南阿蘇のライオンズゲート と弁天池

 

8月に入ってやっぱり日本の夏は半端なく暑さが増してきた。


雨のあとなんかは湿気も加えてさらに蒸し暑くなったりするので 
やっぱり日中はクーラーをつけて暑さをしのいで過ごしてる。 

夕方のウォーキングも最近森の中は蚊が多いので、 
ベンチなんかにじっとしてると、いつの間にかボコボコに 
刺されてしまうので、 

のんびり座ってヒーリングの時間を過ごす代わりに 
歩きながら森の空気と波動と繋がり、夕日の時間の風情を 
味わっているような最近の状況。 

 

そんな猛暑の日々、南阿蘇に住む友人のよしこちゃんから 
メッセージが来た。 

 

前からチャンスがあったら南阿蘇に遊びに行きたいと、 
メッセージを送っていたのだけど、よしこちゃんもしばらく 
忙しかったみたいで、なかなかタイミングが合わずで、 
今回は南阿蘇行きはないのかなーと、あきらめていた時、 
電話で連絡してきて、8月8日からだったらいいよーと、 
連絡してきてくれた。 

 

それで8日はライオンズゲート の日でもあるし、なんか 
南阿蘇でサウンドヒーリングの会をやろうと言う話を 
提案してくれた。 

 

そんなわけで急に決まった南阿蘇でのイベント 
スペースに限りがあり参加者は8人となっていますので、 
参加希望の方はよしこちゃんの方にご連絡してみてください。 

 

下にイベントの詳細をお知らせします。 

 

<ライオンズゲート &獅子座新月のサウンドヒーリングの会> 

場所〜自然派発酵カフェ&コミュティスペース〜 
   南阿蘇のおいしい時間 

新月とライオンズゲートが  
重なるパワフルで宇宙的な8月8日を  
サウンドヒーリングでクレンジングし  
ともにお祝いしましょう 

サウンドーヒーラー   
 もりやまおさむ(Osamu Moriyama)  
ミュージシャン  
サウンドヒーリング奏者  
即興演奏家  
ヒーリングセラピスト 

<獅子座の新月のテーマ>  
【情熱的】【自己肯定】【生命力】  
【リーダーシップ】【カリスマ性】  
【運命を楽しむ自己肯定感を持った豊かな成長力】  
【自信・決断力・自己実現・ロマンス・創造力・楽しいこと】 

 

<主な内容>  
*各自が横たわるか、リラックスした状態で、様々な楽器の波動に浸ります。  
心地よい音のバイブレーション、深い癒しのリラクゼーション空間です。  

[日時]2021年8月8日 17:40〜受付  
    18時〜20時 サウンドヒーリング  
    20時〜21時 小さな祝宴  
[演奏]  Osamu  
[参加費] 3888円    
     (Yuさん麻炭パンとふみっくさんの新月スープの  
      軽食とワンドリンク付です)  
[定員]  8名 先着順  
[会場へのアクセス]南阿蘇のおいしい時間  
          あそ望の郷内 

※ヨガマットや敷物をご持参ください。   
※お申込はKai Yoshikoまで​メッセージ​ください。  
 ご予約確定メッセージを返信いたします。 

 

以上、南阿蘇のイベントのお知らせでした🌈 

 

✨✨✨✨✨✨✨✨ 

 

 

先日、父の車で一緒に山口県の方をドライブした。 

 

CDを作成するのに色々手伝ってくれたので、 
感謝の気持ちでランチをご馳走した後、父が秋吉台の方まで 
ドライブしようと言ってくれた。 

 

ドライブしながら父が

「そういえばそこらへんにすごく綺麗な水の池があるところがある」

というのでググってみると別府弁天池という場所が上がってきて、
写真で見るとめっちゃ綺麗そうだったので、そこに直行した。 

 

またタイミングが良くて、その日、飲料用の水を 
うちの近所の足立の水まで汲みに行こうと予定してたから 
10リットルの水タンクと1・8リットルのボトルを車に 
積んでたから、そこのお水を頂くことができる!! 

おやじの思いつきに感謝✨

 

とテンション上がりつつその場所に到着。 

 

ひゃーーー、水の色が美しー、きれいすぎーー‼️✨ 

 

 

この秋吉台の地域はやはり石灰岩からなる地形もあり 
その地下水はカルシウムなどのミネラルが豊富に含まれ 
こうしたきれいなエメラルドブルーになるらしい。 

 

 

最高に美しい水の前で父と自撮りショット。 
思い出の記念に。 

 

ここは水汲み場。 
別府厳島神社の敷地内にあり、水の神、芸術と豊かさの神様、 
弁財天の祀られている場所でもある。 

 

御神木も生き生きしてて力を感じる。 

 

 

そしてその後車でまもなく秋吉台のカルスト台地の風景を眺める。 

おれにとっては30数年ぶりに訪れたこの場所。 
前行った北九州にある平尾台もこのようなカルスト台地がある。 

ここのカフェで父とアイスコーヒーとソフトクリームを食べながら 
景色を満喫していた。 

 

 

 

さて次回のブログはきっと南阿蘇からお送りするかもしれません。  

どうぞお楽しみに✨  

 

エンディングミュージックは  
門司麦酒煉瓦館でのギターソロ演奏で  

 

 Never Let Me Go

 

 

 

Leave a comment

Add comment