エディの事と「異邦人」

 

 

先日10月6日にハードロックの偉大なギターリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンが 

亡くなった。 

 

エディはおれがもっとも好きなギタリストの一人。 

 

おれが14歳くらいの頃、アルバム「1984」が出回り始め、 

そのめっちゃかっこいいオーバードライブの利いたギターサウンドに 

何度も何度もCDを聴いて刺激を受けていた。

 

そういえばCDプレーヤーで初めて聴いたアルバムは1984だった。 

 

CDを初めて聴いた印象は、最初の曲のシンセの音がかなり電気的な明るい 

曲だったので、それをさらにツヤツヤにしてクリアな感覚だった。 

 

それまではLPレコードとかカセットとか使ってたよね。 

 

その頃おれもやっぱりエレキギター弾いてて、エディのライトハンドを 

真似たりとかギターソロをコピーしたりとか、リフをやってみたりとか、 

結構ハーッドロック好きだった中学・高校生時代。 

 

高校生の頃からあまり学校に行かなくなってからはさらにギターばかり夢中になって 

芸術の秋・イン・バークシャー

 

 

バークシャーへの旅は魂と自然とのコネクションをさらに深める 

最高の旅だった。 

 

この土地がおれにもたらしくてくれた癒しと変容はすごく大きかった。 

 

 

アーティストならこの紅葉の美しさにインスピレーションを受けないわけはない。 

 

ギターを持ってきたおれもやはりアーティスト魂が刺激される。 

なので湖畔で紅葉の至福に包まれて演奏したい衝動にかられた。

 

 

 

 

演奏したのはオリジナル作品の 

『Like The Wind Flow』

 

 

2009年のアルバム『Mother Earth, Father Sky』に収められてる曲。 

このオリジナルバージョンではギブソンのスティール弦のギターに加え 

バークシャーの紅葉

 

10月に入って秋の季節を感じると紅葉が見たくなる。 

 

それと同時に旅がしたい衝動にかられ、車旅しようと 

1週間後に出発することにした。 

 

計画し始め、ホテル選びやいいスポット選び、お店探しやレンタカー手配なんか

してると本能的な血が騒ぎワクワクしてる自分がいる。

 

 

過去アップステートに紅葉を見に行った時期は少し遅くて 

10月末とか、11月に行ってたけど、きっと10月半ばくらいが 

ピークかなと思い、このタイミングのチャンスを狙った。 

 

今回向かった場所はマサチューセッツ州のバークシャー地方。 

 

ニューヨークのアップステートの隣で、街から車でひたすら北に 

約3時間のドライブでバークシャー地方の町にたどり着く。 

 

しばらく好きなドライブもやってなかったし、ハイキングしながら 

自然を堪能しリフレッシュ&癒されよう✨🍁

 

 

出発の日は曇りがちで、翌日も夕方まで雨だったので最初は 

ヒーリングもしつつ本当にのんびりできた。 

天秤座新月 サウンドヒーリング On Skype

 

 

おとといから紅葉狩りと自然と繋がりにマサチューセッツ州のバークシャー地方の

とある湖のほとりのホテルに泊まってます。

 

ニューヨークの街中から車で約3時間の自然に囲まれたこの土地

今までは紅葉の時期はどちらかというとNY州のアップステートの方に

行ってたのだけど、今回はMA州の方まで足を伸ばしました。

 

 

ということで今朝の湖畔の風景

NYよりも格段に気温は低い。

 

 

 

昨日おとといと雨が降っててハイキングもできずに部屋でまったりしてたけど、 

今日は朝から晴れ間も見えハイキング日和になるだろうから、 

紅葉の写真をたくさん撮ってきます。

 

 

 

 

それではサウンドヒーリング ・オン・スカイプのお知らせをさせて頂きます。 

 

今回は天秤座新月のエネルギーのサポートを受けながらお届けします。 

気まぐれニューヨーク街プラ写真

 

10月に入って気温が下がって季節が代わったのに伴って 

セントラルパークで演奏するチャンスもモチベーションもスローダウンしたな〜。

 

夏の間の情熱を燃やした分、結構心身の疲れも溜まってたみたいで、 

しばらく養生のために家でヒーリングする以外は、音楽やヒーリングとは 

関係ないことで遊んで楽しんでる。 

 

振り返ってみると夏はやっぱり情熱を燃やして頑張ってたなー。 

 

熱い夏だった。 

自分を褒め称えよう。 

 

よーがんばりんしゃった。(九州弁😁) 

 

今後これからどうしようかねーーー、、と 

特にこの先緻密な計画もなく、 

風の向くまま気の向くまま、、、直感と気まぐれな 

楽観主義で今この時を楽しむしか選択はないかなーと、、、 

 

もうサレンダーするしかないな。

 

これが風の時代の現れなんだろうか。 

 

まあ風がどう傾いたにせよおれが好きで選んだこの人生、 

秋の始まり

 

 

10月に入ってからまたエネルギーが変わった感じがする。 

 

気温も下がって来て長袖に長ズボン、素足のビーサンから靴下と靴にと 

必然的に衣替えすると、それでけでも気分は変わる。 

 

天秤座のエネルギーに誘われるかのように、 

外へ向かうエネルギーから、内へ向かうエネルギーとの 

バランスを取っているような今日この頃の流れ。 

 

先日は牡羊座の満月のタイミングでスカイプでの 

グループサウンドヒーリング を行いました。 

 

自分にとってヒーリングって何だろうって考える時に 

宇宙的な変容の流れに波長を合わせる、という事の重要さを 

感じる事が多々あります。 

 

それはもっとシンプルな事でもあるのだけど、 

この地球の自然の大地や海や水、空気、風を感じる事 

木や植物などの美しさを愛でる事、エネルギーと繋がる事、、、 

 

朝日や夕日の太陽、月の満ち欠け、星空、青空、浄化の雨、 

といった絶え間ない宇宙の創造のプロセスとのコネクションを感じたり、 

牡羊座満月 サウンドヒーリング On Skype

 

こんにちは✨ 

 

秋分の日が過ぎ、今年も早いもので残すとこ 
3ヶ月ですねー😲 

 

そんな感じできっと瞬く間に年末を迎え、2020年も過ぎ、

水瓶座の時代が本格的に始動するんでしょうねー。 

 

今回もまたサウンドヒーリング のお知らせです。 

よかったら一緒に秋の夜長を共に過ごしましょう‼️ 

 

詳細はこちら⬇️

 

『牡羊座満月 サウンドヒーリング On Skype』 

 

<日時> 日本時間>10月2日(水) 午後10時 

 

=アメリカ東海岸時間> 10月2日(水) 午前9時 

=アメリカ西海岸時間> 10月2日(水) 午前6時 

祝福への感謝とギターヒーリング

 

 

先日9月22日に50歳の誕生日を迎えました🌈

 

SNSやメールで多くの方々から温かい祝福と応援の言葉を 

かけて頂いて、とても励みや力になり感謝しています☺️

 

そんなたくさんの愛のかけらが積み重なって、元気玉のように 

自分のスピリットの生きる力になるのを感じます。 

 

やはり40代から50代への移行は自分にとって 

大きなターニングポイントだと実感してます。 

 

そんな節目がコロナの起こった年だという事もなんか自分らしいなー、、、 

と少しシニカルな笑いを抱いてしまう気持ちもある。 

 

去年の誕生日は日本にいて台風だったしね。🌀

 

 

けどコロナを含めこの一年を通じて何度も自分の人生の方向が 

変わっていったことなどを垣間見ると大きな意識の変容、転期、節目に 

なった事は間違いなく、その経験、体験そのものが祝福、恩寵という 

ものだったなーと、この一年間という短い期間の自分の人生を 

あらためて振り返って感じる。 

 

ヨーコとの共演

 

今年の5月も下旬にさしかかった頃。 

 

ニューヨーク在住、前からの友人でシンガーのヨーコから 

音楽一緒にやらないかってテキストがやってきた✨ 

 

 

この頃はちょうど、みんなステイホーム期間で、仕事もなく、 

ミュージシャンもアプリを多用して複数のミュージシャンと 

映像をシンクさせて音楽を作ったりするのをよく目にした時期。 

 

​時間もあるし歌への熱が高まってきたらしく、 
そういったアプリを使ってシンクして共演しようよってことだった。 

 

結果的にはアプリじゃなくっておれのマックのiMovieでやったのだけど。 

 

​ 

おれも時間は悠々にあったし、それに応じて音楽への情熱も 

高まってて、ずっとソロでギターの映像を撮っていたのだけど 

ちょっとたまには違ったテイストの音楽もやってみようかなって 

思ったし、、このタイミングで人から一緒に音楽やろうって 

声かけられたこともなんかチャレンジだったし、 

なんか縁があるんだろうなって思った。 

乙女座新月 サウンドヒーリング On Skype

 

昨日あたりからもう夏も終わりかなーって、 
風や気温や空気感がすこし涼しさを増してきたのを 
肌身で感じながら、夏を名残惜しんでる。 

 

去年の今頃は日本にいて、サイコーに熱い夏を過ごしてた。 

 

けど今年の夏はきっとそれに輪をかけて熱かったのかもしれない。 

自分の内側にある火を燃やすことにかけては🔥🔥🔥 

 

今年の獅子座期間は特にそう感じてた。 

 

今はもう乙女座の時期。 
やはり気候もそうだし、エネルギーが変わってゆくのは感じるね。 

 

それに伴って、人の行動や気持ち、感じ方、などが微妙に 
変わってゆくのだから、やはり人は地球や宇宙のサイクルの 
中にあって、それに常に調和するように、生きるのが 
自然の摂理なんだなーって感じる。 

 

昨日の夕日はまた神々しすぎた✨✨✨

 

 

 

それでは恒例になってきました 

サウンドヒーリング ・オン・スカイプの告知を 

させて頂きます✨ 

あれから一年

 

 

今日は9月11日(NY時間)

 

 

 

去年の今日は知多半島でサウンドヒーリング のコンサートの日だった。

 

 

コンサートはユウキ&のぶカップルと知多半島の仲間たちの

温かいサポートの中、いろんな存在に見守られながら行った。

 

 

伊勢湾を隔てた対岸には伊勢神宮が向かい合わせにあって、

美しい海とお月様を眺めながら、小高い山の上にある時間の森で

ミラクル&マジカルナイトを過ごした。

 

 

時間の森、とはよく言ったものだよ。

 

この日も上演直前まで少し雨が降っててスタッフが楽器が濡れないように、

ステージのところにテントを貼ってくれたりして、またそのチームワークが

素晴らしいものだったんだけど、

始めるや否や雨がさっと引いていって、美しい背景と龍神様や

いろんな存在に見守られながらここに足を運んできてくれた

ディバインタイミングと信頼

 

 

最近パークでの演奏やらサウンドヒーリング やらで何かと 

アウトドア・アクティビティが多かったってのがあって 

あまりインドアでブログ書いたりする暇がなかったから 

今日は久々でアップする気分☺️

 

 

真夏のセミみたいなもんだろうか。

 

この暑い夏が終わり寒い時期が訪れるまでに、 

魂を燃え上がらせて光を発信し続けたい。 

 

儚い命であるほどに、その命を自分の魂の情熱に 

委ねて生きようという意志が働いているかのよう。 

 

最近、ハイヤーセルフとか、魂の声とか、ハートとか 

そういった内側のBeingにより意識を向けているように思う。 

 

外に演奏に出るようになって、よりその本能的な感覚や 

直感って言うのを鍛えられている感じで、それはまるで 

狩人のような、眠っていた能力を呼び醒ます感覚でもある。 

 

 

先日、9月1日にセントラルパークでサウンドヒーリング…