伊勢神宮〜内宮

 

外宮参りの翌朝は、ゲストハウスのチャリをレンタルした。 

 

伊勢駅に近いその宿からはチャリでおよそ15分で内宮まで 
行けると言うのでこれはいいクルージングコースだなと、 
伊勢市内を自転車で乗り回した。 

 

6時くらいに宿を出て、まず始めに立ち寄ったのは 
猿田彦神社。 

 

神社の御祭神、猿田彦命は天照大神の命によって瓊瓊杵尊の 
道案内を務めたことから、道を開いたり、導いてくれるガイド 
という神格を持つ。 

 

早朝でまだ誰もいない神社で良いお導きを願いつつ 
猿田彦大神と対話する。 

 

 

そこからさらにチャリで数分走ったところに伊勢神宮・内宮の入り口がある。 

 

今回の旅の主役となるこの聖地に心躍る。 

 

入り口には五十鈴川を隔てた橋を渡って入る。 
それはまるで下界と天界の架け橋のような感覚さえ感じる。 

 

 

橋のちょうど真ん中あたりで景色を眺める。 

晴天の空に見守られ清らかな川と緑生い茂る穏やかな山々に囲まれた 
美しい景色をしばらく味わう。 

 

 

入り口から道順に参道を歩いていくと御手洗所というのが 
五十鈴川のほとりにあり、川の水でお清めする。 

川のせせらぎの音とこの場のエネルギーですでに 
心身が清められる。 

 

 

 

 

さらに森の参道を歩いてゆくと右手に川を隔てて風日祈宮に繋ぐ 
橋が架かっている。 

入り口の宇治橋よりも小さいけれど、さらに奥まった、森の内部に 
入り込む思いがする。 

 

 

 

 

その橋の中心で持参したセルフィー用のトライポッドを使って 
記念撮影。 

 

 

川を渡るとまもなく右手に風日祈宮が見える。 

森に包まれるように佇む御社。 

 

この場所は川を隔ててさらに奥まった感じが自分にとっては 
居心地が良かった。 

伊勢神宮は20年おきに遷宮といって神様の御社を 
建て替えるのだけど、その場所はすぐ隣に並んでる。 

 

 

 

外宮でもあったようにここもまた風の神様、 
級長津彦命 (しなつひこのみこと)が奉られている。 

 

 

参道の道順を追いながら森の清らかな空気に触れ、 
ゆっくりと進む。 

いたるところに見る美しい木々。 

 

 

 

輝く太陽のもと長い年月を隔ててこの森に生きていたんだなー。 

 

 

 

御正宮の前に到着。 

 

ここはこれ以上は撮影ができないというところ。 

ここに天照大神が鎮座されていると言われている。 

 

人によっては天照大神は伊勢神宮にはいなくて、 
別の場所にいるって説もあるらしいけど、 
おれにとってはそれはそんなに重要なことじゃないかな。 

太陽はいつも天に輝いてて、自分のうちにある太陽と 
繋がればいいのだから✨

 

お宮や神社はその太陽の波動に繋がりやすくしてくれる 
物質的な場所に過ぎないんだと思う。 

 

 

一つの木にまたいろんな植物や生物が生息する。 
生命の循環を支える木。 

おれたち人間もまたその木や植物の恩恵に支えられて生きてる。 

 

 

 

御正宮の近くにある荒祭宮は天照大神の荒御魂が奉られている。 

 

 

敷地の中心部にある神楽殿もまた美しく立派な建物だった。 

ここでご祈祷や舞、奏楽などを行うらしい。 
またお札やお守りなどもここで販売されていた。 

おれもお参りした記念にお守りを購入。 
なんとなくピンク色のお守りにビビッときたので 
それを選んだ。 

 

 

建物の美しい曲線に魅了される。 
この森に自然に溶け合うよう。 

 

 

池の鯉がまた美しかったので、休憩がてら鯉たちを 
鑑賞していた。 

美しい木々に森、植物、建物、生き物たち、 
どこをとってもいと雅な世界を堪能する。 

 

御厩にいる神馬。 

これまた美しい馬だねー。 

 

 

内宮を満喫した後、少し離れた場所にある内宮の別宮である 
月夜見宮にチャリで向かった。 

 

外宮もそうだったけど、内宮もまた月夜見宮は少し距離が離れた 
別宮なんだなって、ちょっと不思議な感じもする。 

 

ここは月夜見尊とその荒御魂、イザナギとイザナミが奉られている。 
それ4柱を順にお参りする。 

 

 

 

4柱の神様の前で祈った後でしばらくここのエネルギーに繋がってると 
なんとなく音を鳴らしたくなったので、バッグに入ってた 
お鈴を鳴らしてプチ奉納演奏した。 

するとやはり風がそよいでいた。 

幾分浄化され気が流れやすくなった感じがした。

 

 

森の参道を歩いて、反対側の入り口に出る。 

 

チャリで来た駐車場の南の入り口付近にある葭原(あしはら)神社 
ここもなんとなく音を鳴らしたかったのでお鈴を鳴らした。 

 

 

お宮参りはとりあえずこれで終わろう。 

次は内宮に戻っておかげ横丁で遊びの時間を過ごそうっと。 

 

次回に続く🌈 

 

✨✨✨ 

 

エンディングを飾る音源は夫婦岩の日の出と 
海のそばで録ったギターの即興演奏。 

 

夫婦岩の日の出を見たくて朝4時に起きて、 
日が昇り始めたのは5時18分ごろのこと。 

 

御伽噺話の世界に舞い込んできたかのようなこの 
伊勢・志摩の旅の一ページに吟遊即興の演奏を 
したためておきます。

 

 

日本でのイベントや自然のところにある施設でのギター演奏、

サウンドヒーリングの演奏。

またヨガのクラスやクリスタルボウル、サウンドヒーリングなどを

演奏する方とのコラボレーションで演奏依頼を承っています。

 

お申し込み、お問い合わせはEメールでお願いします。 

 

 

Leave a comment

Add comment