ブロッサム 〜 キース・ジャレットへの感謝

 

キースジャレットは自分の音楽人生の中で最も影響を受けた音楽家でピアニスト。 

 

即興音楽という世界の可能性や自由さスポンテニアスさを最大限に引き出す 
創造力のすごさをはじめて感じさせてくれた。 

 

自分にとって即興音楽はジャズの事ではなかった。 

 

ジャズは即興音楽の形態の一つではあるけれど。 

 

バッハやモーツァルトも即興音楽家だったという。 

それだけ湯水のように旋律が常に流れてきては譜面に起こしたものが 
作品になったんじゃないかと思うとすごい創造力だったんだな〜。 

 

キースの即興音楽は全身全霊で魂をそこに注いでいて、 
人の思考が入る余地がないエネルギーの脈動やダンス、 
歓喜の魂が響き渡り、スピリットそのものを表している世界がある。 

 

自分もそんなスピリットを表現した世界観を音にしたくって 
その手始めに高校生くらいからジャズの言語を学びはじめた。 

 

それからジャズを学んだ期間というのは10年間くらいかな。 

 

その間ずっとキースのスタンダードトリオも全盛期だったので 
自分の楽曲レパートリーはキースのレパートリーからの選曲が 
多かった。 

 

このトリオからビーバップもクラシックの言語も学んだ。 

 

華づくしに”イパネマの娘”

 

今日は花便りから始めましょう😆 

 

うちの胡蝶蘭、ついに満開になりました。 

 

 

一本の茎に根元に葉っぱだけがついてた状態から、ニョロっと枝が出てきたのが

2ヶ月くらい前、それからひと月後に最初の蕾が花を咲かし、

全部で11個あった蕾の最後の一つが咲いたのが一昨日のこと。 

 

 

 

 

 

天赦日と一粒万倍日が重なる縁起のいい16日に満開になったので 

嬉しさもひときわでしたね。㊗️🎉 

 

花からの祝福を感じてます。 

 

 


 

朝マップカード引いたらPeak Of Joyなんてカードがきて 

「幸せは人とシェアしましょう」 

なんてメッセージが来てたから早速ブログで報告というわけです。 

 

2021年弾き初め即興につき

 

今年に入ってからまたエネルギーがシフトしましたね。 

 

集合的なエネルギーの流れもあるんでしょうね。 
それは宇宙的な流れとも言えるだろうし。 

 

そんな流れの中で個人的に最近は内側の平和、愛、情熱にさらに意識を 
フォーカスするようワークしています。 

 

その一環としてこの地球と宇宙のエネルギーとつながることがあります。 

 

具体的には、最近は早朝5時台位に起きて太陽が昇る7時過ぎには 
外に出てウォーキングします。 

 

晴れた日には、昇ったばかりの太陽をエネルギーフィールドと体内に 
取り入れることで体を活性化し、自律神経、免疫力や体力を向上させる 
ことができます。 

 

太陽を拝みながら、好きなアファメーションやマントラを唱えます。 
そうやって波動の高い言霊を潜在意識と体内に響き渡らせます。 

 

そしてウォーキングの締めにストレッチで体をほぐし、 
最後にレイキのレネルギーを体に充満させます。 

 

こうしたルーティンがまた自己ヒーリングの相乗効果としても 
抜群にいいことがわかりました。 

 

それだけでなく、そうやって太陽や空や大地や木々植物と繋がることを 
意識したり、朝の新鮮な空気から得られるプラーナを取り入れたり 
すると次第に心からの感謝の気持ちや祝福を感じれるようになります。 

胡蝶蘭と新年のお初物

 

先日紹介したうちの胡蝶蘭、あれからまた蕾が開いて 

花がどんどん咲いてきてる。 

 

見た所開花してるのは7つほどで、あと3つほど蕾が 

咲こうとしてる。 

 

満開になるとちょうど10になるんだー✨ 

 

でもなんか茎から別の若い枝も生えてきているので 

ひょっとしたらそこからも花が咲くかもしれない。 

 

なんかお花が咲いてこんなに嬉しい気持ちになったのは 

初めてかもしれない。 

 

今まで種からお花を咲かせたことも数えるくらいだけど 

何度かあって、それはそれで嬉しかったけど、今回は 

ひときわ喜びが大きい。 

 

蘭の花だからだろうか。 

 

それもあるだろうけどと一度咲いてから枯れ落ちて、茎だけになって 

あんまり期待してなかったんだけど、たまにお水をあげてたら 

再び枝が生えてきて花が咲いて、、、 

正月のオススメ動画

 

2021年1月1日正月 

 

あけましておめでとうございます🌅 

 

今年もよろしくお願いします🙇‍♂️ 

 

ニューヨークは日本とは現在14時間差で遅れているので 

ラインで日本の知人にコンタクトしてると、足早に 

あけましておめでとう、ってまだこちらは大晦日の真っ只中で 

言ってたりして、これも当たり前なのだけど正月は特に 

年の節目で不思議な感じになります。 

 

大晦日は近所の日本食材屋さんにいっったら鰊(にしん)の煮魚を

売ってたのでそれを年越しそばに乗せて食べたりしました。 

 

友人と年越しそばはどうやって食べるのって話をしてて、 

鰊そばというものを初めて知った矢先、お店に行ったら 

いきなりそれが目についたので、これは買いだなって感じで 

食べてみたら美味しかったです✨ 

 

最近就寝時間がかなり早く、10時前後にはもう眠たくなるので 

大晦日も起きては年越せないなと思ったらやっぱ11時くらいには 

寝てしまった。 

2020年最後の満月

 

蟹座の満月は今年最後の満月か。 

 

今年の夏至の日は蟹座の新月だったことを考えると、この蟹座のテーマっていうのは 
きっと大きいものだったんだろうな。 

 

家族とか仲間、愛情、感情。 

 

個人的にそれらのことをたくさん学んできたように思う。 

 

自分の中にある愛とそれに相反する恐れ。 
それに気づきながら毎日手放したり、浄化したりで変容を繰り返してきた。 

 

昨日も自己ヒーリングの締めにSacred Travelerカードを引いたら 
MIracleのカードが出てきた。 

 

実はこの前日もこのカードが出てきてて、 
その前にクライアントさんのセッションでも出てきてたから、 
驚きを飛び越して、恐ろしくも感じれ、この現象自体が 
ミラクルだなーって実感してる。 

 

ミラクルカード、最近本当に頻繁に出てくる。 
自分のために引くカードとしては10中6、7回は出て来てた。 

 

ミラクルは近いうちに起こり得るという事もあるかもしれないけど、 
本当は日々のいろんなことがミラクルなんだって伝えている感じもある。 

 

特にこの年末は必要に駆られて、自己ヒーリングを徹底的にやってて 
その変容具合は日に日に感じられるほどに変化のスピードも早まってるんじゃ 
ないかと思う。 

ニューヨークシティーのクリスマス

 

 

​ 

先日24日はクリスマスイブだったのだけど、天気予報見るとあんまり 
天気が良くなくって風も吹いてたので街プラの予定をどうしようかって 
思ってたら最近近所に住んできた友人からテキストが来て、 
ブルーベリーパイをもらったから食べに来ないかとお呼ばれされた。 

 

スィーツにつられて、引越ししたばかりのアパートにお邪魔した。 

 

しかし家に入ったらなんか落ち着かなくって、 
フォスターしてる犬猫がいてそれなんかなーとも思ったけど、 
なんかエネルギー的に気持ちよくない感は拭えずに、 
しばらくして居た堪れなくなり、友人にぶっちゃけその旨を伝え 
部屋の掃除&スペースクレンジングを始めた。 

 

やっぱり引っ越したばかりの部屋だったから前の住人のエネルギーだったり 
置いていった家具だったり、過去のものが残っててそのエネルギーやら 
溜まってたものを捨てたりを結構短時間で断捨離&掃除&浄化した。 

 

​​​ 
運良くその場には浄化スプレーとチャイムというツールがあったので 
それらを部屋じゅうに流し、レイキのエネルギーを送ったり、 
ライトの位置や家具の位置を替えたりのオーガナイズしたりで 
かなり波動が落ち着いて、やっと居心地いい空間になった。 

 

友人も自分一人じゃできなかったからやってもらえて良かったと、 
喜んでもらえて良かった。 

 

これできっと運気の流れも好転するといいなー🌈

グレートコンジャンクションの日のセッション

 

​​ これを書いてるのはクリスマスイブの日。 

 

今日はできれば街に出てニューヨークのクリスマスムードの 
様子を見ながら散策したいなーと計画してる。 

 

コロナでレストランとかは店内で営業できないから、 
人がどれだけいるのか、賑わってるのか、、、 

でもおとなしいニューヨークのクリスマスも見てみたいし 
写真撮ってまた後ほどシェアしたいと思います。 

 

今日は再開した​キネシオロジーのセッション​を受けられた 
クライアントさんの感想メールをシェアします。 

 

キネシセッションを再開するとお知らせして最初のセッションが 
今回のSさんで、NY時間で12月21日の夕方でした。 

 

それは冬至とグレートコンジャンクションの日でもありました。 

 

このタイミングでセッションを申し込まれるのもすごいなーと 
感じましたが、それは彼女にとっても大きな変容の転機だったと思うし、 
私にとっても、再出発を記念するセッションだったと思います。 

 

久しぶりのキネシセッション、とても充実した、深いセッションが 
行えたと思います。 

 

自分が人の力になれること、力を与えれること、輝けること、 
そんな喜びを改めて実感できる機会でもありました。 

placeholder

ギター即興演奏・水瓶座の時代、風の時代

 

今日は音楽の話です。 

 

先日17日の朝にギター録音しまして、最近ユーチューブにアップするのが 

カバー曲の録音が続いていたので久々に即興を録音したくなりました。 

 

この時、ちょうど土星が水瓶座入りしたばかりのタイミング。 

 

そして今日は木星が水瓶座入りしましたね。 

 

そして明日は木星と土星が重なるグレートコンジャンクション。 

 

占星術の世界ではこれをもって水瓶座の時代、風の時代ということに 

なるのだそうです。 

 

世界の社会情勢的にも大嵐が吹き荒れているこの世の中、 

個人的に自分のコアに戻れる表現の手段は音楽です。 

 

今回の音源では、とにかく自分の魂が表現したい今のエネルギーを 

発したかったので、この風の時代の移行期間のメモリアルとしてタイトルを 

 

The Age Of Aquarius, The Age Of…

土星の水瓶座入りと雪のセントラルパーク

 

 

おとといの夜から昨日の午前中にかけてニューヨークはこの冬初めての 

スノーストームがやってきた。 

 

昨日は天体の流れで言うと土星が水瓶座に入ったそうです。 

 

今思うと山羊座から水瓶座に入るまでの個人的な土星の影響、 

すなわち試練や苦悩というプロセスなのですが 

すごくあったなーと感じました。 

 

それは内なる厳しい自分が激しく自責と呵責の念をもって 

特にここ一年の間に自分がやってきたエゴからくる、傲慢さ、 

虚栄、プライド、強欲さ、身の程知らずさ、愛の欠如、無知、 

愚かさに自分に対しての激しい恥辱と怒りを感じながら 

罵倒していました。 

 

自分をジャッジし厳しく責め続けるエゴを許さない自分が 

表に現れてきてました。 

 

かつてこう言うこともなかったことはないけど、ここまでの 

レベルで自分に向けて激しい怒りの情動を感じたことは 

なかったと思います。 

 

キネシオロジーセッションの再開と方向性

 

 

先日のブログでお伝えしたように、しばらくの休養期間を経て、 

のりこから受けたセッションでの確認もありキネシオロジーの 

セッションを再開する事を公表しました。 

 

それから数日たち、あらためてどういったヒーリングを施して 

いこうかとしばらく向き合って、やっていくことの方向性を 

お伝えできればと思います。 

 

久しぶりにセッションを受けた事を通じて

やりたい事に関しての自分の気持ちを確認する事ができました。 

 

多次元キネシはのりこの開発し、それは彼女にとって 最適

最高最善の手法ではあるけれど、必ずしもそれが全ての人にとって 

ベストなヒーリング方法かどうかはまた別のことになります。 

 

施術者本人が最も信頼と安心感をもって人にヒーリングできる 

メソッドとして、例えばレイキが最も心地よいものかもしれないし、 

IHヒーリング、シータヒーリングや、あるいはアクセスバーズや 

マトリックスがその人には最適な手法だということです。 

 

そういった意味において、自分にとってどういったヒーリングが一番 

のりことの再会とキネシオロジーの再開

 

12月14日射手座新月。 

 

自分にとってまた新たな決断をしました。 

 

それはキネシオロジーのセッションを再開することです。 

 

セッションを再開するに至った経緯を伝えるとこんな感じなります。 

キネシやヒーリングに興味のある方は是非お付き合いください。 

 

✨ ✨✨ ✨

 

3ヶ月半ほど前の9月1日辺りにブログでキネシオロジーの 

セッションを辞めると報告していました。 

 

その時は自分の中で音楽への情熱が強く現れていた時期で、 

音楽とサウンドヒーリング の活動に集中していきたいと言う 

思いがありました。 

 

 

それに伴い自分のキネシに対する情熱が弱まっていて、 

ああこの状態で人にヒーリングしても相手に対して 

申し訳ないし自分にとっても楽しく続けられないだろうと