自分勝手におみやげの話しとアバンダンス

 

おみやげの贈り受けというのは日本人の気をつかう性質の代表的なもので、

でも結局それが多くの無駄な労力を生み出してる事にもなってるな〜と

思う今日この頃。

 

そういう文化というのはいい所もあるよ。

例えばおみやげって、土に産むって書くよね。

だからその土地で生まれた産物を手渡す事で、買って来てくれた人が

住んでたり行った所の風土、文化、バイブに触れる事ができる物だから。

そういったものはクリエイティビティをそそられるものですよね。

 

しかし中には、贈り物を渡さねばという義務感や無言の常識みたいなのがあって、

その心理の背景には贈らないと相手に失礼だとか、無礼だとか、

逆に相手から失礼と思われるとかの恐れがあったりもする。

 

だからそんなしょーもない事でいちいち人をジャッジする側と、

人からどう思われるか、評価される事が気になる側が、

でっち上げた気遣いの幻想の文化になってる感がある。

 

だってやっぱりいまだに贈り物渡す時に

「これつまらないものですけど〜。。。」

って言って渡すのってどうよ? なに時代よ?!!

 

けど、「つまらないもの、、」という事で、自分は自慢したり、押し付けたりしてないですぅー、、とか、

あなたはスゴい人ですからこんなものじゃ満足しないかもしれませんけどね〜。。。

って言う謙虚さを表してるんですかね。

 

そんなんのどこが美徳なん?!

 

この事だけをとっても日本人にいい人でいなければならないDNAが

染み付いてるのが読み取れる。

相手がどう思うか、どう見られるかが極端に気になる。

 

どう思われるかに束縛される→結局自分の思い通りに表現できない→だから自由に

表現できる人が羨ましい→目立つ人に嫉妬心→だからみんなで右にならえのいい人抑圧ごっこ

。。。という幻想パターン。

 

おれなら「つまらないものならあげないでください」とつっこんでしまいたくなるよ(爆)

 

っていうか、「もー私はこれがチョー気に入ってて是非あなたにも試してほしいのー!!」

って言う思いで贈ってくれたものの方が絶対に受け取る側もその物自体も嬉しいから

バイブが上がるはず。

その贈り物もそう思われてハッピーなはずだし、あげる側のその好き好きバイブが

伝わるってもの。

 

基本うちらは、日本の風習にしたがう感覚はあまりないので、

手ぶらで来てもウェルカムだし、何も持って来なかったからと

とやかく思うようなインキな性格ではまったくありません。

なので義務感でやるくらいなら持って来ない方がとてもウレシいのです。

 

うちには結構頻繁にはるばる日本や遠方からセッションを受けに来られる方達も 

少ナクナク、典型的日本人金星人的気質満載の方々はやはりおみやげを 

お持ちになられる方達も少ナクない。 

 

基本頂くものはどんな物でもとてもありがたく、うれしいもので、 

そのお気持ちそのものが尊いものだと思います。 

 

けれども、私達も好みや基本使わないものはあります。 

それは 全く頂けないものではないのだけど、 

それなら最初から持って来ない方が逆にありがたかったりもします。 

 

というのも、使えないものなら、結局人に譲る事になるとか、腐らせてしまうとか等 

エネルギーの無駄が生じるだけになってしまうからです。

 

という事で、アツカマシイしと思われるかもしれませんが

参考までにもらって嬉しいものベスト10を作っちゃいます。

 

*ワイン

*オリーブオイル

*そば

*コーヒー豆

*土地の産物(柚子胡椒、薬味、塩、など)

*うまいダシ(ソバやみそ汁などに)

*酒の肴

*お菓子(クッキー系、スナック、砂糖控えめな物)

*ハーブティー

*ナチュラル系ソープ

 

逆にもらって困るものは

*緑茶(健康にはいいですがまず使いません)

*和菓子(あんこ系、砂糖こってり系、伝統和菓子系)

*アクセサリー、服、バッグ等

 

とくに最近砂糖控えめにしてるので、これはヤバいっすね。

 

とまあ、わがまま言い放題言いましたが、普通は知り合いで好みを知っていないかぎり

やはりおみやげはリスクの高いものになってしまうでしょう。

 

だから全くなにも期待してません。

あなたが癒され、変容しさらに輝いて行けばそれでいいじゃん。

 

代金は頂いてるわけだし、わざわざ遠方からいろんな決心をしてやって来てるんだから

わたしたちに何も気をつかわないで来てください。

ここで受け取れるあらゆるアバンダンスとブレッシングをただ受け取ってください。

 

みんな人からどう思われるか気になって、いい人のふりして自分を抑圧して

他人軸で生きてるから、自分がどうしたいのかわからなくなったわけでしょ。

だからそのいい人ごっこを手放しにここに来てるわけでしょ。

本当の自分を生きたいから。

 

人に何かを与えたいのなら、自分の輝きを人に与えてください。

それは自分らしく思いのまま表現し生きる事。

 

子供の頃、親からいろんなものを与えてもらった。

思い出すのは、おれが星座の事を知りたかったからそういった類いの本が欲しいと

ねだってたある日、母親が星座の由来なんかを書いた絵本を買って来てくれた事。

それはそれはとても嬉しかったし、それをしばらくかぶりついて見てた記憶がある。

 

けど今の自分にとってはその絵本を手に入れた喜びよりも

母がおれに向けて愛情たっぷりに笑顔で嬉しそうに、その本をおれに差し出してくれた時の

あの輝きが何よりの愛だったし、何よりものギフトだったんだな〜と感じる。

 

そのときはその愛が当たり前にあったから、ありがたいことなんてわかってなかった。

けど今になってそれがどれだけの祝福と豊かさだったかは計り知れない。

そんな事に気づいた時に人はきっと感謝という感覚を感じれるものなんだろうな〜。

 

当たり前にあるもの、、というのは本当はスゴい事なんだという事。

そこに感謝を見出せた時に人は感性豊かになるんだと思う。

 

そういうのがアバンダンスなんじゃないかな。。。

 

という事で最近のノリコ姫への献上品を少しだけ披露。

いつもいつも精一杯、魂のかぎりを尽くして働く姫に

ねぎらいのワインと食事、そして音楽のひと時。

 

仕事の後のこの晩餐のひと時が何よりの癒しだと言ってくれる。

おれも姫と共に生きててよかったな〜、それがアバンダンスだな〜と感じる。

 

そして毎度おなじみサンセットパークの夕日。

この日も快晴で夕日が地平線に沈んでいった。

 

この公園に来てはいつも写真を撮るおれにノリコは冗談で

サンセットパークの写真集でも作れば(笑)なんて言ってた。

 

 

豊かな人生に感謝!!

 

LOVE

 

 

 

Leave a comment

    Add comment