日々の趣味と冬の空

 

 

久しぶりにニューヨークも極寒の寒さから逃れる事ができ、

日中気温も10度くらいになった、天気のいい日に自転車に乗って買い物や用事を済ますため

ブルックリンの道を走り回った。

 

今日はそんなに寒くない。

そう感じるのはあのマイナス気温をかなり経験した後だから感じる事。

 

おれにはたくさん趣味があるのだけど、日々の食材を買いに出かけるのも趣味の一つ。

 

とくに自転車に乗ってブルックリンホールフーズに買い出しにいくのは

日々の気晴らしも兼ねた楽しいショッピングエクスペリエンス。

 

このブルックリンホールフーズは愛称3rd&3rdと言われてる。

ここの好きな所は、店が広く、マンハッタンのお店より 

ゆったり、のんびりショッピングできること。

 

今日の夕飯のおかずはなんにしようと、店に陳列された野菜や魚を

指をくわえてみたり、商品の内容物や栄養価をチェックしたりで 

品定めをするのは楽しい事だな〜と、主婦(主夫)のささやかな幸せを感じる。

 

さすがに週末は忙しいけど、平日の日中は大抵のんびり品定めしながら 

買い物を楽しむ。

 

こういう時はつくづくクッキングが好きでよかったと感じる。

 

とくに近年、料理へのパッションが上がった。

 

これはむかしキッチンで働いてた時にはなかったかな〜、

やはりその時は半ばお金を稼ぐための義務としてやっていた感覚があったから、

料理が楽しいって感覚はあまりなかったんだと思う。

 

今はもっぱら典子と自分の二人分の食事を作るだけでいいと言う楽さもある。

これを考えたら、毎日3食、家族の分まで作っている主婦の人達はスッゲーパワーだな〜と思うよ。

 

よく典子のブログを読んでる共通の知人から

「よく典子さんのブログでおさむさんが料理がうまいって言ってますけど

どんなもの作ってるんですか〜?」 

とかって聞かれる。

 

なので今日は少し料理を紹介します。

 

最近キッチン用品でスキレットという鋳鉄でできたフライパンを買ったのだけど

これがお気に入りで最近はこれでしょっちゅう何かを焼いたり炒めたりしてる。

 

このスキレット、鉄なので、熱がまんべんなく食材に浸透し保温性が強く、

とても美味しく出来上がるので家庭でもレストラン並みのうまさを提供できる。

 

使用した後は、ソープなんかをつけないで温かいお水とタワシで洗い、

水気を取った後、少量のオイルを表面につけて、錆びるのを防ぐ必要があるので

手入れを怠らないようにしなきゃいけない。

 

ロッジ(Lodge)というメーカーが元祖スキレットとして有名で、

昔ながらに鉄のキッチン製品を作ってるのだと言う。

 

こちら、エビをメキシカンのアボドって言うチリソースでスパイシーに仕上げた炒め物

 

 

これは肉っぽい見てくれだけど、オイスターマッシュルームとタマネギを

ニンニクとからめて炒める。

味付けはバルサミコや醤油、酒などを少々。

 

酒の肴になかなかイケル。

 

 

最近お気に入りでよく使う食材で、パープルキャロットというニンジン。

 

ふつうのニンジンほどに臭みがなく、炒めても蒸しても味が引き立ってうまい。

ニンジンとビーツの中間のような感じで美味しい。

 

これはただオリーブオイルで芯まで炒める。

そして塩とブラックペッパーで味付けするだけ。

葉っぱも栄養があるだろうから一緒に炒めた。

 

 

ホタテをガーリック、醤油&酒、バターで炒めた定番のうまさ。

味付けは日本風でも、タパスのようにワインの肴として食べる。

 

そしてキッチンでのクッキングの楽しさを引き立てるのに、音楽は欠かせない。

最近はR&B系、、とくにスティービーワンダーとアースウィンド&ファイヤーを

でっかい音で聞く。

 

あのビシバシきまるグルーブとファンキーなヴァイブを感じながら

料理をするからきっと食材達も喜んでるにちがいない。

 

食材を自分で厳選し、ケミカル系を避け、新鮮で、いいヴァイブの

ストレスフリーな環境で作れるのだから、きっとどんなレストランの食事よりも、 

家で食べる方が安心で美味しいだろうと思う。

 

今日はどうやらおれたちの結婚記念日なんだとかって典子が言ってた。

今までこの日に何かお祝いをした事はなく、まるで取ってつけたかのような

祝いの日。

 

ただ単に何かにかこつけてご馳走とワインを飲みたかったのだろうけど

初めて彼女と出会ったのもちょうどこの時期だったよな〜。。。それは22年前のこと。

 

ということで祝いの宴、こんなんできました。

 

 

 

 

 

久しぶりに気温が上がったので、夕暮れ時、公園にカメラを持って散歩した。

 

空を眺めながら、青くひろーいキャンパスに繰り広げられる夕焼け模様と

雲の形にみとれる。

 

 

 

ファザースカイのキャンパスは、スポンテーニアスで流動的。

2度と同じ形が見られる事はないんだろうな〜。

 

この瞬間はこの時だけの幻。

この世界にそのままに形を留めたものなんか何もない。

 

 

 

 

 

 

まだ夕日は南西の方に偏ってるけど、少しずつ日が沈むのが遅くなってきた。

 

 

 

過去3年、いままでだったらもうすぐハワイでのイベントに向けていろんな準備やらで

何かと忙しい時期ではあったのだけど、今年はそれがなく、ここに来て今年は

ハワイに行かないのか〜と、少しばかりハワイを惜しむ感覚もあるけど、

これまでとは全く違う方向への可能性が開かれてるんだな〜とも感じる。

 

明後日からニューメキシコ州を旅する。

 

それはアルバカーキで開かれるあのマトリックスで有名なリチャード博士の別のメソッドで

HOLO-SETSと言うクラスを典子が是非受けたいと言う事で行く事になった。

 

おれは去年マイアミで同じクラスを受け、そこで授かったモジュールなどの情報を持ち帰ったのだけど

それが彼女の興味をひいたらしく、本人もこのクラスを受けたいのだという。

 

おれ的にはクラスはおいといて、またサンタフェに行けるのが楽しみ。

ニューメキシコは毎回訪れるたびにたくさんインスピレーションを受ける。

 

ネイティブアメリカンフルートに初めてインスパイアされたのもこの土地。

2008年だからもう10年ほど前になるんだね。

のりこと二人、ニューメキシコとアリゾナを渡るロングドライブの旅をした。

 

タオスのリオグランデの橋の側で流れるフルートの音色が自分の魂に何かを呼び覚まし、

それがきっかけで、ネイティブアメリカンフルートを手にし、翌年アルバム

"Mother Earth, Father Sky" が完成した。

 

その恩恵はあそこから来てるんだな〜と、久しぶりにあの曲を流してみたくなったので

ここで紹介します。

 

アルバム「Mother Earth,Father Sky」の中から一曲目

『The Calling』

 

これを聴くと、あの時のあの場所のヴァイブや感覚が蘇って来る。

音楽は時に魂の記憶を再現し呼び覚まさせてくれる。

 

Feel the music & Enjoy!!

 

 

 

 

Leave a comment

    Add comment