Viewing: カナダ - View all posts

Acutonics Sound Healing Level 2&3 at Kootenay Bay 

 

We got off the ferry at Kootenay Bay from Balfour. 
took about 10 minutes drive to Theresa's house near Riondel. 

At 9am sharp we finally arrived at Theresa's house. 

Two Big Lab Dogs welcomed us with their bow-wows. 

Theresa came up soon and greeted us, we hugged each other. 
I felt intimacy in spirit as soon as we met. ​

She's gonna be The Teacher for The Acutonic Level 2&3 with Ron. 

The house was charmingly settled by the beautiful lake, 
surrounded by the huge area of forest 

"I love the house and this place"  I thought. 

Ron was already in the house welcoming us with the big smile. 
it's been since March in Hawaii... 


バルフォーの町からクートニーベイへ渡るフェリーを降りて
家のあるリオンデルまでは車で10分。
湖の畔、森の中の広い土地の中にこのメルヘンチックでキュートな家は佇む。

到着したのがちょうど午前9時、アーキュトニックのクラスは
この日この時間からスタートする。

初対面のテレサと2匹の黒いラブラドールがおれたちを迎えてくれた。
テレサは逢った瞬間から、親しみを感じた。
そう。 彼女が今回ロンとともにアーキュトニックレベル2&3の
ティーチャーを努めてくれる。

そしてハワイ以来のロンとの再会。
3月以来だから約4ヶ月ぶり。



We were introduced to many people at a time. 
they are the students of all Canadian people. 

Theresa took us to our rooms apart from the main house. 
There's the healing room on the left side door.


そしてすぐにクラスに参加する人達との挨拶。
みんなここら辺に住んでたりカルガリーやユーコンからやって来た
カナダの人々。。

テレサがおれたちの泊まる部屋に案内してくれた。

左手のドアがヒーリングルーム。



 

when we entered the healing room. 
I was like "Ohh,Wow!!"  How many gongs are in the room?! 

Around 13 gongs or so...only in this room. 
some others in the main house too!! 

She's got all the planetary gongs manufactured by Paiste.  
These are the gongs attuned to the frequency of all the planets 
in our solar system and we are gonna immerse ourselves into the ocean of those vibrations. 

How exciting!!


その部屋にはいったら、でっか〜いゴングが軒並み並んでた。
「なんじゃこりゃ〜!!いくつゴングがあるねん!!」

この部屋だけで13個くらいあって
おまけにあといくつかメインハウスの方にもあるよ!!

彼女の家にはシンバル製造等で有名なPaisteのプラネタリーゴングが全て揃ってる。
これらのゴングは太陽系の全ての惑星の周波数に調整されている。

そしてわれわれはそのゴングたちのサウンドの海に浸りまくろうとしている。

ワックワクやな〜〜!!





This is the other healing room in the main house.
Her correction of planetary tuning forks and other sound healing tools such as
Tibetan Singing Bowls, Planetary Hand Chimes...
They also are very powerful healing tools


こちらメインハウスのヒーリングルーム。
アーキュトニックで使う惑星チューニングフォークに加え、
チベタンシンギングボウル、惑星ハンドチャイム、等々。
どれもパワフルなヒーリングツールだわ。



 

So The Acutonics Level 2 Class has begun. 

There are 8 people including me and Noriko. 
It seems small group but I felt it just fits the size of the place. 

Amazingly there was 5 men out of 8 students.  
That was the most ratio of man in any healing class or event   
I have ever attended.  

Even Ron and Theresa were amazed and praised  how amazing this is, 
since woman usually occupy the most places in healing classes. 

In the level One, We have learned the usage of middle frequency tuning forks 
that attuned to the vibration of The Sun, The Moon and The Earth  

In Level 2, The High and also The Low frequency of these tuning forks will be added. 

My understanding of the difference between these tuning forks is that: 
The low freq tuning forks has immersing and penetrating vibration 
that goes deeply into physical realm, 

while the high freq tuning forks brings its vibe to the energy field outside of the body. 

So if I was to have a session for a client, I would use the lower ones 
for physical oriented issue, and the high forks for cleansing and balancing 
emotional, mental, spiritual issue...  

that I will discover more by using the muscle testing technique. 

There was some protocols introduced in the class. 
(these are the process to work on for a specific type of balance) 
and we discussed which tools are necessary or best for certain conditions. 

The basis of Acutonics is to apply the tuning forks of the solar system 
onto acupuncture points. Think of these points as a push button for access to all body systems, 
and the energy systems outside as well. 

We bring balance, open, nurture and activate these imbalanced 
and stuck points with the tuning forks. 

I think how we choose tuning forks and which point to apply it to 
are dependant on a therapist's sensibility and experience,  

But we need to take a step to learn the basics here in the class   
in order to lay a strong foundation so we can be more creative and inspirational. 

The Acutonics system has a deep relation with eastern medicine,  
eastern philosophy and spirituality   
so they often mention Five elements or I-Ching,,, this is interesting.  

Their wisdom was way ahead of our time.  
Ancient people always know much better than us.  

Then we learned more about before and after the collapse of Atlantis.  

we learn some things regular schools don't teach.  

The Acutonics also teaches the concept of shamanism.   
I see that in ancient times sound was used for many purposes such as…   

creating altered states of consciousness,   

Purification,   

Prayer 

Prayer for rain, harvest 

Purifying a soul,    

Retrieval of a soul,    

Helping a soul transition to the other side    

etc…   

The shaman are the people who use the sound as such tools. 

......................... 

The class was in the midst of clear energy that this place creates.  
I felt time goes by slowly and sleepily. 

I could't concentrate on the class some of the time. 
I had a same feeling when I was in Hawaii,   

I think it has something to do with the collective energy   
and the energy of this place, 
that clear energy creates  some purification process or 
even detox in our energy field.  

This day, the weather was so nice and with sunny skies so we went outside  
to see Ron's demo session and do our practice. 

Two lab dogs also joined our class. 
They are our guardian angels.



さてアーキュトニック・レベル2のクラスが始まった。
参加者はおれと典子を含めて8人と少人数。

とても面白い事に参加者8人のうち男性が5人。 
今まで参加したヒーリング系のクラスやイベントで 
もっとも男性の割合が多かった。 

この事はロンもテレサもビックリしてて、 
普通大抵女性の方が大半を占めるのが一般だったから、 
これはスゴい事だと絶賛してた。

前回のハワイのクラスと比べたら少人数だけど、ここの場所には
ちょうど良く感じた。

レベル1では太陽、月、地球の周波数の中音域のチューニングフォーク
の使用方法を学んできた。
レベル2では高音域と低音域の太陽、月、地球の周波数が加えられる。

自分が解釈するそれぞれの音域の違いなのだけれど、
低音域のチューニングフォークはもっと肉体の深い部分に染み入る波動。
高音域は肉体を離れたエネルギー体の波動にバランスを与えるものだと感じた。

なので肉体的不均衡にバランスが必要なときは低音域
感情体、メンタル体、スピリチュアル体へのクリアリングが必要なときは
高音域と使い分けるのかな〜と。
それは今後キネシの筋反射とりながら実践して発見していこう。

それからいくつかのプロトコル(或る特定のものを調整するための手順)
が紹介されどういうケースにどのチューニングフォークがよいかが
話される。

アーキュトニックのベーシックはこれらの太陽系惑星の周波数をもつ
チューニングフォークを経穴(いわゆるツボ)にあててゆくもの。

体のそういったポイントは神経系や内臓器官などあらゆる肉体組織への
ボタンだと考える。
そしてそれが体外のエネルギーシステムとの架け橋でもある。

それらの中で不均衡だったり、滞っていたり、する経穴のボタンを
チューニングフォークでバランスを与えたり、開放したり、滋養を与えたり
活性化したりする。

チューニングフォークを選んだり、どのポイントを押さえるかというのは
最終的には施術者の経験やセンス、感性によるものなのだと思う。
このクラスはそうやってみんなの 創造性や感性が羽ばたいていけるための
ベースとなるものを学び実践する。

アーキュトニックは東洋医学、哲学、精神世界との関わりが深い。
なので、陰陽五行や易経等のコンセプトが組み込まれている。

そしてアトランティスやそれ以前、以降の人類の発展と衰退の歴史など
普通の学校じゃ学べない事を話し合う。

アーキュトニックはまたシャーマニズムのコンセプトも伝える。 
音を通じて変性意識を促したり、浄化したり、祈りを捧げたり、 
雨や収穫のための祈りを捧げたり、魂を清めたり、魂を取り戻したり、
霊を天に還したり。。。 

音とは古来そういったものだったのだと思う。 

シャーマニズムは音をそういう手段にしてきた民族の教え。 

この場所の静寂さクリアさとゆったりとした時間の中で

授業は進められていった。

この日はめっちゃ天気がよかったのでロンのデモンストレーションと
おれたちの実践はガーデンで行われた。

2匹の犬達も常に一緒にクラスを見守ってた。
彼等はガーディアンエンジェル。

 

​During the three days class we had break-out sessions
with partners where we practiced the techniques we had learned.   

In the last practice time I used the muscle testing to see what kind of   
emotion or energy is in my partner’s subconsciousness,   

so that it would be easy for me to know the direction of intention,  
where we are heading to in the session.  

All of the students are so cool.    
Most people do Reiki and have a relationship with a healing modality or Shamanism.   

Being only two Japanese wasn't a big deal.   

So this photo below is all my soul friends on the last day.   
Everybody has very unique vibes.


3日間のクラス の間、数回練習セッションをペアを組んでやった。 
最後の時は、筋反射を使って先に相手の感情や意識をみて 
与えられたプロトコルを使うようにした。 

そうすると具体的にどんな感情やエネルギーを開放できるかが 
わかるから意図を持っていきやすい。


クラスに参加した人達はみんな素晴らしい人達だった。 
大抵の人はみなレイキやってたし、それ以外にも何かしらの 
ヒーリングやシャーマニズムなどに関わりのある人たちで 
日本人2人でいても全く居心地よかった。 


レベル2のみんなの集合写真。 
みんななかなか強力なキャラだったと思う。

 



 

And then the level 3 begin.  
There's 5 people in the class because 3 of the students didn’t take Level 3.  

It created a more close, intimate energy.  
This class introduced the planets in our solar system.  

In addition to what we already know: The Sun, The Moon,  
The Earth…we got Mercury, Mars, Venus, Jupiter, Saturn,  
Uranus, Neptune, Pluto, Chiron…all together.  

And you may wonder what the heck the planets   
have to do with healing?  

It's because the planets are interacting each other  
as well as affecting human life.  

For instance, the moon has a lot to do with our emotion,  
thus subconsciously some emotional issue may rise up along the moon phase. 

Each and every planet has its quality,  
and we can utilize these qualities by attuning with them. 

This is gonna be fun.  

I have loved the story of the constellations and planets since I was a child.  

We listened to the story of the Greek Myth that related to each planet.  

I feel the importance of these myths is that 
these stories nourish our creativity by connecting with 
the planets along with the stories,  
and even attuning our vibration with the planets.  

I've heard that before WWII, the Japanese people were   
studying God's myth of Shinto, the story of Amaterasu in school 

and I heard someone say the reason why Japanese people lost  
their soul is because they stopped teaching it in the school  
so they don't know who they are, they've forgotten their root spirit.   

And I agree with it.  

So I thought learning a myth is such a wonderful idea to bring 
the spirit back within us. 


さてレベル3が始まる。 
参加者はレベル2から3人減って5人。 

さらに親密なヴァイブで繰り広げられた。 

レベル3は主に惑星について語られる。 
なぜならレベル3で使用するチューニングフォークは 
プラネタリーチューニングフォークと言って、今まで使って来た 
太陽、月、地球に加えて、
火星、金星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星、カイロン星 
がさらに仲間入りするから。 

で、なんで惑星がヒーリングと関係あるかと言えば 
この太陽系でそれぞれの惑星はお互いに影響を与えあっていて、 
人々の人生にも大きく影響があるから。 

簡単に月を例にあげると、月は感情に関わりが深く、 
満月の時は潜在的にあった感情が出て来たりする。 

それぞれの惑星にはそれぞれの性質があって、 
その波動に調和する事で、自分に必要な部分、欠けている部分 
等を補う事ができると言うもの。

こうなったらもうここからが面白いのよ。 
おれは子供の頃から惑星とか星座の話は好きだったし、 
それぞれの惑星にまつわるギリシャ神話の話なんかをする。 

セッションではそんな神話は関係ないと思うかもしれないけど、 
そういった物語から惑星をイメージしたりするクリエイティビティが 
同時に養わせてくれるのかなと、感じた。 
そして惑星のヴァイブにアチューンメントされてくる。 

戦前の日本は学校で神道、天照大神の神話を教えられていたと聞く。 
誰かが日本が魂を失ったのは自分の土地に息づく神話を 
誰も知らなくなったし、伝えなくなったからと言ってたけど、 

おれもそう思う。 

だから神話をクラスを通じて受けるのはそのスピリットを取り入れることとして
素晴らしいと思った。





 

 

On the second day.  
Ron came up with a plan that was not part of the regular class.  

So that would be a special day.  

He wanted all of us to express our personal relationship with sound.  

It started from Ron's story. and then he asked each of us one by one  
to talk about our experience.  

Everyone had their own story of their relationship with sound  
and expressing and sharing with their instruments or voices.  

On my turn I explained things like;  

“I started to play Native American Flute since I had a trip to  
Arizona and New Mexico in 2008,  

When I visited Taos, by the Rio Grande gorge bridge,  
I heard the sound of native american flute that fascinated my soul 
and walked to the direction of the sound. 

I found a man was playing music with an audio player. 

He said he’s the one playing the flute in the CD, so I bought a couple of 
his CD’s and I was listening to them during that trip. 

I felt that it was a calling,  

it got me into the sound healing and shamanism.  

Since then, I dedicated my sound to a spirit of land and The Mother Earth    
to connect with nature and spirit.  

These places were the sacred places or so called power spots, such as  
Sedona, Wupatki National Monument, The Hopi Prophecy Stone,  
The Mayan Ruins in the Yucatan, Machu Pichu, Mount Shasta, Hawaiian Heiau   
and Volcano, etc... “ 

I shared the space of sound by playing Tingsha, Caxixi, Seedpod,  
Native American Flute and Guitar.  


Now it was Noriko's turn.  

She told the story how she started to sing. She never wanted to become  
a singer, she was a Keyboardist and composer,   

but in '95, a producer she worked with for her project encouraged her to sing.  
The first gig the producer booked for “Norico” was performing at  The Blue Note Jazz Club in New York… 
just one month before she decided to sing and train.  

Soon after that, the second gig was for the charity concert aiding  Kobe's earthquake refugees.  
She performed her singing in front of 5000 people 

and these two experience got Norico traumatized to sing.  

And then she met me in the next year and we started making music and fell in love together.  

We made an album together as "Solaris".  

So she sang her old song titled “Sand Island” from the album”Sand Island”  
the song that has lyrics that portray the creator and the illusion of the world.  

It's been such a long time since the last time she sang in front of an audience.  
She has been so busy dedicating her energy towards healing,  

but she told us she has desire to sing again and will make more music.  
so let's see what's going to happen.  

Now all of us performed and share our talents and the gifts through the sound.  

Ron was impressed and moved with tears in his eyes for everybody expressing  
their sound from their heart.


授業の2日目。 
ロンが番外企画を持ちかけて来た。 
だから今回だけの企画らしいが。。 

それはここにいる参加者全員が一人一人自分とサウンドとの 
関わりについて話したり、表現したりすると言うもの。 

ロンの話から始まり、幕は明け、次にわれわれ参加者のシェアリング。 
みんなそれぞれにヒーリングツールやサウンドを通じて彼等自信を表現していた。 

オレの順番では今までやって来たシャーマニックサウンドヒーリングを 
シェアした。 

2008年のニューメキシコ~アリゾナの旅で、ネイティヴアメリカンフルートに 
惹かたストーリー。
タオスのリオグランデの橋のそばの売店に車を停めてると、ネイティヴアメリカンフルートの
音が聞こえてくる。。。その音のある方向へ歩いてゆくとおじさんがCDをかけてて、
そのCDは彼が演奏したものだと言う。

そこでCDを2枚買って、旅行の間中車で聞いていた。
それが自分にとって「コーリング」だったと感じる。

それ以降サウンドヒーリングやシャーマニズムというものに傾倒しはじめた。 

それ以来、いろんな土地のパワースポットや聖地と言われる場所 
(セドナ、ウパキ遺跡、ホピの予言の壁画、ユカタン半島のマヤ遺跡、マチュピチュ、シャスタ山、 
 ハワイの遺跡など)を訪れてはその土地のスピリットやマザーアースに 
音とともに祈りを捧げて来た。。。 

という近年のサウンドとの関わりを説明し、 
ティングシャ、カシシ、シードポッド、ネイティヴアメリカンフルート、 
ギターを演奏し音の空間をシェアした。 

一方ノリコのシェアの時間では、かつてアメリカ人のプロデューサーのもと、 
ニューエイジ系のシンガーソングライターとして初舞台でブルーノートに 
たったひと月のトレーニング期間で出演したり、 
神戸大震災のチャリティーイベントで5000人の前で 
歌ったりして逆にそれがトラウマになったりした事。 

それからオレと出逢って音楽を再開し”ソラリス”としてアルバム制作した事などを話た。 
彼女は昔の歌「Sand Island」をおれのギターに合わせ披露。 

それは同名アルバムからの曲で、幻想の世界、クリエーターの世界を 
描写したものだった。 

それはノリコにとってはもうかなり久々のパブリック・パフォーマンス 
だった。 

近年ヒーリングに比重が偏ってて 
音楽は少ししかできないけれどこれからもっと音楽に精力を 
出していきたいと語っていた。。。けど彼女の宿命は何処へゆくのやら。 

みんなのシェアリングが終わりロンはみんなが自分のハートからの 
サウンドを表現してくれた事に、感極まって涙を浮かべて感動していた。



 

Learning the planets was such a great opportunity and fun.  
we took sufficient time for each planet.  

This was the process to align with and be familiar with   
each planet's vibration.  

Ron and Theresa talked about the energy and characteristics of each planet and gave the  
Greek myth for each one.  

Then for each planet we would move to the healing room for the alignment  
with the music and the gong.   

Ron plays a music piece from “The Planets” composed by Gustav Holst.  
This orchestral suite is very famous but I have only heard Jupiter before.  

It was interesting to grab the composers intention and see how he interpreting  
each planet while we listened to the music.  

After the music, Ron described the planet's character to remind us and  
connect with its energy. It was easy for us to connect with the planet  
as Theresa started to play The Planetary Gong.  

The Gong's big swelling wave of sound would wrap around people in that room  
creating many layers of over tone.  

Theresa's Gong play was perfect so we could immerse deeply   
with the bath of sound. I was almost in a transe state. 

The planet Jupiter on his t-shirt!!  
You'll be reminded the vibration of Jupiter at any time.  
I want it too!! 



惑星の授業はとても素晴らしかったし楽しかったし。 
9つの惑星それぞれについてじっくり時間が設けられていて、 
それぞれの星の波動と繋がり、馴染んでいくプロセスだった。 

それぞれの性質、その惑星にまつわる神話、等が語られ、 
最後に別館ヒーリングルームで音楽とゴングで惑星との調整。 

有名なグスタヴ・ホルストの惑星組曲が一曲ずつ流される。 
この楽曲はとても有名だけれど、ジュピター以外はほとんど聞いた事がなかった。 

この楽曲は 
どの楽曲もみな惑星の特徴をうまく捉えていて、作曲者の意図を掴む事ができ 
面白かった。 

ロンがそのゴングの前に惑星の説明をするのだけど、 
それからすぐにそれらのゴングを聴くと意識的にも 
その惑星の性質やエネルギーと繋がる事が容易にできた。 

そしてテレサが惑星ゴングを鳴らし何層もの倍音が彩られ 
その大きなサウンドの波、うねりでその場のエネルギーを包み込む。 

テレサのゴングの鳴らし方がとてもよかったのもあり、こちらも半分 
変性意識になったような感覚で音浴に浸る事ができた。

ロンの背中に惑星ジュピターが!!   
こうすればいつもその波動をリマインドされる。   
おれも欲しい!!



 

The 4th day, the last day of the class  
All the planets were discussed, attuned,  
and we practiced with the tuning forks or all the planets.  

We teamed up and divided as three men and two women.  
The men's healing club had two men working on one man laying on a massage bed.  

It was really good experience.  

That was the last thing for this class,  
and then the students received their certificate for level 3.  

The very last thing we did was a ceremony that was to connect us  
with the energy of the big dipper.  

The Big Dipper is the seven stars very well known  
and its Myth has been told world wide.  

Our group were aligned, taking constant steps with the beating of a drum  
in shamanic style.  

I felt that level 3 had more ceremonial and attunement processes  
to connect with the energy of planets.  

I think that aspect makes The Acutonics so special.  

I feel it's so natural to receive that process throughout long long   
history of my soul.  

In my teenage years the music  awakened me and it moved my soul.  
I encountered healing through music as I grew up.  

I feel my soul has a desire to transform fundamentally in this life.  
The Acutonics system gives me the integration between the music and healing.   


------------------------------------------------------------

I had an sense of intimacy and closeness or something with Theresa.  
It was a really short time but we had a good time to “Chill Out'   
and talk at the couch in the lanai. 




4日目最終日 

全ての惑星が語られ、そのエネルギーを授かり、みんなで実践。 
レベル3では5人なので男性3人、女性2人のチームにわかれて 
練習した。 

男性とペアを組んでヒーリングをするのは始めてだったので 
いい経験だった。 

それがクラスの最終課題で、あとは修了証の授与式。 


最後はみんなで北斗七星のエネルギーと繋がるための 
セレモニーを行った。 

北斗七星は世界各地で神話で語られる七つの星。 

シャーマニズム様式でみんなが一列に並び太鼓の音に合わせ 
一定のステップを踏みながら、七つの星の上を行進してゆく。 

レベル3のクラスは全体的に何かを教わるという事に加えて 
星のエネルギーと繋がるためのセレモニー&アチューンメント 
という感覚もあった。 

それがこのアーキュトニックをスペシャルに感じる要素のひとつだと思う。 
そしてそういったセレモニーやアチューンメントというのは自分のなが~い 
魂の経験の中でとても自然な事として受け入れられる。 

自分が音楽に目覚めたのは、そもそも音になにか魂を揺るがす力を感じたからだし、 
そしてヒーリングに出逢うようになったのは、自分の魂が今生で根本的な変容を 
求めていたからだと思う。 

そしてこのアーキュトニックは音楽とヒーリングの統合を与えてくれる。 


テレサとはなにかとても親しみのある感情が湧いていた。 
彼女とラナイのソファーでチルアウトしながら短い時間だったけど 
話す時間が持てて楽しかった。 



I have always wanted to collect as many sound tools as Theresa has.
She has done many concerts and sound healing events with her gongs,   
like I have done some sound healing events with many sound tools.   

We have some mutual feelings and experiences.   

I guess we were a fellow in a group of Native American Tribe in a past life.   
Maybe we were having a ceremony together....

I want to see her again.   

Noriko also had a feeling of connection with Theresa in a past life.   

So Noriko had a sense that she can't help caring for her.   

So here is the photo of Ron, Theresa, me and Ollie the dog 
taken by Noriko just before we leave here. 


彼女の家にあるたくさんのシャーマニックなツールを見て、 
おれも一時期、こんな風に道具を集めたかったと思った事があったし、 
彼女はゴングでサウンドヒーリングのコンサートやイベントをやってて 
おれもクリスタルボウルや民族楽器でサウンドヒーリングのイベントを 
やったりしてたので、共通のものを備えている感覚があった。 

多分ネイティヴアメリカンの過去生で同じ部族の仲間だったんだろう。 
そして一緒にセレモニーとかやったりしてたのかな。 

またいつかきっと逢いたい。 

ノリコもテレサは過去生で繋がってたみたいだった。 

だからなんかほっとけない感覚になるって言ってた。 

最後に一緒になってノリコが撮ってくれた写真。
ロン、テレサ、犬のオリーにオレ。


 

Ron was always watching over Theresa and us that made us feel   
assured in the group.   

I felt his big presence support us in the middle of the group,   
and I admired the way of his being that I thought he's just like Jupiter.   

Ron asked me and Noriko.   

 “Where was the best place in your Canada trip?'   


We both answered    
  ‘Theresa's place”   

I love the beauty of mountains and lakes in Banff,   
The drive surrounded by Canadian Rockies,,,   
they are all impressive,,, but the most blessing things was   
to feel the experience we had with people we met, Two dogs,   
and the class.   

so I want to come back there again,,,   

to see the Kootenay lake, Forest, the charming house   
with two lab dogs, a morning coffee Theresa makes,   
the plants, herbs and Theresa.

In this picture, Stanley is taking a nap.

 

ロンはテレサの事もおれたちの事もずっと見守ってくれてて 
みんなの中にいてくれて本当に心強かった。 

常に中心でいてかつ支えてくれている大きな存在を 
ロンに感じ、人間としてのあり方に度々関心して 
まさに木星のような人だと思った。 

ロンはおれたちに聞いてきた。 
「今回の旅で一番の場所はどこだった?」 

おれたち二人とも「テレサの家」って応えた。 

バンフの美しい山と湖や美しいドライブウェイ、 
どれもすごく印象に残るものだったけど、 
このテレサの家と、そこでであった人達と2匹の犬、 
クラスでのいろんな経験、感じた事、全てが大きな 
祝福だったから。 

だからきっとまたこの家には訪れたい。 

クーテネー湖と森と可愛い家にたくさんの 
サウンドヒーリングツール、二匹の犬とテレサの作るコーヒー、 
植物達そしてテレサに逢いに。 

こちら昼寝をするスタンリー。

 

Just before we head back to Calgary, we planned to meet and    
talk with Ron in Canmore while having dinner so we could discuss about our plan  
for the class in Hawaii next year.   

It took about six hours to get to Canmore from Kootenay Bay,   
but I felt much easier then when we came from Canmore to Ainsworth Hot Spring  
using a different route.   

We followed this vehicle plate that Ron's car has.   
It was such a peace of mind and security to follow MERKABA

 

テレサの家からカルガリーに戻る前にいったんケンモアで 
ロンと落ち合い、レストランで食事をしながら来年のクラス 
の事などを話し合おうという事になった。 

この日のドライブは約6時間。 

来た時と違うルートを通った。 

ずっとまっすぐな道だったので来た時よりスムースに感じた。

しばらくこのロンの車のマカバを追いかけながら走ってたので、
安心、安全な感じがした。 



 

Canmore was the first place we stayed when we came to Canada.  
and we went into the restaurant we have come before and   
talked about the class we just had and the plans for next year.  

It was so good to visit Canada and take the class.  
that have set a fire on us to motivate for hosting   
The Acutonics class event in Hawaii in March next year.  

I said that to Ron, and he looks happy.  

and I want Erin to come to Hawaii as our teacher.  

Everybody agreed with that.  

I know it's going be a great experience for everybody   
whoever might be involved.  

It was a big harvest to have such belief and confidence  
by visiting Canada.  

It was so smooth on our way back home to Brooklyn     
that's totally different reality we created then     
when we came to Canada with an exhausting experience.  


ケンモアはカナダに来て最初に泊まった場所。 
そして最初に来たレストランで食事をしながら、 
今回のクラスの事、今後の計画、などを話した。 

ここカナダに来て、クラスを受けて本当によかった。 
これで来年3月下旬からハワイでホストするアーキュトニックの 
クラスへのモチベーションがグッと上がった。 
という事を伝えると、ロンも嬉しそうだった。 

そしてまたエリンも一緒にハワイでクラスをやりたい、 
その事にはみんな意見が一致した。 

そして絶対に素晴らしい経験になる。 
おれたちにとっても参加するみんなにとっても。 
そんな確信と自信が今回のカナダで芽生えたのは 
とても大きな収穫だった。 


ニューヨークへの帰りの飛行機はめっちゃスムースだった、 
あの行きのハラハラドラマがウソのように家まで帰れたので 
あっという間な感じだった。 

 


 

I started using the planetary tuning forks as soon as I returned 
and I haven’t stopped.   

Since I have muscle testing skill, the planet chart makes it easy    
and precise to choose which tuning forks to use in a certain condition,  
and it's a lot of fun discovering a new things as I just started to   
dig into a new frontier.    

I am now living with the power of the solar system.   
That makes my consciousness expand in my life  
as I gain knowledge  with such great wisdom.   

I feel a great gratitude to have experienced this opportunity.  

Thank you Ron and Theresa and All the class mates and Canada  
for creating this reality.  

May the planets be with you!!
 

Love and Hugs from   

Osamu   


Lastly I'd like to share the sound clip I and Noriko created.   
The guitar I played and improvised was recorded in the cottage    
surrounded by the jungle and the birds in The Big Island,   
overdubbed Noriko's Voice with the sound of the rain stick.   

All the photos in this clip are taken by Norico


The Title is  “Lemuria”   


Check this out!




あのカナダの日々からもう時間が経ち、プラネットチューニングフォークで 
バリバリセッションやってる。 

筋反射のスキャンするマテリアルに惑星も加わって、さらに 
パワーアップした感はあるし、まだ発掘途上だから新しい事を発見する 
喜びがあって楽しい。 

そして自分の内に常に太陽系の惑星や宇宙が備わってることを 
実感しながら日々を過ごしてる。 

こうした偉大な叡智を授かり経験を重ねてくると人生, 
常に意識が拡大していく。 

この経験を与えられた事に感謝します。
そしてロン、テレサ、クラスのみんな、、そしてカナダ、、、
ありがとう。


惑星とともにあらん事を。 

Love&Hug from  

Osamu 

 

そして最後に、おれと典子の最新音源をシェアします。 

ハワイ島のジャングルに囲まれたコテージでギターで即興演奏した 

音源に、ノリコのヴォイスとレインスティックを加えたものです。 

写真はノリコが提供してくれました。

タイトルは ”Lemuria” 

ノリコの声の復活を是非聴いてください。







 

始めてのカナダ。 ロッキー山脈。 



7月15日から29日にかけてカナダを訪れた。

カナダね〜。。。

「行ってみたい国リスト」があったとしたら
きっとトップ10にも入ってなかったろう。
 
カナダはいいよー、、とか話は時折聞いてはいたものの
ヨーロッパの一部以外、寒いところには基本あまり興味がなかったから
わざわざアメリカより北に行きたいと思った事はなかった。

そんなおれたちがカナダに行く縁があったのは
ロンとの関わりがもたらしてくれたものだった。

今年3月ハワイ島でホストした講師ロン・ラプラスの
アーキュトニック・レベル1とフィボナッチヒーリングのクラスが終わって、
また来年も是非行いたいとスタッフ全員も盛り上がり、
また参加者達もさらに上のレベルがあれば参加したいとの
声が多かったのもあり、ハワイ島に居る時からレベル2、3をやろうという流れがあった。

そしてロンからの提案で、もしレベル2、3をするなら
カナダでクラスをやるから参加してみては、、という事で話はすすんでいた。

、、がしかしハワイからニューヨークに戻ってまもなく来年のクラスの話を
すすめていたのだけれど、のりこの方はヒーリング初級クラス+上級クラスなど
自分の教えるクラスの方に情熱を感じていたのに加え、日々忙しい状況だったので
どうもアーキュトニックの方へのモチベーションが上がらない。

それにフィボナッチやレベル1はすでにのりこもクラスを受講し、
おれもそのスゴさ、トランスフォーメーションの威力を身を持って体感し
クラスをホストする事にパッションをもってやれたのだけれど、
今回のレベル2、3は未だ経験がなく、ロンから本当に素晴らしいクラスなんだよと
話には聞いていたものの、実際に体験してはなかったので、
ぶっちゃけ二人ともモチベーションは上がっていなかった。

なので、カナダに行く直前にもうキャンセルしようか〜? と二人で決めて
ロンにその事をメールで伝えたら、返事が来て、数日前にもう会場のカラニにデポジット
払っちゃったんだよね〜。。。 という。。。
これはこういう必然の流れで来てるんだな〜と、、、ここで決心はついた。

そんなローテンションで迎えたカナダへ出発の日。

カルガリーに向かうためニューアーク空港のカナダエアーのカウンターで、
チャックインしてると、おれたちのチケットが予約されてないと言う。

ずいぶん調べてわかった事は、日にちをひと月ずれて予約してたという
おれの失態が判明。。。 

まあ、June(6月)とJuly(7月)。。。最初の2文字似てるしね。
しかしやってしまいましたね。。。
カウンターの係の人もしばらく気がつかなかったよ。

運良く、間もなく出発する便に乗る事はできたものの、ペナルティーチャージもしっかりされ
直行便の代わりにトロント経由だったので、結局予定より5時間は遅く到着した。

カルガリーの空港からレンタカーをピックアップし、
ロッキー山脈のケンモアという町まで約1時間半。
道中かなり激しい雷雨に見舞われ、車のワイパーフル回転&スロースピードで
かなり修行系ドライブだった。

ケンモアのロッジに到着、やっと無事について、生きた心地を実感。


めっちゃ腹がへってたので、ロッジのレストランですぐに食事。
この時食べた寿司ロールとワインに癒された。




この地域はさすが北国だけあって夏に日が沈むのが遅く、10時すぎくらいまで外が明るかった。




山中で天気が良くなかったのもあって気温は7月にしては低く、10度台だった。

おれたちがカナダに発った直後から、ニューヨークではかなり猛暑が続いてたという
天気予報をチェックしていたので、ここに来てロッキー山脈でダウンジャケットを着てる
自分たちはかなり贅沢な避暑地にやって来たものなんだな〜と勝手に解釈。

翌日の朝、ロッジから眺める景色が素晴らしい。


ここに来てやっと、カナダにいるという実感が湧いて来た。


 

この日は曇り時々雨という予報だったので有名どころのロッキー山脈の景色はあきらめ、  
ケンモアにある近所の湖の畔まで行って歩いた。  

クオリーレイクというらしく、車を降りてそこに向かってると途中道がわからなくて
通りがかりに犬を散歩させてる女性に道を訊ねてみたら、
これまた親切でスゴくいい人で、一緒に途中まで行ってくれた。

基本カナダ人はいい人達だよね。 
なんかアメリカ人とはヴァイブが違う。
もちろんアメリカ人もたくさんいい人はいるのだけれど、
カナダ人は基本、人に対してのリスペクトや思いやりがある感じだったり
全体的にマイルドでクリーン、英語でコミュニケーションしてても
安心できる感じかな。
 

午前中は曇りながら晴れ間も見え、美しい山肌が姿を現していた。

やっぱこういう景色を見ると、ハイジのオープニングソングのホルンのイントロが
聴こえてくるよね〜。


 



隣町のバンフまで行って 
少しだけ観光。。。

町はありきたりの有名観光地でありきたりのお店ばかりだったので
とくに購買意欲も湧かずぶらぶら町を散策するだけだった。

きれいで整備されてるな〜という印象はあった。

腹がへったのでワイルドフラワーってオーガニック系カフェで朝食。



 

スープ+サンドイッチ+クッキーのランチセットは 
なかなかうまかった。


同じ通りにクリスタルボウルの専門店があった。
結構たくさんセレクションがあった。
この空間だけまるでセドナにいるみたいだった。

店員さん曰くカナダでも最大のセレクションのお店だよと言ってた。
クリスタルトーン社のアルケミーシリーズを仕入れてて値札はなかったけど
数千ドル級のお高いものばかりが並んでいた。
いくつかマレットで軽く鳴らすと倍音の響き,伸び、クリアさ、深さが素晴らしかった。

ま、しかしおれみたいにものを大事にできないやつは、すぐに壊したりする可能性高いから
家に置けないな。
骨董品を扱うような気持ちでなきゃいけないからね。



翌日から曇ってはいるものの、かろうじて晴れ間も見え山の姿が現れて来たので、
バンフからほど近いミネワンカレイクに行って見た。

いや〜〜〜すてキング〜。
水がなんちゅう青さやねん。 こんな湖は始めてやな〜。

雲が多かったのでお日様が雲から差しかかって光と陰をつくるのが幻想的


そのミネワンカから車でほど近いところにあるTwo Jackという湖。
山はあいにく雲がかかってたけど気持ちよかった。



その翌日くらいからやっと晴れと言える日がやって来たので朝から車でドライブ。
そしてバンフのエリアにいる最後の日だから国立公園の主要な名所を一気に廻る事に。

最初に到着したのはレイクルイーズ。
山はまだ雲がかかってたけど、氷河の山とターコイズブルーの湖の景色は
「おーーー!!」とうなってしまう。

しかし世界遺産なだけあって、朝っぱらから観光客がわんさかいた。



さらに車で20〜30分走り次の湖。
モレーン湖に到着。

車を止めようと駐車場の空きを探したけどすでに満席。
溢れた車たちは路上の端に止めるしかなかった。
スゴい人気だね〜。

しかしま〜美しいよ。。これはたしかに。



有名スポットの湖では大抵手漕ぎボートをレンタルしてた。
大体30分から60分で60〜80カナダドルって感じだったかな。
経験はプライスレスかもしれんけど、観光客の足元みよるわい。




モレーン湖からさらに、車で北にドライブしようと思ったがどういうわけか
道を間違って西に。
そのままヨーホー国立公園に入り、ついでにエメラルドレイクまで足を伸ばした。

たしかに湖はエメラルドのような色だし美しいよ。
この辺一帯の湖はどこも大抵エメラルドだけどね。



いやー、えめらるど〜。
湖畔にはロッジがあったから滞在もできる。


 

次回このエリアに来るならこんな静かな湖畔の森でカッコーの鳴き声でも聞きながら 
過ごしたいわい。



エメラルドレイクを堪能したあとは、もとより計画してた
93号線方面を北に向かう。



この途中のドライブウェイがまた景色が素晴らしく、93号線にはいると車線は少なくなるのだけど、
車の量も減るのでスイスイ調子に乗って走れる。。。けどこの国立公園一体はやはり
スピード違反防止のパトカーがよく出没するらしいので注意。
おれも気がつけば平気で120〜130キロは出していたのでのりこからよく注意されてた。

さて93号線をしばらく走り続けて30分程するとこのボウレイクが左手に見えて来た。
これまた美しいエメラルドレイク。










さらに北に向かうとペイトー湖があるのでそこに向かっていたら、
道路の工事でしばらく通行止めをくらってしまったので、あきらめてUターン。
もう十分満喫した感はあったので思い残す事はなかった。

戻る途中の93号線の風景。
どこもかしこも絵に描いたような風景。




帰る途中レイクルイーズの山が晴れてるっぽいからまた行ってみた。


朝来たときよりも暑い。 
今回バンフ滞在中、一番暑い日だった。
なので観光日和で人も相変わらず多い。

けど美しいよ。。。ルイーズ。


駐車場に停めてあったビートルマニアバン




翌朝、ケンモアのロッジをチェックアウト。
朝日に照らされた山の景色に別れを告げる。

あとでロンから教えてもらったけど、これがスリーシスターズっていう
三つの山の連なり。 


次の朝から車を飛ばしてケンモアから今日の目的地アインズワースの温泉保養地まで
距離にして約520キロ、日本で言うと東京ー大阪間、あるいは大阪ー福岡(北九州市)
くらいの距離を6時間のドライブと、湖の向こう岸を渡るためのフェリーを使って移動した。

フェリーはシェルターベイというなんにもないところにある。
回り道はなくこの無料フェリーを使わないと向こう岸には行けない。

しかしロングドライブの休憩にもなり、クルーズ気分も満喫でき、
それはそれで楽しかった。


船上で車を休ませる。
今回のレンタカーはホンダのシビック。 いい走りで気持ちよかった。
ハイブリッド車だったので燃費がよく、今回のロングドライブの強い味方だった。
しかもGPS内蔵だったのでこの時始めて使ってみて重宝した。

車を運転するのは旅の楽しみのひとつ。
ニューヨークに住んでると車を必要としないので、
旅にでるときくらいしか運転しない。

カナダもそうだけどアメリカ大陸なんかでもビッグでだだっ広い道路を爆走する。
始めて見る土地を車で走りながら、美しい場所なんかで写真撮ったり
気軽に停まる事ができるのもメリット。





フェリーで向こう岸に着いてさらに2時間ほどのドライブで夕方頃やっとこの
アインズワース・ホットスプリングに到着。
そこはクーテネー湖のすぐそばにあるネイティヴアメリカンの土地だった場所。


のりこは助手席にいてかなりなにかしらのエネルギーに消耗したらしく、
食事もとれずに寝込んでしまった。

なので夕食は食堂で一人でとった。
ノリコのため後のお持ち帰りにサラダをオーダーしたら
ウエイターさんが早速もって来てくれて、奥さんにもっていってあげて、、、と促された。
そして「Happy Wife,Happy Life!!」なんて粋な事言ってはげましてくれた。

ここの温泉には外来者も温泉だけにやって来る。
カナダの温泉と言えばこのようにプールになってるのをイメージするよね。
そして普通みんな水着を着てお湯につかる。



この温泉のセールスポイントはこの洞窟から湧き出る天然の温泉。
この入り口からはいっていくのだけれど、本当に洞窟になっていて面白い。


奥は少しだけ電気が灯されててお湯で湿気が多いから
カメラは持っていけなかった。

お湯は気持ちよく心身癒される。
けど普通、海外からの観光客はここまでやって来ないだろうな〜。。。



宿自体はそんなにファンシーではなかった。
レストランもまあまあワルくはないし、部屋もまあまあ普通だったね。。。

ベランダとかなかったからあまり開放感がなかったし、
湖沿いなんかに遊歩道でもあれば散歩も楽しかろうけどそんなものもない。

あくまでも温泉を楽しむためだけにある施設、という感じだった。
クラスを受けに来ない限りまずここに来る事はなかったろう。

さて2泊して朝。
アーキュトニックのクラスが行われるテレサの家のある
リオンデルまで向かう。
テレサの家はこの湖の向こう岸。

Facebookで温泉の写真をアップしたらさっそくロンからコメントが来て、
「こっちから手を振ってるのが見える〜?」と言うので、
「ウン見えるよ〜」と返すと、
「服を着ろよ〜」
「あ、ゴメ〜ン。。。」なんて冗談言って遊んでた。

ロンはユーモアのセンスがあって親しみやすい穏和な人柄。
おれが彼を大好きなところ。

向こう岸に向かうためにまた無料フェリーを利用する事になる。

船着場の町バルフォーにある、ベーカリー「Old World Bakery」
店に入ると店員さんから日本から来たの?と聞かれ、ニューヨークからだけど
日本人だよ〜と応えると、彼女もハーフ日本人だと言って流暢に日本語で話しかけてくれた。

ここのブラウニー濃厚でかなりうまかった。


田舎の船着場にはこんなヒッピーなものも見かけた。


バルフォーからクーテネイベイまでのフェリーは湖を渡る無料のフェリーとしては
最長距離を渡るのだという。
ちなみに船の名はオスプレー。

晴天青空であたたかく,水の上は清々しい。



これからアーキュトニックのレベル2&3のクラスが行われる。
それはまた次回の日記で報告しましょう。

今回はとりあえずバケーション編

久々の日記にしてはボリュームまんてんだった〜。

見てくれてありがとう!!