチのクラス。 
どちらも終えてやっと二人のバカンスの始まり。

イベントからもうすでに1週間以上経ち、さなぎの抜け殻のように 
くつろぎながらハヴィの町外れのコテージで生活中。 
その今となってはリトリートのこともクラスのことも 
ずいぶん昔のように思える。 

今しか生きれない今のおれにとっては興味あるのは今のこと 
だから、とりあえずは先に今の生活のことを書いてみよう。


通訳のなつこさんと空港でさよならして、向かったのはハヴィという
ハワイ島の北端にある小さな町。
その途中ワイメアから250号線、通称コハラマウンテンロードを走ると、
牧場の草原が見えてくる。
山並みを走るのでこれまた絶景。
ちょうど夕日の時間に走れてタイミングがいい。





着いた頃は7時過ぎ、夜暗くなっていたのでしばらくコテージを探すのに時間がかかった。
翌朝、家の周りの散策。

今日からしばらくここがおれたちの家



今回のハワイ滞在中、宿のチョイスはほとんどAirbnbを利用した。
キャンセルができない所が多かったり、キャンセルしてもAirbnbnに手数料取られる
のはちょっとうなずけないのだけど、利点は個人の別荘やコンドミニアムなどを
紹介しているので完全貸し切り家でプライベート感があり、
個性のある家が多かったりする。
またふつうのホテルや宿よりかは料金も手頃で、生活型滞在に向いてると思う。


ここはガーデンも広く、周りは植物に囲まれていて、ここにいるだけでくつろげる。

レンタルした車はフォードのSUV。
なんでも全自動になっていて、後ろ座席の折りたたみとかも
スイッチひとつで簡単収納。
パワーもあり座席も心地よいのだが座席が低いのであまり外が
見えにくいのがタマにきず。


キッチンの飾り物達。
カメ4兄弟勢ぞろい。




初日、どこかから2匹の犬が元気にやってきた。
しっぽをふりながら、遊んでほしくてたまらなそうにしているので
ラナイの外でこの2匹と触れ合うと、歓迎されすぎて、
これでもかというくらい喜びを表現してくれた。



ココナッツの木が風に揺られるのをのんびり観ながら、
ラナイでひたすらくつろぐ。




今度はネコの登場。
ここに来て動物たちと戯れるオレ、、、癒しの時間。




ゲッコー登場。
ゲッコーはハワイのヤモリでとてもかわいい家の守り神。

家の中にも外にも出現するが、全くおどろかない。
むしろ、ペットみたいで親しめる。


なぜだか知らないけどゲッコーは時々アゴの部分をふくらます。
何かを威嚇しているのだろうか?



ここにいるとあまり外出する気にならず、やっとハヴィ滞在3日目くらいから
レコーディングのセットアップを始めた。

ここがおれのレコーディングスタジオ。
必要なもの全てが手に取る場所にある。

録音は大抵午前中おこなった。




毎日のように午前中あの2匹の犬達がラナイの前に遊びに来るようになったある日、
片割れがどこかで手をけがしたようで左手を上げてつらそう。

なので下に降りていって、レイキしてあげた。



レイキしてあげるとじっとおとなしくしてるのはいいけど、
もう片方がじっとしてられない。
かまってほしくてたまらなく、おれにちょっかいかけて来る。



ハヴィではよく雨が降った。
晴れたかと思うとまた突然の雨。
今回はアキュトニックのクラスの時からギター弾きだすと降り出す。

晴れ間が広がると虹も出てきた。

家の表の通りをでた所。
坂になっていて向こうに海を眺める。




ハヴィ、最終日。
あまり外出しなかったがここに来てコナの方のビーチに出かけた。

その前に手持ちのビーチの水着がなかったので、ハヴィのお店に突入。

その名も『アロハマン』




向かったビーチは「ビーチ69」という名で知られている、
ハプナビーチのエリア。

そこに向かう途中ハヴィからひたすら270号線を走ると
これまた最高に絶景な景色に出会える。


ビーチに到着。
そういえばここ去年も行ったよね。。と景色を見て思い出した。


木が多く、日差しを遮ってくれる場所が多く、シュノーケルにもいい環境。

おれたちも木陰の砂浜にゴザを敷いて海の音と休みのひと時。
おれは少しだけシュノーケルをした後、ゴザに戻ってくつろいだ。



ここでもマイク持ってきてバリトンウクレレ録音してみた。
波の音が重なるとこれまたハヴィで演奏した時とは違う感覚になる。

この日は3月21日で春分の日。
去年もコナのビーチでバリトンウクレレ録音したよね。

節目はなぜかと、こうやって祈りを捧げるセレモニーをしたくなる。


6泊滞在だったハヴィ、こじんまりした町だけど少しドライブすれば
コナのビーチもあれば、お店の多いワイメアの町まで30分。

のんびりを満喫して、のりこと二人あともう少しここでのんびりしたかった〜、
と嘆くほどにのんびりの時間というのは経つのが早いものだと実感した。

明日からはカウアイ島に向かう。

またいつ日記アップするかわからないけど、
そのうちマイペースでアップしていきます。

マハロ〜




 

Leave a comment

    Add comment