夏の旅・最終日ロンドン

 

スィンサイドストーンサークルでの興奮も冷めやらぬ翌朝、 
列車でロンドンへと向かった。 

翌朝は飛行機でニューヨークへ戻るのであくまでもそのため 
停泊の場として最終日にロンドンに滞在したというわけ 

約2時間半のヴァージン・トレインの旅 
ファーストクラスの座席をとったのだけど、 
軽食のサンドゥイッチとクッキーと飲み物が無料でついてきた。

 

 

 

宿はエディンバラと同じApex HotelのTemple Courtというところで 
テンプル騎士団の本拠地として建てられたというテンプル教会に 
隣接されてるロケーション。 
コヴェントガーデンからも近かった。 

あいにく列車が到着したのは4時過ぎでこの教会を見学する時間帯には 
間に合わなかった。 

なのでやることといえば、最後に美味しい食事でもとって 
最後の晩餐としましょうということになった。 

ホテルからコヴェントガーデンのレストランまでプラプラ歩いている 
途中、街並みを見ながら最後のロンドンを楽しむ。

 

 

 

 

 

 

この日はちょっとだけ雨が降っていた。

 

 

 

予約したレストランはサヴォイという高級ホテル内にある 
Kasper’s At The Savoy というところ。 

中に入るとこれまた高級感漂う家具やインテリアの内装。

 

 

 

こんなにたくさんのお花は造花ではなくみな本物ですよ。 


イギリスはレストランやパブに行くとお花がたくさんあるところを 
よく見かけたけど、さぞ手入れがたいへんだろう。 


こういうところはきっとそういう業者さんがやってるのだろうけど。

 

 

レストランも予想以上に高級感がありヴォーカルとピアノの 
生演奏の音楽も流れていた。

 

 

 

サーバーの女性もとても落ち着いた気品のあるかたで、 
全てにおいてサービスが行き届いていた。 

こんな私が客で申し訳ない(泣)、、、と思うくらいに。 

食事はまた私たち好みのシーフードのチョイスも多かった。 

どの料理も上品な盛り付け、味付け、量、良質の食材で 
美味くないわけはなかった。

 

 

 

 

お腹いっぱいだったけど、旅も最後だし締めくくりに 
デザートもオーダー。 

最後の晩餐を飾る極上の至福を頂いた。 

このつけはお腹に残るのだけど。

 

 

 

旅の最後、ここまでのいろんな経験を二人でしみじみ語り合う 
優雅な時を過ごせた。 

本当にいい旅だったね。 
アイルランドまた行こう。 
今度は南側のストーンサークル巡りかな。。。 
そしてスコットランド方面に寄ったりして。 。。

そんな来年の旅の計画も浮上してきたりした。 

またツーショットをほとんど撮るチャンスがなかったので 
サーバーさんに頼んで撮ってもらった。 

素晴らしい旅をありがとう。

 

旅はオレの魂の喜ぶイベントだな〜。 
今回のような奇跡や変容や成長、クリエイティビティーを促してくれる。 

だからこんなにブログも書けるわけで。

 

 

 

 

宿からブラックタクシーにのってエアポートまで向かった。 
その途中ロンドン名物の衛兵の行進をやってた。 

バッキングハム宮殿などいわゆるベタな観光地にはいかなかったけど、 
最後の最後にタクシーの中から観光できて、イギリス観光の 
ヴァイブを感じれた。

 

 

 

 

さて、旅から戻ってからの話。

スィンサイドストーンサークルでアチューンメントした 
アルクトゥールスのヒーリングはニューヨークへ戻った後 
早速セッションで毎日のように使っている。 

事情により、アルクトゥールスのガイドは自分から離れていったと 
言うことらしいけど、それはそれで今の自分とそのガイドとの 
エネルギーがマッチしなかったのだと思うし、そう言う意味では 
自分にもまだ抜ける必要のあるエネルギーが残っているという 
お知らせでもあるわけで。。。 

それでも、アルクトゥールスのヒーリングエネルギーを 
使う事は何の問題もなく行っている。 

またきっと近いうち新たなガイドがつくかもしれないし。 
何れにしても必然でものごとは起こっていますからね。 

今回はそのヒーリングを受けた方から後日感想を送って 
いただけたので許可をとって、ここに掲載させていただきます。

これらの感想を読んで注意していただきたいことは、 
こうして感じられることはとても個人的なことであり、 
今回アルクトゥールスヒーリングをやった時期が、 
その人それぞれの人生経験のプロセスの中で 
いいタイミングでリンクしたわけです。 

最初のAさんはセッション中まるで退行催眠をしているかのように 
前世のビジョンが現れてきていたと言うことでした。 

その経験はとても個人的なことであり、その前世が本当に 
あったかどうかなどは確認しようもないことですが、 
本人にとって、そこで体感し感じたもの、感情や意識の変化などは 
間違いなく真実だと言うことです。 

そしてそれに従って現実も変わってきているようです。

 

~前略~ 

今回のセッションは始めから なんか違う!って感じでした。 
最初のスキャンの時から今までになく体感がすごくて 
お腹の胸の辺り(第3第4チャクラ?)が押されて何か上がってくる感じ。 

なんだ~?と思ってたら勝手に口が空いてなんか空気? 
吐いてました。 

その後の音叉!すごかったです! 
なんか塊でくるって感じで質量がすごいと思いました。 
ぎゃー避けきれないっ!!とか思いました。(避けちゃダメですが) 
今までが元気玉なら超元気玉か超ウルトラ元気玉になった感じ。 

この時に前世っぽいビジョンを2つ視ました。 
前回前々回もちょっと視てたんですが今回はすごいハッキリしてました。 

2つともフランスって感じていて 
1つ目は凱旋門は見えて広場に大勢の人に囲まれいる女の人。 
後ろ手に縛られ跪かされていて多分処刑されるよう。 

上を見上げたら青空と太陽の光と刃物が光って。 
何故?何故こんな目に合う?って思う。 

2つ目に視えたのは暗い地下牢に閉じ込められている若い女の人。 
上の方に鉄格子の嵌った小窓があってそこから外の太陽の光が漏れている。 

その鉄格子を握って、何故?神よ あなたの言う通りにやったのに。 
皆の為を思ってやってきたのに、何故こんな仕打ちを受けるの? 
と思っている。 ジャンヌダルク、って浮かびました。 

この時、まだまだ努力が足りなかったから神に見捨てられたんだ、 
もっと試練を受けて、そして乗り越えなくてはいけなかったんだ。 
と思ったようです。 

次に身分の高そうな若い男性が視え、少年王と私は思う。 
この人に対して怒ってる。会社の人に感じたような気持ちでした。 

アークトゥルスヒーリング 

最初におさむさんにアークトゥルスのパワーを 
送るって言われた時は、えー私じゃ分からないと思うー >_< と思いました笑 

でも2度目はせっかくなので?アークトゥルスさんに挨拶してみました笑 
で、パワー受け取ります、って心の中で言ってみました。 

そうしたら、キラキラ✨感じて、喉とハートに 
置いた手から何か入ってくるような、涼しい風が入ってくるような 
不思議な感覚があって。 

そうしたらさっきの前世らしきビジョンがまた視えてきて… 
1つ目の処刑場の広場は、空を振り仰いだら空一面眩しい光で覆われて、 
2つ目の地下牢は窓から強い眩しい光が差して窓が大きくなって… 
とても温かくて神々しい光で 
あぁ、見捨てられてなかったんだ 
私が見失って見なくなってしまっただけで 
変わらずにずっと側に在ったんだ…。 
そう思いました。 

前世のビジョンを視た事は何回もあるけれど、 
今回みたいに癒されたって感じになったのは初めてでした。 

泣けました💦 

それからは実生活もなんだかちょっと変わってきてます。 

ラッキーというか得したりサービスして貰ったり。 
臨時収入もありました。 

受け取れるようになったのかなと思います。 

後は宇宙遺伝の調整!やっぱり効きます。 

仕事でオリオン冥王星的な人に当たる確立激減。 

当たっても相手に引っ張られなくなってます。 

この人絶対オリオンって先輩がいるんですが 
その先輩とも普通に話せてます。 

ホントうそみたいに楽です~♪ 

でもだんだん戻っていく感じがするので自分の 
調整できたらやっぱりいいなぁと思いました。 

分かるようになりたいし、もっと知りたいです! 

From  A

 

 

そしてもう一人、感想をいただきました。

 

おさむさん、こんにちは。 

先日はセッションありがとうございました。 
10日がたち、体も気持ちも軽い感じです。 

今回のセッションはエネルギーが全く違うように感じました。 
今回は早めに好転反応も1週間でひきました。 

アルクトゥールスのエネルギーはスッキリとしていて、 
とても高尚な炎のようなものが手の内側へ届けられている感覚でした。 

びっくりです。 

クリエイティビティのこと。3回目のセッションでやっと魂の声が聞こえた。 

魂の声はすでに私の中にあり、たくさんのエゴ・遺伝などにより、 
聞こえない状況をつくりだしてきた。 

目から鱗だったのが、人間関係もクリエイティブしていくこと。 
人間関係の構築が苦手で、独創的なアイディアを受け入れてもらえないから、 

人が欲しがるものを作り、周囲の評価を得るけど、 
魂の声はかき消してきたことに気づきました。 

問題が起きないように、相手が望んだ通りに動き、 
相手の望み通りに作るので、なんの創造性も起きません。 

子供の頃から独創的で、はるかな未来を創造するようなアイディアを持ってきました。 

でもそれを出すと、笑われた。呆れられた。仲間外れにあった。 
など様々なことがありました。 

社会に順応すること、周囲との差異を埋めることで、 
自己価値としてきたことがわかりました。 

誰かに判断されることで自分の価値の構築を預けてきた。 

今ちょうど、メンターとの間に、このことが起こっています。 

染み込んだ過去の価値に倣った方法を手放し、新しい方法を受け入れ実行する機会。 

新しいことをやる。心配の二ビルも出てきます。 
メンターが気付かないから悪いんだと思う冥王星も。 

私が間違ったら非難される、私をダメだと思われるなどでてきました。 
クリエイティビティを拒否、拒絶してきた根源をピックアップして手放します。 

おさむさんが、これまでとすごく違った感じだったのが印象的でした。 

これまでも穏やかだったけど、どこか違う軽やかなエネルギーから発せられる 
安心感があるように思えました。 

クリエイティビティの話はおさむさんからでないと、ここまで魂を撼わし、 
気づきをえることがなかったのではないか。 

闇へのガイドとなって、ここまで辿ることができたことに感謝ばかりしかありません。 

中間発表でした!またメールします。

From R

 

 

ここで付け加えたいことは、 
これらはあくまで成長の過程で経験した変容の一つの形だと思います。 

その経験はゴールではなく一つのスパイラルを抜けた 
プロセスなわけで、この次元に存在している限り、きっとまた 
何かしら変容をしいられるお知らせはやってくるでしょう。 

もちろん私も例外なく、変容とともにスパイラルの上昇を幾度と 
繰り返してきました。 


上昇するので、また同じようなネガティブな意識が 
浮上したとしても前とは同じところにはいないわけです。 

私はヒーラーとして完璧でも人として立派な人でもなく、 
ただそう言う闇のスパイラルを何度も抜けた経験がある 
経験者として、私に縁がある方にそのお手伝いをしている 
だけのことです。 

それはギターを弾けるから弾き方を教えたり、 
音楽を楽しく演奏したりすることを教えるのと 
そんなに差はないのではないかな。。。

 

そうやって皆さんといっしょにマジックを体験し 
成長していくことが自分の魂が喜びだと思うから。。。 

それじゃまた。

 

 Love❤️&Light ✨

 

 

Leave a comment

    Add comment