真夏のミラクルな日々

 

​ 7月も七夕を過ぎ梅雨が明け、めっきり蒸し暑さが増し 
太陽が気温をさらに上昇させているように、 
入道雲もモクモクと立ち込め、 
蝉の声は高鳴りに、日本の夏の本番を感じる今日この頃。 

 

この日本の夏の風情を感じれるのも30年ぶりのことだろう。 

 

夕方の日が降りてくる時間に森に癒しを求めて歩いて行くことが 
多いけど、足立の森もこの時期は蚊が多く、 
座ってると次から次に蚊がくっついてくるので、 
それを振り払いながらヒーリングするのもなかなか気が散る。 

 

もっぱらおれも蚊に刺されるのに慣れた感もあって、 
刺されても、その日のうちに痒みも皮膚の腫れもなくなるので 
かなり蚊に対する抗体もできてるのかなと思う。 

 

森の中を歩いてると、ヒグラシ蝉がたくさん鳴いていた。 
誰もいなく集団で鳴いている蝉の声に耳をすませると意識が 
ぶっ飛ぶような感覚になる。 

 

それはサウンドヒーリングでカシシっていうシェーカーを 
鳴らしている音にも通じる、シャーマニックなトランス状態に 
似た体験でもある。 

 

短い生涯の蝉は自分の存在をアピールしてる。 
自分の存在を他の蝉たちに知らせる仲間たちとの交信、 
そしてオスたちはメスを惹きつけるために。 

 

蝉を始め全ての虫、動物たちが自分の存在をアピールするために 
他の存在に向けて自己表現するのは本能でその衝動を爆発させている 
のだろう。 

 

その魂の存在全てをその声にかけて。 

 

そう思うと、蝉の声も愛の歌に聴こえる。 

 

森の中を歩きながらその愛のサウンドに包まれてた。 

 

もっぱら人間は感情と思考の制限された信念体系の中、 
自分の魂の衝動を抑えて生きてたりする事が多々起こり得る。 

 

人に見られることの恐れ、人から評価される恐れ、、、 

 

完璧じゃない自分の能力や技術にまだまだできないとか、 
人と比べて自分はまだまだとか、 

 

そう言った自己評価と他者の評価、ジャッジから生じる 
完璧主義やプライド、劣等感、罪悪感などの思考形態は 
自己表現の衝動を抑える大きな要因となっている。 

 

闇を観るということの利点は、そう言った自分の意識と 
向き合って、感じて、受け止めることで解放し、 
その思考形態の殻から抜けることにある。 

 

ヒーリングはそのプロセスをサポートする大きな役割を担う。 
人が殻を破っていくのをもっと容易にできるように。 

 

蝉の幼虫が何年もの間、土で養分を吸収しながら、 
成長し、成虫になるまでの期間はきっと闇を抜ける 
プロセスのようなものなんだと思う。 

だから殻から抜けきった蝉はあんなに魂の衝動を抑えきれずに、 
鳴き続けるのだと思う。 

 

この世の生命のプロセスは本当に美しい。 

 

人もその生命のプロセスの中にいる。 
だからこの世界と切り離されることはあり得ない。 

 

切り離されたと感じる幻想を創ることはできても。 

 

✨✨✨✨✨ 

 

夏真っ盛りの昨今、 
自分も音楽表現の場を求めていろんな場所や人にアンテナを 
向けているのだけど、そんな中で日々ミラクルを感じさせられてる。 

人との出会いと繋がりは本当に豊かさだなと感じる。 

 

そう思うと人はそれぞれに神様が宿っていて、 
それぞれに神様独自の役割を担っているんだなーと、 
日本の神話に関心を向けるとそう思う事が多々ある。 

 

この春に行った伊勢神宮とその周辺をお参りして以来から 
その感覚はさらに強くなっていった。 

 

たとえば、郷の北九州に戻ってきて、親父に連れられて 
門司の麦酒煉瓦館で紹介された秋吉さんはおれにとって 
道先案内人の猿田彦神のような存在。 

 

彼は最初からおれに関心を持ってくれていて、 
それから二人で色々話す機会ができ、自分がやっている 
音楽やヒーリングに共感してくれ、8月の下旬に 
市が運営するこの門司麦酒煉瓦館でイベントをやることを 
提案してくれた。 

 

そのイベントでは秋吉さんと親交があるヨガのインストラクターの 
板野さんとコラボすることが持ち上がってきた。 

 

それで翌週、板野さんと板野さんの息子と初対面し、 
お互いの意向を話し合った。 

 

板野さんはヨガでもスクワットのヨガをやる方だというので、 
今まで普通のヨガでコラボをやった事があったけど、 
スクワットヨガはどうなるのか想像つかなかったので、 
一度彼がやっているビーチヨガを視察に週末に出向いた。 

 

ビーチヨガは芦屋の夏井が浜という綺麗な海岸のある、恋人の聖地なんて 
いわれている場所の広場で行われた。

 

 

 

板野さんの奥さんのひろみさんがメインでインストラクターを 
やっていて彼女はヨガのカリスマ的存在で何百人もの生徒さんを抱える。 

 

そんなひろみさんとも会って少しお話しする時間もあって、 
意気投合し、その後で彼女のヨガを自分も体験したのだけど 
とても素晴らしいヨガで、彼女がカリスマと言われるのも頷けた。 

 

その後、板野さんのスクワットヨガを行なってから 
サウンドヒーリングを少しばかり行なった。 

 

おかげで、8月のイベントの構想をさらに進めることもでき、 
また7月24日には正式にこのビーチヨガのイベントで 
サウンドヒーリング奏者としてヨガとのコラボをさせていただくことに 
なりました。 

 

https://fitdiva.us​ 

 

ビーチヨガが終わった後で、海に沈んでいく夕日を眺めたり 
海沿いでチルしていた。

 

 

 

すると参加者の方が岩場の上から声をかけてくれた。 

 

そこには3人の参加してた女性がいて、みんなからサウンドヒーリングが 
よかったという賛辞をいただき、持参してたCDを買ってくれたり、 
話が弾み楽しい時間を過ごした。 

 

声をかけてくれた人はインスタで繋がって名前を見ると 
Miracle Toko さんという方。 

 

ミラクルなんだー。 

 

本当ミラクルなご縁だなーと、日々感動してるけど、 

今回出会ったのはTokoさんをはじめ、 
ヒーリングをやっているえみちゃん 
ドライフラワーやっているつかささんの3人の女性。 

 

会った時はなんか宗像三女神のご縁かなーと、 
内心感じてた。 

 

というのも、3人と出会った前の週の夏至の時期、 
宗像のギャラリーWabiで木寺さんの写真展に行った時に引いた 
日本の神様カードが宗像三女神 

 

その後、宗像神社にお参りに行ったりしてて、 
宗像三女神にまつわる縁を感じてた。 

 

今回3人に出会った夏井が浜という玄界灘にある場所は 
宗像からも遠くなく、3箇所ある宗像神社の一つ、大島も 
遠くに見ることもできる。 

 

三女神のお導き。 

 

後ほどTokoさんが今度みんなとドライブしましょうなんて言ってくれた。 

 

それでどこがいいかなーと考えてて、ふと大島のことを思い浮かんだ。 

 

  ✨✨✨ 

 

それは7月7日の七夕の日のこと。 

 

数日前に黒崎のタカミカリイ で一緒にライブをやったヴォーカルの 
いづみちゃんのところに打ち上げを兼ねた夕食会に行こうと、 
自宅から小倉駅までの道をテクテク歩いていたら、 
偶然ばったり、ビーチヨガで会った三女神の一人、 
えみちゃんと遭遇する。 

 

えみちゃんも普段そんな道端を歩かないし、おれもそんなに 
知り合いもいないこの町のこんな町角で七夕の日に偶然ばったり人に 
遭遇するのもこれまたミラクルな展開やなーと、お互い感動してた。 

 

それでその時にTokoさんが提案してくれたドライブは 
宗像の大島にしようと決めた。 

 

話は早々に進んで、3人のうちもう一人のツカサさんは 
行けないとのことで別のえみちゃんという人がジョインすることになり、 
宗像三女神の導きを受け、今から数日後に大島に向かうことになった。 

 

その導きによってこれからどういう方向に向かうのか、 
冒険がもう始まってる。 

 

その宗像大島への癒しと参拝のレポートはまた後ほど。 

 

それにしても、ここにきて、そう言った神様のお導きや 
ミラクルを感じる日常。 

 

猿田彦神の秋吉さんを始め、出会う人々の神を発見するのが 
楽しみになってきた。 

 

次はどんな神様に会えるのだろうか✨ 

 

✨✨お楽しみ✨✨ 

 

 

今回のユーチューブ音源は昨日アップしたばかりのもの。 

 

​北九州市門司麦酒煉瓦館​の一室で録音、撮影しました。 

 

ここは1913年に建った建物で、当初はサクラビールを製造販売していた後、 
合併などを経て2000年までサッポロビールの製造をしていたという。 

 

今はそう言った建物の歴史を垣間見る事ができるミュージアムとして 
市が運営していて、またマルシェなどの展示会やイベントなどを行う 
場所としても使われています。 

 

録音した部屋は2階の一室で煉瓦造りの高い天井なので、 
音に残響があり、日当たりがいいので、演奏していてとても 
心地のいい空間でした。 

 

録音した量は2時間以上になり、使えるテイクも5、6曲はあるのだけど、 
それを全部編集してアップロードすると結構時間も労力も使うので、 
一曲ずつ編集してアップすることにしました。 

 

ということで、最初はこの曲をお送りします。 

 

​​​Here, There and Everywhere​​​ 

 

ビートルズのアルバム「リボルバー」に入ってる、大好きな曲。 
好きな曲でアーティストだけど、今までほとんど自分のレパートリーに 
入れたことはなかったビートルズのナンバー。 

 

きっかけは最近、ピアノの親父と一緒に音楽やってて、彼が持ってきた 
レパートリーの譜面の中にこの曲があって、自分のソロ用にも 
やってみようかなとふと思い立ったこと。 

 

うちの親父も神様やな。 
輝生さんだからアマテラスかな😆 
つねに光を与えて輝いて生きてるからね。 

 

Check this out!!

 

 

 

Leave a comment

Add comment