春と旅の始まり

 

 

ニューヨークでの最後の2、3日はアパートの引き払いと 

旅の準備の追い上げのクライマックスのように、バタバタと 

怒涛のごとくいろんな手続きをなんとか無事に済ますことができた。 

 

日本では3月中旬から海外からの入国者は日本人、外国人にかかわらず 

水際対策とかいって、以前より厳重なコロナ感染を 

未然に防止する対策がたてられ、入国者は事前に用意する 

項目がさらに増えたので、厚生労働省の支持するいろんな項目を 

余すことなく準備しなきゃならなかったのがめんどうではあった。 

 

出発する当日、忙しくてする暇がなかったSacred Traveller オラクルカードを 

ひいてみたらまたミラクルカードが出てきた。 

 

日本の旅のミラクルはどんなどんなものになるんだろう? 

 

家のないジプシーの生活を始めたおれには全く予想もつかない 

奇跡の初まり始まり。

 

 

久々の飛行機旅行はANAで羽田空港まで直行。 

 

水際対策で飛行機の乗り換えはできないから、NYからは直行で 

日本の空港に到着するしかなかったから東京の空港しか 

選択はなかった。 

 

飛行機に乗ってANAのCAさん達の親切丁寧なサービスの 

日本人バイブにテンションが上がる。 

 

飛行機が離陸してから、ずっと空の風景を眺めてた。 

便が飛んだ時間が夕方だったから、ずっと夕焼けの空を 

追っていくように飛行機が北西方面を飛んでいた。 

 

空から眺める雲と夕焼けの風景が絶景で息を飲む世界だった。

 

上空から眺める地球は天国のよう。

 

 

赤く染まってゆく地平線に見惚れる。

 

 

毎日見慣れたNYの景色とはまた別世界の地球の顔。

 

 

 

飛行機はアメリカからカナダ、アラスカ北部を経由するので、 

北極圏の凍てついた景色も眺められた。

 

 

 

羽田空港に到着してから、出口を出るまでは約2時間ほどを要した。 

 

用意したいろんな書類のチェックやスマホアプリの設定、 

コロナの唾液検査など、いろんな関門が5、6箇所あった。 

それらをなんなく通過して税関を通ったらようやく出口。 

 

そこにたどり着いたのは夜11時前。 

自分が予想どうりの流れだった。 

 

そこで待つこと数分、ちょうど11時におれのソウルファミリー 

のぶ(はるま)がお出迎えに来てくれた。 

 

のぶははるばる愛知県知多半島から車に乗って羽田空港まで 

おれを迎えに来てくれた。 

 

彼の実家が神奈川県の茅ヶ崎市にあるので、彼は事前に実家で 

家族と過ごしていたとのこと。 

でなければ行き帰りの往復のドライブだけならかなりの距離だったろう。 

 

のぶとゆうきの住む知多の家までのドライブは高速道路を使わなかったけど 

茅ヶ崎ー小田原を通過し箱根を越えたところから静岡に入ってバイパスが 

ずっと愛知県豊川市まで通ってるので、信号もなくかなり早くも感じた。 

 

ずっと深夜のドライブだったのでしばらくは暗い夜道で何も景色が見えなかったの 

だけど、午前5時過ぎごろからだんだん夜も明け始め、薄明るい空になってきた頃、 

浜松を通るタイミングで海が見えた。 

 

久々に見る太平洋、大海と波の音、潮の香り。

 

 

 

湖西市から豊橋市を通るタイミングで朝日が登ってきた。 

オレンジ色の朝日。 久々の日本での日の出。 

 

ずっとNYで朝日を見てきたから、陽の光が少し違うように見える。 

 

なんとなく霞みがかってるから、光が眩しくなく色も黄色よりもっと 

オレンジ色に近い感じ。

 

 

 

このころ時間は午前6時前。 

ずっと寝ずに車を走らせているのぶも流石に眠気がおそってきたので 

バイパスが終わる豊橋市のとある町のコンビニで車を止めて仮眠する。 

 

おれはその間早朝の散歩がてら近所を歩いてみた。 

日本でみる約30年ぶりの桜。

 

 

その向こう側に見える山の森に誘われるように歩いてみると、 

桜の木を見ながら神社が見えたのでそこまで行ってみた。

 

そこは御津神社と書かれていた。 

説明書きをみると大国主命が御祭神らしい。 

 

国津神の主宰神で大地に国を創った神様。 

 

海も日の出も拝んだし、境内に入って大国主の神様に 

お祈りしようとお参りした。

 

 

 

 

のぶが仮眠して眠気から回復しそこからさらに私道を通って 

知多の自宅までひた走り。 

 

ようやく到着したのは午前8時を過ぎていた。 

家に到着するとゆうきちゃんがお出迎え&久々の再会。 

 

家の近所の小川にある桜並木がほぼ満開。 

どうやら今年は桜が咲くのが早かったようで、結構花が散っていたところも 

あってけど、まだ間に合ってよかった。

 

 

30年ぶりの日本での桜に迎えられたこの旅の始まり。 

 

日の出の太陽、太平洋の海、大国主命、そして迎えに来て、受け入れてくれる 

ファミリー、、、そいった暖かい祝福を受けながら、すでに日本に帰ってきて 

本当にたくさんの愛と感謝を感じてる。

 

 

オラクルカードのミラクルの予告がこの先どういう形で現れてゆくのだろう。 

 

それは宇宙の意思と流れに身を委ねることで完璧なタイミングで 

起こる奇跡なんだろうと思う。

 

 

これからなにがあってもその宇宙の采配を信じよう。

 

 

ひとまずはこの家族の家で日本の自粛の期間を楽しく過ごそう。

 

 

Leave a comment

Add comment