糸島の日〜Doverにて

​​​​ 

地元で暮らしてて、最近の楽しみの一つは食材を買いに 
スーパーに行く事。 

 

日本のスーパー巡りはなんか楽しいと感じる今日この頃。 

 

アメリカじゃあせいぜいホールフーズとかナチュラル系マーケット 
くらいしか楽しく感じることもなく、普通のキーフードとか 
Stop&Shop とかのチェーンスーパー行っても店はデカイばかりで、 
商品を雑貨屋さんや洋服屋さんを見て回るような楽しみはあまりなく、 
そのお店の個性とか、こだわりの商品とかもそんなにない。 

 

そういったコンベンショナルなスーパーはあまり品物達が 
大事に扱われている感もなく、 
どちらかというと、粗末にされている印象を受ける 
アメリカの食材達。 

 

まあそれはアメリカのいろんな商業店全般に言えることかもしれない。 
99セントストアみたいな安い店は全般的にものを粗末に、雑に扱ってる感じ。 
 

日本のスーパーは場所にもよるけど、そこのお店のカラーが 
あって、似たようなもの売ってたとしても楽しめるスーパーと 
そうでないところと色々あって面白いなーと、、 

 

それでいて日本の食材は安いなーって、いろんな食材眺めながら 
アメリカとの物価の違いと商品の扱われ方の違いを感じてる。 

 

夕飯なんにしようかなーってふらーっとお店に入って 
買い物かご腕にかけて何作ろうかなとか一応考えたりもするけど、 
お惣菜のコーナーとか行ったらこれまたうまそうなものが 
よりどりみどりにあるので、もー料理するのめんどーやなーとか 
思ったりして、、、 

 

結局惣菜+主食でワインの肴のものを買ってしまったりすることも 
あったりして、 

 

しかしこれ続けてたらあんまり健康にはよくはないよなー、、と 
食欲をそそられるいろんなものを見ながら、葛藤しなければ 
ならないのは、日本の食生活の一長一短だなーと思う 
今日この頃。 

 

✨✨✨ 

 

この間の日曜日は糸島にドライブに行ってきた。 

前回お伝えしたアメリカ人の経営するギャラリー&雑貨屋 
Doverってところで演奏するために。 

 

この日は九州は梅雨宣言したばかりだっチューのに、 
快晴の日で日中は26度くらいはあった美しく晴れやかな日だった。 

 

朝一番でレンタカーを借り、久しぶりの一人ドライブ。 
都市高速以外は国道を使ったので、直方のあたりで高速を降りて、 
それから200号線201号線で飯塚を経由する道だったのだけど、 
結構田舎で山に囲まれたエリアだったので、気持ちよくドライブでき 
あああ、、やっぱり行くことに決めてよかったー、と 
一人でこの晴天と外の空気と自然に感謝した。 

 

Doverに到着する前に先に糸島のビーチにまた行った。 

 

やっぱり晴天の空と海は気持ちよすぎる。 

 

 

 

夫婦岩の近くで海水に足をつけてお清めのリチュアル。 

 

 

 

 

海も空も太陽もこの日はサイコーに輝いてた。 

 

 

まだ時間があったので前回はタイミングが合わなくて行かなかった場所、 
桜井神社にも行ってみた。 

 

神社は内陸の森の中にあって、木が生い茂るいいところだった。 

 

 

 

 

 

御神木のしめ縄がされている。 

 

 

門のところがまた古めかしくって味がある。 

 

 

いやー、古くって趣あるー✨ 

 

 

 

いい空の色と緑と雲の形 

 

 

 

夫婦岩のミニチュアバージョン 

 

 

御祭神は 

​​神直日神(かむなおひのかみ)・大直日神(おおなおひのかみ)・八十枉津日神(やそまがつひのかみ)​​ 

古事記・日本書紀によりますと、伊弉諾命(いざなぎのみこと)が黄泉(よみ)の国にいる伊弉冉命(いざなみのみこと)に会いに行き、その際に黄泉の国で穢れを受けたため、その穢れを祓うために禊(みそぎ)を行いました。 

その時に最初にお生まれになったのが八十枉津日神(やそまがつひのかみ)であり、災厄を司る神様であります。そして次にお生まれになった神様が神直日神・大直日神で、災厄を祓い清める神様であります。 

当社の主祭神には災厄を司る神様と祓い清めを司る神様をお祀り致しております。 

<HPより抜粋> 

 

 

獅子もすてきんぐ。 

 

この神社にはさらに森の道が続いていて、しばらく歩くと 
桜井大神宮というお宮さんがある。 

伊勢神宮の内宮と外宮、両宮の分霊を奉じさせ鎮座したのだとか。 

それでなんとなく伊勢神宮っぽい作りだなーって、茅葺き屋根の 
社殿を眺めながら思ってたのも納得いく。 

 

 

伊勢神宮の分霊を祀っているとのことなので 
御祭神はやはり天照大神と豊受大神。 

ここも伊勢神宮に倣って20年おきに遷宮をしていたのだそう。 
けれどどういうわけかそれが止まって1866年以降は遷宮を 
行ってないのだという。 

遷宮にはかなりの手間も費用もかかるだろうし、伊勢神宮みたいに 
有名なところじゃないとそれを維持するのも大変なんだろうな、、、 
そう勝手に憶測してしまう。 

 

でもそのため、建物は明治維新前の状態を残していて、 
古めかしさの中に歴史の赴きが感じられる。 

 

 

勝手な個人的意見だけど、遷宮って言って建物を20年おきだったり 
出雲大社だったら60年おきとかでしきたり恒例行事として建て替えるのは、 
本当に必要なんだろうか。。。と思ってしまう。 

 

その分の大量な木の資源が伐採されたりするわけで。 
木々と自然の神聖さを敬い尊ぶ心があるのならそれと 
正反対の行いに感じる。 

 

だから神道という古くから伝わる八百万の神様の教えは 
素晴らしく魅力的なのだけど、神道の組織団体自体には 

伝統しきたりに加えてやはり人の利害関係も派閥も渦巻くものが

色々あるのかと思う。 

 

まあそれも含めたこの光と闇の神の世界なのだから、 
なるようになってるのだろうけど。 

それも含めた随神(かんながら)の世界なんだよね✨

 

 

個人的にどうして神社巡りが好きなんだろうって思うと、 
神社が建てられているような場所にはやはり自然と繋がりやすい 
木々や植物、水、土などの波動が高く浄化される場所が多いので、 
癒しだったり、変容を促す場所になりえるからだと思う。 

 

だから本当は神社にわざわざ行かなくても、自然のエネルギーを  

いっぱい受け取れたり繋がれたりする場所もたくさんあるの  

だけど、神社はそれを一般の人たちにわかりやすくしてくれた 

場所なんだと思う。

 

ネイティブ・アメリカン達は自然の場所に神社なんて作らないだろうけど。 
マザーアースの大地とファザースカイの大空と繋がっている世界だから。 

もちろん神聖な場所として普通にアクセスできないような 
特定の場所はあっただろうけど。 

自然を敬い調和して生きながら、所有の概念がないそう言った 
人たちはわざわざそんな分断を必要としなかったんだろう。 

 

 

とまあ、いろいろ神社に思いを巡らせながら、 
Doverに到着。 

桜井神社から数分のドライブで近いところにある。 
周囲は畑や小川があるのどかな田舎の風景が素晴らしい。 

 

 

12時ごろ、太陽が高く昇ってきて肌に照りつける 
暑さを感じる。 

 

Doverの入り口。 
DoverはJamesってファーストネームでハワイ出身の 
アーティスト。 

ここに彼の作品や雑貨が展示されている。 

 

 

室内はとても開放的で天井がガラス窓になってて、 
その下が植物や布でかぶせられてるので、日差しを 
適度に妨げられかつ明るい木漏れ日が差し込んでくる。 

素敵なスペース。 

ここで演奏できることに感謝。 

 

 

そんな建物に彼の作品が点在している。 

 

 

演奏は大体、12時から5時くらいまで、お客さん達がお店を散策している 
空間にリラックスしたヴァイブを注ぎ込むように、自分の自由に好きなように 
演奏した。 

 

途中休憩を挟みつつのんびりとでき、外でアイスクリーム食べながら 
Doverさんの飼い犬もそばに来て挨拶してくれた。 

ここで演奏できて楽しいひと時だった。 

 

Doverさんとスタッフのヴィクトリアさんもとても気に入っってくれたようで、 
またいつでも日曜日に演奏しにおいでよと言ってくれた。 

ここにインスタのリンク貼っておきます。

https://www.instagram.com/doveritoshima/

 

 

演奏が終わって、糸島から家路に向かう途中、 
どこかで夕日が見たいなって思い、宮地嶽神社に行った。 

ここも先日親父と来たばかりだったのだけど、 
海の眺めと森が美しところだったので、また来たくなった。 

夕方は少し空に雲がかかってきて、太陽も少し雲に隠れて 
しまったのだけど、黄昏時の静かないい時間だった。 

 

 

夕方の人もまばらな静かな時間。 
1日の終わりを過ごす。 

 

 

ここの大注連縄は日本一の大きさなんだとか。 
長さ11メートル、重さ3トン、直径2・6メートル の稲の 
ワラで作られたもの。 

いい空の色。いい1日の終わり。祝福だね✨ 

 

 

最後に紹介したいのは最近ユーチューブにアップした曲。 

 

ニューヨークでシンガーソングライターの親友ヒデちゃんと 
共演し録音したもの。 

彼の作詞作曲したもので、自分は久しぶりにスティール弦で 
アコギを弾いています。 

 

今スティール弦のギター持ってなかったので、 
ひでちゃんの持ってるTakamineのサンタフェっていうのを 
拝借しました。 

 

鉄弦のアコギは大好きなんだけど、だんだん指が痛くなってきて 
あまり長時間弾けないので、何年か前に手放してしまったという。。 

しかし久々に弾くとやっぱり音は好きだなーといい音に浸りながら 
このヒデちゃんの素敵な楽曲を幻想的な感じで 
演奏できたと思います✨ 

 

よかったら聴いてください。 

Nascer Do Sol  で 

​"Shooting Star"  ​

 

 

 

Leave a comment

Add comment