内なる平和

 

なんだかんだ言ってもう6月。 

 

ニューヨークも暖かさが心地よくなってきて、 

家の窓も開けて風を感じれるいい季節になってきた。 

 

そんな一見平和な日々も社会的には色々激動が走ってる感じで、 

やはり目につくのはジョージフロイドという黒人男性が 

白人警察に締め付けられて殺された事件が引き金となった 

人種差別に対するデモが今全米を騒がせている事。 

 

ホールフーズで買い物済ませて地下鉄で帰るためにユニオンスクエアを

歩いてたら、広場でデモやってたし、 

普段報道はあまり見ないのだけれど、今回ばかりは 

この問題に直面しろと言わんばかりに映像が出てくるしで、 

どう言うことなんやろって少しこの報道を見てみました。 

 

ただでさえコロナの騒動で世界が大きく変わっているこの時期、 

騒動に火に油を注ぐかのようなこの事件は、ずっとアメリカが抱えてきた 

闇を浮き彫りにした形になったのだけど、やはり本当に世界が 

意識を変えなきゃいけない問題に直面してる事を見せつけられるようで 

感慨深いものでした。 

 

placeholder

Voice Of The Sea/ ダイスケさんとのコラボ作品

 

アロハー🌈 ✨ 

 

ハワイ島に在住のドルフィンスイムガイド&アーティストのダイスケさん 
作成のイルカやクジラの動画を紹介します。 

 

彼のクジラ音源を拝借してわたしが創った 
ヒーリングミュージックとコラボで楽しめます。 

 

イルカたちや他の生物が彼が接近してきても 
楽しそうに泳いでるのが癒されます。

 

 

 

 

ダイスケさんは去年の2〜3月に行ったハワイ島のリトリートで 
行ったドルフィンスイムのガイドだった方で 
イルカを愛してるのが伝わって来て、きっとイルカから 
生まれ変わって来たのかなって感じさせる。 

 

彼と出会えて本当にラッキーだったなーって 
思います。 

 

ハワイ島でドルフィンスイムをやりたいのであれば 
是非おすすめです。 

 

ダイスケさんのYouTubeリンク

Dolphin Eyes

ヒーリングツールに関して

 

 

私のセッションで使用するヒーリングのツールとして 

結構比重を占めるのは音叉を使うものです。 

 

その中で最も優れたツールはやはりアランセールスの神の音、 

それとアーキュトニックの惑星音叉になります。 

 

自分のサウンドヒーリングあるいはキネシオロジー の 

セッションとしてはその2種類をコアとして他のツールも 

多用するようなスタイルでやっています。 

 

神の音はやはり肉体、感情、思考、魂の広範囲なエネルギーの 

レベルに働きかけられるものなんだと思います。 

 

音叉は持っているのだけれど、使い方がわからないとか 

やってもあまり効果を感じれないという方も時折伺います。 

 

それは多くの場合、どのエネルギーをターゲットにヒーリングしているか、 

というのが明確にならない場合かなと思います。 

 

どういった感情、思考などが自分の意識に上ってきているのか、 

どんなストレスを感じれるのか、などの感覚を言葉にして、 

その感覚をしばらく感じる、あるいはダウンロードするという 

感謝の祈りは・めっちゃラッキー当たり前

 

 

今日は快晴の春の気候が暖かく清々しい青空の1日。 

 

マンハッタンまで食材を買うついでに散歩してきた。 

 

最初はひとまずワシントンスクエアでチルアウトをきめ、 

そこから南にグリニッジビレッジからソーホーのエリアを 

プラプラ歩いて街角の散歩を楽しんだ。

 

 

 

 

ユーチューブの動画でもっちーが双子座の新月前後にすれば 

運気爆上げする方法を赤天狗さんからチャネリングできいたらしく 

それを紹介していたのを見てたので、ソーホーの街を歩きながら 

「私は神、私はサイコー、めっちゃラッキー当たり前~✨」

って自分でアレンジして歌いながら歩いてた。

 

 

 

 

当たり前にニューヨークに住んでることに感謝しながら。 

 

めっちゃラッキー当たり前~✨ 

 

placeholder

キネシセッションのプロセスに関して

 

近年自分の施すキネシオロジーのセッションはかなり正統なキネシオロジーの 

メソッドからは離れた方法だと思う。 

 

まあぶっちゃけ、独自のスタイルでやってますけど、 

もっぱらわたくしアーティストなので、なんかのメソッドの規則に従って 

やるなんてことは到底できない至難技ですね。 

 

アーティストとしてはどれだけ既存の常識をぶち壊して自己表現するかが 

アートそのものであり、魂の炎なわけですから、なにか工場で製品を 

製造するかのようなことはできないわけです。

 

一口にキネシオロジーと言っても何十、何百と違う種類のものがあるらしく 

そんな多くあるキネシオロジーのなかで自分がクラスで学んだメソッドは 

キネジェティクスとIHキネシオロジーでした。 

 

IHが魅力的だったのは、多くの肉体的な機能の調整を主体で行うキネシに比べて 

より内面的、精神的なところの根本要因にフォーカスしてるところで、 

現実は全て自分が創っているというスピリチュアルな概念にうまく 

適応しやすいところだったりする。 

 

だけど1番の魅力はヒーリングの手法、ツールをそのメソッド内で教わる 

だけのものじゃなく、ヒーリングツールと呼べるものならどんなものでも 

パワースポット/ニューヨーク

 

パワースポットというのは日本独自の造語なので、本来英語では 

そういった言葉はないのだけれど、この言葉は日本ではかなり 

市民権を得た単語なんじゃないかなと思います。 

 

意味合いとしては、「大地のエネルギーみなぎる場所」「聖地」 

「氣の高い場所」「ヴォルテックス」などでしょうが 

日本では神社などが建てられている場所や神道に関係している所、 

富士山などの霊山、霊場など自然の聖地などが 

そういった場所と言えるでしょう。 

 

そのほかには癒しを与えてくれる場所、インスピレーションを与えてくれる場所、 

世界観や価値観を変えてくれる場所、人生の転機を与えてくれる場所、 

古代の叡智が残る場所、高次元や地球のエネルギーとつながる場所、 

などがパワースポットと呼べると思いますが、日本人はDNA的に 

そういう場所が好きなんだなーって思いますね。 

 

それは目に見えないものを信仰する、八百万の神のような、万物を神として 

敬う思想や精神が日本人には宿っているからって言うのもあるでしょうね。 

 

自分もそういったパワースポットは好きで、いろんな場所に赴いては 

そのエネルギーや土地の恩恵を受けたり、インスピレーションを受けたり、 

その場所に行って人生の転機を迎えることになったりと言う、 

ニューヨーク~エッセンシャルライフ

 

 

ニューヨークの街がロックダウンしてから早ひと月半にはなる。 

 

その期間中、外出といえば週一の食料品の買い出しにスーパーに行くか 

川沿いの公園で日光浴くらいだったので、もういい加減近所巡りも飽きてきた。 

 

なので、数日前は久々に地下鉄使ってマンハッタンの街まで繰り出していった。 

昨今の自粛で、エッセンシャルなことしかしないように促されているNY市民。

 

おれにとって、公園は人として最低限必要な憩いの場所。

 

ということでニューヨークでのエッセンシャルライフをお届けします。

 

まず向かったのは、ニューヨーカーの憩いの場、ワシントンスクエア。

 

 

 

 

 

 

ここにきて気づいたのは、今ロックダウンだから観光客が全くいなくって 

殆どニューヨーカーなんだろうなってこと。 

そう思ったらすごいなー。

そんなことって普通はないよなー。

 

 

世界でいちばん心の豊かな大統領

 

昨今のコロナライフの影響で上がりやすいネガティブ意識 

というのは色々あると思います。 

 

それは今までにお伝えした心配、不安や恐れなどが代表的ですが、 

これらがなぜ生じるのかというと、そのウィルスに感染する恐れも 

そうでしょうし、生活の不安もありますし、メディアの洗脳もそうですね。 

 

やはり仕事がなくなるとか、収入が減るとか、直接生活に支障をきたす 

可能性を思うと、将来の不安や恐れとが出てしまうわけです。 

 

そういった心配や不安に付随して、生じやすい意識もあって、例えば 

不十分感や渇望、目標達成思考などはこういった時期に陥りやすい 

感情や思考の流れなのかなと思います。 

 

要するに、もともと成果主義的に達成しようとする 

思考癖がついた現代文明の私たちはどうしても、この時期、家でリラックスしたり 

落ち着いてのんびりと今ここの生活を楽しむというBeing になる代わりに 

常にDoingの思考が働くので、なんとかしなければ、とか 

なんか目的をみつけなければ、とか頑張らなければ、、とかの 

ネバネバ思考にはまってしまう可能性が高いのです。 

 

そうして初めのうちはその達成思考の渇望で頑張れる体力、精神力があったとしても、 

ヒッピー・スナフキンおさむの大麻論

 

最近はニューヨークもすっかり活気がなくなったな〜。 

 

家にいても騒音や車の音も少ないし、雑音も少ないので、 

自分の内側に入りやすくもあるかなと思う。 

 

最近よくオラクルカードひいたり、オラクルカードの動画見たりしてるんだけど、 

この日は息抜きして楽しみましょうってサインだったから 

ひさしぶりに公園にいって草を吸ってチルアウトして来た。 

 

この日は天気も暖かくってお日様が眩しい、最高の天気。 

まるで近所の人たち全員この公園に来ているかのように人も多かった。 

 

暖かい晴れた日くらいみんな外に出たいよね~。 

ニューヨークの平和市民の皆さん。

 

 

 

 

いつもの公園の草の上で裸足になって大地に根付いてアーシングしながら全身を 

大地に横たわり広ーい空を見上げながらお日様の光を浴び、川沿いの水のエネルギーと 

柔らかな風にそよがれ、大麻の歓喜のエネルギーと繋がりリラックスヴァイブで

かなり浄化され、大地と空と一つになる時間を楽しみました。 

 

瞬間の爆発。永遠の歓喜。

 

みなさまこんにちは。 

ハッピー4.20✨

 

引きこもり生活、いかがお過ごしでしょうか😉 

 

おれはというと、もうただひたすら創造に意欲を燃やして 

自分がやりたいことだけをその瞬間瞬間にやってるだけって感じで 

情熱が増してきたかなーって感じがして闘志が湧いてきてるんですよね。 

 

で、この情熱に加担してくれた動画があります。 

 

最近、中田敦彦さんのユーチューブ大学を好きでよく見てるんですけど 

彼のレクチャーを通じて岡本太郎のいきざまを垣間見ることができました。 

 

それでもちろん岡本太郎さんという方の芸術家魂はすごいな、というもの 

あるんですが、その魂が敦彦さんの情熱的な言葉とエネルギーを通じて 

入ってくるので彼もそーとーすごいなーと彼の才能にいつも感心してます。 

 

皆さんも是非、この時期勇気とか自信とか失ってきてる方は 

オススメの動画ですのでご覧ください。 

 

今最も必要な勇気が湧く言葉たち「迷ったら危険な道に賭けろ」 

https://youtu.be/02tcasG2Gcs 

コロナウィルスを浄化するためのサウンドヒーリング

 

 

 

 

今日はコロナウィルスを浄化するためのサウンドヒーリング をお送りします。 

コロナウィルスに感染したなと感じた時、実際にしてなくてもそういう 恐れがある時、 
コロナの関係で何かとストレスを感じている人などに 聴いてもらえるとうれしいです。 

サウンドツールは次のものを使いました。 

神の音チューニングフォーク=カバラ数列から成るソルフェジオ周波数を使った音叉。 

174 Hz・・・意識拡大と進化の基礎 
285 Hz・・・多次元領域からの意識拡大と促進 
396 Hz・・・トラウマ・恐怖からの解放 
417 Hz・・・変容の促進 
528 Hz・・・DNA の修復 
639 Hz・・・人間関系の修復 
741 Hz・・・表現力の向上 
852 Hz・・・直感力の覚醒 
963 Hz・・・高次元、宇宙意識とつながる 

惑星のチャイム 
冥王星/闇、破壊、カルマの解放、再生力 
ニビル/恐れ、混乱、破壊の解放…

自分の感情や恐れと向き合うってこと

 

ヒーリングの経験や技術を使って感情や信念体系を解放する手段があることは 

とても恵まれた環境だったなーと、自分の境遇に感謝する。 

 

自分はヒーリングのセラピストをやっているわけだけど、 

完全にヒーリングされた人間だとか、なにか精神的に超越した 

人間だとか、そんな凄い特別な人間なわけじゃなくって、 

ふつうにネガティブな感情や思考が上がることも時にはあるし、 

苦手なことも恐れることもたくさんあって、 

そんな不器用な生き方をしてきたひとりの人間として、 

楽に生きる術を経験から学んで来たからそのギフトを 

人に施せるのかなーと思う。 

 

ただヒーリングをやってきて変容を積み重ねてきたおかげで、 

自分の人生は明らかにあらゆるレベルで豊かなものになったとは確信してて、 

それは自分の内面を内観したり、その潜在的な感情や意識を観て 

手放していったおかげでものの見方、視点が変わったり、感性が養われ、 

人生のダイナミックの幅が広がったのだと思います。 

 

かつてアメリカンスタイルのスピリチュアルワークも経験した事もあったけど 

その本質は素晴らしいものなんだろうなって感じてたのだけれど、 

常にポジティブ思考で高い視点で自分たちを愛そう、受け入れようという、