魂のルーツを巡る旅1〜鳥取・島根

 

昨日島根から車でゆっくり下道を通って

夜中実家に戻ってきた。 

 

今回の旅は4泊5日、

母と共に鳥取と島根を車で巡るドライブの旅。 

 

それは魂のルーツを巡る旅だったのだと今は思う。 

 

そもそもこの旅が実現したのは、

母の願いを叶える事から発していた。 

 

今は亡き母の父、

おれにとっての爺ちゃんの郷が鳥取の大山の地方にあったという。 

 

母は鹿児島の田舎で幼少期を育ち、

それから福岡の宇美町の方に移った。 

 

爺ちゃんが亡くなったのはおれがもう幼い頃の事で、 
ほとんど記憶にもなく、ドライブしながら母の思い出を 
たぐり寄せながら、爺ちゃんのいろんな話をきかせてくれた。 

 

母は一度でいいからそのじいちゃんの生まれ育った土地を 
訪れ、どんな場所で暮らしていたのか、じいちゃんの故郷を 
肌で感じたいと、この生涯最後に思い残す願いを叶えるために 
その場所へ向かった。 

 

出発は北九州から大山までは高速で山口、広島県を通過し 
島根県の雲南市で降りて、下道を走る経路を選ぶと、 
9号線に合流したところで宍道湖がお出迎えしてくれた。 

 

初めてみる宍道湖に感動しながら車を走らせ、 
助手席に座っている母に頼んで、スマホで写真を撮ってもらった。 

 

 

さらに東に向かうと途中でフリーの高速道路になってて、 
そこを走って、大山町の名和というICで降りる。 

 

降りてすぐに道の駅があったので、鳥取名産の20世紀梨が 
ないか見てみた。 

 

タイミングよくこの時期は梨の出荷される時期だったので、 
店頭には沢山の梨が並んでいた。 

 

が、とりあえずはじいちゃんの郷の方に向かい、 
梨はお預け。 

 

母がじいちゃんの郷の場所を特定するために役場で訊いた 
住所に到着。 

 

この近所はどこを見渡しても番地など住所を記すものが 
なく、あらかじめググって出てきた場所は現在は 
よその人の家になっているらしい。 

なのでその近所に住んでいる人に母は訪ねてみた。 

 

すると高齢のかたが出てきて言うことには 
その名前の人の家はもうなくて、かつてはここから 
西に行った曲がり角を右に行った2軒先の空き地が 
その人の家なんだという。 

 

その指示どうりに道を行くと、空き地があって、 
どうやらそこに家があったような形跡もあったので 
おそらくここがじいちゃんの旧家だと推測した。 

 

 

そこらへんは田畑が広がって、ゆるい傾斜になってる。 
向こうには日本海が見えるいいところだった。 

 

この景色を見ながら、母は父の事を思いながら、 
どういう生活をしていたんだろうと、思いを馳せていた。 

 

けどきっとじいちゃんはおれたちがここに来た事を 
喜んでくれただろうねと呟いた。 

 

だからこの日は晴天の空だったんだと思う。 

 

その空き地から少し坂を降りたところが海岸で、 
水平線が見える広い海の景色を眺める。 

じいちゃん、いいところで育ったんだね。 
そう言いながら母はきっとじいちゃんの魂と 
繋がっていたに違いない。 

 

じいちゃんの里を離れ、車を宿泊地の米子にある皆生温泉に向かう途中、 
大山の山が眺められた。 

大山は山陰を代表とする霊峰と言われる山。 
この美しい山の麓にじいちゃんは生まれ育ったんだね。 

 

このエリアはなんとなくハワイ島のヒロのエリアを思い出させる 
美しい緑が広がる緩やかな裾野の姿。 

 

霊峰と言われるような山は大抵標高も高いので、雲がかぶりやすく、 
タイミングが良くないと、山の全貌を見るチャンスがない、 
今回も天気は良かったのだけど山の山頂部分は雲がかかっていた。 

 

 

皆生温泉の宿は海岸沿いにあって、ゆっくり温泉に浸かった後、 
砂浜から夕日が眺められた。 

今日はじいちゃんのスピリットに祝福された日だった。 

 

太陽が沈んだ後のトワイライトが美しい。 

 

翌日は母の旅の目的の一つだった鳥取の梨を求めに 
車を走らせた。 

どうせ買うなら直売店で買おうという事で、 
倉吉市にある花田の梨直売店まで行った。 

ここで母はお土産用に何箱か宅配注文し、 
あとは持ち帰り用に一盛り3個入りのものをいくつか 
購入した。 

お店の人が20世紀梨を2つほどサービスしてくれた。 


 

倉吉から大山の山の周辺を時計回りに廻るコースで、 
大神山神社の奥宮まで向かった。 

その途中の眺めがとてもいい感じ。 

 

その神社への最短ルートで行く途中、土砂崩れがあったのか、 
途中で道が封鎖されていた。 

あともう少しで到着する予定だったのに。 

そして山には雲がかかっていた。

 

その引き返し地点の展望所に車を止め、 
駐車場を見るととても珍しい蝶々がいた。 

母はこれは新種の蝶なんじゃないか、、なんて言ってた。 
そのくらい珍しかったので何枚も写真を撮った。 

蝶は逃げる気配が全くなくって、おそらく弱っていたのか 
もうまもなく生を全うするかのようにその場所を離れなかった。 

(追記>後にオオミズアオという蛾だと判明✨)

雲に隠れた山と生命を全うする蝶、、、 
なにか象徴的でメッセージのような出来事に思いを馳せるおれ。 

ルートは少しまわり道を通って、ようやく神社の 
参拝道にたどり着く。 

ここは坂道で古い石段とボコボコな石畳の道だったので、 
母のこともあって細心の注意を払いながらゆっくりと道を歩いた。 

 

道の途中に出会ったパワフルな木。 
和合の岩といって、木の根の部分と岩が絡み合って 
調和していることから夫婦円満や良縁、など人間関係に 
和を取り持つ力があるとされている。 

 

参道の脇にはお地蔵さんや石で掘った石像などが 
見られる。 

 

 

ゆっくり登ってやっと辿り着いた本殿には 
雲の霧がかかって少しひんやりとした神聖な気が 
漂っていた。 

 

 

松江市をこの日の宿にとったので、そこに向かう途中、 
八重垣神社に立ち寄った。 

八重垣神社は素戔嗚尊が八岐大蛇を退治して稲田姫命を守り 
この地で夫婦生活を始めたという神話にちなんで、 
二神を祀った縁結びの神社として有名なところ。 

社務所で占い紙というものを受け取って、それを鏡池に 
浮かべて硬化を乗せ、15分内に沈んだら早く縁が結ばれ、 
近くに沈めば身近な人と縁が結ばれるという占いが 
あるのだとか。 

あいにくこの時は既に社務所もしまっていたので、 
それはできなかったのだけど、占いをしなくても 
良縁があるときはあるし、なければそういうタイミングでは 
ないと思うのでとくにガッカリはしなかった。 

しかし、そういう神話の逸話もあって、ここは古代の結婚発祥の地 
としても有名だという。 

入り口に入るとちょうど太陽が本殿のど真中に位置していた、 
このタイミングはスゴイなーと母と感動を分かち合った。 

タイミングがいい時ってのは呼ばれてる時なんだと思う。 

 

これが鏡池。 
ここで稲田姫命が水を飲んだり、 
鏡にしたりしたのだという。 

池の向こうに稲田姫を祀った社がある。 

そして夫婦椿も名所と知られる。 

 

 

そして松江市に向かう道の途中、夕焼け空が宍道湖から眺められた。 
道は市街地に向かう車で渋滞してたので、駐車場に行くまでしばらく 
時間がかかったけれどなんとか太陽が沈むまでには白潟公園に間に合った。 

 

広い湖には広い空が広がる美しい光景を見ながら 
母といる時間を過ごす。 

 

公園には街灯が立っていて、松の木が並んでいた。 

宿に着き、荷物を降ろし母と京店商店街の界隈で食事をした後、 
夜道を散歩する。

 

 

翌朝の朝焼けの空。 

 

この日から出雲に向かう。 

 

日本の八百万の神が集う聖地。 

 

国造りを行った大国主神の鎮座する出雲大社に

向かうことは、日本人の自分にとって魂の故郷

と言える場所に行く気持ちでもあった。 

 

今年、4月に行った伊勢神宮に続き、ここもまた 
そう言った自分の魂にとって特別な場所だったと 
感じる。 

 

先日、7月24日の水瓶座の満月の日に 
日本に移住するという事を決めたこともあって、 
日本の土地や自然や八百万の神様達にご挨拶したかったし 
感謝したかったのだと思う。 

 

魂の旅はきっと、この生涯そのものが旅だと思うけど 
もっと深く言えば、もともと一つだった宇宙の創生以来 
始まった無限に散らばった一粒の魂の光を輝かせて 
生きる旅だよなー☀️✨ 

 

ということでエンディングミュージックは 

 

魂の祈り✨ 

サークルプレーヤー

 

 

Leave a comment

Add comment