Blog

宮古ブルーへの祈り 

 

今日はYouTubeに最新音源アップしたばかりなので 

その紹介です。 

 

2022年1月5日〜11日にかけて宮古島に滞在しました。 

プラーナ・チゴンヨガのマスターで親友マコトちゃんと 

 

NY在住まみちゃんの企画でヨガ&サウンド・リトリート のイベントを 

1月5日から9日まで行い、 イベントが終わって残りの2日間 

気ままに島をドライブしながら海の美しさを追い求めました。 

 

気功の呼吸法とヨガの動きを取り入れたムーブメントと 

おリン、ゴング、シンギングボウル、チャフチャス、 

クリスタルボウル、フルート、そしてバリトンウクレレを用いての 

サウンドヒーリング 。 

 

毎日その時の感覚に従って、2日目の朝の室内以外はほとんど 

ビーチの砂浜で行なっていました。 

 

自然の大地と海とお天道様と融合したヒーリングの日々を 

この楽園で行えたことが本当に豊かさそのものでした、 

 

初めて沖縄・琉球の土地に足を踏み入れたのがこの宮古島。 

ディープで澄みきった海の青い楽園の美しさに魅せられ、 

その青さを求めて太陽の光を追い続けた旅でした。 

 

 撮影した伊良部島の黒浜御嶽は佐和田の浜の近くにあり、 

波が穏やかで、人もいなく静かな聖地で、この土地のスピリット、 

マザーアース・ファザースカイに祈りを捧げるために 

最適な場所だと感じ、ここでお祈りを捧げました。 

 

 

この美しい琉球の土地に呼んでくれてありがとう。 

きっとここでご縁が深まりますように🙏

 

 

 

アメブロ始めました✨ 

 

みなさんこんにちはー✨ 

今日は​アメーバ​でブログを始めたのでそのお知らせです。 

 

長年このホームページと楽天でブログを掲載させてもらってて、 
そろそろ方向転換が必要だなーって感じもありました。 

 

というのもいくつか思うこと、動機がありました。 

 

この楽天やホームページでのブログは 
旅のことやイベントのお知らせ、などで埋まってしまい 
あまりヒーリングに関しては触れるチャンスがなかったこと、 

 

そして少し前からヒーリングに関して自分が経験して 
来たことを伝えれたらいいなとも思っていました。 

 

それとアメーバーを使い始めて改めて思い知ったのだけど、 
アメーバの方が日記を書いたり編集する作業が簡単で 
楽だということがわかりました。 

例えばユーチューブの映像をアップするのも 
楽天だと結構面倒な入力プロセスをしなければならなかったり、 

プロフィールに自分のホームページやSNSのリンクが 
出来なかったり、なにかと不便な点が多くありました。 

 

なのでさっさとやっていればよかったのですが、 
まあこのタイミングでアメーバブログを始めるように 
思い立ったわけです。 

 

​ホームページ​の方も、サーバーがアメリカのもので、 
契約は今年の6月までなので、それを機に、 
日本のサーバーで新しいホームページ 
始めようかとも考えてます。 

 

それに伴って​ホームページからのブログ​は 
終了する予定でいます。 

 

ホームページのブログはコマーシャルがなくって 
画面に大きく写真をアップできるのがお気に入り 
だったので、それだけは残念なのだけど。 

 

楽天も実は結構長くやってて、 
2009年の7月から始めてたらしい。 

 

それを2013年ごろ一旦ホームページのブログのみで 
何年かやってて、楽天は休んでたのだけど、 
2年くらい前に改めて復活したという経緯がありました。 

 

このまま楽天ブログを続けるか、放置して眠らせるか、 
もうしばらく様子は見てみると思うけど、続けるとしたら、 
アメーバとはまた違う志向のものを書こうかと考えてます。 

 

というわけで、このブログをご愛読されていた方はどうぞ 
アメーバのブログも見て頂けたら幸いです。 

​Snufkin-Osamu アメーバブログ​ 

 

蟹座満月だった18日
サイコーに綺麗な夕日を拝む事ができました🙏 

この授けられた生に感謝✨

 

宮古島チゴン・ヨガ+サウンド・リトリート 

​ 
1月最初のイベントは宮古島でのチゴンヨガとサウンドヒーリング の 
コラボレーションを行った。 

 

チゴンヨガは千葉在住で親友のマコトちゃんのやってる 
気功の呼吸法とヨガを取り入れた彼女独自の氣(プラーナ)を体の 
ムーブメントによって取り入れ、循環させる手法。 

 

マコトちゃんとは彼女がニューヨークに在住してた時からの友人で 
11年前に家族で日本に帰国して以来会ってなかったのだけど、 
昨年の10月におれが日本に引き上げるのを機に千葉で一緒に 
時間を過ごすことになり、その間彼女のヨガのクラスに 
サウンドヒーリング で参加させてもらったりして、親交が深まった。 

 

その時にまこちゃんの親友でニューヨークからやってきてた 
まみこちゃんの後押しもあり、今回の宮古島リトリートが実現したという経緯。 

 

自分にとっては沖縄を訪れるのは生まれて初めてのことだった。 
その初めての沖縄が宮古島なんだなーと思うと、すごいご縁を感じる。 

 

実はこの宮古島の訪問の前から出会う人たちから宮古島に行くとか、 
行ってるとかってことを度々きいてたこともあって、なんか宮古島から 
呼ばれてる感はハンパなかった。 

 

日本の南国沖縄のヴァイブと共鳴し溶け合うことができる 
経験にまた人生の豊かさと宝を受け取れた思い。 

 

最初に到着したのは下地島の空港 

下地島空港は宮古島空港よりも綺麗で新しくこじんまりしてて 
なんか居心地がいい。 

 

真冬の日本列島を離れ心地いい気温。 
ダウンジャケットなんかの厚着をしなくていいのが嬉しい。 

 

後になって気がついたけど、下地島空港の到着出口からすぐ出たところにある 
トイレに行くと、更衣室が設けられていて到着した人が 
厚着を脱いで薄着に着替えたりできるようになってた。 

これもまた日本の痒いところに手が届く配慮かな。 

 

さてここで参加者のちずちゃんとみよこちゃんと合流し、 
まこちゃんたちの到着する宮古島に向かう途中、レンタカーで 
下地島の名所をドライブした。 

 

最初に降り立ったここは帯岩という巨石。 
その昔、大きな津波によって運ばれたという。 

津波のパワーの凄まじさは想像を絶する。

 

 

ここは通り池 
こうした池が二つあってダイバーに人気の神秘的スポットなんだとか。 
底で海と繋がっているらしい。

 

 

伊良部島の北西部にあるイグアナ岩という場所は駐車場もない、 
立ち入り注意の看板だけの、なんにも標識がない草に囲まれた細い道を 
通るとこの絶壁の絶景が眺められる。 

 

宮古ブルーという言葉をこの海の青さが語っている。 
こんな美しいディープブルーの海は他にはないのかも。 

 

ずっとここにのんびりゆっくりしたいけど、 
岩がトゲトゲで落ち着く場所があまりないのと、 
狭いエリアなのと、見学しに他の人たちもやってくるのと、 
崖っぷちで風が強いのやらで、あまり長くは滞在できない。 

 

でもここを観れただけで宮古島に来て良かったと思えるほどの美しさ。

 

 

 

 

さてリトリートでの夕飯は初日の外食以外は大きな一軒家を借りて 
そこのキッチンで自炊して食べた。 

スーパーで買った食材で参加者のみんなと一緒に料理する。 
自分は前日食べたゴーヤチャンプルの味を模して 
同じものを作ってみた。 

宮古島の特産品を並べてご馳走をいただく。

 

 

チゴンヨガとサウンドヒーリング の場所は初日は家の部屋で行ったのだけど、 
他の日はだいたいビーチのそばで行った。 

滞在期間中は大抵曇りの日が多く、いつも太陽の出る場所とタイミングを 
狙ってたのでいつも太陽を追っかけてたような感じだった。 

この日は来間島にあるムスヌン浜という場所。 
ちょうどいい感じの平面と広さでヨガのやりやすい感じだったので 
この場所を選んだ。

 

 

 

こんな調子で、ヨガを行う場所も時間も不特定のゆるゆるフレキシブルな 
スケジュールでリトリートは展開していく。 

そんなまこちゃんのユルさを心地よく感じる気の知れたゆるゆる参加者たちと 
波の音、風の音とコラボしながら行うゆるゆるチゴンヨガとサウンドヒーリング 。

 

 

 

渡口の浜

 

 

4日目の早朝。 
空に青空が広がってようやく朝日を拝むことができた。 

家の屋上から清々しい空と太陽を眺める。

 

 

砂山ビーチは浜まで坂を下ってゆく。

 

道の途中で何種類もの蝶々が舞っていた。

 

 

この日は池間島のイキズービーチでヨガ。 
夕日の見える場所を追いかけて行き着いた場所。 

もうヨガマットも広げないでワークしてるみんな。

 

 

そして夕陽に感謝。

 

 

狩俣チャンプ場でバーベキューの最終日。 
火を囲んでドラムやウクレレ、チャフチャスなんかを取り出して 
みんなとの音楽サークル&ジャムセッションはサイコー。 

スウェーデン・トーチに火をつけてその上に鉄板を乗せて 
焼きそばを作っている模様。

 

 

4泊5日のリトリートはあっという間に終わって、 
それからおれとおれのソウルファミリーまみこちゃんは宮古島に残って 
もう少しだけこの場所を楽しむことにした。 

伊良部大橋から眺める海の景色はサイコー。

 

 

まみこちゃんもおれも海のブルーを見たいので、 
太陽の出てくるタイミングと場所を常に追いかけていると 
また伊良部島に辿り着いた。 

結局滞在中、この伊良部島に4回くらい訪れたのだけど、 
なんか自分もこの島に惹かれる感じや呼ばれる感覚があったんだと思う。 

自然と繋がれる静寂さと美しさがとりわけここにはあったんだと思う。

 

 

伊良部島の黒浜御嶽。 
佐和田の浜の近所にあって遠浅の海のそばにあるとても静かな聖地。 

ここでお祈りとプチ奉納演奏させてもらいました。

 

 

前浜ビーチにて。 

綺麗な砂のアート。 
誰が作ったんだろう?

 

 

宮古島の町にある御嶽にお参りに行く前に寄った 
バナナケーキのモンテドール。 
着色料とか保存料とか使ってない自然派のお菓子屋さん。

 

 

日本最南端にある神社、宮古神社。 
本土にはない琉球調の建物が印象的。

 

漲水御嶽は宮古島のもっとも格式の高い御嶽として 
厚く信仰されている聖地。 

シャーマン気質なおれはやはりこういった場所を訪れては 
土地とその精霊との繋がりを深めたり、感謝したりということを 
求めては祈りを捧げる。

 

 

なぜなら自然との繋がりや自然への回帰が人の魂と心と体の 
癒しと成長のプロセスを促してくれるものだから。

 

 

 

滞在最終日、曇り空の多かったこの日はユートピアファームで 
ハイビスカスの花とブーゲンビリアの園のエッセンスに愛と豊かさの 
叡智を受け取る。

 

 

 

 

 

世界にハイビスカスは10000種以上あると言われるうち、 
ここのハイビスカスは250種類もあるとのこと。

 

 

 

 

 

最後に行った海は宮古島の南側にあるイムギャーマリンガーデン付近。 

ここは岩場の多いビーチなのでシュノーケリングなんかが楽しめる。

 

 

 

砂浜とサンゴのベッドにしばらく横たわる。

 

遊歩道の小高い坂の上から見下ろす海の景色。

 

出発の日の午前中、雨と強風に見舞われた荒れ模様の宮古島。 
やはり沖縄は台風が通過しやすいのもあって風や雨の影響は 
かなり大きいな。 

これが滞在期間中でなくてよかったよ。 

飛行機は遅れもなく無事に運行してたし、旅の間中常に守られ 
祝福された経験をした事に感謝。 

最後に飛行機上空から見下ろす下地島と伊良部島の風景。 

手前に佐和田の浜と黒浜御嶽見ながらまた戻ってこれるご縁が 
ありますようにと願った。

 

 

ここに呼んでくれたまこちゃん、まみこちゃん 
そして参加してくれたみんな。 


笑いと喜びと楽しみの共有の時間、 
沢山の愛と豊かさをありがとう。 

​Love Save The Day​💖

 

 

新年の初ブログ 

 

みなさん新年明けましておめでとうございます🎍 

今年もよろしくお願いします🙇‍♂️ 

 

先月12月24日から遠征に出たのですが、正月元旦に戻ってくるまで 
毎日いろんな方達との素晴らしい出会いもありつつ、 
各地への移動と寒さとでなかなか体力、気力を要求された 
期間でした。 

 

毎日いろいろ盛り沢山すぎて、一回のブログに収めきれないので、 
25日に行った名古屋のイベントスペースManoba柳橋での 
クリスマス・サウンドヒーリング ・サークルの事をシェアします。 

 

手拭い体操をやってるハワイ島繋がりの友人マッキーが運営する 
素敵なスペース​Manoba柳橋​でとても素晴らしいクリスマスのイベントが 
できたと思います。 

 

その時の様子をビデオに一部収めたので、紹介します。 

 

今回のサウンドヒーリング の会はいつも行ってた 
様々な楽器を使用する事に加え、音叉を用いて参加者の 
人達とその音の波動に合わせでチャクラのマントラで 
発声するという事を試みました。 

 

楽器などの音の振動を外から浴びるのもいいですが、 
自分の声として発する音の振動は内側から響くので、 
非常にエネルギーを発散する効果の高いものだと感じます。 

 

最後はギターに合わせて参加者が好きな楽器を用いたり、 
思うように声を発声するサウンドヒーリング のジャムセッションに 
なり、音楽とヒーリングの絡み合ったいい瞬間を創ることが 
できました。 

 

また今回はクリスマスだったこともあって、 
いくつか馴染みあるクリスマス曲も演奏しました。 

 

ユーチューブの概要欄にタイムスタンプをつけてるので、 
そこから見たいところに飛ぶことができます。

 

https://youtu.be/ZlFy2-chtTc

 

 

今回の旅で留めたいいくつかの写真を載せます。 

 

神奈川県の稲村ガ崎からの夕日と富士山の景色

 

鎌倉、由比ヶ浜の日の出

 

 

早朝の鎌倉大仏さま

 

晴天の日、鎌倉、鶴岡八幡宮

 

電車に乗ってる途中で吉原駅を降り、 
ホームで富士山を眺める。

 

名古屋に戻りManoba柳橋で行なっていたイベントのライブ 
シンガーAiさんとPikaleさんの素晴らしい声と音楽。

 

シンガー・ジェニーちゃんのおかげで実現した初めての大阪上陸

 

大阪の旭区にあるスタジオGroundingEarthで行われた

サウンドヒーリング イベント・ダイジェスト

 

翌日、大阪城の近所にあるお花屋さんアトリエCOCOでの 
パーティー

 

大阪下町のレトロな銭湯

 

壇上和尚に会いにジェニーちゃんと広島県の山奥にある西光善寺に行く。 
大晦日をここで過ごす。 
参拝者たちも除夜の鐘を鳴らすことができた。

 

和尚さんに連れられ、初日の出。

 

和尚さんから色々ミラクルなお話聞かせていただきました。 
ありがとうございます、お世話になりました。

 

祭壇の前でお経の後、和尚さんに促され初体験の琴で奉納演奏しました。

という事でざっくりと旅のダイジェストお送りしました。 

今年もよろしくお願いします✨

 

 

平尾台ツアー・レポート&イベント告知 

 

んちは✨ 

 

昨日は平尾台でウォーキング&サウンドヒーリング のイベントを行いました。 

 

数日前から天気予報を眺めてると雪が降る可能性と 

寒冷前線がやってきて寒くなるってどこのニュースでも 

言ってたので、ありゃー、こりゃ大丈夫かいなー。。。 

 

と自分がやるサウンドヒーリング のイベントの時は 

よく台風になったり、雨が降ったりするので(引き寄せるので😆) 

この時は雪と寒さかーと、幾分呆れた気持ちになった。 

 

水は龍神様の表れでもあるし、 

雨雪それ自体は悪いものではなく、浄化と変容を 

サポートするものだから、それだけそのエネルギーが 

必要とされたタイミングだったんだろうなと思う。 

 

参加してくれたヒーラーのゆかこさんとも話してたのだけど、 

こういう天候の乱れがあると、イベントはどうなるんだろう、、、 

 

中止になるんだろうか、キャンセルしようか、寒くないだろうか、、 

って色々不安や心配な事が上がってくるよね、、 

 

でもそのネガティブな不安のエネルギーこそが手放す必要の 

ある感情なんだよね。 

 

事象は常に中立で良いも悪いもなくなるようにしかならない。 

 

結局は天気予報とか周りの意見とかに流されたり 

翻弄されるという自分の意識状態だったりが上がってくるので、 

それをいかに自分軸でハートに従って決断を選択するための 

自分を信頼する事を促されている。 

 

龍神様はそんな試練を与えてくれたのだと思う。 

 

だから結果がうまくいったとか、失敗したとかが問題ではなく 

そのイベントに参加すると決めた時から終わるまでのプロセスを 

経験することがヒーリングなんだなーと改めて感じた。 

 

✨ 

 

これは今、一般世間でコロナがどうとかって事や、 

仕事やお金の事で不安を抱えるってことにも当てはまる事で 

表面的にはそういった外側の問題がその現状を大変にさせていて、 

だから不安や心配、恐れが出てくるものなのだけど、 

 

それだからこそ、自分を信頼すること、宇宙を信頼する事、 

自分の感覚を信頼する事なんかが試され、チャレンジされている 

時期なんだと思う。 
 

だから今そういった状況にある人たちは 

グラウンディングする事と信頼し委ねるという事が 

もっとも要求されている。 

 

そういう意味でこの時期は常に変容するチャンスを与えられている 

という豊かさが溢れている。 

 

何が起きても大丈夫だし、何が起きても自然の流れの中の 

ほんの瞬きのような幻だから。 

 

ただ自分が愛の叡智を学んだり経験するプロセスを受け取ろう 

とする志を見失わなければ、苦しみも恐れも死さえも、 

この世で経験することはどんなことも無駄な事ではないと思う。 

 

✨ 

 

さて平尾台のイベントはやっぱりクソ寒い中😆行われた。 

やっぱ体調は良くないと来れなかったろうから 

ミラクルとうこさんはこれなくってよかったと思う☺️ 

 

でも日中は晴れ間がたくさん出てきて太陽の日差しが 

あったおかげで暖かく感じられた。 

 

この日の景色 
場所によって所々雲の下から雪が降ってるのが見えた。

 

 

しかし風は吹いててじっとしてるのは寒かったので、 

外では演奏はできず、青龍窟の中で演奏した。 

 

洞窟の中は風は吹かないのでそこに布を広げて持ってきた 

いろんな楽器を演奏した。 

 

なんでもこの洞窟の御祭神は豊玉姫が祀られているという。 

豊玉姫は綿津見神の娘で竜宮に住む海の神様で龍神としての 

神格もあるのだという。

 

 

演奏は洞窟の自然なリバーブの音響の中、やっぱり寒かったけど 

いい時間を過ごせ、参加してくれた方々もヒーリングの音を 

浴びていた。 

 

平尾台の自然を堪能し平尾台を愛する地元のツアーガイド 

西中こうじさんの説明を受け、少数ながらいい出会い、再会、 

経験を共有したいい時間を過ごせました。 

 

冬至のスピリットと龍神様、豊玉姫、平尾台の何億年にものぼる 

マグマや大陸移動で山になった石灰石や花崗岩の記憶とエネルギー。

 

 

それは自分にとっても信頼と自分軸という精神的なグラウンディングを 

促された素晴らしく必要な経験でした。 

 

これをサポートしてくれた方々、参加してくれた皆さん 

ありがとう✨☺️ 

 

イベントの最後はこうじさんの奥さんがオーナーしてる 
ひつじカフェであったかいコーヒーでみんなと親しみ和みました☺️

 

 

さて、次のイベントのお知らせです。 

来たる25日(土)12時に名古屋でサウンドヒーリング の 
イベントを行います。 

 

❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️ 

聖クリスマス🎄に贈る✨ 

サウンドヒーリング*サークル☃️ 

❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️ 

  

12月25日クリスマスの日にサウンドヒーリングの楽器を用いて 
全員で一緒に2021年の不要なエネルギーを手放し新たな人生と 
新年を迎えるためのイベントです。 

 

サウンドの波動を浴びたり、こちらで用意したサウンドヒーリングの 
ツールや参加者持参のツールなどを用いて音を一緒に重ね 
ヒーリングのエネルギーを高めてゆきましょう✨ 

  

最後にギター奏者OSAMUによるクリスマスソングの演奏も 
お贈りします。 

最寄りの方は是非来てください‼️ 

  

<主な内容> 

*今年までに溜まった不要な感情や思考を手放すワーク 

*サウンド・バス(音浴) 

*サウンド・ツール(楽器)の美しく心地良い音の鳴らし方、弾き方の簡単レッスン 

*参加者全員によるサウンド・ツールを用いてエネルギーの浄化と解放 

*Osamuのギターによるクリスマスソング演奏 

*参加者自前のサウンドヒーリング のツールも持ち込みOK 

 

<こちらで用意できるツール、楽器類> 

クリスタルボウルx2、シンギングボウル、おリン、ゴング、チャイム、 
ネイティブアメリカン・フルート、ウクレレ、バリトンウクレレ、 
チャフチャスやカシシ(シェーカー)パーカッション類 

  

場所>Manoba柳橋   名古屋市中村区名駅5-31-13   

日時>12月25日(土)午後12時スタート・午後3~4時頃終了 

参加費>3000縁 

 

お問い合わせ・お申し込み 

Manoba柳橋 Tel 090-8492-4653  
     Eメール ​​manoba.yanagibashi@gmail.com​​ テラノ迄 
OSAMU /Eメール ​​osamuguitar@hotmail.com

 

 

クリスマス・イベント〜サウンドヒーリング ・イン・名古屋 

 

こんにちはー✨ 

今日はまず名古屋で行われるイベントのお知らせから始めます。

 

❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️ 

聖クリスマス🎄に贈る✨ 

サウンドヒーリング*サークル☃️ 

❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️ 

 

12月25日クリスマスの日にサウンドヒーリングの楽器を用いて 
全員で一緒に2021年の不要なエネルギーを手放し新たな人生と 
新年を迎えるためのイベントです。 

こちらで用意したサウンドヒーリングのツールや参加者持参の 
ツールなどを用いて音を一緒に重ねヒーリングのエネルギーを 

高めてゆきましょう✨ 

  

最後にギター奏者OSAMUによるクリスマスソングの演奏も 
お贈りします。 

最寄りの方は是非来てください‼️

 

<主な内容> 

*今年までに溜まった不要な感情や思考を手放すための内観ワーク 

*サウンド・バス(音浴)

*サウンド・ツール(楽器)の美しく心地良い音の鳴らし方、弾き方の簡単レッスン 

*参加者全員によるサウンド・ツールを用いてエネルギーの浄化と解放 

*Osamuのギターによるクリスマスソング演奏 

*参加者自前のサウンドヒーリング のツールも持ち込みOK 

 

<こちらで用意できるツール、楽器類> 

クリスタルボウルx2、シンギングボウル、おリン、ゴング、チャイム、 
ネイティブアメリカン・フルート、ウクレレ、バリトンウクレレ、 
チャフチャスやカシシ(シェーカー)パーカッション類

 

場所>Manoba柳橋   名古屋市中村区名駅5-31-13 

  

日時>12月25日(土)午後12時スタート・午後3~4時頃終了 

参加費>3000縁 

お問い合わせ・お申し込み 

Manoba柳橋 Tel 090-8492-4653 
     Eメール ​manoba.yanagibashi@gmail.com てらの迄

OSAMU /Eメール ​osamuguitar@hotmail.com

 

❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️ 

 

ここManoba柳橋というスタジオはマッキーって 
呼んでる友人がやってて、5年前におれがハワイ島でのりことリトリートや 
アーキュトニック音叉、フィボナッチ音叉のクラスを 
オーガナイズしてた時の合間にヒロのニックさんのゲストハウスに 
滞在してた時にたまたま彼も居て出会ったのが始まり。 

 

最後にあったのはおそらく2017年のハワイ島で 
その時から彼は独自の健康法で手拭い体操というものを 
日本全国でやっていた。 

 

その活躍ぶりは時折Facebookで見てたし、 
きっといつかマッキーと再会したいなっていつも思ってた。 

 

そして先月、名古屋に滞在してた時、 
ふと彼が最近、世田谷から名古屋に拠点を移したって事を 
Facebookで見たのを思いだし、ちょっと連絡してみようかな 
って思ってテキストしたらおれが名古屋にいるタイミングで 
Manoba柳橋でマルシェをやっているという事を知らされ、 
まみこちゃんと2人、彼のところに遊びに行った。 

 

その時に4年ぶりに再会しスタジオでウェルカムしてくれたの 
だけど、アリィちゃんっていう可愛い彼女がいて 
彼女のお腹には二人の赤ちゃんができてた。 

 

マッキーはもともと名古屋で生まれ育ったらしく、 
ここのスタジオは昔住んでいた場所らしく、 
そこを改装して彼の手拭い体操や整体、ヨガなどの 
イベントができる場所にしたという。

 

今回はいろんな流れでこのスタジオで、しかもクリスマスに 
日程が開いててイベントができるというチャンスを頂いた。 

 

いろいろおれのことをサポートしてくれている仲間で 
今名古屋の自宅にいるマミコちゃんに連絡したら、 

 

「クリスマスなんだからクリスマスソングとか演奏したら?」 

っていうアドバイスをもらったのも受け、 
今回のイベントはクリスマス・スペシャルって感じで 
音と音楽のヒーリングでこの年みんなのいろんな溜まったエネルギーを 
解放し新しい年を迎えるセラブレーションということを意図して 
やれたらいいなって思います。 

 

❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️❄️

 

そんなこんなでもう師走も中旬。 

 

寒さは増してきたようで、でも晴れた日は日差しが暖かく、 
部屋でいろんな作業をした後は、外に散歩に出かける。 

 

最近はよく足立山の森の中まで紅葉を観たり 
森の空気と空の広さを感じながらバリトンウクレレを爪弾いて 
この地球と宇宙との繋がりを保つのが自分のヒーリングでも 
あり、スピリットが喜ぶことでもある。 

 

自然との一体感を感じながら音楽することを日々やってると 
その周辺の鳥たちも風も、風になびく草木も、雲も大地も 
その音に共鳴してくれる。 

 

優しい音を鳴らす時は、風も空気も優しく、 
力強く弾く時は、鳥が喜びの歌をさえずるように。 

 

音は自然界にも届いて癒しを送ってる。

だからそれに共鳴したレスポンスとして自然の息吹を受け取る。

 

今度の18日は北九州の平尾台でウォーキング&サウンドヒーリング の 
イベントを予定してるのだけど、この自然と繋がる、という感覚を 
実際に体験、体感できるのでみんな参加してくれたらいいなーと思う。 

 

ということで、こちらもイベントのお知らせ

 

⛰⛰⛰⛰⛰⛰⛰⛰⛰⛰⛰⛰⛰⛰⛰⛰⛰⛰⛰

 

平尾台・大自然と親しむ散策と音癒の会​​​ 

​​​<日時> 12月18日(土) 

<集合時間・場所> 
 午前11時に茶ヶ床園地駐車場 
 ​マップ​ 


<終了時間> 午後3時頃迄​​​ 
​<内容>​ 
平尾台の雄大な景色と自然の癒しを感じながら 
地元のガイド西中甲児がハイキングしながら平尾台の素晴らしをさを紹介します。 

自然のエネルギー溢れる場所でOSAMUがバリトンウクレレやチャイム、 
クリスタルボウルなどを用いて音浴の癒しの時間をお送りましす。 

<参加費> 3500縁 
  *コーヒー 別途500円 
  希望者にはガイドの中西こうじが眺めのいい場所で 
  ランチの時にコーヒーを作ります。 
<お問い合わせ、お申し込み> 
 ​Eメール​ OSAMU迄

 

 

最近行った平尾台の景色

 

この日もたまたまこの射手座新月のタイミングに、とうこさん、えみちゃん、

そして行橋でサロンをしているマオさんの三女神でこの聖地へとドライブ。

 

駐車場から道を歩きながらこの自然と繋がる。

 

 

石灰岩の上に乗ってバリトンウクレレやらカシシなどを演奏した。

そして終わった時がちょうど4時44分の新月のタイミングだった。

 

最近の足立山の紅葉

 

 

 

 

 

お月様が木星に接近してた頃、 
たくさんの人たちから、応援やサポートのハートを感じた。 

 

水瓶座にある木星が愛を拡大してのかな。 
そんなこと思いながら日が沈んだ後の夜道を歩いて帰った。 

 

ここに来てますますミラクルを感じる。 
人との出会い、それを通じて感じるサポート、優しさ、繋がり、 
闇を抜けたら絶対に現れる愛の奇跡。 

 

自分の魂はそんな人生の旅を楽しんでる。 

 

音を表現し自然と繋がることでその光と闇の波、 
荒波のなかでも守られ導かれていることを信頼してるよ、お月さん✨🌜

 


 

✨おまけ✨ 

実家の愛猫おはぎ 

人懐っこく好奇心旺盛で無邪気でめっちゃ可愛い黒猫ちゃん。 

猫とじゃれ合うのも癒しの時間✨

 

 

平尾台・大自然ウォーキング&音癒ツアー 

​​ 

12月に入ってめっきり冬の寒さが増してきた感じの 
今日この頃。 

 

今は実家の北九州。 
先週25日早朝6時半ごろ名古屋から夜行バスで小倉に到着。 

 

砂津のバス停はうちから徒歩圏内なので、 
朝の光と空気を浴びて帰宅。 

 

ちょうど2ヶ月ぶりの故郷 
ベランダから足立の山並みを見るとまだ紅葉が綺麗に 
見えたので、歩いて山の紅葉を見ながら散策し、 
妙見神社まで行ってこの土地にご挨拶。 

 

その翌日は千葉の友人ヒーラーTikiちゃんが私用で 
北九州まで来てて、こちらに在住している仲間や 
関東の方からの方々と共に平尾台の方までハイキングに行った。 

 

平尾台は北九州でも屈指の景勝地でパワースポット、 
ハイキングコースじゃないかと思う。 

 

前も夏の時期に一度ここに来たことがあったけど、 
今回は今年から平尾台でツアーガイドを始めたという 
こうじさんに率いられ、今まで行ったことがなかった 
ハイキングコースを廻った。 

 

カルスト台地と呼ばれる石灰岩の山並みは森林ではなく 
草や石灰岩の岩肌がむき出しになった景色が広がってて 
晴れた日は青空のコントラストと混じり合い雄大な風景を 
見ることができる。
 

 

 

サンゴ礁や貝などが化石になってできた石灰岩は

数億年もの海の記憶をこの地に運んでる。

それはレムリアの記憶なのかもしれない。


 

晴天もあってサイコーの気分にさせてくれるこの眺め。 
行橋側の景色で、彼方には由布岳や国東半島が見ることができた。 

ここでみんなとランチを食べ、その後持ってきた 
バリトンウクレレをかき鳴らし、癒しの時を過ごした。

 

 

 

ごっつい岩があり、反対側からみると空手チョップで 
割られたような形をしてることから空手岩と呼ばれている 
のだとか。

 

青龍窟はここの聖地で、中に入ると広いスペースになってて、 
そこに祭壇があったので、おれやTikiちゃんにミユキさんは 
ハワイの祝詞のエーホーマイをそれぞれで歌い上げたり、 
ネイティブ・アメリカンフルートで奉納したりした。 

一緒に同行したユメちゃんはギターを弾きながら 
オリジナル曲を歌ってユキヤさんがドラムでリズムを合わせていた。 

それぞれにこの聖地で自分のスピリットを表現していた。

 

 

 

散策路に戻ってゆっくり歩く。 
この時期はとくにススキの美しさがが映える。

 

 

ハイキングの最後にみんなで記念撮影。 

ここまで連れてきてくれてありがとうございました。 

みなさんとの繋がりがここまで導いてくれたことの 
ご縁と祝福に感謝ですね。

 

 

ということで、ここでお知らせします。 

このハイキングがきっかけで知り合った地元の平尾台で 
ハイキングコースをガイドされている西中こうじさんと 
この平尾台の自然をめぐり、サウンドヒーリング をする 
イベントを行う運びになりました。 

その詳細をここに掲載します。 

 

​​平尾台・大自然と親しむ散策と音癒の会​​ 

​​​<日時> 12月18日(土) 

<集合時間・場所> 
 午前11時に茶ヶ床園地駐車場 
 ​マップ​ 

<終了時間> 午後3時頃迄​​​ 

​<内容>​ 

平尾台の雄大な景色と自然の癒しを感じ 

ながら地元のガイド西中甲児がハイキングしながら 
平尾台の素晴らしをさ紹介します。 

自然のエネルギー溢れる場所で 

OSAMUがバリトンウクレレやチャイム、 

クリスタルボウルなどを用いて音浴の癒しの 

時間をお送りましす。 

​<スケジュール> 
(大まかな予定なのでその時の状況により変更する 
 可能性があることをご了承ください✨)​ 

*午前11時ー集合 

*午前11時15分出発~ハイキング 

*12時15分 音浴(30分程度) 

 ~1時30分までランチ&自由時間 

*1時45分分青龍窟参拝 

 洞窟内でのフルート、クリスタルボウル演奏(15分程度) 

*2時15分洞窟から離れ、出発地点へ 

*3時~3時半 終了 

<参加費> 3500縁 

  *コーヒー 別途500円 
  希望者にはガイドの中西こうじが眺めのいい場所で 
  ランチの時にコーヒーを作ります。 

<ご質問&お申し込み> 
 ​Eメール​でOsamu迄 

 

先日平尾台に行った時の動画を交えて 
イメージビデオ作ってみたので見てみてください✨

鎌倉と大仏さま 

 

ずいぶん長らくご無沙汰のブログ・アップ。 

柏市のパラダイスリゾート・マコで3週間過ごし 
そこで共に過ごした仲間とつながりを深め、ヨガと 
サウンドヒーリング のコラボをしたり、安食の古民家カフェ 
風来(フラ)に友人に誘われてCM歌手で癒しの 
ヴォイス・ミネハハさんのライブを聴いたり、 
充実した日々を過ごした。 

 

その場所を離れる前は家族と離れるように気持ちもあって 
名残惜しい思いもあったけど、同じNYから隔離生活を 
共に過ごしたまみちゃんと、こんな風に向かい入れてくれる 
ファミリーがいるのは本当の豊かさだね、、とこの繋がりに 
感謝の気持ちをシェアしてた。 

 

柏を離れ次に向かったのは鎌倉周辺。 
そして友人のいる小田原を経由し、今は名古屋の東山線本山の近くの町。 

 

ここに来るまで幾度とミラクルな出会いやハプニングを経験した。 
そのことをかいつまんで話すと長くなるけど、 
今日は鎌倉にいた時のこと話してみよう。 

 

鎌倉に行くことを決めたのは、前回の菊池でのライブでお世話になった 
菊池在住の友人ふじこちゃんが千葉への里帰りを兼ねて、神奈川県の葉山で 
奄美大島のミキを作るワークショップをやるので、鎌倉周辺を 
車で案内してもらえるということと、同じ菊池のライブで共演した 
ヴォイスのマヤちゃんが葉山や鎌倉周辺でライブをやる予定だったので、 
これはまちがいなく鎌倉に行くタイミングなんだって感じたことが 
決め手になった。 

 

鎌倉は予想以上に居心地のいい場所だった。 
出会った人の何人かはこの周辺は変わった人が多いよって 
言ってたけど、多分おれもその変人の一人なので 
そこに居心地の良さを感じたのかもしれない。 

 

太陽が昇る砂浜の海岸にサーファー、ヴィーガンレストランに洒落たカフェ、 
それに歴史を感じるお寺や神社、新旧入り混じった住宅街の 
狭い路地の道。 

 

ここで出会う人たちはみんな口を揃えてここが好き。 
いろんな土地に住んだ後でここに落ち着いたという。 

 

おれもここで役に立てることがあるなら住んでみるのも 
いいかな、と思うほどだった。 

 

逗子駅で待ち合わせたふじこちゃんの車で海岸を葉山方面に 
走らせているとうっすらと富士山が姿を見せてくれた。 

 

その時はやっぱりテンションが上がって思わずイェーーー✨

 

 

ここは葉山にある森山神社 

土曜日にはマルシェをやってるらしく、ふじこちゃんも 
葉山に住んでた時はここでやってたらしい。 

おれの姓名と同じ神社なので親しみがわく。

 

 

ふじこちゃんに連れられるまま、山で田んぼやニホンミツバチを育ててる 
友人の土地を見せてもらった後の夕焼け。

 

 

翌日の朝、午前5時半に目が覚めた。 

長谷のゲストハウスに泊まってたのだけど 
海に近かったので、朝の空気と海を見に散歩がてら 
海岸に向かった。 

サーファーはもう海に出てた。 

サイコーの晴天の空から朝日の光を浴びた。

 

 

海の後、そう言えばここ長谷はかの有名な鎌倉の大仏さまが近いなと 
思い出して、海から歩いて大仏さまのある高徳院に向かった。 

 

到着すると8時開演の15分くらい前だったので、 
一番乗りで、入場することができた。 

 

そのおかげで一番に快晴の空の下、まだ誰もいない 
清らかな空気の中でこの大仏さまと対面することができた。 

 

きっと普通はかなりの観光名所なので、人がたくさんいて 
こんなに真っ向からここのエネルギーを受け取れなかったかもしれない。 

 

だからめっちゃ徳を受け取ったと思う。 

 

早起きは三文の徳ではないけど、早起きして入場料300円で 
そーとーな徳を感じた。 

ここの仏様、やっぱりなにかパワーを感じる。 
受け取れるもの大きいと思う。 

ブッダのエネルギー、降り注いでる場所だと思う。 

 

自分の内側を内観させてくれるような、 
そして過去を手放すきっかけを与えてくれるような場所。 

 

人が少ない早朝が絶対おすすめ。

 

 

その後、江ノ島に向かった。 

江ノ島神社をお参りしようと思ったのは、 
御祭神が宗像三女神と同じ弁財天女だと言われてて、 
三女神とは前からご縁があるので、やはりこの土地でも 
そのエネルギーと繋がりたかった。 

長谷から江ノ島までは江ノ電に乗って行くのだけど 
途中から海岸沿いに出て来て海の眺めを楽しめた。

 

 

江ノ電で江ノ島駅に着くと、神社までの道は軒並み 
お店が並んでた。 
橋を渡って島にある神社に到着する。

 

 

島に辺津宮、中津宮、奥津宮とそれぞれの三女神が祀られる場所が 
あって、順路を辿るとその2つの神社をお参りできるようになってた。 

 

島の東端にある奥津宮からさらに海岸まで道を降りていく途中 
江ノ島岩屋という洞窟があったのだけど、 
人が並んでて有料だったので、そこはスルーして 
岩場の海岸で海と太陽と風のエネルギーを受け取った。 

 

岩場にこんなプールのような場所があったので、 
なんとなくハワイ島のカポホを思い出し、ここで 
日光浴をしてた。 

 

そしたら、北九州にいる陽さんから電話が来て、 
彼の友人が茅ヶ崎に住んでて、おれにあってくれるってことで、 
今夜、藤沢にあるサウンンドマーケットってバーで落ち合う 
段取りを決めた。

 

 

陽さんの先輩で親友の人は陽さんからは隊長と呼ばれてる 
らしかったので、おれもそれに倣ってタイチョーとお呼びし、 
一緒にサウンドマーケットで飲んでるとうちとけて、 
お互いハッピーになって、楽しい時間を過ごせた。 

 

そこのカッコいいオーナーさんがDJもやっていてそれに合わせて 
踊ったり、持って来てたバリトンウクレレをDJを絡めて 
演奏したりして、サイコーの夜を過ごした。 

 

あとでオーナーの滝さんにここでライブさせてもらえる 
よう話したりできた。 

 

その後あっという間に11時も過ぎ、終電が近くなって来たので、 
藤沢から終電で鎌倉まで行き、そこから夜な夜な歩いて 
長谷の宿に着いた。 

 

その翌朝の長谷の道 
もうすでに鎌倉が好きになった。 
また戻ってきたい。 

誰か呼んでー✨

 

 

長谷を発つ前に、もう一度大仏さまを拝んで、 
それから長谷寺に行った。 

ここにも大きくて1300年くらい歴史のある観音像があった。 
写真撮れなかったけど。 

なのでかわいいお地蔵さまをショット。

 

江ノ電に乗って、藤沢駅まで行って、 
JR東海で小田原に向かう。

 

 

小田原で久々2年半ぶりくらいに再開した友人とも会って、 
いい時間を過ごした後、名古屋に到着。 

 

これからどこにいくか、誰に会えるのか、 
風まかせに必要なタイミングで必要な経験をする 
ミラクルの連続の旅はまだつづくー🌈

 

レチュワース・ステートパーク〜イサカ 

 

ニューヨークから戻ってはや1週間が経とうとしている。 

予想はしていたけど、時は瞬く間に過ぎ去ってNYにいたことも 
まるで遠い昔のような、幻想の世界だったような、 
日本に到着してから別の世界に降り立ったような 、
次元が変わったかのような不思議な気持ちがする。 

 

今は千葉県の柏市ってとこの友人宅。 

 

千葉県には空港もあるし知り合いも多くて、なんとなく 
親しみのある土地ではあったけど、今回初めてこの土地に 
滞在するご縁をいただいた。 

 

これもまたミラクルな展開だったなー✨ 

このミラクルがなかったらおれはこの自粛期間 
どうなっていたんだろう? 

と思うほど物事は完璧なタイミングでこの 
ファミリーのところに導かれていった感じがする。 

 

詳細は話が込み入ってるので、ここでは割愛ですけど、 
個人的に直接話せる人ならチャンスがあったら話したい 
面白い話。 

 

そんなミラクルな体験ばかり起こってるから 
それは自分が宇宙の流れとうまく同調しているサインなんだと 
常にお知らせされているし、宇宙の流れを信頼するということを 
常に促されていることは間違いない。。。と確信する日々。 

 
✨✨✨✨✨ 

 

ということで残りは写真の紹介。 

先日のナイアガラに続き、秋のアップステート・ドライブで 
撮ったものを載せます。 

 

ナイアガラから南東に車を走らせることやく1時間半、 
レチュワース・ステートパークというこれまたすごく雄大な 
自然と大きな滝が流れるところを訪れた。 

 

この渓谷の雄大さから東のグランドキャニオンとも言われているほど。 

 

確かに自然の雄大さ、広大なスケールはここアメリカの一番の醍醐味 
だと思う。 

 

そしてその壮大さや美しさが当たり前にさりげなく存在してて、 
それがきっと優雅さや心の余裕など人の意識にも反映されてくるのかもしれない。

 

 

ここのすごいのは、アッパー、ミドル、ローワーと3つの滝が 
点在しているのだけど、どれも見どころあってパワフルで、 
グーグルの評価でも4・8と高評価だったのだけど、 
公園の紅葉もトレッキングコースも素晴らしく、その点には 
申し分のないものがあった。

 

 

滝の飛沫と日光に照らされてできたレインボー🌈

 

 

 

 

 

 

ここは確かミドル・フォール

 

 

 

 

ローワー・フォール

 

 

フィンガーレイクの町イサカに泊まった日 
早朝の静かな湖畔。

 

 

 

 

 

イサカの町にあるイサカ滝

 

 

 

 

 

ここは有名なコーネル大学がある町なんだけど、 
大学のキャンパスが自然に囲まれている感じでサイコーの環境。 

 

ここはビービー湖

 

 

 

紅葉に囲まれた散歩道

 

 

 

 

最後の最高のニューヨークの美しい場所に魅せられた紅葉ドライブだった。

 

 

きっとまたこの場所に再会できますように🌈 

ありがとうニューヨーク🗽 

ありがとうアメリカ🇺🇸 

ありがとうNYの愛しい人達✨ 

 

 

今日のエンディング 
Like the wind flow 

去年の紅葉ドライブでいったマサチューセッツ州 
バークシャー地方の湖畔で撮った映像。

 

NYアップステート〜ナイアガラの滝 

 

10月ももう下旬に差し掛かり、NY滞在ももう最後の段階、 
アップステートのドライブから戻りジャクソンハイツに3日泊まったのち、 
今はAirbnbdで見つけたサンセットパークのアパートで最終日を迎えてる。 

 

アメリカ最後のドライブ、NYアップステートの旅。 


本当はどこかLAの方でセコイヤの巨木を見たりとか、 
シアトルの方に行ってマウントレーニエ近辺で自然に浸るとか 
してから帰ろうかと思ってたけど、引っ越しの片付けのこととも 
あったり、荷物が多かったりでNYにまだ用事を残してる感が 
あったので、結局この車でのドライブに決めた。 

 

10月だし、この季節のNYアップステート地域の紅葉は旬で 
一番NYが美くしい時期、、最後に自分の長年人生を育んできた 
土地の恵みをたくさん受け取るのもいとおかし。 

 

今回の旅は最初の日以外は宿を取るのは前日になるまで 
取らないでなるべく先の計画をしないで行ってみた。 

 

その方がもっと直感的で、お天道様と風と相談して 
気ままな旅ができるようにできるし。 

 

お天気によってはバーモント州の紅葉を見たかったのだけど、 
そっちの地方はそのタイミングで小雨で寒くなるということで 
進路をフィンガーレイク・ナイアガラの方に決めた。 

 

ナイアガラも本当、行くかどうするかそのくらい前になるまで 
決めきれなかった。 

 

きっと一度は見ておきたい場所ではあったけど、 
同じ州とはいえ近くて遠い感覚。 

 

NY在住なのに一度も行ってみたことない誰もが知ってる 
有名な場所。 

 

逆に有名すぎていろんなテレビ番組でみたりしてるから 
絶対行きたいという意欲はそこまでなかったのはある。 

 

けどやっぱりこの滝はNY最後を飾る素晴らしい感動と 
変容のプロセスを体験させてくれた必然的に行く場所だったと 
感じる。 

 

NYって実はめっちゃ大きい州で北海道と九州を合わせたくらいの 
面積があるんだそうよ。 

 

だからめっちゃ広大な土地が広がる。 

 

NYって言うとマンハッタンとその周辺の都会のエリアを指すのが 
一般的だけど州の面積から見るとほんの一部分のエリアにすぎない。 

 

なので都心部を過ぎるとNYはあっという間に森林地帯になる。 

 

なだらかで緩やかな連なる山脈の道は、 
この時期色とりどりの紅葉の木々の模様が永遠と続く 
ハイウェイを突っ切るサイコーのドライブ。 

 

最初に向かったのは、去年の10月にも訪れた 
マサチューセッツ州のバークシャー地方。 

 

去年のそこで見た紅葉が美しすぎたのが印象に深い。 

 

バークシャー地方で最初に到着した町 
グレート・バーリントン。

 

 

グレートバーリントンから北に車を走らせて 
マウント・グレイロックという山の道まで行く。 

そこのドライブウェイが紅葉並木で 
晴れてる時は黄金に輝くキラッキラな道。 

波動がめっちゃ高いパワースポットだと思う。

 

 

 

グレイロックの展望台のところから眺める広がる山脈と 
紅葉と空。

 

その日は、グレイロックから近いウィリアムズタウンって 
町の近所の森の中のモーテルに泊まった。 

モーテルって部屋の目の前に車を停めれるから 
荷物の出し入れが便利いい。

 

 

翌日は、フィンガーレイクを目指した。 

ウィリアムズタウンからイサカまで西に約200マイルの 
4時間ドライブ。 

イサカの町で昼食にピットインしそこから近い 
タガノックという滝がある州立公園に行った。 

今回の旅は結構滝を巡ることが多かったけど、 
この滝がその始まりだった。

 

川の水が一枚の板のような岩盤岩の上に流れている。 
その地層がむき出しになった岩肌と水の流れが素晴らしい。

 

 

そこからハイキング道を歩いて行くと、タガノック滝に到着する。

 

初めて見るとオーーー✨ と感動する光景。 

 

雄大な自然の生きた水のエネルギーの循環に地球の恵みを 
感じれる。 

 

流れ落ちる水が飛沫になって遠くまで降りかかっってくる。 

 

それは空気にさらされ、岩に打たれ、弾け飛んで太陽を受け、 
マイナスイオンを放つ水のエネルギーを感じる。

 

 

 

その日泊まった宿はレイクサイドの宿だった。

 

 

翌朝の日の出前のレイクサイド

 

日が出てから出発しようとすると、車のバッテリーが 
調子悪くエンジンが作動しない。 

なので宿の人にヘルプを頼んだら、オーナーの人が 
来てくれて、バッテリーチャージする機械を持ってきてくれた。 

そして無事車は作動し、出発再開。 

 

ドライブしながら右側にはセネカ湖を望む。 
ワインの産地としても有名だから湖畔にはブドウ畑も広がる 
素晴らしい眺めの場所だった。

 

 

この日から天気は快晴。 

次に向かうはナイアガラの滝。 
約2時間半のドライブ。

 

ナイアガラの滝にたどり着いたのはちょうど正午の頃。 

前日に予約した宿はナイアガラに近かったので 
便利だったし、早めにきて有料駐車場に停めるのも煩わしかったので 
宿にチェックインして車を停めれたのでありがたかった。 

 

荷物を宿に置いて、滝を観覧できるトレイルに向かう。 

 

初めての生ナイアガラとご対面✨ 

 

やっぱケタ違いにでかい 😲 
それまでの滝のイメージをくつがえされる感じ。 

 

滝は小さな島を隔てニューヨーク側とカナダ側で 
二つに分かれていて、どちらも豪快ですごい量と 
勢いの水が流れてる。 

 

向こうはカナダか。。。向こうの方がビルディングが 
立ち並んでる。

 

 

アメリカサイドは完全観光地だけど、 
いまいち場末な感じもする。 

食べ物屋さんもちょっとコスパ悪すぎで 
高かろうマズかろうな場所が多いように見受けられた。 

自然だけを見てたら気にならないけど。 

 

しかし水しぶきハンパない。 
こんな大量の水、どっからでてきてるんだろ。 

エリー湖とオンタリオ湖の間にこの滝はあるのかー。 

とにかく下に降りて近くまで行けるフェリーに乗ってみよっと✨

 

ということで、チケットを買って崖の上から川沿いにある 
船乗り場まで行く。

 

 

するとビニールのコートを渡されそれをかぶって、船に乗る。 

船の名前は「霧の乙女号」(Maid Of The Mist)と言うんだそう。 
なかなか乙な名前つけたね😉

 

そして船は滝の方へ向かう。 

滝に近づくにつれ水しぶきが降りかかってくる。 

最初はニューヨーク側の滝。 

豪快で惜しみない命の水を授けられてる感覚。

 

 

次にカナダ側の滝に向かうのだけど、 
こっち側はほとんど写真を取ることもできないくらい 
水しぶきが凄すぎた。 

っていうか船は意図的に滝の水が弾ける飛沫の中に 
入ってて、その滝のすごさを体感できるように演出されてるみたい。 

 

下手にカメラ出すとスマホなんで壊れるのもこわいから 
本当は防水用のケースとかに入れればよかったけど、 
そんなこと体験してみないと知る由もなかった、 

しかしカナダ側の滝、NY側に比べてさらに大きくさらに豪快。 
飛沫と太陽の光で虹ができてる。 
なのですかさずポケットからカメラを取り出して決死の撮影。 

 

しかしはっきりいってこの場所めっちゃ変容スポットだと思う。 
この水の浄化力、ハンパないから。 
自然の大きなパワーを視覚的にも感覚的にも感じれる。 

やっぱり今の人生の転換期にここに来れて本当に良かった。

 

 

 

 

カナダ側の滝から少し離れてようやく飛沫が少なくなり、 
撮影できる体制になったので飛沫を撮ると、なんかまるで 
龍神様のような姿。

 

 

地上に戻って、歩道を歩くとカナダ側とアメリカ側の滝の間に 
ゴートアイランドという島があって、その島の上流を歩くと 
さらに三つの小さな島があってそこをThree Sisterと呼ぶらしい。 

3姉妹か、、三女神だなー✨ 
とか思いながら島にかかる橋を渡る。

 

 

橋を流れる川の水の流れは滝に引き寄せられながら 
勢いよく早い。

 

ここでスマホで写真撮ってたら、風が勢いよく吹いてて 
かぶってた帽子が風に飛ばされて川に飛び込んでしまった。 

 

あ”ーーー!! と叫んでも全く容赦無くも無情にも 
帽子は川に流れていった。 

 

なんか手放しを促されている感じがした。 
物への執着もそうだけど、この国、今まで住んでた場所、 
長年そこで培った経験と愛着。 

 

いろんなことをいさぎよく手放すこと、そして新たな人生の章を 
迎え受け入れることをここの風と水のエネルギーがもたらして 
くれたように感じる。 

 

お気に入りのヘンプのパタゴニアハット 
楽天ブログの見出し画像でかぶってるやつ。 

 

2年前アリゾナを旅した時に一緒にいた帽子。 
あの時の旅、ビジョンクエストって言って自分の内側の 
変容を求めてそんな気持ちで旅してた。 

 

その時から続いていたいろんな変容のプロセスの終焉の 
節目としてここナイアガラに来たのかなー。

 

ゴートアイランドの先端のところに行くと滝の水が

落ちているところに近づける。

 

 

夕日がもうすぐ沈む頃。 

とてもいい天気に恵まれた1日に感謝。 

やっぱりここに来て本当によかった。 
ここに来ないのと、来たのではきっと大きく違うんだろうな。

 

これが最後のアメリカという意識があるのは 
なんとなく自分の人生の余命がまもなく終焉を迎えるような 
そんな疑似体験的な思いもあって、 
見ること、感じることいろんなことが貴重で 
かけがえのない体験だって感覚が湧き上がってくる。 

 

ああ、この場所もこの経験もこの時の流れも、 
最後に見て感じる光景なんだなーと。 

 

そう思うとこの人生のかけがえのない祝福、恩恵は今までも 
ずっと与えられてきたし、今からも永遠にその祝福と恩恵の 
豊かさの泉をずっと受け取って生きるんだなー、と 
ナイアガラのスピリットを感じながら永遠の豊かさの流れを思う。 

 

🌈🌈🌈 

 

今日のED 

​​Taiyo・Nacer Do Sol​​

 

(過去の記事に関してリンクが現在” Silence In Paradise"

迄になっていますのでご了承ください)

 

アメブロ始めました✨

宮古島チゴンヨガ+サウンドリトリート

新年の初ブログ

クリスマス・イベント〜サウンドヒーリング ・イン・名古屋

平尾台・大自然ウォーキング&音癒ツアー

鎌倉と大仏さま

NYアップステート〜ナイアガラの滝

ジェンベドラムとストロベリーフィールズ

最後のわが町ニューヨーク・序盤

人生は神様に与えられたギフト

菊池・南小国でのサウンドヒーリング 

魂のルーツを巡る旅3〜鳥取・島根

魂のルーツを巡る旅2〜鳥取・島根

魂のルーツを巡る旅1〜鳥取・島根

おいでませ、山口へ✨

サウンドヒーリング の共演with Maya Hall at Dover糸島

生命の根源と繋がる宗像大島リトリート

南阿蘇でのライオンズゲート と弁天池

アルバムCD”Twilight"

夏井ヶ浜のヨガとサウンドヒーリングと夕焼け空

宗像大島の旅 その3

宗像大島の旅 その2

宗像大島の旅

真夏のミラクルな日々

日本でのヒーリング個人セッション

夏のドライブ・国東半島〜宇佐神宮

夏至の太陽2021&宗像のギャラリーにて

自然のスピリットとの繋がり

夏の風情とホタル

自然回帰〜糸島再び

糸島の日〜Doverにて

故郷にて・母の日と母と糸島

常滑のサンセットマーケット・アット・オーシャン

ライブのお知らせ〜北九州(Swing21)

伊勢神宮〜おはらい町・おかげ横丁

伊勢神宮〜内宮

伊勢神宮〜月夜見宮・外宮

志摩〜御座白浜ビーチ

ひとり旅〜流れるままに

おさむ的自粛期間の過ごし方

春と旅の始まり

愛しのNYにしばしのお別れを惜しんで

わが町ニューヨークと春分の日2021

スナフキン・おさむのジプシー化

最近の流れと音楽の徒然草

オートファジー/エゴと体&魂のバランス

立春を過ぎて決めた事

セントラルパークの雪景色と太陽礼拝

陽はまた昇る〜ブルースを弾こう

キースジャレットへの感謝

華づくしに”イパネマの娘”

2021年弾き初め即興につき

ニューヨークシティーのクリスマス

ギター即興演奏・水瓶座の時代、風の時代

土星の水瓶座入りと雪のセントラルパーク

キネシオロジーセッションの再開と方向性

のりことの再会とキネシオロジーの再開

グレートコンジャンクション、まもなく。

「鬼滅の刃」の鬼に関する考察

月食満月のデトックスと気づき

双子座満月のヒーリングリチュアル

エレメントとヒーリングと太陽とトワイライト

おやじ2猫の島とドライブ

マジカルナンバーと蠍座新月のサウンドヒーリング 

枯葉・芸術&ヒーリングの秋

おやじ その1

「牡牛座満月サウンドヒーリング ・オン・スカイプ」のお知らせ

エディの事と「異邦人」

バークシャーの紅葉

天秤座新月サウンドヒーリング On Skype

気まぐれニューヨーク街プラ写真

牡羊座満月サウンドヒーリング On Skype

祝福への感謝とギターヒーリング

ヨーコとの共演

乙女座新月 サウンドヒーリング ・オン・スカイプ

あれから一年

ディバインタイミングと信頼

『森から出てくるジプシー』

告知>魚座満月サウンドヒーリング ・オン・スカイプ

NY繁華街散策とパークでのいろんなコミュニケーション

喜び、チャレンジ、学び、祝福の日々

獅子座新月サウンドヒーリング ・オン・スカイプ

ライオンズゲートを超えて

ハリケーン・イサイアスと人との繋がり

セントラルパークでのサウンドヒーリング 

サウンドヒーリング ギター

告知>8月4日水瓶座満月のサウンドヒーリング On Skype

ストリートミュージシャン&水瓶座満月サウンドヒーリング On Skypeのお知らせ

サウンドヒーリング イン・セントラルパーク

情熱の夏・ニューヨーク2000

身も心も Body&Soul

事後報告 サウンドヒーリング On Skype

今ここにある豊かさ

蟹座の新月のテーマと事前ワーク

蟹座新月ギター&サウンドヒーリング On Skype

山羊座満月遠隔ヒーリングのまとめ

ソロギター/ Last Train Home

いまここにいきる

七夕の日・山羊座の満月を過ぎて

街プラ&奇跡の虹

夏至の遠隔ヒーリングの感想

バリトンウクレレ・サウンドヒーリング 

夏至の休暇日

2020年の夏至と新月の遠隔ヒーリング

ニューヨークの街の風景 6月’20

内なる平和

ヒーリングツールに関して

キネシセッションのプロセスに関して

パワースポット/ニューヨーク

ニューヨーク〜エッセンシャルライフ

世界で一番心の豊かな大統領

瞬間の爆発。永遠の歓喜

コロナウィルスを浄化するためのサウンドヒーリング

自分の感情や恐れと向き合うって事

桜と人生・この素晴らしき世界

安心立命ですね

春分の日・ハワイ・クジラとサウンドヒーリング 

信頼感と安心感と豊かさに関して

免疫力を高めるサウンドヒーリング 

日本の皆さんお気楽に

スピリットキャンドル

NYリバーサイドの景色

ある棚ぼたな1日

ニューヨークの冬

冬至に捧げる曲/満月瞑想サウンドヒーリング のお知らせ

音楽の情熱

ガイド瞑想サウンドヒーリング のお知らせ&ジョンの命日&音楽制作

浄化の日々とガイド瞑想サウンドヒーリング の感想

射手座の新月*瞑想とサウンドヒーリング skype編

サニーサイドのセッションルーム

新居と人生の再出発

ライブイン東京

多次元キネシin長野2019

2019夏 水輪の音楽祭

日本の熱い夏2019

風の吟遊詩人・スナフキンおさむサウンドヒーリング&即興ライブコンサートin 知多半島

風の吟遊詩人・スナフキンおさむサウンドヒーリング&即興ライブコンサートIn Tokyo

旅の回想録/イースター島

また会う日まで

セドナ再び

ブライトエンジェルトレイル

母なる大地、父なる空

モニュメントバレー

キャニオンデシェリー

夏至のセドナ/カセドラルロック

ビジョンクエスト・アリゾナ/1日目セドナ

ハワイリトリート2019

ニューヨーク5月なう

アイスランドの旅/レイキャビク 

大自然アイスランド

Aurora In Iceland/アイスランドのオーロラ

今年最後の日記。冬至2018

冬本番11月のブルックリン

紅葉狩り・ウッドストック

誕生日と富士山

夏の旅・最終日ロンドン

夏の旅・湖水地方のストーンサークル

夏の旅・エディンバラ

夏の旅・バレン・ゴールウェイ・コネマラ

夏の旅・タラの丘&魔女の丘

夏の旅・ダブリン&ニューグレンジ

夏の旅・コッツウォルズ散策

夏の旅・グラストンベリー

夏の旅・エイブベリー

夏の旅・ストーンヘンジ

夏の旅・ロンドン2

夏の旅・ロンドン

Silence In Paradise

春の到来と天のメッセージ

あっという間の4月

満月とアバンダンスと一月のジャーニーと

春分の日、新たなスタートを迎え

新月・満月サウンドヒーリングinサンセットパーク

芸術の冬

ニューメキシコ州 アコマ/アルバカーキ

ニューメキシコ州 タオス

ニューメキシコ州 サンタフェ/テントロック

日々の趣味と冬の空

コスメル島で年越し&新年

ギリシャの旅 アテネ最終日

ギリシャの旅 ミコノス島

ギリシャの旅 イアの光2

東京 2017秋

阿蘇の旅日記2017秋

多次元キネシin長野2017

由布院の旅と引き続きサウンドヒーリングのお知らせ

サウンドヒーリングのイベント『レムリアツアー』のお知らせ

ギリシャの旅 イアの光

ギリシャの旅 アテネ

永遠の夏

くるまの旅。ふたり。ボストン&バークシャー地方

くるまの旅。ふたり。メイン州編パート2

くるまの旅。ふたり。メイン州編パート1

ひとり旅。 ふろりだ。 其の弐。

ひとり旅。 ふろりだ。 其の壱。

ハワイリトリート2017 第3班

ハワイリトリート2017 第2班

ハワイリトリート2017 第1班

NYに戻ってからの事&サウンドヒーリング・ギターレッスン

3月のバケーション

創造のパワー/ハワイ島の溶岩

水瓶座の新月

今年をふりかえって

最新アルバム『Lemuria』の紹介
/ Introducing The New Album "Lemuria"