Viewing: 占星術 - View all posts

土星の水瓶座入りと雪のセントラルパーク 

 

 

おとといの夜から昨日の午前中にかけてニューヨークはこの冬初めての 

スノーストームがやってきた。 

 

昨日は天体の流れで言うと土星が水瓶座に入ったそうです。 

 

今思うと山羊座から水瓶座に入るまでの個人的な土星の影響、 

すなわち試練や苦悩というプロセスなのですが 

すごくあったなーと感じました。 

 

それは内なる厳しい自分が激しく自責と呵責の念をもって 

特にここ一年の間に自分がやってきたエゴからくる、傲慢さ、 

虚栄、プライド、強欲さ、身の程知らずさ、愛の欠如、無知、 

愚かさに自分に対しての激しい恥辱と怒りを感じながら 

罵倒していました。 

 

自分をジャッジし厳しく責め続けるエゴを許さない自分が 

表に現れてきてました。 

 

かつてこう言うこともなかったことはないけど、ここまでの 

レベルで自分に向けて激しい怒りの情動を感じたことは 

なかったと思います。 

 

基本自分はゆる系のなんでもいいじゃん的でエゴの部分を 

そのまま、ありのまま受け入れようっていう、自分に甘いタイプの 

側面が強かっただけに、ここまでの情動に苦悩、しんどさもありました。 

 

それを天体的にみると土星の水瓶座への移行時期だったのか~と 

納得はしますね。 

 

本当に生まれ変わらなきゃいけない危機感というのがあります。 

 

あとで自己ヒーリングでそのエネルギーを癒してたのだけど、 

傲慢、強欲、欠如感、不足感の意識を持った怠惰な弱い自分も 

エゴなんだけど、この厳しく、自分を罰し、罪悪を感じ、反省させ、 

怒りを伴った正義感をかざす自分もエゴなんだけどなーと、 

何層もある内側の意識を傍観している自分もいることに気がつきます。 

 

そしてオラクルカードから観音様が出ていたのだけど、 

その観音様の視点からすると、すなわち慈悲、慈愛の意識 

からみると、この3次元の恐れや欲望といった非常に強烈な 

人の衝動は苦しみを重ねる人の業の極みなんだと言うこと。 

 

そんな業を簡単に超えられるほど人は完璧じゃないし、 

弱いものでもあるのだから。 

 

だからこそ高次元からは想像を絶するその強力な苦しみに 

哀れみ、慈しみの気持ちが流れてくるんだと思う。 

 

そんなエネルギーを感じながら自分を許すという感覚をやっと 

持てるようになりました。 

 

これはね~、人から見ると、自分のことそんなに厳しく修行みたいな 

ことやらなくていいじゃん、、って思うかも知れないですけどね。 

 

でもこれは自分の内側が解放され自然に溢れてくる情動なので、 

スピ系のポジティブ思考や達観をしている限りは 

その感情は出てこないと思うけど、逆にそのポジティブ思考なんかが 

この感情や内観を抑えてしまうものなんだと思う。 

 

だからありのままの自分を受け入れる、と言う意味においては 

やはりこんな激しい怒りとジャッジとエゴを許さない自分も 

いるのだと理解しました。 

 

最近内観ワークの一環としてウォーキング瞑想のようなことをやっています。 

 

外に出て、歩いているとここにいる意識から離れて思考と感情が自動的に 

流れてくるので、自分のマインドを内観するのにとても有効です。 

 

その際にも、そういった激しい情動が湧き上がって来て、 

その時にホ・オポノポノのアファメーション、、すなわち 

 

「ごめんなさい、ゆるしてください、ありがとう、あいしてます」 

という言葉の言霊を繰り返したりします。 

 

これは罪悪感を感じる相手に対してや、やってしまった誤ちの場合も 

あるだろうし、でも実際は自分のスピリット、魂、ハイヤーセルフに 

向けてその言葉を送る、というのが一番しっくりくるのかなと感じました。 

 

エゴを持っている自分に対してと、そのエゴによって本当に向かいたい 

方向にいけず犠牲になっている魂に対して。 

 

だって、ここまで自分に罪を着せたりジャッジしてる自分がいると 

自己価値が低いのも当然だと思うから。 

 

しかし、このオレの意識の変容は成長と拡大のプロセスに違いないなー。 

 

寛大な意識が木星的で、厳しいジャッジで自分を裁く親父が土星 

なんかなーと分析する乙女座の私の太陽なんかなーと占星術的な 

視点でみると面白い✨ 

 

🌈🌈🌈 

 

とまあシャドーワークのことを徒然と書くのはここまでにして。 

 

大雪が降った後、やっぱり外に出たくなったので、雪の積もった 

セントラルパークまで行ってみたので写真をシェアします。 

 

うちの近所の7番線の駅は雪に覆いかぶされてた。

 

 

 

59丁目で下車し、パークの入口へ。

 

 

 

池に雪混じりの氷が張られていた。

 

 

 

この時気温はマイナス2度くらい。 

風はそんなになかったので、そこまで寒くはなかった。

 

 

近所の住人たちが犬や子供を連れて遊びに来てた。

 

 

シープメドウは普段は広い草原のエリアだけど、今日は真っ白な 

雪景色に染まってた。

 

 

 

大体積雪は30センチくらいかな~。

 

 

 

雪だるま作るの楽しかろう。

 

 

誰も踏んでない雪の上を歩くのは結構体力を使う。

 

 

 

木があったのでここで木のエネルギーと繋がった。

 

 

 

歩道は一応雪かきされていたので歩けた。

 

 

 

パークのリスは結構人に動じない。 

近くに来ても平気。

 

 

太陽と積もった雪の浄化エネルギーは強力。 

アイスランドの氷河の浄化エネルギーを思い出す。

 

 

湖沿いの道を歩く。

 

 

夏にギター弾いてた湖沿いの休憩所

 

 

氷と雪に覆われてる。

 

 

 

カモが水の通路を泳いでる。

 

 

 

ガチョウは人間から餌を求めてたらしく、氷の間の狭い水路を 

伝ってやってきてた。

雪の間、頑張ったねー。

 

 

 

今年はここの春夏秋冬、見届けてきたなー。

 

 

この公園に感謝 

I love Central Park💖

 

 

 

 

グレートコンジャンクション、まもなく。 

 

 

自分は結構子供の頃から星に興味があったな~。 

 

小学生3、4年くらいの頃、母親にねだって星の本を買ってもらって 

すごく嬉しかったことなんか思い出す。 

 

 

でも今ではおれを喜ばせようとその本を差し出してくれた 

母のキラキラと愛に溢れた微笑みと輝きがとても印象に残ってる。 

 

 

その本はおそらく子供向きの挿絵がたくさんある小学館がだしてた 

もので、星座にまつわる名前の由来やその神話を簡単に説明した 

もので、文字を脳に吸収するのがとても苦手で苦痛だった 

自分にとっては絵や漫画風に作られているその本をワクワクして 

読んでた事が思い出される。 

 

 

今思えば勉強が苦手だったのは、文字を読むこと、話を聞き続けること 

などの集中力がすごく弱く、人の話も説明などはあまり理解できてなかった 

ように思う。 

 

 

子供の時分、特に3、4年生くらいの頃は集中力がなかったり、 

疲れやすかったり、なんとなく体が重い感覚があったしんどい時期 

だったことがあった。 

 

 

確定はできないけど、きっとワクチンとかの影響も大きかったの 

かなーと、それがエンパス的な性質、つまりエネルギーの影響を 

受けやすい体質に影響したのかなという可能性もある。 

 

学校ってエンパス児にとっては集団のエネルギーなんかは 

とてもしんどくのしかかってくる。 

 

それでもまだ子供だったから昼の休み時間は運動場や校庭で 

ボール遊びやったり、追いかけっこしたりで体動かしてたから 

まだ救われてたかもしれない。 

 

 

算数、国語は特に苦手だったところを見るとやはり理解力、 

言語吸収能力、計算能力、情報処理能力、記憶力など 

やはり脳に関して、平均よりは低かったんだと思う。 

 

その能力が低かった事は自分の劣等感にも繋がってたかもしれない。 

 

母はどんなに勉強できなくっても、しなくっても怒ったり、 

強制したりはしなかったおかげで、家庭においてはほとんど 

抑圧感を感じた事はなかったけど、学校生活はかなり抑圧を 

感じていたように思う。 

 

 

まあ今でも短期記憶や読書に関しての理解力なんかの問題はあるとは 

思うけど、小さな子供にとってそのストレスはかなり 

しんどいものだったんじゃないかなー。 

 

当時はヒーリングとかリラクゼーションとか 

なんも知らないから学校生活の思い出はどちらかというと 

しんどかった思い出が多い。 

 

  

 ✨✨✨✨

 

 

話を星に戻すけど、小学生5、6年生くらいの頃、新聞かなんかで 

1000年に一度くらいの天体現象とか言って、惑星が一直線に並ぶ 

現象が起こるとかって記事を読んで、友達を呼んで天体望遠鏡つかって 

そのイベントを見ようって事で、うちのビルディングの屋上から 

星空を見上げていた事がある。 

 

 

なんも観測する方法とか知らないし、星座早見表とかみても 

どの星がどの惑星でってこともわからなくって、トンチンカンだったので 

結局確認はできなかったという残念なオチ。 

 

しかしそういう天体に関する自分の興味ってのは不思議とその時から 

ずっとあったな~って思う。 

 

 

近年占星術に興味が出てきてるのも、そんな子供時分からの 

性格もあるだろうし、きっと前世とかも関係するんだろうなと。 

 

 

マヤの時代にもいただろうし、ギリシャにもいただろうし、 

ストーンサークルの遺跡があるイギリスやアイルランドの前世も 

自分の調整の時には何度も上がってきた事はあるから、 

その時代から宇宙と人の内的成長の関わりなどに、 

携わっていたのかもしれない。 

 

 

最近では占星術に関する動画もいろんな人がアップしてて、 

いろんな解釈があるなーと思う。 

 

きっとどれもその人の視点や世界観から観るとそれがその時点での 

真実なんだろうと思う。 

 

だからいろんな人の言葉を受け取りながら、どれが真実なんだろうって 

占星術をたくさん見ると人によっては困惑してしまう可能性も 

あるだろうけど、きっとそれもそのタイミングで自分に共鳴するか 

どうかってのがポイントなんだと思います。 

 

 

それはその占星術師の言葉かもしれないし、醸し出すエネルギー 

だったりという、感覚と言葉が自分にとってしっくりくるか 

どうかなんだと思う。 

 

 

だからきっとそういう視点で見ると、アクセス数やチャンネル登録者数 

が多いからその人の言う事が絶対とか正しいとかって事もないんだろう 

と思います。 

 

結局は自分の感性で選択する共鳴力や自分軸ってのが必要な時代だな 

って言う感じでもありますね。 

 

かつてテレビなどのメディアの力ってのが圧倒的に強かった時代は 

みんなテレビで報道される情報が真実だと思い込まされてたけど、 

今は本当にいろんな角度や視点で同じトピックでも違うことを 

言ってたりするので、翻弄されない自分軸ってますます必要に 

なってくる時代だなーって思います。 

 

 

さて、占星術の世界ではまもなくグレートコンジャンクションという 

ビッグイベントが来る12月22日に起ころうとしています。 

 

 

それは木星と土星が地球から見て同じ位置に重なる 

コンジャンクションのことなんで、このコンジャンクションは 

20年に一度起こるものなんだと言う事。 

 

 

いままではそれが240年間、地のエレメントの星座で起こっていて、 

今回のものは風のエレメントである水瓶座で起こるものなんだと 

言う事です。 

 

 

それで風の時代とか水瓶座の時代などと呼ばれてるようです。 

 

地の時代とは今までの牡牛座に表されるように物質的な社会を 

象徴していたので、お金や所有、名誉、地位などが人の価値観の 

中で重要だったのだけど、風の時代には情報、ネットワーク、 

コミュニティー、コミュニケーションなど、 

自分の感性や直感などをさらに生かすことで飛躍できる 

時代なんだと言う事です。 

 

 

と言う事でこの地の時代最終月間でもある2020年12月 

自分にとっても人生最大の手放しや浄化の変容が起こっている 

感覚は半端なく感じてます。 

 

その主なものは執着、依存という言葉が当てはまると思いますが、 

それは本来自分の内側にずっと抱えていた問題だったので、 

この時期それが大きくクローズアップしてきたんだと思います。 

 

 

執着や依存は不十分感、不足感、渇望、失う恐れ、変化への恐れ、 

そう言った意識を裏付けする性質だと見られます。 

 

これまたなかなか個人的な事で話が長くなるので 

いつか話せるタイミングが来た時にもっと具体的に話す事が 

できればいいかなと思います。 

 

人にはそういった執着や依存って多かれ少なかれ内在している 

ものなので、そこから抜けることってよほどの気づきや 

現実的な変化がないと手放すきっかけもないと思うので。 

 

なのでそれがみなさんにとって有益な情報になることを 

願ってまた改めてお話しします。 

 

 

とにかく風の時代に向けて身軽になれるものならなるべく 

身軽になっておきたいものです。 

 

 

みなさんも、今辛い状況や大変さや困難さがあるとしたら 

それは魂のチャレンジを促されているのだと思います。 

 

 

どのようなことにしても事象は中立で良くも悪くもないですから。 

 

その中立、中庸を取りもどして、自分の本質に戻って 

来れますように。 

 

 

Love&Light✨ 

 

 

昨日ニューヨークのイーストリバー沿いで眺めた夕日、夕焼け空、 

そして木星と土星をシェアします。 

 

自然や宇宙の美しさと共鳴する時は自分にとって一番の 

癒しの時間です。 

 

ここに戻ってくると、エネルギーの解放に伴って、 

宇宙への信頼、安心を深める事ができます。 

 

最初の写真は太陽が沈む頃、4時20分くらいでした。 

ワールドトレードセンターとその隣のビルの間に 

沈んでゆく太陽。 

 

 

 

 

太陽が沈んで間もなく、夕焼けが空の色を染めてゆく。 

この頃時間を見たら4:44でした。 

 

 

 

 

そして夜空になったら星が見え始めます。 

 

ちょうど太陽の後を追うように、同じ進行方向に 

木星と土星が隣り合って見えました。 

 

右下の大きいのが木星でその少し左上でかすかに光ってるのが 

土星になります。 

 

カメラは望遠レンズじゃないので小さくてすみません😅 

 

いまやアプリで星の位置が確認できるので、便利ですね。 

 

しかしみるみる、木星と土星が近づいてくるのが肉眼でも 

わかります。 

 

あーこの位置が山羊座の最終地点なんだなーって思ったりして。 

 

木星は拡大、愛、豊かさの象徴 

土星は制限、責任、試練、安定 

 

などを象徴とする、この二つの惑星 

皆さんにとってはそのキーワードは今の変容に 

どんな関わりがあるでしょうか? 

 

 

 

 

終わりに、今日は宇宙的なサウンドをイメージした曲をお送りします。 

昨年の今頃アップした音源です。 

 

Moon, Light, Air...

 

 

 

 

日々のミラクル 

 

 

前々からいろんな高次の存在からサポートされてる感覚ってのは 

人生のいろんな局面で感じてはいたけれど、 

一人で暮らすようになってから、その感覚は益々増してきたように 

感じる今日この頃。 

 

先日は獅子座の満月のエネルギーと繋がってサウンドヒーリング を 

セントラルパークで行なった。 

 

 

 

会は野外で行うわけで、必ずしもその時いい天気になるとは 

限らないし、人が集まるなんてわからないし、森の広場で 

一般の人たちが静かにしてるなんてわからないし、 

完全100%出たとこ勝負でしかやってないから、そういう意味で 

自分と宇宙との信頼の度胸が試される。 

 

でも前回もそうだったけど、今回も必要な人たちが参加しにきてくれ 

好天に恵まれ、森の中は人も少なく静かで、結果必要な浄化と変容の 

癒しがもたらされ、みなさん喜んで、この会を開いたことに感謝され、 

また次回も是非という声を聞いて、自分も素直に嬉しかった。

 

 

今回のセットアップはこんな感じ。 

両手と背中に背負えるだけ持ってきたけど、参加者の人から 

これだけのものをどうやってバッグの中に収めるのか不思議だって 

驚かれてしまう。 

 

ポータビリティーはオレにとってとても大事な要素。

 

 

 

 

翌日の午前中はスカイプで主に日本在住の方たち向けに 

サウンドヒーリング の会を行った。 

 

獅子座の情熱、創造性、喜び、楽しみ、刺激、自分中心、恋愛、、などなど 

そう言ったエネルギーを活用すること、同調すること、またそれに伴った 

魂の求めるものを現実に体現するための、感情や思い込みの手放し、解放、 

変容のワーク。 

 

今回本番が始まるのは、NY時間で午前9時、日本時間午後10時と普段より 

1時間早めに設定した。 

 

始まる1時間前くらいから近所で工事で地面をドリルでガタガタ鳴らす音が 

始まり、やばいなー、、、サウンドヒーリング までに終わってくれるかなー 

っていささか心配しながら、本番に突入。 

 

始まって色々説明やら指示をしている時もその音は止まなかったけど、 

それでも続けて、アセンテッドマスターと日本の神様カードを2枚ずつ引いた。

 

今回サポートに登場してくれた方達とその主な意味は次のようなもの。 

 

ジーザス (愛にハートを開く) 

観音様  (手放し) 

大国主神 (ハートと繋がる) 

建御雷之男神 (直感、閃きを大地に下ろす) 

 

ジーザスと大国主神という二つの存在からはハートを開く、ハートと繋がる 

というやはりハート、心、魂、そう言った真我との繋がりをサポートする 

エネルギーを感じました。 

 

そしてそれに必要な手放しとして観音様のエネルギーや 

創造の閃きをもたらす建御雷之男神のサポートが降りてきました。

 

 

そして、このカードを選んで間も無くすると外から雨が降ってる音が聞こえた。 

 

あー、降り始めたなー、、、前回の時はちょうど最中に雨に伴いハリケーンが 

やってきてすごいなーって思ってたんだけど、今回も雨の浄化のエネルギーで 

サポートかなーって思ってて、そうすると外の工事のガタガタ音も 

ピタッと止んだ。 

 

雨が強く降り始めたから、工事を一旦中止したようだった。 

これにはちょっと驚きだった。 

 

サポートカードを導き出し、サウンドヒーリング を始めようかっていう 

直前のこのタイミングで雨が降り出し、雑音がピタッと止んでしまうなんて、 

奇跡を垣間見た瞬間だった。 

 

ああ、龍神様~。 

 

そして高次元の存在たちにサポートされてるー🌈 

 

それを現実に実感する体験だった。 

 

ここから受け取れるメッセージは、とにかく「信頼」「委ねる」「サレンダー」 

そんな言葉が降りてくる。

 

自然に感謝の気持ちが湧かずにはいられなかった。 

 

自分がやってること、まちがいないし、導かれているし、 

参加している人たちにしてもその恩恵が届いているし、必然的にこの場に参加して 

必要な経験とヒーリングが起こっているという確信を得た気持ちでした。

 

雨はしばらくすると止んで、サウンドヒーリング の会が終わった15分後くらいに 

工事はまた再開し始めた。 

 

奇跡の連続🌈 

 

さすが3日連続で同じ場所から虹を目撃しただけのことはある。 

 

 

午後になってから外を散歩に出かけた。 

 

雨が降った後の涼しい風を感じながら、木に囲まれた並木道を歩くのは 

とても気持ちよくリフレッシュされる。

 

 

 

花たちが雨の浄化でとても美しく生き生きしていた。

 

 

 

木の幹に貝殻か何かをくっつけ人面にしているのを発見。

 

 

細い道の間を通り抜けるのも、楽しい。

 

 

 

 

 

さて、締めは最近送っていただいた2つの感想メールを紹介します。 

 

一つは先日ライオンズゲート の日にセントラルパークのオベリスクの塔で 

行ったセレモニーに手伝いに来てくれたYさんから。 

 

 

ありがとうございます~ 

 

正直フラ~っと言ってみたといえばそうで、

全然なんの期待も、目的もなく天気が良くて外に居たいから来た、

という感じですが 

ラインオンゲートで塔の前でのセレモニーを始めたあたりからの 

変容とか浄化がすごいです。 

 

サウンドヒーリングがこんなに強力なものとは正直思っておらず 

まじでビビっていますw

 

 

 

彼女は普段あまり、宇宙のエネルギーとかには無頓着な方だったので 

今回ライオンズゲート の日以降にそう言った変容を体感したのは 

驚きだったと思います。 

 

オレ的には夏至の前あたりからライオンズゲート のエネルギーの影響が 

あると言われている12日くらいまで、デトックス、浄化、変容、は著しかった。

 

次に先日のサウンドヒーリング ・オン・スカイプの参加者からの 

事後メールです。

 

 

おさむさん 

 

こんにちは。 

 

昨日のサウンド・ヒーリング、どうもありがとうございました。 

 

今朝起きたら、前回と同様に温泉に浸かりすぎたような 

のぼせた状態になっていました。 

 

脳が活性化して、「ああ、効いてる」という感じで、 

私は気に入っています。 

 

今回は、ホームワークもやったので、右脳と左脳が同時に 

理解したように思います。 

 

面白かったのが、私が今回のテーマに選んでいたことと、 

おさむさんのセッションがぴったりと一致していたことです。 

 

そして、前回のサウンドヒーリング と結びついたところもありました。 

 

私が受けた一ヶ月前のセッションで、アセンテット・マスターの 

サポートに天照大神がいて、 

 

「闇の部分があってこそ光がある、闇を照らす」 

 

みたいな内容があったと思うのですが、 

それから、自分ではあまり考えていなかった、闇、裏側、 

みたいなものに思いを向けるようになっていました。 

 

最近始めた古い写真の整理の中で、子供の頃、私はいつも何かに怯えて 

自分を外界からシャットダウンしていたようだな、と気がつきました。 

 

それなりに明るく楽しくやっていたようですが、すぐにまた闇に戻って、 

もし写真がなかったら、私の中には断片的な瞬間の記憶しか 

残っていないくらいです。 

 

家庭のこと、健康、人との比較、など、嫌なことや怖いことに 

目を向けないようにして生きてきたなあ、と思ったので、 

今回選んだテーマは以下の2つでした。 

 

1−上記の理由で、子供の頃(主にティーンエイジャー)に 

 うまく成長できなかった自分を解放して、頭の中をクリアーにすること。 

 

2−これからは、本来自分が持っているものを表現していけるように、 

  夢を育てて、努力を続けること。 

 

今回、おさむさんが選んでくださった、アセンテット・マスターの 

錚々たるメンバーとフラワーエッセンスは、 

サプライズでコンサート会場に来てくれたスターのようでした。 

 

内容を自分に当てはめると、 

 

*自分の気持ちを思いやる、 

*人との違いを認める、 

*不要な罪悪感・劣等感を手放す、 

*自分をダメ出しするのをやめる、 

*直感・ひらめきを大地に落とす、 

*はっきりしたビジョンを持って行動に移す、 

*ハートと繋がって日本という国の波動を広げる、 

*深いところで、人々と繋がって行く、 

 

という感じになるかと思います。 

 

サウンドヒーリング中に使われる音は 

本当に心地よいサウンドで、最近の暑さとコロナで干からびた 

細胞に染み渡って行く水のようでした。 

 

今年は、自分の中にすでにある答えに気づく必要な気がするので、 

おさむさんのヒーリングがとても助けになっています。 

 

ありがとうございます。 

 

これから毎日、少しずつ変わって行く自分を 

楽しみにして行こうと思っています。 

 

それではまた。 

 

お身体を大切に。 

 

From Y

 

 

 

参加する一人一人がその人それぞれのペースで自分の内側の意識に気づき 

手放したり変容すればいいと思います。 

 

おれはそう言ったことのためのプラットホームになれればと思います。 

 

高次元のサポートをたくさん受け取ってるからきっと必要なタイイングで 

必要な人が受けにくるのでしょう🌈 

 

次はどんなミラクルが自分の目の前に現れるのか、楽しみ✨ 

 

それではまた‼️