Silence In Paradise

 

その訃報を知ったのは天王星が牡牛座に入ったばかりの 
まさにNY時間の5月15日のことだった。 

親友でセラピストの森千鶴子がガンで息を引き取りこの世を去った。 

そのことを実の弟さんがフェイスブック上で告知していて 
知り合いがリンクシェアしたのを見た時、そのことを 
信じることはできなかった。 

リンクした知人にそのことを確認したが、彼女もその事実を 
つい最近知ったばかりでそれが信じられないと呆然とするまでだった。 

もとより、実の弟さんがその告知をしているのだから 
それは疑いざる事実なわけで、そのことを認めるのは 
大きなショックだった。 

 

彼女が亡くなったのはその告知をみる1週間前の5月9日に遡る。 

約2年前に骨折し体を壊して仕事をずっと休んでいたのは知っていたし、 
去年10月、日本で再開した時、彼女に会ったのは久しぶりだったのだけど 
ずいぶんやせ細った姿を見て、なみなみならぬ困難を乗り越えたんだという 
事を察することはできた。 

だけどその時はもう体調は少しずつ回復してきていると話していて、 
ハイドロサームマッサージの仕事はもう再開しているようだった。 

おれたちもちづちゃんはそんな困難を乗り越えて 
回復に向かうはずだと信じて疑わなかった。

年末にはメールが来て、キネシのセッションも再開しますと 
お知らせがあり、もう随分回復したのかなと思い込んでいたが、 
彼女がまた不調で入院したのが今年の1月下旬ということだった。 

いま思うとすでに去年の段階で結構ガンは進行してて、 
彼女はきっとクライアントさんに真摯に寄り添うひとなので、 
その分いろんな負担も大きかったんだろう。 

乳がんが体内で腰の骨などに転移していたのだということらしいけど、 
そんなになって、去ってゆくまで身内の人以外には誰にも 
その事を話していなかったらしい。 

 

なにも言わないで逝ってしまうなんて 
ちづちゃんらしいと言えばちづちゃんらしい去り方。 

けどなんなんだろう、、、もうちょっと弱音を吐くとか 
泣き言を言うとか、みんなに頼るとか、、言ってくれればね〜。。 

 

もーみずくさすぎ。。。 

 

よっーぽどみんなの心配したり悲しむのを見たくなかったんだろう。 
そんな同情、憐れみが彼女には重苦しかったのだろうか? 

あるいは去ってゆくギリギリまで自分はなんとか回復し 
元気な姿になって、立ち直った事を事後報告するつもり 
だったのだろうか? 

もしくはその両者だったのかもしれない。 

どっちにしてもその「立つ鳥跡を濁さず」的発想、、、 
本人はそうしたかったのかも知らないけど、 
残ったものたちは跡が濁りまくったよ、、、ちづちゃん。 

年齢もおれとそんなにかわらない享年47歳。 
否応無しに生と死を考えさせられた。 

おれにとって去っていったちづちゃんから受け取ったメッセージは 
かなり大きかったと思う。 

生きるということがさらに現実味と躍動感を感じるようになった。 
それは人の死を身近に感じたから。 

人の一生の平均は80年か長くて100年とかって言ってるけど、 
地球の歴史から考えるとほんの一瞬のかげろうのようなものだよ。 

おれもすでにその平均寿命の半分は越えてるわけで、 
あとどれだけ与えられてるのか知らないし知りたくもない残りの人生、 
しょーもない未来の心配する暇があるくらいなら、 
命の炎を燃やし尽くしてやりたいことやって去っていきたいと思う。 

それは自分の恐れを越えていろんなことにチャレンジすることだったり 
もっといろんな可能性広げて、この世の神秘を知ることだったり。 
もっと愛の深淵を知り、人と分かち合うことだったり。

 

時間軸のない宇宙創造のプロセスの中でひとがどれだけ 
長く生きようが短命であろうがいいもわるいもなく、 
生命という炎がこの物質次元でどれだけ生存するのか、 
それも限られた時間なら、その与えられたほんのわずかな時間を 
この世界でしかできないことをやっていきたい。 

だって死後の世界なんてきっと退屈だろうから。 

だからみんなこの世に生まれてきてるんだよ。 
いざ今生に生まれて生きてみると苦しかったり死にたくなったり 
してるわけだけど、みんなこの世に光を求めてやってきたんだよ。 

 

ハワイ島で起こっている一連の噴火にも同じような思いを抱かせられる。 

島の南東にあるプナのカポホというエリアは去年おれたちが 
リトリートをやった場所で島でもサイコーにゴキゲンなのバケーションハウスが 
ある所なのだけど、つい先日遠くから激しく吹き出る溶岩が 
町を飲み込んで、住宅家屋が一晩で何百も失われた。 

ユーチューブであの愛おしいパラダイスがなくなっていく姿を見ると 
唖然と圧倒させられなんともいたたまれない思いも感じるのだけど、 
ペレの全く容赦ない破壊と再生のパワーに生命の躍動感を掻き立てられる。 

もっと魂の炎を奮い立たせろと煽られてるようで。 

去りゆくちずちゃんと破壊の女神ペレ。 
きっと同じメッセージを伝えたかったのかな。

 

 

 

 

 

ちづちゃんとの思い出といえばやはり2015年3月ハワイ島で 
一緒に過ごした日々のことが浮かんでくる。 

この時キラウエア火山の火口付近でクリスタルボウル鳴らして 
一緒にペレの大地に祈りを捧げたね。 

プナのジャングルに住むフォレストケイコさんの家での 
オフグリッドな生活体験。 

ニックさん家から車でサドルロードを突っ切ってヒロからコナに 
向かう途中の霧の中のマジカルミステリードライブ。 

春分の日のマカラウェナビーチでのセレモニーで、ぶっとび至高体験。 

クジラ観覧ツアーでのしょぼいクジラの出没にカズヨ姫のバースデー祝い。 

最高に楽しい時を一緒に過ごしたね。

 

この写真はヒロにあるフォーマイルビーチで典子がとった 
ちづちゃんの輝かしい一枚。 

 

最高に天気のいい日、ウミガメももちろん出てきてた相変わらず 
美しいフォーマイルビーチでエンジェルボーイと戯れる 
ちづちゃんがとても楽しそうだったことが心の目に焼き付いてる。

 

 

 

 

先日はニューヨークのちづちゃんを知っている仲間が集って 
うちで追悼のセレモニーをやった。 

典子はこの日のために相当な気合いを入れて数日前から 
ちづちゃんのために絵を描いた。 

きっとセッションでかなりエネルギーもボロボロに消耗してる 
だろうに、集中力と根性で当日にまにあわせた。

 

そしてお葬式には参加できなかったけれど、おれたちなりの 
ちづちゃんへのお別れをここで告げた。 

そしてエンジェル達に囲まれたこの祭壇の前で 
クリスタルボウルとギターでサウンドヒーリングを 
ちづちゃんのスピリットに捧げた。

 

サイキック・ヨギーたか〜しによると、彼女の存在がここにきて一緒に聴いてたと言う。 

おれもそう感じたし、みんなもそうだと思う。

 

ちづちゃんこんな風に見送られて幸せだね〜。。 
って典子に言ったら、きっと天国で 

「ちょっとそれ、ひどくな〜い!! 
 わたしが死んでよかったみたいじゃない〜!!」 

とかっていつものちづちゃんのツッコミが入ってくるかのような 
存在をふたりで感じた。

 

ちづちゃんはいつもおれの無神経&非常識ボケにウケまくっては 
なにかとツッコミを入れてくれた。 

それはそういうことを言っても笑い飛ばして受け入れてもらえる 
という受容と懐の深さに愛と安心感をいつも感じてたから言えた 
ことなんだよ。。。ちづちゃん。

 

 

 

おれの最後のちづちゃんとの思い出は、去年日本にいたときのこと。 

ニューヨークに戻る2日前の11月14日、東京セッションが終わった後で 
一緒に食事をした。 

前からちづちゃんは牡蠣が大好物だっていってたから、この時も 
彼女のサロンがある恵比寿の牡蠣専門レストランで最後の晩餐をした。 

で、この時思い立っておれが牡蠣の並んだゴージャスな皿を眺めながら 
「ワーォ」ってなってる姿を写して〜と言ってちづちゃんに撮ってもらった。 

一緒にこの写真を眺めながら、こりゃなかなかない貴重なショットだね、、 
とか言いながらそのあとムシャムシャあれがうまい、これがクリーミーとか 
言いながら食事したのを覚えてる。 

この写真がちづちゃんが最後に残して行ってくれたものか〜と考えると 
最後の晩餐は牡蠣で締めくくれてよかったネ。

心残りはツーショットを撮らなかったことだけど、きっとそれよりも 
この写真にちづちゃんの視点がこもってるからこれでよかったのかな。

 

 

ちずちゃんと出逢ったのは2013年、おれがキネシをやり始めた時からなので、 
まだ5年間くらいの短い期間しかお互いを知らなかったわけだけど、 
あった時から前から知っているような存在だった。 

 

天国に行っちゃって今生ではもう会えなくなるのは寂しいし
次はまた地球に転生するのか、違う次元に行っちゃうのか知らないけど 
きっとまたどこかで逢えるのを信じてるよ。 

その時まで、あのハワイのパラダイスで過ごした日々の思い出とともに 
ちづちゃんのスピリットはおれの中で生き続けてるよ。 

どうか安らかに眠れますように。 

 

Aloha 💖 Love

 

そして彼女の魂に捧げるマザーアースサウンドはハワイ島のプナで収録した 
バリトンウクレレの音源。

 

 “Silence In Paradise” 

 

 

 

 

 

4 comments

  • Keiko

    Keiko Toronto

    Silence in paradise この曲は、私 とっても大好きです。 心に 染み渡る 素敵で切ない 曲ですね この度は、オサムさん典子さんの 大事なお友達のチズさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。 私も 同じく 最近 大事な 友人の 訃報を 知りショックと受けていました。 私の友人も 5、6年前 に 乳ガンで 手術をして 治った、と聞いていたので 安心していましたが 先週 思いもよらない形で 遠い知り合いから 連絡が流れてきて 癌で亡くなったと 訃報を聞いた形でした。 恐らく去年の終わりくらいに再発したのではと推測します。何でもっと早く 知らせてくれなかったのか、いや、なんで もっと早く 彼女の変調に気がついてあげられなかったのか 今となっては無念というか。 未だ 突然すぎて信じられないせいか、思い切り泣けないでいます。 ただ 身近な 大切な人が亡くなることで いるのが、あるのが 当たり前に感じていた事が 当たり前じゃないんだよって、、、 より一層 今 を感じます。 今を生きているんだなって 今を大切にしないと、生きないと という事に 気がつかせてもらっているようで、 改めて 深く 考えさせられる事が 多々あります。 少しご無沙汰してしまっていますが 典子さんと修さんが いつまでも 健康で ありますように 次に会える時も お互いに 元気で会えますように 桂子

    Silence in paradise
    この曲は、私 とっても大好きです。
    心に 染み渡る 素敵で切ない 曲ですね
    この度は、オサムさん典子さんの 大事なお友達のチズさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
    私も 同じく 最近 大事な 友人の 訃報を 知りショックと受けていました。
    私の友人も 5、6年前 に 乳ガンで 手術をして 治った、と聞いていたので 安心していましたが
    先週 思いもよらない形で 遠い知り合いから 連絡が流れてきて 癌で亡くなったと 訃報を聞いた形でした。
    恐らく去年の終わりくらいに再発したのではと推測します。何でもっと早く 知らせてくれなかったのか、いや、なんで もっと早く 彼女の変調に気がついてあげられなかったのか
    今となっては無念というか。
    未だ 突然すぎて信じられないせいか、思い切り泣けないでいます。
    ただ 身近な 大切な人が亡くなることで
    いるのが、あるのが 当たり前に感じていた事が
    当たり前じゃないんだよって、、、
    より一層 今 を感じます。
    今を生きているんだなって
    今を大切にしないと、生きないと という事に
    気がつかせてもらっているようで、
    改めて 深く 考えさせられる事が 多々あります。

    少しご無沙汰してしまっていますが
    典子さんと修さんが いつまでも 健康で ありますように

    次に会える時も お互いに 元気で会えますように

    桂子

  • Mother Earth Sound

    Mother Earth Sound

    けいこさん コメントありがとうございます。 お友達を亡くされたんですね。 残念な思いご察しします。 人が亡くなってゆくことは 今を生きるということがより現実味をましてくるものなんだと感じます。 あたりまえがありがたいと感じれるということでしょうかね。 けいこさんも元気で。 またいつかお会いできますように。

    けいこさん

    コメントありがとうございます。

    お友達を亡くされたんですね。
    残念な思いご察しします。

    人が亡くなってゆくことは
    今を生きるということがより現実味をましてくるものなんだと感じます。

    あたりまえがありがたいと感じれるということでしょうかね。

    けいこさんも元気で。
    またいつかお会いできますように。

  • Seiko

    Seiko H

    修さん、ご無沙汰しています。 2015年ハワイのマカハでのリトリートでお世話になりました、せいこです。 ちづさんとの思い出をシェアして下さりありがとうございます。 ツッコミ、頭の中で再生されます。本当に可愛らしいんですよね。 リトリートを経て3年経って、小さなことから行動を変えていけるようになりました。 マカハでのお別れの時に、ニューヨークに行きます!と宣言してこんなに時間が経っているので、そう遠くないうちに実現させたいです。 マッサージやセッションは言うまでもなく、修さん、のりこさんとの出会いを下さったことにも、ちづさんには感謝してもしきれません。  “Silence In Paradise” 、とても美しい曲ですね。

    修さん、ご無沙汰しています。
    2015年ハワイのマカハでのリトリートでお世話になりました、せいこです。
    ちづさんとの思い出をシェアして下さりありがとうございます。
    ツッコミ、頭の中で再生されます。本当に可愛らしいんですよね。

    リトリートを経て3年経って、小さなことから行動を変えていけるようになりました。
    マカハでのお別れの時に、ニューヨークに行きます!と宣言してこんなに時間が経っているので、そう遠くないうちに実現させたいです。

    マッサージやセッションは言うまでもなく、修さん、のりこさんとの出会いを下さったことにも、ちづさんには感謝してもしきれません。

     “Silence In Paradise” 、とても美しい曲ですね。

  • Mother Earth Sound

    Mother Earth Sound

    せいこさん こんにちは。 ご無沙汰しています。 連絡してくれて嬉しいです。 ちづちゃんを通じておれたちのことを知り、マカハに来られたんでしたね。 そういった縁も繋いでくれたちづちゃんに感謝ですね。 またいつかお逢いできることを願っています。 音源聴いてくれてありがとう。 それじゃまた。

    せいこさん

    こんにちは。 ご無沙汰しています。
    連絡してくれて嬉しいです。

    ちづちゃんを通じておれたちのことを知り、マカハに来られたんでしたね。
    そういった縁も繋いでくれたちづちゃんに感謝ですね。

    またいつかお逢いできることを願っています。

    音源聴いてくれてありがとう。

    それじゃまた。

Add comment