夏の旅・ダブリン&ニューグレンジ

 

さ〜て今回からアイルランドシリーズのはじまりはじまり〜。 

ヒースロー空港で、レンタカーを返却しエアーリンガスっていう 
アイルランドの航空会社の飛行機に乗ってやく1時間半でダブリン空港に着く。 

そこからまたレンタカーを調達した。 
そして今回もマシーンはフォルクスワーゲン。 

とりあえずはダブリン市内のホテルに向かう。 
アイルランドも車は左側通行。 
だけど速度や距離の表示はキロメートルになってた。

 

 

ホテルはダブリンの街中にあるフリートストリートホテル。 

観光名所のテンプルバーエリアにあり便利のいいところではあった。 
建物は古かったけど部屋は意外に綺麗でエネルギーもわるくなく、 
陽の当たる部屋で浄化もする必要もなく心地よく過ごせた。

 

 

 

ダブリンの特にこのエリアはパブの聖地とも言われていて、 
この通りに軒並みパブが並んでいて観光客も賑わうエリア。

 

 

なかでもテンプルバーはアイリッシュパブの聖地と言われているらしく 
ダブリンへ訪れる観光客で毎日、毎晩賑わっている。

さっそく腹が減ったので近所のレストランに飛び込む。

ダブリンといえばビールのギネスの発祥の地でもあることで有名。

なので普段ビールを飲まないのりこもこの時はギネスを目当てにしていた。

しかし飛び入りしたレストランにはタップのギネスがなく、 
他のローカルアイリッシュビールをフューチャーしていたので 
そのお試しコースを頼んだ。

名前を忘れてしまったのでもう何を飲んだのかはわからない。

みんなどれも美味い。

 

パブの聖地でバーがエリアの名前になるくらいに有名で、 
周辺はカメラを写す観光客で賑わう。

建物の周りには派手にお花が飾られている。 
これみんな本物だから、毎日手入れとかたいへんそう。

 

 

 

とりあえず中に入ってみるとライブミュージックをやっていた。 
お店の中は観光客でいっぱい。 
たまたまバーカウンターの席が空いていたので運よく座ることもでき 
音楽に聴き入った。

 

 

音楽のライブを聴くこと自体が久しぶり。 
今やここは観光客がアイルランドのヴァイブを感じる中心地になっているので 
ローカルの人はそんなにいないみたい。 
ニューヨークならブルーノートやビレッジバンガードにジャズを聴きに 
くるようなものだろう。

バイオリンとギターにヴォーカルでアイルランドの音楽をやっていた。 
おれものりこもこのヴァイブと音楽に感動を隠しきれず、 
ここにきてよかったとしみじみしていた。

 

 

バーにはギネスを始めタップビールもたくさん揃っていた。 
ウィスキーはダブリンでも一番いろんな種類が揃っているらしく、 
ボトルが逆さまになったウィスキーたちが連なっていた。 

あいにくおれものりこもウィスキーを飲む趣向はなく、 
チャンスはなかったのだけど。

 

 

 

翌日はダブリンを離れ自然とパワースポットを求めドライブ。 

まず向かったのは世界遺産にもなっているニューグレンジという遺跡。 

くる前に気づいたのだけど、先にチケットを買わなければならないらしく 
ネットで見てみるともう、空きが少なかった。 

電話で問い合わせると、朝の時間帯なら空いてるから飛び入りで 
当日チケット購入しても大丈夫だよと言っていたので、 
開演の時間に合わせて現地に車を走らせた。 

ここは一度に入場する人数を制限しているようで、 
ボイン渓谷ビジターセンターが営むツアーに参加しなければ 
ならなかった。 

ちなみにこのエリアはニューグレンジ以外にもノウス、ドウスという 
別の遺跡もあり、そちらへのツアーも行っているが、今回は 
時間的にも予定外だったので行くことを断念した。 

到着するともうすでに当日のチケットを買うために人が並んでいた。 
とにかく当日に入れることができて一安心。 

そしてビジターセンターから専用のバスに乗って5分くらいで 
遺跡にたどり着く。

 

 

周辺にはこのような大きな石が12個ほど残っている。 
もともとは32個あったものだという。 

波動は高いもののようだ。

 

 

現地でここのツアーガイドさんに引率され、遺跡の前で説明を受ける。 

ニューグレンジは約5000年まえに作られたものだと言われ、 
それは先のストーンヘンジやエジプトのピラミッドよりも古い歴史を持つ。 

冬至の明け方に太陽光がこの遺跡のホールの中にまっすぐ入り込み 
短時間だけ部屋の中心部が照らされる仕組みになっているのだとか。 

古墳の直径は約100メートル。 
一つだけ18メートルほどの中に入る入り口があり、その奥には 
墓室と思われる場所があるのだという。 

 

ワレワレは意を決してこのミステリアスな入り口の中に入って行った。 

そこでワレワレが見たものは。。。 

そこには信じられない驚くべき事実が隠されていたのだった!!。。 

CM。。。

ガクッ。。 
(80年代の川口浩探検隊の水曜スペシャル風)

 

 

 

その後、中に入るとあいにく、ガイドさんから写真はNGと言われ、 
やむを得ずカメラに蓋をした。 
(期待させてゴメンね、、、期待させるだけの番組だったから)

 

その入り口を歩いてる時は幅がかなり狭く、入り口の方は特に 
低かったから頭を打たないように気をつけなければならなかった。 
その閉塞感がちょっと苦しくなった感はあったのは、きっと 
なにかしら霊的エネルギーがあったかのように思う。 

奥に入ると小さな部屋のようなところに突き当たり、 
発見された当初ここに人骨があったことから、 
墳墓だったのではないかという説があったらしい。 

その部屋で、ガイドさんの指示により部屋を暗くして 
冬至の日にだけ差し込む日の出の光の再現というのを 
照明を入り口方面から照らしてやってくれた。

 

外壁を近くで観察。

のちに修復したものだろうが周りが白い壁で覆われている。

 

外壁の周りをぐるっと回るとこうした渦巻き模様の絵が 
大きな石に描かれている。 
まるでエナジーヴォルテックスの模様。 

こうした渦巻きの模様はアイルランドの代表的なアートの 
シンボルともなっている。

 

 

 

 

謎に包まれたニューグレンジをあとにしたワレワレは、 
次の目的地タラの丘に向かって行ったのだった。 

そこでワレワレが目撃したものは!! 
信じられない光景だった!! 

次回の水曜スペシャル、、、 

乞うご期待!!

 

 

 

Leave a comment

    Add comment