Viewing: アイルランド - View all posts

夏の旅・バレン・ゴールウェイ・コネマラ 

 

ダブリンの街から巨人のテーブルと呼ばれるドルメン石(支石墓) 
のあるまでバレン高原までのドライブは約240キロのドライブ。 

途中までひたすら西を目指して高速道路M6を走る。 
その道はひたすら真っ直ぐの道で最高速度120キロの表示がされている。 


120キロは約75マイルだから、アメリカ南西部の高速道路並みの制限速度。 

イギリスほどには交通量も少なく、爽快に走れる。 

途中で高速を降り、しばらく細い2車線の道を走るのだけど、 
そんなところでさえ100キロとか表示されていた。 
日本だったらきっと最高でも50キロ程度の道幅だろう。 

そんな場所を走っているとバレン高原が見え始める。 
その山肌は石灰の岩に覆われて植物のグリーンに 
グレーっぽい白い岩がまだらになっていて、とてもユニークな 
山々が眺められる。

 

途中お腹もすいて来たのでどこか適当なレストランやカフェの 
ある場所がないかと思い始めた時にキンバラという小さな港町にたどり着く。 

そしてここのカフェでピットイン。

 

 

 

 

小さいけど、きっと有名なモハーの断崖などもあるので、 
ホテルやB&Bもあり、ちょっとした雑貨屋さんもあったので立ち寄った。 

この雑貨屋さんで見つけたのはケリー地方とコーク地方に 
密集するストーンサークルを紹介している小さな冊子。 

写真ではなく絵で模写していて、その地方のあらゆるストーンサークルを 
ダイジェストに紹介している、かなりオタッキーなもの。 

こんなもの、きっとどこにでもあるものじゃないだろうし、 
きっと今後役に立つこともあるかなと思い買った。 

お値段4ユーロぽっきり。

 

 

そこからさらに車で細い道を登ってGPSにしたがって進路をとる。 
全く初めてのところだし、道は細くてあまり車が通ってないので 
本当にそこまでたどり着くのだろうか、、という一抹の不安も 
あったものの、標識も見えて来たのでどうやらここでいいらしい。 

MAPの経路案内は基本最速最短距離を選択するので、 
普通なら使わないような道も通ったりするので、しばしば 
ここでいいのだろうかという疑念が湧いてくる。

それでもまあ、なんとか予定どうり到着。 
そこの駐車場にはバスも車も多かったので通って来た道は 
かなりマイナーな道だったに違いない。 

だけど途中で別のドルメン石も発見したり、景色は素晴らしかったので、 
それはそれでよかった。 

巨人のテーブルの周辺も石灰石の岩肌で覆われていて、 
間近で見るとこんな感じになっているのかと、観察できる。

 

 

そしてこちらが巨人のテーブル。

 

 

ドルメンは支石墓のことで、新石器時代から金属器時代にかけて世界多くの 
場所で見られるという。 

いやしかし、なんともおもしろいかたち。 
支石墓というから墓なのだろうけど、どうしてこんな形なのだろう? 
わざわざこんな重い石をテーブルのように載せて。

ただ、石の周りはロープで囲まれて入らないよう促されている。

 

夏のいい気候の時期だったこともあり周囲にはいろんな花も咲いていて 
広々として、気持ちは良かった。

 

ここも派手ではないけど岩肌は本当にユニークで印象に残る。 
この景色はアイルランの中でも一見の価値はあるでしょう。

 

 

巨人のテーブルを離れ山を降り先ほどのキンバラに近い場所にある 
デューングラ城というところに立ち寄る。

 

 

典子曰く「お城というより牢獄」といった出で立ち。 


たしかにそんなにドイツとかにあるきらびやかなお城みたいではなく、 
ゴッツイ感じがするので、もし住んでいたら居心地もそんなによくなかろう。

 

 

そこから大体30分ほどでゴルウェーの町に到着。 
この町のはずれに宿をとった。 

宿をチェックインしてすぐに、町の中心地を散策に向かった。

町の中心地ハイ・ストリート 
観光客の多い賑やかで活気溢れるエリア。

 

この町はダブリンほどに大きくなく人が混雑した感じもなく 
ローカルの賑やかな町の風情があって、アイルランドに 
親しみを感じるにはいい場所。

 

 

 

またこの町はダブリンのようにストリートミュージシャンが多く 
音楽が町に溢れてて、観光客がその周辺を囲う。

 

 

観光客に人気なのは5人くらいで演奏しているバンドで、 
一人や2人の演奏には人はまばらにしかいなかったのは 
少しさみしい感じがした。

 

 

 

翌日はゴルウェイから離れた場所をドライブした。

コネマラ国立公園というところを目指して車を走らせたのだけど、 
そこに向かう途中の景色がとても素晴らしく心に染み入るようで癒される。

 

 

 

道の途中立ち寄ったカイルモア修道院というお城。 

19世紀にイギリスの富豪が妻のために立てたものだとか。 

アイルランドでもっともロマンチックな場所としても有名らしいが 
その反面、建設したのち奥さんはすぐに病で亡くなったのだという 
悲しいお話もある。 

お城は有料で見学できたが、エネルギーが重そうだったので 
中までは入らなかった。

 

 

観光客も多くレストランとギフトショップが隣接していて 
このエリアは羊の牧場でもあるので、羊グッズは多かった。

 

 

たしかにドライブしていると、いたるところに羊を目撃するので 
そのメモリーをお持ち帰りしたくなる観光客の心理をついている。

 

 

コネマラ国立公園に到着。 
ここはトレッキングコースになっていて、ダイヤモンドヒルという 
山頂とその周辺のトレッキングコースを散策できるようになっている。

 

山を登る途中出会った白馬。 
私がこの馬に乗ったら白馬の王子様になれるだろうか。。。

 

 

 

いやはや、じょーだんはさておき、、 
山を登る途中の風景がとにかくサイコー!!

 

 

山頂まで登ったらサイコーだろうとは思うけど、 
ここまでの景色もサイコーよ。

 

実はここに来る前日のりこからシリウスの宇宙系遺伝の調整を 
してもらっていた。 

ここに来る直前の小さな町で食事を取っている最中そのセッション後の 
デトックスで感情が爆発し、二人の仲はやばくなっていた。

 

 

しかし、そのプロセスは必然でもあって、そこでのりこから 
言われたことが大きな気づきになった。

それは自分に対する不十分感からくる不満で、 
目標達成で動くオリオンやシリウスのプライドと感覚の抑圧が 
彼女への不満となって出て来ていたという感じだった。

 

 

それはもちろん今までも幾度と気づいて来た事ではあったものの 
思考と感情が出るまで、その認識を持つことができなかったのだと思う。 

その感情から抜けた直後のこの山のハイキングはとても爽快だった。

 

 

 

中級トレッキングコースの到着地点の大きな岩の上で一休み、 
この優しく雄大な景色を眺めながら、涙が溢れて来た。

 

ありがとう。。。そうのりこに伝えた。 

そんなハートいっぱいの感謝の気持ちと祝福の感覚とともに 
いろんなものがこの大自然の中でとけては流れていった。

 

 

ヒーリングが起こるというのはセッション中だけじゃなく、 
こうしたセッション後のプロセスだったり、 
この大自然の力だったり。。。 
そんなあらゆるところからの宇宙のサポートなんだと思う。

 

 

 

山を降りるときにはもうすっかり仲も取り戻し、 
一緒に手を繋いで歩いてた。

 

 

 

そんなトレッキングの途中で遭遇した羊たちの群れ。 
おれたちよりも先に道を歩いてゆく。

 

 

おれも羊のぬいぐるみ買おうかな。。。

 

買わないけど。。。

 

コネマラ国立公園。 
この旅いちばんの変容のターニングポイントだった。

 

 

 

ゴルウェイに戻り夕食を求め、町のレストランへ行った。

Kai cafe restaurantというクラダ地区にある、創作料理のお店で 
オーガニック食材を中心とし、シーフードのチョイスも充実していて 
おれたち好みのところまちがいなしと今夜の夕飯はここにかけた。

入ってみると満席で予約なしで入ったので少々待ったけど、 
運良く予約してた人が現れなかったらしく、その席を譲ってもらった。

出て来たものはとても美味しく、観光地のありきたりの食事とは 
一味違う、スタイリッシュでかつ、食材が新鮮で創作的なもの 
ばかりでアイルランドで一番印象に残るレストランだった。

 

 

どれもワインと合う美味しく新鮮なものばかりだった。

 

 

ここはしょっちゅうメニューが替わるらしいのだけど、 
この時はサバのメインディッシュもあったので、 
のりこは有無を言わさずオーダーした。 

しかしこのサバはマジでうまかった。 
マヨネーズのソースがメインでまわりに 
オーガニックな野菜がちりばめられていて見栄えも良く 
こういうのもありだな〜と感動。

 

 

アイルランド最終日はゴールウェイからダブリンへ戻るための移動日。 

翌日にはまた飛行機でダブリンからイギリスに戻らなければ 
ならなかったので、1日余分な時間を設けた。 

そんなわけで、まっすぐダブリンに戻る代わりに、近郊で 
有名な公園として知られているウィックロウ山脈国立公園へと 
向かった。 

そこはグレンダーロッホという初期キリスト教会跡があることで 
有名らしく、観光客も多かった。

公園に到着しトレールを歩くとまもなくこのラウンドタワーという 
30メートルある塔に辿り着く。

 

 

まわりは墓地になっているらしく、アイルランドならではの 
お墓がいくつも並んでいた。。。 
が、ここはそこまでエネルギーが重たくはなかった。 

なんでもアイルランド人が最も入りたい墓地がここなんだそう。

 

 

まあ、美しいところに自分の亡骸を残したい、、、 
という気持ちもわからなくもないわけもないけど。。。 

おれは墓自体まったくほしいと思わないから、まったく共感しないけど。

なんで人は死んだ後でも自分の足跡を残したいと思うのだろう。。。 

 

 

この日はとにかく快晴でこのアイルランドに来て一番の晴天だった。 
湖はその青空に共鳴して水が美しかった。

 

 

ここでの散策はそんなに印象的なものではなかった感は否めない。 
ま〜ふつーにきれいな公園で、きっとローカルの人たちの日曜日の 
ファミリーの憩いの場としてなら十分だとは思うけど、 
海外の観光客がわざわざやって来るほどの場所ではなかった。

 

 

そこからダブリンへ進路をとり再び街中へ。 

ここは街の中心地、グラフトンストリート。

 

 

 

アイルランドでの最後の買い物はこのクラダージュエリーで。 

ここはアイルランドの伝統的工芸品の指輪クラダリングを販売している 
ところで、アイルランドで2件あるお店のうちの一つ。 

もう一軒がゴールウェイにあってそちらが本場。 

ここでのりこに何かプレゼントしたくて好きなもの選んでと、 
一緒にお店のものを見て回る。 

いちばん有名なハートと両手と王冠の形をしたクラダリングは 
あまりピンとこなくて、結局選んだのはペアリング。 

男女ペアの同じデザインのもので、リングにケルトのシンボルが 
色々ちりばめられていて、ふだんでもつけていられ、
カジュアル感があって、いい買い物をしたと二人とも満足。

 

 

 

初めてのアイルランドでたましいの喜ぶ素敵なメモリーをたくさん残し、 
また飛行機に乗ってイギリスへと戻った。

 

 

 

 

次の到着地はスコットランド・エディンバラ。 

おたのしみに。

 

 

 

 

 

夏の旅・タラの丘&魔女の丘 

 

アイルランドに初めて来た時の印象は親しみと懐かしさのような 
ものを感じた。 


それは首都ダブリンでも自然の中でも同じ感覚だった。 

 

イギリスは聖地でもパワースポットでもどこでも人が多く、 
密集しててすこし息苦しい感があったので、癒される〜って 
実感はそこまでなかったのだけど、ここアイルランドは 
のどかで穏やかで広大な自然が多く残されていて本当に 
自然に癒された感があった。 

カナダのロッキー山脈や、スイスのアルプスみたいに 
大自然の山や湖がダイナミックで派手で、 
写真映えもするようなところではないのだけれど、 
見栄え以上にハートに残る心象風景として 
このケルトの土地は愛おしく、それはきっと 
ここと何かしらリンクする前世だったりも含めて 
来た人にしかわからない、感じて見なければわからない 
何か、、、という魅力を感じる。

 

ニューグレンジから次に向かったのはケルトの聖地として 
名高いタラの丘。 

この地が古くからアイルランドの政治的、精神的な中心地とも言われている。 

クラシック映画「風と共に去りぬ」でスカーレット・オハラの一家は 
もともとアイルランド移民で、そのアメリカの農園に心の故郷、 
アイルランドの聖地と同じタラと名付けたのだとか。 

 

ここで目指したのはリル・ファルというもので、 
聖なる石、戴冠石、運命の石、、などとも言われ、 
アイルランドの王を選定する際、王となる人がこれに触ると 
石が震えるのだと言う伝説もある。

そんな聖地のわりには石にはフツーにさわれるし、開けっぴろげで 
もちろん人はいたけど、そんなに一大観光地的に人は殺到していない。

 

 

晴れた時にはアイルランド全土の4分の1だかが眺められるとどっかに  
書いていたが、標高は155メートルの小高い丘で正直それはないと思った。

 

 

のりこ曰くやはりエネルギーレベルは高いらしい。 
額を石につけると良いよと促され、試しにやってみる。 

あらかじめ、筋反射で上がって来ているエネルギーをピックアップし 
それを浄化するように意図しながらやって見たらこれがまた、 
けっこうスッキリしてよかった。 

やっぱりパワーあるんだね〜とパワーストーンの威力を実感した。

 

 

その後「聖なる泉」というところに寄った。  
そこは徒歩で行けた。

 

 

 

タラの丘の近所にはおみやげ雑貨屋さんが数件。

 

アートと優雅に椅子にくつろぐ猫。

 

アイルランドもやはり妖精グッズたち。

 

次に目指したのはほんの数日前とかに典子が検索かなんかで見つけ 
行こうとなったところ。 


それはロークルー(Loughcrew Cairns)または魔女の丘と言われる場所。 

タラの丘から車を北西に約30分ほどの場所にある。 
車を走らせていると周囲で一番高い丘の上に何やら 
モニュメントのようなものが見えたからわかりやすかった。

丘のふもとで車を止め、そこからは徒歩で上まで登る。 
丘を登る感じ、景色といいなんとなくグラストンベリーと似てた。 

ただここの方がもっと開放的だったし 
タラの丘ほどには有名ではないので、人も少ない。

 

 

頂上付近に到着するといくつかストーンサークルがあったり 
ニューグレンジのような塚がありスペシャルな場所だと感じる。

ここもまた5000年以上前のピラミッドよりも前に 
建てられたものらしい。

ここは魔女の椅子というらしく。 
ここに座って願い事をすると叶うという。

 

 

ここのストーンサークルも石によって波動の高さが様々。 

昔の人たちはここで何をし、なにを祈っていたのだろう。

 

 

 

 

部屋の中から入り口方面を望む。 
5〜6メートルくらいだろうか。。 
なのでニューグレンジほどに閉塞感もなく、安心していられる。

またここも太陽の動きに順応しているらしく、 
春分と秋分の日に入り口から入る日の光が部屋の中心に 
届くということらしい。

 

 

見上げると天井は三角の穴が空いている。 
どこかの星のエネルギーをフォーカスするために 
空いているかのよう。

 

 

全体的にここのエネルギーは心地よく、今回廻ったアイルランド東部の 
パワースポットの中でも一番のお気に入りになった。 

個人的にはグラストンベリーの丘より好き。

 

また眺めがサイコーで大地の遠くまで見渡せる羊の放牧地帯の 
長閑な風景に心和む。 
 

 

アイルランドの空は滅多に快晴ということはないし、こうして丘にいると  
雲が低いところにあるのに気づく。

今年は例年よりも暑く、晴れの日が多いらしい。 
実際おれたちの訪問の期間、ほとんど雨は降らなかった。

本来ならもっとジメジメした天候の方が多いだろうけど 
天候にも恵まれ本当に感謝。

 

次回の夏の旅シリーズ・アイルランド編、 
 ゴルウェイとその周辺をお送りします。 

おたのしみに。

 

 

 

 

 

夏の旅・ダブリン&ニューグレンジ 

 

さ〜て今回からアイルランドシリーズのはじまりはじまり〜。 

ヒースロー空港で、レンタカーを返却しエアーリンガスっていう 
アイルランドの航空会社の飛行機に乗ってやく1時間半でダブリン空港に着く。 

そこからまたレンタカーを調達した。 
そして今回もマシーンはフォルクスワーゲン。 

とりあえずはダブリン市内のホテルに向かう。 
アイルランドも車は左側通行。 
だけど速度や距離の表示はキロメートルになってた。

 

 

ホテルはダブリンの街中にあるフリートストリートホテル。 

観光名所のテンプルバーエリアにあり便利のいいところではあった。 
建物は古かったけど部屋は意外に綺麗でエネルギーもわるくなく、 
陽の当たる部屋で浄化もする必要もなく心地よく過ごせた。

 

 

 

ダブリンの特にこのエリアはパブの聖地とも言われていて、 
この通りに軒並みパブが並んでいて観光客も賑わうエリア。

 

 

なかでもテンプルバーはアイリッシュパブの聖地と言われているらしく 
ダブリンへ訪れる観光客で毎日、毎晩賑わっている。

さっそく腹が減ったので近所のレストランに飛び込む。

ダブリンといえばビールのギネスの発祥の地でもあることで有名。

なので普段ビールを飲まないのりこもこの時はギネスを目当てにしていた。

しかし飛び入りしたレストランにはタップのギネスがなく、 
他のローカルアイリッシュビールをフューチャーしていたので 
そのお試しコースを頼んだ。

名前を忘れてしまったのでもう何を飲んだのかはわからない。

みんなどれも美味い。

 

パブの聖地でバーがエリアの名前になるくらいに有名で、 
周辺はカメラを写す観光客で賑わう。

建物の周りには派手にお花が飾られている。 
これみんな本物だから、毎日手入れとかたいへんそう。

 

 

 

とりあえず中に入ってみるとライブミュージックをやっていた。 
お店の中は観光客でいっぱい。 
たまたまバーカウンターの席が空いていたので運よく座ることもでき 
音楽に聴き入った。

 

 

音楽のライブを聴くこと自体が久しぶり。 
今やここは観光客がアイルランドのヴァイブを感じる中心地になっているので 
ローカルの人はそんなにいないみたい。 
ニューヨークならブルーノートやビレッジバンガードにジャズを聴きに 
くるようなものだろう。

バイオリンとギターにヴォーカルでアイルランドの音楽をやっていた。 
おれものりこもこのヴァイブと音楽に感動を隠しきれず、 
ここにきてよかったとしみじみしていた。

 

 

バーにはギネスを始めタップビールもたくさん揃っていた。 
ウィスキーはダブリンでも一番いろんな種類が揃っているらしく、 
ボトルが逆さまになったウィスキーたちが連なっていた。 

あいにくおれものりこもウィスキーを飲む趣向はなく、 
チャンスはなかったのだけど。

 

 

 

翌日はダブリンを離れ自然とパワースポットを求めドライブ。 

まず向かったのは世界遺産にもなっているニューグレンジという遺跡。 

くる前に気づいたのだけど、先にチケットを買わなければならないらしく 
ネットで見てみるともう、空きが少なかった。 

電話で問い合わせると、朝の時間帯なら空いてるから飛び入りで 
当日チケット購入しても大丈夫だよと言っていたので、 
開演の時間に合わせて現地に車を走らせた。 

ここは一度に入場する人数を制限しているようで、 
ボイン渓谷ビジターセンターが営むツアーに参加しなければ 
ならなかった。 

ちなみにこのエリアはニューグレンジ以外にもノウス、ドウスという 
別の遺跡もあり、そちらへのツアーも行っているが、今回は 
時間的にも予定外だったので行くことを断念した。 

到着するともうすでに当日のチケットを買うために人が並んでいた。 
とにかく当日に入れることができて一安心。 

そしてビジターセンターから専用のバスに乗って5分くらいで 
遺跡にたどり着く。

 

 

周辺にはこのような大きな石が12個ほど残っている。 
もともとは32個あったものだという。 

波動は高いもののようだ。

 

 

現地でここのツアーガイドさんに引率され、遺跡の前で説明を受ける。 

ニューグレンジは約5000年まえに作られたものだと言われ、 
それは先のストーンヘンジやエジプトのピラミッドよりも古い歴史を持つ。 

冬至の明け方に太陽光がこの遺跡のホールの中にまっすぐ入り込み 
短時間だけ部屋の中心部が照らされる仕組みになっているのだとか。 

古墳の直径は約100メートル。 
一つだけ18メートルほどの中に入る入り口があり、その奥には 
墓室と思われる場所があるのだという。 

 

ワレワレは意を決してこのミステリアスな入り口の中に入って行った。 

そこでワレワレが見たものは。。。 

そこには信じられない驚くべき事実が隠されていたのだった!!。。 

CM。。。

ガクッ。。 
(80年代の川口浩探検隊の水曜スペシャル風)

 

 

 

その後、中に入るとあいにく、ガイドさんから写真はNGと言われ、 
やむを得ずカメラに蓋をした。 
(期待させてゴメンね、、、期待させるだけの番組だったから)

 

その入り口を歩いてる時は幅がかなり狭く、入り口の方は特に 
低かったから頭を打たないように気をつけなければならなかった。 
その閉塞感がちょっと苦しくなった感はあったのは、きっと 
なにかしら霊的エネルギーがあったかのように思う。 

奥に入ると小さな部屋のようなところに突き当たり、 
発見された当初ここに人骨があったことから、 
墳墓だったのではないかという説があったらしい。 

その部屋で、ガイドさんの指示により部屋を暗くして 
冬至の日にだけ差し込む日の出の光の再現というのを 
照明を入り口方面から照らしてやってくれた。

 

外壁を近くで観察。

のちに修復したものだろうが周りが白い壁で覆われている。

 

外壁の周りをぐるっと回るとこうした渦巻き模様の絵が 
大きな石に描かれている。 
まるでエナジーヴォルテックスの模様。 

こうした渦巻きの模様はアイルランドの代表的なアートの 
シンボルともなっている。

 

 

 

 

謎に包まれたニューグレンジをあとにしたワレワレは、 
次の目的地タラの丘に向かって行ったのだった。 

そこでワレワレが目撃したものは!! 
信じられない光景だった!! 

次回の水曜スペシャル、、、 

乞うご期待!!