夏の終わりとヒーリング生活



7月下旬カナダから帰ってきて、ニューヨークの気候はかなり過ごしやすかった、、、
と思うのも束の間、8月に入ってまた暑さがぶり返してしばらく猛暑の日々だった。

近年のニューヨークには珍しく8月でも30度を超える日が多かった。

うちはクーラーを持たないので、昼、汗だくで仕事を終え夜になると夕涼みに
サンセットパークにくり出すのは夏の欠かせない行事だ。

日本の人からメールでこちらは38度、39度ですよ〜(汗)、、、なんて言われると
少しだけこのニューヨークの猛暑が楽に感じられた。

8月いろんな事あったな〜。

自分的に一番大きかったのは長年愛用していた自転車を手放した事。
 

サイクリングは12年前の2004年、人生の転機の時期に始めた。

その当時、体重が結構増えてたので自分的に危機感を感じたのと、
ノリコと離れて暮らしてた時期でもあり、精神的にもなかなか苦しんでたので
内側の自分が本質的に変わりたいという意志が強かった。

そんな時に出逢ったのがこの自転車。
音楽以外で始めて熱中したものかもしれない。

SPECIALIZED SIRRUS 2005年モデル
買ってまもなくから、かなり改造を施したので、
オリジナルはフレームとクランク部だけ。



その当時は結構ストイックだったから、毎日毎日、プロスペクトパークや
イーストリバー沿いの自転車道で仕事の日も、雨の日も、風の日も雪の日も、
がむしゃらに走り続けた。

ある日なんか、通勤にマンハッタンからブルックブリッジを渡って
フォートグリーンへの帰路を自転車で帰ってた時、温度計がマイナス12度
とかになってた日でさえ、橋を越えてた。

一日平均30キロくらいは普通に走ってたな〜。
休みの時はセントラルパークの10キロコースを5週くらいしたし、
ワシントンブリッジ渡ってニュージャージー州の方まで行って
100キロ制覇した事もある。

サイクリングとピラテスなんかのエクササイズも組み合わせて
一年で約15キロは痩せた。
その時のビフォー&アフターの写真はまだ残してあって、
それはそれは劇的な体型の変化だったので、見せてあげたい気持ちは
やまやまだけど、さすがのおれもそれは恥ずかしいのでやめとく。

その時期に肉を食べる事もやめたし、それがきっかけで食や環境の事に関心が
高まり、当時たまたまノリコがレイキを始めた時期にも相まって、
スピリチュアルな方向にも関心が高まってきた。

フリーランスのヒーラーやるようになってからは通勤もしなくなり、
自転車を乗り回す事は無くなり、買い物や、たまに一人で公園に行くときだけ
乗るようになったのもあり、近年また運動不足感を感じてた。

なのでこの夏また新たなスタートを切りたい思いで、新しい自転車を購入した。

もっぱら最近はプロスペクトパークに行って約5キロのコースを3〜4周くらい、
約40〜50分くらいで廻ってる。
久々のワークアウトで、改めて体力が落ちてる事を実感した。

けどやっぱり自転車はサイコーに気持ちよく爽快。
あの風を切って疾走する感覚は快感。

走り終わったあとは芝生にねっころがってアーシング。
ボトルに麦茶入れてるのでそれを飲み干し、
アーキュトニックのチューニングフォーク使ってセルフヒーリングする。



ヒーラーもやっぱり精神力、体力鍛える事大事なので、
ここはこのエクササイズをできるだけ習慣にしようと思ってる。

なんで新車が必要だったかと言うと、このオールドフレンドはもう
サイクリングはやらなくなった事もあり数年前に街乗り仕様にして
後ろのドレーラーを外して軽量にし、24段あったスピードの段も
4,5段だけ使えるように改造したから、スポーツ用にはもう戻れなかった。

新車を買うのはいいものの、いざこの自転車を手放す事を考えたら、
改めておれはこの自転車に愛着があったんだな〜と実感した。
そしてちょっと哀しくて、淋しい気持ちになった。

だってこの自転車は、この12年間という歳月のなか、
いろんな事をこの自転車と共に経験してきた親友みたいなものだったから。


そんな時にまた、自転車といっしょに町を歩いてると、
すれ違いに少年が  "I like your bike!!"  なんて褒めてくれるから、
余計に惜しむ気持ちが高まった。

自転車乗って走ってると、この親友と共に生きた日々が走馬灯のように
溢れてきて胸がいっぱいになった。

それはまるで映画「シネマパラダイス」の主人公さながら
ノスタルジーに浸るようだった。

この自転車のおかげでニューヨークの街中の行動範囲も広がって、
地下鉄を使うだけじゃわからなかったストリート、街並、ハプニング、発見、、
たくさんあった。

下は少し前、この自転車とともに、ブルックリンの町を散策して撮った写真達。

Barclay Centerはアトランティックアベニューに出来たプロバスケットボールの
競技場でブルックリン・ネッツのホームグラウンド。

おれが近所に住んでた12年前にはただの空き地と古い建物があるだけだった。
この近所もすっかり変わっちまったよ〜う。



パークスロープの並木道




パークスロープのローカルブティック、Brooklyn Industries
買った事ないけど。。。

信号待ちで立ち止まるとそこは
アトランティックアベニューの交差点
ブルックリンのシンボル的ビルディング。



パークスロープにあるバーモント州産のメープルシロップのソフトクリーム屋さん。
おれの知ってる限りではニューヨークNo.1のバリうまアイスクリームだと思う。

日本から来たクライアントさんたちにはうちの近所の公園とこのお店をお勧めする。


 

新車購入後、この12年間愛用していた自転車をブルックリンは 
DUMBOのエリアにあるRecycle A Bicycle という自転車リサイクルの 
コミュニティーに寄付しにいった。 

ここは非営利団体のコミュニティーで、市民のいらなくなった古い自転車を 
改装し、中古として再利用するのだとか。。。 


という事でこの自転車との最後のショット。
これがお別れ。

さよなら、本当にありがとう。。。おれの青春。

 

新車はランスアームストロングの専用車でおなじみトレック。  
けど、マウスタッシュハンドルは苦手だし、街でも乗り回したいので  
前回と同じハンドルがバースタイルのハイブリッドのモデルにした。 


Dumboのエリアに来たついでに、近所のリバーサイドの公園を散策。
ブルックリンブリッジを下から眺める。




8月はセッションも淡々とこなしていた。

アーキュトニックのレベル2&3を学んだばかりというのもあって
プラネットチューニングフォークを駆使し多用しながら新しいテクニックを
楽しんでる。

Skypeも相変わらず健在で、日本や海外、ニューヨーク州外から
セッションの申し込みがある。

先日Skypeセッションした翌日にメールが来て感想を送ってくれた。
Skypeでもこれだけ変化を感じる事が出来ると言う、
良い例として面白かったので、本人から許可を得て掲載します。

この方は常に思考がDoing(行動)に偏っていて、常に忙しいので
リラックスとかマインドを休めるという感覚を持った事がなく、
周囲の事、仕事の事で常に追われている状態でした。
 

おさむさん 

こんにちは。 
先日は大変長い間セッションをありがとうございました。 

いきなりですが、か〜なり驚いています。 

おかげさまで随分気持ちや身体が軽くなり 
すっきりして、大変化です。 

セッション後、仕事に一応いかないといけないので、行ったのですが 
しどろもどろ、頭も全く回らないというか、動きませんし、 
恐ろしいほどボーとしていて、普段でも 
頭痛になんてなったことなかったんですが、 
ひどい頭痛に見舞われていました。 
喉も渇くし、、で、家に戻りその後、朝まで爆睡!!!でした。 

翌日も頭痛はとれたものの、まだ頭がボーとしている感じがありました。 

とにかく、全てがゆっくり、、、いや、、というより 
もしかして、私が全てに関して、焦りすぎ、頭の中忙しすぎで 
これが普通のペースなのかなって思ったりしました。 

歩いている時も、なんだか、そんなに急がなくても、 
ゆっくり、ゆっくり、ゆっくり歩いて、、、 
別に何も遅れたりないし、急ぐ必要はない!と、、、 
自然の素晴らしさも感じられずにこれまで歩いていたんだと 
思いしらされました。 
とにかく、何かの力で誰かに前から胸を(速く歩けないように) 
押されている感じがずっとしていました。不思議です!! 

ずっと取れなかった疲れが、頭も、身体も、心も取れ、 
軽くなりました。 

またスタッフ達ともうまく行けそうな感じなんです。 
スタッフが変わったでなく、私の見方が変わった感が 
大きいのを感じています。 

こういうセッションを受けて、一度も今回のような類の事がなく、 
ただセッション後軽くぼーっとするくらいだけだったので、 
今回、なんだかすっごい効いているぞぉ〜、、と、ちょっと変ですが、 
一人とっても嬉しくなりました。 

あと、おさむさんが、インナーチャイルドに声をかけてくださった時に 
手の先とか、胃の奥の方が(場所は説明できないところです) 
ほんわかあったかくなりました。気持ちもほんわかして 
落ち着いた感じを受けたのを覚えています。涙 

修さんの流してくれた音も全て素晴らしかったです。 

あとは、細かい諸々の偶然とういうか 
ミラクルみたいなのがちょこちょこ起こっています!! 

スカイプなので効果はどうかなと(実は、、、)正直半信半疑だったのですが 
どなたかが書いていたように全く関係ないですね!! 

本当にありがとうございます。



アーキュトニックのプラネットとフィボナッチでさらにパワフルに
なったらしい。
アーキュトニックのチューニングフォークは音があまり外に拡散しなくて、
耳元に近づけたり、体にあてると音が聞こえ振動が伝わるので、
チューニングフォークの金属音が苦手な人でも問題なく対応できる。
またマイクに近づけると振動はうまく伝わるので聞く側もその音の性質を
うまく捉える事が出来る。


最近は遠方からセッションを受けにくる方も訪れる。
なので複数回連続でセッションを受ける事になる。

複数回まとめてやるセッションのメリットはいろんな調整ができるし
クライアントがみるみるエネルギーが変わってきてるのを目の当たりにする。

次の方はLAからやってきた女性で、おれから5回、ノリコから1回の
セッションを受けて、かなり自分が変わった実感を持って帰って、
最近嬉しいメールを送ってきてくれた。

 

おさむさんとのりこさんへ 

もう1週間以上前になりますが、無事にロサンゼルスまで戻ってきて、
平常運転になってきた感のある今週です。 

NYでは、短い間にできるだけ、と、毎日長時間のセッションをしていただき、
本当に、本当にありがとうございました。
お二人ともに、全力でセッションしていただいていたのを意識が飛びながらも
ずっと感じていたのを思い返しては、涙がにじむほどです。 

帰ってきてから、家族の中で、一番喜んでいるのは、
あれだけセッションに出てきただけあって(笑)、夫でした。

彼との関係は、激変というレベルを越えて真逆のとても良好なものになりました。
出会った頃は、こういう感じだったなぁというか、
それよりももっと平穏で愛情が深くなった感じがします。 

良い悪いで、物事や人をすぐジャッジしてしまう癖、そこに、偏った正義感があった事、
一つの感情や考えている事から、中々抜け出せないでいた事、こだわりが強いせいで、
他のやり方、考え方、感じ方が受け入れられなかった事、
今までこだわっていた物事が実は大して重要ではないんじゃないか?と気づいた事、
ストレスを自分で感じれていなかった事、、、

こういう事が、全部絡み合って自分の中にずっとあって、
自分が求めていた平穏な愛情のある生活から自分自身が遠ざけていたと実感した事、
そうなっていった出来事や理由をセッション中に思い出したり理解した事など、
帰ってきてからも気づきが続いていて、セッションの余韻に浸っています。 

〜中略〜

 

またその次のメールで追加コメントがありました。

自分のセッションでは脳の調整をよくやるのだけど、
それに関わる概念形成の調整というのが出てきます。

概念形成は端的に言うと、自分の言葉で論理的に説明や、思いや
気持ちを伝える事ができる能力という事になるだろうか。

その調整は単に論理性が強くなると言う事ではなく、
コミュニケーションにも大きく影響するのだとこのメールを読んで
感じました。


〜前略〜

よく、質問を提示すると答えがどこからか来ると聞きますが、
この間メールを書いてから、さらに気づきがありました。

と言うのも、調整後の自分のキャパシティが上がった感じることがあったりして、
親としてまだまだ自分で改善出来る事も見えてきたので、
おさむさんの返信を見て、やっぱりそうだよね!っとすごく納得できました。
 
例えば、伝えたい事が、以前よりサラッと口から出てくるようになったので、
娘に伝えるのに怒鳴らなくても伝える事が出来るようになったなぁと。

以前怒鳴っていたのは、言葉が口から出てこず、もたもたしているうちに、
あ〜危ない(友達にぶつかるとかテーブルから物が落ちる)という状況になり、
説明している時間がなくなり、結局娘の名前を大声で怒鳴ってしまう、
ということになっていたんです。

名前を呼ばれただけでは娘も「え?何?」と振り返るだけで、
何とかギリギリ最悪な結果(怪我をするとか)を防ぐだけの感じでした。

これは、脳の調整で、概念形成が苦手なところがあります、と言われた時は、
仕事場で、ミーティングなどでサラッと意見を言えない状況などを思い浮かべていて、
「あ〜そういうところ、あるある」と思っていたんですが、
今思うと私の思った以上に広範囲に影響が出ていたなぁと。 

こうやって、自分で気付けていないところは、
例えば、もっと娘に対して優しく接したいと思って自分なりに努力しようとしても、
結局変な我慢してしまったりで疲れたり上手く出来ない自分を責めたり、
少なくとも「これは自分が概念形成が苦手だからだ!」などとは思いつかないですよね。 

そういうところから見ても、キネシで原因をあげていってからそれを調整/癒していくのは、
最強だなぁと思います。

それにしても、おさむさんものりこさんも、
こんなセッション日常的にされてるのって凄いとしか言いようがない…。

私はそこに横になってるだけで精一杯でしたから…。



ありがとうSさん。
またニューヨークにおいでよ〜。
アスタラビスタ〜!!


キネシのセッションとは別件で、つい最近、出張で街(マンハッタン)の
チェルシーにくり出した。

仕事場に行く途中、ビルディングの工事現場を囲う木材のウォールに目を奪われた。

LOVE IS...という言葉に続く言葉を、通りすがりの人達がチョークで書き込んで
シェアするものらしい。

What Is Love? 愛とはなんでしょう? という問いかけに、
みんなはなんと応えてるだろうか。。。




さらにクローズアップして文字を一行ずつ読んでいった。

愛はピザ、、(笑える)
愛はチーズ
愛は夢
愛はWeed。。。(マチガイない(笑))
愛は自分を愛する事
愛はアメイジング!!
愛はスペシャル
愛は家族
愛はダニエル。。。(だれやそれ(笑))
愛はアレックス。。。
愛はあなたと私
愛は退屈
愛はクリシェ。。。(大変だったんだね〜。。)
愛は一時的なもの
愛はわがまま
愛は内にある
愛はアイルランド。。。(母国って事ね)
愛は犬。。。(おれは猫だけどね)
愛はライフ
愛は自由
愛は美しい
愛は全て
愛は深い
愛はシンプル

等々。

おれがこの質問に答えるなら〜。

やっぱり
「愛は。。。ベ・イ・ビ・イ」(笑)


けどやっぱ全て、この生きとし生ける全てのもの。
おれやみんな、あらゆる波動をもった無限のエネルギー、
そのものが愛なんだろうな。

だからみんなマチガイない。

愛は永遠のテーマだね。
みんなそれを知るために生まれてきたんだよ。




さてこの日の仕事現場は、とある音楽スタジオの部屋。
滞ったエネルギーを浄化するためにいくつかのサウンドツールを持ってきて
部屋をクレンジングした。

人と同じで場所や建物も波動があるから、こうしてその場所に宿る
エネルギーをケアする必要がある。

きっと世の中かなり必要なことなんだと思うけど、こんな事やってるの
あまりいないよね。
日本じゃきっと神職の方たちがやるようなものだろうけど、
おれは今時の都会に住む人間だから、もう少し日常的なアプローチで
家やお店などを浄化してゆきたい。

一応クライアントの筋反射をとってどの部屋で、どういったサウンドツールを
使うとか、どういったエネルギーなのかをチェックする。

数々のメガミリオンヒットのアルバムを手がけた
音楽のスタジオでネイティヴアメリカンフルートを吹くおれ。



セッションや仕事が終わると部屋の中は暑いから大抵夕焼け時に
サンセットパークに向かう。

この8月の空はめっちゃくちゃ美しかった。

そして夕日を見ながらここでもまたアーキュトニックのチューニングフォークで
しこしこ自己ヒーリング、、、そして毎日御多忙のベイビーを癒すべく
彼女にもチューニングフォークとマッサージを施す。




今日もお日様ありがとう。
アスタマニャ〜ナ〜


この時期の夕日は太陽が沈んでもしばらく夕焼け空が続いて
グラデーションが美しいので、見てて飽きない。



だから世界は愛で溢れてるんだっちゅーのー!!





夕日のあとはぽっかりお月さま。
そして惑星も見えてくる。

そういえば9月1日は乙女座の新月。

ニュームーンはオープニング、クレンジング、浄化のエネルギー。
そしてまた新しいシフトのはじまり。

夏ももう終わりな感じで、もうすぐニューヨークも短い秋が始まる。

夏の終わりが少し淋しいのは、夏休みが終わるような感覚だからだろうか。

みんなは宿題できたかな〜?

おれも魂の宿題がもうちょっとあるような気がするよ。

それは果たせるのかどうかはこれからのお楽しみ〜。

それじゃ〜

バイチャ











 

2 comments

  • S.
    S. Los Angeles CA
    セッション本当にありがとうございました〜。まだ日々気づきが続いていて、眼からウロコの毎日です。私はこれからどう変化していくんだろう、と数ヶ月先の自分を想像するだけでもワクワクします。考えすぎて行き詰まっていたセッション前とは大違いですね!いつかまた行きます!

    セッション本当にありがとうございました〜。まだ日々気づきが続いていて、眼からウロコの毎日です。私はこれからどう変化していくんだろう、と数ヶ月先の自分を想像するだけでもワクワクします。考えすぎて行き詰まっていたセッション前とは大違いですね!いつかまた行きます!

  • Mother Earth Sound
    Mother Earth Sound
    コメントありがとう!! またおいで〜!!  

    コメントありがとう!!
    またおいで〜!!
     

Add comment