Viewing: ヒーリング - View all posts

バリトンウクレレ・サウンドヒーリング  

 

 

最近よくセントラルパークで森林浴をよくしてるのだけど、

バリトンウクレレも持って行って、弦をつま弾いて楽しんでる。

 

このバリトンウクレレ、ハワイ島で出会ったもので、これを初めて

見たときから、これがほしい!! って直感で感じた運命的な出会いの、

お気に入り楽器の一つ。

 

長いこと楽器奏者やってると、そんなハートときめく楽器との

出会いってのもあるよね。

 

そんな楽器は間違いなくインスピレーションが降りてくるし、

それに伴っていい作品ができる。

 

この楽器の特徴は、4本のナイロン弦が張ってあって

ふつうのウクレレのチューニングよりも低くなってる。

 

それはギターの1〜4弦のチューニングと同じものだから、

普段ウクレレのチューニングや狭いポジションに馴染みがない自分も

このバリトンウクレレならそんなに違和感がなく、ギターから

スィッチできる弾きやすさがある。

 

またこのポータブルな大きさがにくらしく、ギターだとちょっと外出のお供に

するのは大きさ的に面倒なのだけど、このバリトンウクレレはトートバッグに

入れてちょうどいい感じで軽く楽チンで持ち運びが便利なのもいい。

 

この遊び感覚はウクレレの特徴だなーと、

乾いた、ゆるーいサウンドがハワイアンなヒーリングの

空間を創ってくれる。

 

自分がサウンドヒーリング のコンサートをやる時は

このバリトンウクレレも使用しています。

 

これから紹介する音源でもバリトンウクレレを弾いてます。

 

サムネイルのタイトルは

「バリトンウクレレ・サウンドヒーリング ・聴き流し浄化・

 Inセントラルパーク」 

 

と題してお送りしています。

 

先日の夏至の6月21日に収録したものです。

この日、パークのオベリスクの塔を拝んだ後、森の中の

大きな岩場の上で演奏しました。

 

聴き流すだけで、空間に癒しをもたらすサウンドです。

 

鳥のさえずりや風のそよぎ音、夏至の太陽、森の木々、

自然と一体となって、心赴くままに即興で演奏したものです。

 

 

 

 

ヒーリングとは、自然治癒力を高めることだと思うのだけど

それは自然回帰が伴うことでもあると思う。

 

人の論理や思考を超えた、自然との一体感や繋がり感は

新たな生命力を与えてくれるものだし、その原点に回帰することで

人は宇宙のリズム、サイクルと一つになることを思い出せるんだと思う。

 

自分はかつてハワイリトリートや長野でクラスを行なっていた時も

いろんな大自然を旅してた時も、その自然の治癒力が相乗効果として

大きな影響をもたらした経験を多々味わってきた。

 

だから自分が昔の日本のアニメ・アルプスの少女ハイジが大好きなのは

そんな自然回帰と自然治癒力のヒーリング・スピリットを感じていた

からなんだと思う。

 

なのでおれのヒーリングの原点はアルプスの少女ハイジだと言っても

過言じゃないのです😆

 

だからおれも人工的な建物の中でよりも自然の中で演奏する方が

より繋がれてる感覚があって好きなんだと思います。

 

ということで宣伝のコーナーです✨✨

 

ヒーリングの新メニュー追加しました。

先日のブログでもお伝えした、セントラルパークでのヒーリングです。

森の中で自然のエネルギーに包まれ、癒され、自然治癒力、免疫力アップなど

相乗効果抜群の企画です。

 

ヒーリングInセントラルパーク

 

 

またギター&サウンドヒーリング のコンサートやワークショップの依頼を承ります。

日本、アメリカ問わずどこでもチャンスがあればヒーリングのサウンドを

お送りしたいので、ピンときたらお声お掛けください。

 

ではまた✨✨✨

 

 

 

 

2020年の夏至と新月の遠隔ヒーリング 

 

私たちは宇宙のサイクルの中で生きてます。 

 

日々の生活に忙しくしているとそれを忘れてしまいがちになるかもしれませんね。 

 

一年には四季があるし、月は28日周期で地球を廻ってる。 

 

そして太陽系の惑星もそれぞれが一定のリズムで太陽の周りを廻ってて、 

その配置が地球との位置関係において影響を与え合う。 

 

そういった宇宙の壮大なダンスの中でわれわれ人間は生活を営んでる。 

 

全ては宇宙の采配。 

 

それを実生活の中で意識的にとどめておくと人はもっと気楽に 
委ねられるのかもしれませんね。 

 

今、自分にとって一番関心が高い事といえばもうすぐやってくる夏至。 

 

日本では6月21日の早朝午前6時43分、私の住むニューヨークでは 

6月20日の午後5時43分に夏至となるそうです。 

 

今年の夏至はいろんな天体のイベントが重なっています。 

 

まずその夏至になるタイミングのすぐ後に新月になり、 

その新月は金環日食、日本では部分日食となるとのこと。 

 

夏至というのは、一年でも最も日照時間が長い、太陽のエネルギーが 

最も強い日でもあり、そのため、ペルーなどではインティライミと言って 

夏至の日は太陽を崇めるお祭りが行われたりします。 

 

また一年のなかで冬至から夏至までが陰から陽に向かうエネルギーで 

夏至は陽のピークの日だとも言われています。 

 

そのピークの日に新月が重なることもすごいタイミングだし、 

またその新月は蟹座の0度で起きるのだそうです。 

 

そのサビアンシンボルを見てみると 

「船に提示される巻かれ広げられる旗」 ということだそうです。 

 

まさに新しい始まり、出発、生まれ変わり、などのキーワードが 

あげられる、意識や波動の変容の節目なんだと思います。 

 

そんな生涯の中でも、とてもレアなタイミングなので、 

今回、みなさんと遠隔ヒーリングをやりたいなと思いました。 

 

実は最近、自分の親しい人や仲間を集めて 

ラインでグループを作って毎隔週、新月と満月のグループヒーリングを 

実施していました。 

 

今回は夏至のスペシャルイベントということで、 
一般に公開しようと思います。 

 

その遠隔ヒーリングは、参加者全員が送るヒーリングのエネルギーを 

結集させてそのエネルギーで必要な浄化を促します。 

 

そのヒーリングエネルギーは人それぞれで、レイキを用いる人もいれば、 

エンジェルヒーリング、アルクトゥールス、アセンテッドマスター、などなど 

様々です。 

 

ウルトラマン大集合のスペシャル版みたいなものでしょうか。。 

あるいはドラゴンボールの元気玉みたいな感じとも言えるかもしれない。。 

 

どのヒーリングエネルギーがサイコーだとか、一番だとか 

ヒーリングを差別しません。 

 

その人に適したエネルギー、心地いいエネルギー、必要なエネルギー、 

個人のテイストがあると思いますから。 

 

ヒーリングのエネルギーというのはどんな人にも生まれつき宿している 

自然治癒力だと思います。 

 

だからヒーリング学んでない人も参加できます。 

 

おそらくこれに参加すると、ヒーリングやったことない方も 

自分がヒーリングができることを実感できると思います。 

 

はい、ということでお知らせさせていただきます。 

 

 

​​2020年夏至と新月の遠隔グループヒーリング🌅​​ 

 

スカイプにて行います。 

 

今回実施する時間はこちらになります。 

 

日本時間>6月21日午前10時 

 

NY時間>6月20日午後9時 

 

LA時間>6月20日午後6時 

 

ハワイ時間>6月20日午後3時 

 

 

蟹座のテーマは『 I Love』 

 

愛、内面、女性性、母性、家族や親しい人との関係、などを通じて 

潜在的な部分での変容や、浄化が起るのかなと思います。 

 

自分の解釈としては、自己愛、自己価値、人との繋がり、女性性、 

ホーム、安心感、などがテーマだと感じています。 

 

また蟹座0度は次の1度としてみるとサビアンシンボルでは 

「船に提示される巻かれ広げられる旗」 となります。 

 

それの意味するキーワードは 

「適応力」「順応性」「柔軟性」「機能的」「同じ旗の仲間」「新しい地盤」 

ということになるそうです。 

 

当日までに参加される方のワークとして次のようなことを行なってもらいます。 

 

*現在直面している問題や手放しのテーマをあげておく。 

*実現して行きたい状態(短期的、長期的どちらも)をいくつか挙げる。 

*日々感謝していることなどを思いつくだけ挙げておく。 

 

それらを紙にメモっておいてください。 

その紙にヒーリングエネルギーを当てるということをやります。 

 

またその後エネルギーで浄化を促した後、

祈りの波動を宇宙に送る、ということをします。

 

祈りとは感謝の意識、至福の状態、ありのままの自分を宇宙に委ねている状態

とでもいいましょうか。

その波動を全員で宇宙に送るというセレモニーができればと思います。

 

スカイプでのグループセッションになりますので、 

参加希望とお伝えいただいた上、スカイプ名をメールにて 

お知らせください。 

 

またスカイプはグループでの通話になりますが、 

基本私のガイドを聞くだけですので、参加者の画像表示は 

任意でかまいません。 

 

今回の参加費はドネーションとして承ります。 

金額はエンジェルナンバーに倣って11ドル、22ドル、33ドル、44ドル、

と4段階に設定しますので、 自分が必要だと感じる分だけ納めてください。 

 

参加当日、事前にお支払いでもいいですし、事後に 

お支払いされてもかまいません。 

 

またお支払い方法はPayPalになります。 

詳細は参加希望メールをいただいた後で説明します。 

 

参加希望のメールは​こちら​ 

それでは、みなさんのご参加をお待ちしております✨✨✨

 

 

 

 

 

去年の夏至はセドナのカテドラルロックにいました。

ビジョンクエストと銘打って一人でアリゾナの大地を旅した。

 

あれからどれだけの変容がここに導いて来たかは計り知れない運命の転機でした。

 

ヒーリングツールに関して 

 

 

私のセッションで使用するヒーリングのツールとして 

結構比重を占めるのは音叉を使うものです。 

 

その中で最も優れたツールはやはりアランセールスの神の音、 

それとアーキュトニックの惑星音叉になります。 

 

自分のサウンドヒーリングあるいはキネシオロジー の 

セッションとしてはその2種類をコアとして他のツールも 

多用するようなスタイルでやっています。 

 

神の音はやはり肉体、感情、思考、魂の広範囲なエネルギーの 

レベルに働きかけられるものなんだと思います。 

 

音叉は持っているのだけれど、使い方がわからないとか 

やってもあまり効果を感じれないという方も時折伺います。 

 

それは多くの場合、どのエネルギーをターゲットにヒーリングしているか、 

というのが明確にならない場合かなと思います。 

 

どういった感情、思考などが自分の意識に上ってきているのか、 

どんなストレスを感じれるのか、などの感覚を言葉にして、 

その感覚をしばらく感じる、あるいはダウンロードするという 

作業を経てから音叉を使うだけでも、効果はきっと変わると思います。 

 

ただその内観がうまくできない人、その意識や感情に気づけない人 

と言うのはいます。 

 

感覚を抑えてて、自分の気持ちを見過ごしたり達観したり、 

そこに目を向けれない人などですが、 

そういった方達はおそらく何度かはヒーリングセッションを 

セラピストから受けた方が早いのだと思います。 

 

本人だとなかなか気づけない内側の感情や思考、思い込みなどは 

第三者的な視点で観た何も損得関係がない状態なのでそれは 

有意義な事だと感じます。 

 

他のソルフェジオの音叉を使ったことがあるわけではないので 

比較はできませんが、アランセールズの音叉はとりわけ精密に、 

音が高音でも長い時間鳴り続け、音叉に使用している素材も

音質としてもハイクオリティーで ヒーリング道具としての

完成度が高いです。 

 

惑星の音叉は自分は主にミドル音域を使って、必要に応じて 

低音域のものを使う感じで、使用します。 

 

惑星音叉の魅力は、それを経穴のポイントに当てるので 

肉体に直接振動が伝わってくるので、滞ったエネルギーや 

痛みなどの症状がスっと引いてくるのがわかりやすいところ 

だと思います。 

 

また惑星音叉は二本の異なった惑星の周波数を同時に鳴らすことで 

音のインターバルが生じるので組み合わせによってはバイノーラルビートの 

ような効果も出たりします。 

 

惑星の音叉は主に新月、満月を加え10の太陽系惑星に、キロン、ニビル、 

セドナを使用します。 

 

それぞれの惑星の周波数に合されていて、その周波数特有の 

性質、特質を組み合わせて使用したりします。 

 

それに加えてエッセンスはやはり多用しています。 

 

もっぱら私のスカイプセッションでは遠隔なので直接エッセンスを垂らすことは 

できないのですが、クライアントさんにはセッション後のサポートとしてエッセンスを 

使うことを勧めています。 

 

オススメしているのはアラスカンエッセンスの環境エッセンスシリーズの中から 

なのですが、だいたいエネルギーの浄化、凝り固まった思考、信念体系などを 

手放すことに関して素晴らしいサポート役を発揮してくれるからです。 

 

またセッション後のデトックスが上ってくる場合などにそれを 

浄化し、軽減させてくれる効果もあります。 

 

日本でお勧めする販売店はネーチャーワールドですね。 

 

https://natureworld.bcart.jp 

 

どうしてここをお勧めするかって言うと、以前友人伝いに、 

無料でエッセンスのカタログを送ってもらったことがあって、 

カタログといえど全ページオールカラーの説明も見やすい 

素晴らしいクオリティーのものをいただいてお世話になった

という経緯があってからなんですが。 

 

今でもおそらく無料カタログは配布しているのではないでしょうか? 

何かお求めになられるのでしたら、送ってもらうのもいいと思います。 

 

ツールといえばそれ以外には、クリスタルボウルやチャイム、 

モジュールやハンドヒーリングなど、その時々の感覚と状況を見ながら 

それらを使用する感じですね。 

 

ハンドヒーリングの場合は最近はもっぱらアセンテッドマスターの 

オラクルカードから必要なBeingを選んで、その人たちのエネルギーを 

送ってもらうようにしてます。 

 

自分はやはりオラクルカードは大好きで、 

リーディングはよくしますし、クライアントさんがその時に

必要としているエネルギーというものが反映されますし

出てきたカードの波動を受け取ることはとても楽しいものですから、 

 

クライアントさんに向けたメッセージというのも感じれますし、 

それに対応した波動を受けれるのだと思います。 

 

自分のセッションは最近はもっぱらそういった直感的な感覚で 

出てくるものが多くなってきたかと思います。 

 

しかし筋反射もまだ使います。 

やはりそこは自分の感覚を確認するという意味もあったり 

さらに深い洞察をスキャンリストなどの情報から得るために使います。 

 

ヒーリングセッションで主に使っているツール、 

それはセラピストの趣向や好みはもちろんあっていいと思います。 

 

私の使用しているツールが絶対的なものとは限りませんから。

 

人それぞれ得意なヒーリング技というのは必ずあるもので、 

自分が神の音や惑星音叉がいいと言うのは自分にとってその波動を 

心地いいものだと感じるから、いい音を鳴らせるので 

その波動を受け取るクライアントさんも抜けやすいのだと思います。 

 

要は自分が心地いいと感じるものはクライアントさんにも有効な波動として 

受け取りやすいから効果が出やすいのだと言うことになります。

 

と言う感じでヒーリングのツールや方法に関してひとまず切り上げます。

 

 

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

 

 

さて音楽の時間

 

5月のある晴れた春の風が心地いい 

癒しのセントラルパークでバリトンウクレレを手に 

森の中で自然の息吹を感じながら演奏してきました。 

 

即興で演奏しているもので曲名は特にないですが

YouTubeのタイトルは

 

 🌈Spirit Of Aloha🌈

 

と名付けました。

 

自分はハワイの音楽を演奏しているわけではないのですが 

アロハスピリットと呼んでるのは、 

自然のスピリットと繋がってハワイの自由で開放的な 

Loveをハートに抱いて音を表現している、ということです。 

 

 

 

 

気に入っていただけたらYouTubeにて、いいね、チャンネル登録、 

コメントなど、応援お願いします。 

 

アロハー🌈✨ 

 

スナフキンおさむ

 

 

 

キネシセッションのプロセスに関して 

 

近年自分の施すキネシオロジーのセッションはかなり正統なキネシオロジーの 

メソッドからは離れた方法だと思う。 

 

まあぶっちゃけ、独自のスタイルでやってますけど、 

もっぱらわたくしアーティストなので、なんかのメソッドの規則に従って 

やるなんてことは到底できない至難技ですね。 

 

アーティストとしてはどれだけ既存の常識をぶち壊して自己表現するかが 

アートそのものであり、魂の炎なわけですから、なにか工場で製品を 

製造するかのようなことはできないわけです。

 

一口にキネシオロジーと言っても何十、何百と違う種類のものがあるらしく 

そんな多くあるキネシオロジーのなかで自分がクラスで学んだメソッドは 

キネジェティクスとIHキネシオロジーでした。 

 

IHが魅力的だったのは、多くの肉体的な機能の調整を主体で行うキネシに比べて 

より内面的、精神的なところの根本要因にフォーカスしてるところで、 

現実は全て自分が創っているというスピリチュアルな概念にうまく 

適応しやすいところだったりする。 

 

だけど1番の魅力はヒーリングの手法、ツールをそのメソッド内で教わる 

だけのものじゃなく、ヒーリングツールと呼べるものならどんなものでも 

使えるという柔軟性があるところで、それがきっと同じIHをやるセラピスト 

によってやり方が違ってくるだろうから、その人それぞれの個性というものが 

反映されやすいものなのだと思う。 

 

IHのセッションのプロセスは最初にセットアップから始まり 

第1第2第3第4チャクラのステージでループというステップを踏んだ上で 

根本要因に行くという流れになり、またその根本要因の上で改めて 

第1第2第3第4チャクラのステージを続け、そして第5、第6に行って 

第7チャクラ、ソウルスターチャクラでフィニッシュと言うプロセスになる。 

それは慣れればそんなに苦にならないわけだけど、 

 

かなり慣れた頃にはそのステップがかったるく感じる部分でもある。 

 

元パートナーの典子が開発してきた多次元キネシはそのIHをさらにシンプルに、 

柔軟にしたところがあって、なるべく無駄なプロセスは省いている。 

 

その代わり根本要因はセラピストができるだけ複数やってもいいという 

K-1無差別級無制限一本勝負なフリースタイルのキネシオロジーだと思う。

 

大まかなプロセスとしては、情報→根本要因→ダウンロード→ヒーリング 

という流れがある。 

 

もう少し加えると 

テーマ→情報→目標設定→根本要因→情報→ダウンロード→ヒーリング 

という流れがあるのだけれど、 

 

それをちゃんとつかんでいれさえすれば迷うことはないのだと思う。 

 

自分のセッションのプロセスでは必ずしもこの流れになってるわけではなく、

クライアントさんとの話の流れで、あーこれは自己制限的信念プログラムだな、

過去の感情だな、インナーチャイルドだなと上がってくるインフォメーションが

次々と流れてくるので、その場でスポンテニアスに根本要因を挙げてゆくような

感じに大抵なります。 

 

でないと、例えばクライアントさんが何かを話している時、 

そこで感情を出そうとしているのに、それをさえぎって、プロセスの 

手順をふんでしまったら、うまく感情が解放するチャンスを逃してしまう 

ことにもなりかねないわけです。 

 

人のエネルギーを変容させるのに感情、思考、性質、遺伝、過去性、 

と要因は様々ですが、兎にも角にも感情を解放させる、と言うのは 

ヒーリングで基本的なプロセスだと思います。 

 

人が過去のネガティブな出来事に執着している場合、 

感情がともないますから、その出来事が積み重なることで 

信念体系となり、思考パターン、思いグセになっていきますから。 

 

セラピストがどんなに性質を変えようと、その性質の部分だけ情報を 

ピックアップしても感情がピックアップされ、クライアントがその性質を

手放す準備と認識がなされない限りは、そんなに変わらないか、

あるいはデトックスとしてその感情が上がってくる可能性があります。 

 

感情を解放すると言うことは、それまでに溜まっていた過去からくる 

エネルギー的な滞りを外に出すわけで、それを思う存分解放するだけで 

ヒーリングは起こります。 

 

だからインナーチャイルドのワークと言うのはとても大事だと感じます。 

 

と言うことで近々インナーチャイルド、略してインチャの話も 

していきたいと思います。

 

今も尚進化し続けているだろうセッションのプロセス。 

それは技術が進んでいるというより、培ってきた豊かな人生経験や 

養われてきた感性から湧き出るものなんだと思います。

 

✨✨✨✨✨✨

 

今日の音楽の時間は一昔前の私の作品を紹介します。 

スィートヴォイスが魅力的なヴォーカルIzumiとの共作アルバム 

It’s Very Clear… から 『Misty Rain』

 

 

 

世界でいちばん心の豊かな大統領 

 

昨今のコロナライフの影響で上がりやすいネガティブ意識 

というのは色々あると思います。 

 

それは今までにお伝えした心配、不安や恐れなどが代表的ですが、 

これらがなぜ生じるのかというと、そのウィルスに感染する恐れも 

そうでしょうし、生活の不安もありますし、メディアの洗脳もそうですね。 

 

やはり仕事がなくなるとか、収入が減るとか、直接生活に支障をきたす 

可能性を思うと、将来の不安や恐れとが出てしまうわけです。 

 

そういった心配や不安に付随して、生じやすい意識もあって、例えば 

不十分感や渇望、目標達成思考などはこういった時期に陥りやすい 

感情や思考の流れなのかなと思います。 

 

要するに、もともと成果主義的に達成しようとする 

思考癖がついた現代文明の私たちはどうしても、この時期、家でリラックスしたり 

落ち着いてのんびりと今ここの生活を楽しむというBeing になる代わりに 

常にDoingの思考が働くので、なんとかしなければ、とか 

なんか目的をみつけなければ、とか頑張らなければ、、とかの 

ネバネバ思考にはまってしまう可能性が高いのです。 

 

そうして初めのうちはその達成思考の渇望で頑張れる体力、精神力があったとしても、 

それを継続していくうちにだんだん疲れが生じる事になって、 

また周囲と比べて頑張ってるのをみて落ち込んだりそこで不十分感に陥ったり、 

妬みや劣等感にもなったりで、もう八方塞がりな幻想を創ったりもありえるでしょう。 

 

そんな中、消費社会とか競争社会とか成果主義という事を見直して 

私たちの意識そのものを変えなきゃいけない時期に来てるよな~と思いながら 

フッと南米ウルグアイのムヒカ大統領の事を思い出して、彼の演説を見直してました。 

 

ムヒカ大統領は「世界でいちばん貧しい大統領」と言われて有名な方で、 

その所以は報酬の大部分を財団に寄付し、月1000ドルほどで生活し、 

持っている資産は中古車フォルクスワーゲン18万円程度の質素な暮らしぶりからだという。

 

自分も前々から国連での演説を見たことがあって、その時もかなり感銘を 

受けたのだけれど、そのメッセージは今が一番心に響くのではないかなと 

思ったのでシェアします。 

 

それは現代の消費社会、競争社会への疑問を投げかけていますが、 

自分が一番印象に残っている言葉は 

「貧しい人とは少ししかものを持っていない人、ではなく、もっともっとと

 いくらあっても満足しない人のことだ」 

というものです。 

 

「貧困意識」という言葉は多々私のセッションで豊かさのテーマなどを扱う時に頻繁に 

上がってくるキーワードなのですが、それをムヒカ氏は表しているものだと思います。 

 

要するに貧困は意識の問題なわけです。 

 

意識の中にある、不十分感、渇望、貪り、妬み、競争意識、そこから生じる 

優劣の意識(優越感や劣等感)、差別、それらの意識が貧しさなのです。 

 

競争意識がなぜ貧しいのかというと、競争する事で自分が優位にならねばならない 

から常に成功しなければならない、勝たねばならない、何かを得なければならない、、、 

ということは、それを失うことの恐れが根底にあって、そこから渇望や不十分感が 

常に生じるということです。 

 

豊かにならねば、発展せねば、という意識は逆にいうと貧しくなることの恐れ、 

失うことの恐れが潜在的にあるわけです。 

 

そうするとその豊かさは物質的なものばかりに依存してしまうので、 

ムヒカ氏の言う所の幸せの定義である 

「愛、人間関係、子供のケア、友人を持つこと、必要最低限のものを持つこと」 

など心の豊かさ、感性の豊かさが失われていくと言うわけです。 

 

こちらがブラジルはリオで行われた国連の演説の動画ですが、

とにかく農家からやってきたようなフツーのおじさんなんだけど、 

スピーチは堂々としててハートからくる情熱が詰まってるので

めっちゃカッコいい。

 

 

 

 

 

もう一つの動画は日本人の一般の男の子たちがウルグアイの国会に赴いて 

ムヒカ氏に対談を申し込み彼の自宅でそれを実現した時の模様です。 

 

ムヒカ氏の全く飾らない人柄、生き様、人間らしさが好き。 

こんな心豊かな大統領はかつていなかったんじゃないだろうか?

 

インタビューしている若い彼らに親しみと愛情をもって誠実に質問に 

応えるムヒカ氏はフツーの農家のおじさんのようでいて仙人だよ✨

 

 

 

 

動画を通じて自分の考察。

 

ただ現代社会の消費社会や競争社会を憂うだけなら、それは人のせい 

社会のせいになってしまって、結局誰かのせいという責任転換に

陥る可能性もあって、この世界自体に馴染めない人や 

この文明を嫌うひと達と権力者たちとの正義と悪の戦いで 

結局ほとんどの人たちが被害者になってしまうのだと思う。 

 

権力者的な意識である欲望や渇望、貪り、コントロールにしても、 

被害者的な意識である人のせい、正義感、無力感、臆病さなどにしても 

多かれ少なかれ全ての人間に備わってる恐れが根底にある意識。 

 

私たちはこの宇宙、世界の縮図のようなものなんだと思う。 

 

私たちは過去生、、、あるいは先祖から受け継いだものとして

権力者で人を抑圧したり、貪ったり、コントロールしてきた事もあったろうし、

逆に、権力者から抑圧され、虐待され、 罰せられてきた事も多々あっただろうし、

人類が受け継いできたDNAの中にそう言った意識は内在しているものなのだろう。 

 

 

すごーく高い視点の話かもしれないけど、 

どんなことが起こってても「全ては神様の思し召し、、、」 

って言い方がしっくりくる✨✨

 

これ宗教とは関係ないからね。 

宇宙の創造プロセスの話だから。 

 

その創造主は全て、戦争も貧困も、苦しみも悲しみも、不公平も 

全てを創造しているわけで、それらを生み出したエゴもその 

創造主から生じたもの。 

 

それに意味もなにも人が勝手につけてるだけで、

ただ一瞬一瞬の創造の爆発を体現している私たち人間。

 

光と闇の意識の人間模様がありのままに存在するこの世界で 

自分に投影する外の世界も、内側の私も 

ただありのままに受け入れる事が愛なんじゃないかなって思う。 

 

これは究極な話だから、それを実感し、腑に落とすことは 

難しいかもしれない。 

 

現実的に不安や恐れを抱えている人たちにとっては、 

目の前の現実が全てだろうから。 

 

ただ以前もプログに書いたように、恐れと同じように安心感というのも 

自分の内側から出てくるもので、どんな状況下にあっても大丈夫だという 

信頼感はこの地球と宇宙の創造プロセスの流れに身を委ねた状態から 

溢れ出てくるものなんだと思います。

 

だからここで伝えたいメッセージは

外の状況がどうであれ、自分の内側にある平和を呼び覚ますことが

外側の現実に平和を創ることなんだと言うこと。

 

私にできることはセッションでそう言った恐れなどのネガティブな波動を、 

音叉を始めさまざまなヒーリングツールを用いて、安心感や信頼の波動に 

変容させる手助けをすることですので、必要ならば、声をかけてください。

 

世界一心の豊かな大統領、ムヒカ

おれは彼のようにデッカいお腹にはなりたくないけど😆

人々とこの人生と地球を愛する豊かな感性に敬服します✨✨✨

 

いつかウルグアイに旅に行きたいな✈️

 

 

今日の締めは再度この音源

 

オーバーザレインボー🌈✨

 

 

 

 

瞬間の爆発。永遠の歓喜。 

 

みなさまこんにちは。 

ハッピー4.20✨

 

引きこもり生活、いかがお過ごしでしょうか😉 

 

おれはというと、もうただひたすら創造に意欲を燃やして 

自分がやりたいことだけをその瞬間瞬間にやってるだけって感じで 

情熱が増してきたかなーって感じがして闘志が湧いてきてるんですよね。 

 

で、この情熱に加担してくれた動画があります。 

 

最近、中田敦彦さんのユーチューブ大学を好きでよく見てるんですけど 

彼のレクチャーを通じて岡本太郎のいきざまを垣間見ることができました。 

 

それでもちろん岡本太郎さんという方の芸術家魂はすごいな、というもの 

あるんですが、その魂が敦彦さんの情熱的な言葉とエネルギーを通じて 

入ってくるので彼もそーとーすごいなーと彼の才能にいつも感心してます。 

 

皆さんも是非、この時期勇気とか自信とか失ってきてる方は 

オススメの動画ですのでご覧ください。 

 

今最も必要な勇気が湧く言葉たち「迷ったら危険な道に賭けろ」 

https://youtu.be/02tcasG2Gcs 

 

命を危険にさらすと勇気が湧いてくる 

https://youtu.be/AcoLDdnD0c8 

 

芸術は爆発だ! というセリフで有名な岡本太郎さんの生き様は 

アーティストそのものだなーって、自分の人として、アーティストとしての 

意識を呼び起こしてくれた。 

 

小学生の頃から反逆児で一年生の時、学校の理不尽な規則や、先生の言動に 

怒りを感じ3回も転校したんだという。 

 

また若い頃画家になり始めた頃はかなり批判も受けてきたらしく、 

それでも全くめげずに、逆に絵画の石器時代は終わった、と訴え 

おれが新しい時代を始める。。。 と情熱を燃やしていたんだという。 

 

自分の信念に沿わないものには反抗するだけの強さが凄いですね。 

自分がどう思われる、みられる、評価されるという事に傷ついても

屈することが全くない逞しさがパワーなんだなー。

 

それが自信なんだろうね〜。 自尊心。

 

幼少の頃から「自分の内に神聖な炎が燃え盛っている」と信じていたという。 

 

なんかすでに神と繋がってる人だったんだなって思うよね。 

常に覚醒しているような人なんだろうか。

 

”人生は瞬間瞬間の爆発の連続” 

 

本当に最近はそれを思うね。 

 

日々の創造プロセスは爆発的なエネルギーなんだよね。 

これが今時俗にいう「今を生きる」って言うまさに本当の意味だって思う。 

 

その瞬間瞬間に意識を向け、選択してゆく。 

 

彼の中でいい意味で使う言葉と、わるい意味で使う言葉があるのだけど、 

例えば ”歓喜” に対して ”幸福” が良くない言葉として対峙されてて、 

幸せというのは安定とかを求めているので進化がなく、惰性的なものに対し、 

彼が求めているのは歓喜であり、それは一瞬の爆発の積み重ねなんだという。 

 

ここで思ったのだけど、歓喜は「永遠」という創造主に繋がってるんだろうって思う。 

 

だから今おれたちはそこに繋がっている必要があるんだと思う。 

 

「危険に身をさらすということが大事で、命を危険にさらすと勇気が湧いてくる。」 

 

確かに恐れを超えるには勇気が必要になってくるから自分で闘志を奮い立たさないとなって 

思う今日この頃。 

 

 

無理だと言われる方を選べ!! 

戦う意志は湧いてきて、そこから初めて力が湧いてくるんだ!! 

 

そう語る岡本氏のヴァイブを受け継ぐ中田氏。 

 

あと岡本氏に関して印象に残ったことは

絵描きは絵を描いてろと言う言葉が一番嫌いなんだという。

 

「職業主義をやめろ、人間として表現するんだ。」

 

本当だね。

おれもミュージシャンとかヒーラーとか、肩書きじゃないし、

なにをやってても自分の魂を表現するものであればアートなんだと思うよ。

 

人生は永遠に続く歓喜のアートそのものなんだから。

 

岡本氏は死んだ時も葬式はしなかったらしい。 

死は祭り。 悲しむものではない。 

 

おれも全くそう思う。 

死はきっと美しいものなんだよ。素晴らしいものなんだよ。 

永遠に続く歓喜の節目なだけだよ。 

 

だから親はもちろんのこと、ご先祖様から代々続くこの神聖な生命を授かってるのだから、

おれも死ぬまで生を歓喜し続けようと心に誓ったのでした。

 

 

そう考えたら、このコロナの時期も全くの祝福。

これによって自分の成長や変容を促されて普段の自分を越えようとする

勇気を与えるトリガーになっているのなら。

 

だからコロナもそれをどう捉えるかの視点が大事なんだと思います。

と言うことでお届けする今回のユーチューブのクリップ。

 

最近二つ続けてアップしたんですがまずはこちら

 

コロナウィルス浄化のためのサウンドヒーリング 

 

この時期、何かと心配不安もつのりやすいかと思われますので、やはりこれを

お届けしたいと思います。

 

コロナウィルスに感染したなと感じた時、実際にしてなくてもそういう 恐れがある時、

コロナの関係で何かとストレスを感じている人などに 聴いてもらえるとうれしいです。

 

サウンドツールは次のものを使いました

 

神の音チューニングフォーク

カバラ数列から成るソルフェジオ周波数を使った音叉。

 

174 Hz・・・意識拡大と進化の基礎

285 Hz・・・多次元領域からの意識拡大と促進

396 Hz・・・トラウマ・恐怖からの解放

417 Hz・・・変容の促進

528 Hz・・・DNA の修復

639 Hz・・・人間関系の修復

741 Hz・・・表現力の向上

852 Hz・・・直感力の覚醒

963 Hz・・・高次元、宇宙意識とつながる

 

惑星のチャイム

冥王星/闇、破壊、カルマの解放、再生力

ニビル/恐れ、混乱、破壊の解放

海王星/混乱、不安、恐れの浄化

新月/浄化、サイクル、安心、安全

オーム/自然、生命、誕生

太陽/中心、活力、バイタリティー

 

クリスタルボウル3種

 

聞き流しでもオーケーですし、本格的にやりたい場合は、

リラックスした状態でヘッドフォンを付け、画像を見ながら そのエネルギーを感じてください。

光、太陽、月の光、オーロラの光などに闇のエネルギーが 溶かされて癒されてゆくことを

イメージして音に浸ります。

 

そして今ここに感謝することをイメージして感じてください。

お好みで何回でもやってオーケーです。

 

多くの方々に使っていただきたいので、 ご利用いただきましたら

ユーチューブにてGoodボタン、チャンネル登録、リンク拡散などのご協力をお願いします。

 

 

 

もう一つはギターのソロ即興演奏を収録したものです。 

 

先月3月の9日、乙女座の満月の日に録音しました。 

 

即興演奏っていうのは初めにイメージがあってやっているのではなく 

その時々、まさに一瞬一瞬の爆発を表現するもので、だからこそ 

その魂のパワーがそこに込められている力強い創造の世界なんだと思う。 

 

出来上がったものを自分なりにリビューしてみると、イメージ的には 

スペインとかヨーロッパのさらに寒い土地の感じがあるなーと。 

荒涼とした風が吹いてる感じが少し悲しさを感じさせる 

エレジーのような。 

 

次第に意識が軽くなっていって、最後は蝶のように変容して行くような、

ロータスの花が歓喜を歌っているように感じますね。

 

今回は動画のいろんなイメージを組み合わせて、音と合わせてみました。 

 

自然とそのサイクルに意識がフォーカスできるように作っています。 

 

タイトルはLife In The Renewal 

 

今この時期、この「生命の再生」が起こっている最中なのでそう付けました。 

 

破壊と再生の創造のプロセスの最中に湧き上がった 

いろんな思いがこの乙女座の満月の日に出てきたんだなーって思います。

 

 

 

こちらもまたユーチューブにてGoodボタン、チャンネル登録、リンク拡散などの

ご協力をお願いします。

 

ではまた✨🌈

 

 

 

 

 

 

コロナウィルスを浄化するためのサウンドヒーリング  

 

 

 

 

今日はコロナウィルスを浄化するためのサウンドヒーリング をお送りします。 

コロナウィルスに感染したなと感じた時、実際にしてなくてもそういう 恐れがある時、 
コロナの関係で何かとストレスを感じている人などに 聴いてもらえるとうれしいです。 

サウンドツールは次のものを使いました。 

神の音チューニングフォーク=カバラ数列から成るソルフェジオ周波数を使った音叉。 

174 Hz・・・意識拡大と進化の基礎 
285 Hz・・・多次元領域からの意識拡大と促進 
396 Hz・・・トラウマ・恐怖からの解放 
417 Hz・・・変容の促進 
528 Hz・・・DNA の修復 
639 Hz・・・人間関系の修復 
741 Hz・・・表現力の向上 
852 Hz・・・直感力の覚醒 
963 Hz・・・高次元、宇宙意識とつながる 

惑星のチャイム 
冥王星/闇、破壊、カルマの解放、再生力 
ニビル/恐れ、混乱、破壊の解放 海王星/混乱、不安、恐れの浄化 
新月/浄化、サイクル、安心、安全 オーム/自然、生命、誕生 
太陽/中心、活力、バイタリティー 

クリスタルボウル3種 

*使用方法* 
聞き流しでもオーケーですし、本格的にやりたい場合は、 
リラックスした状態でヘッドフォンを付け、画像を見ながら 
そのエネルギーを感じてください。 

光、太陽、月の光、オーロラの光などに闇のエネルギーが 
溶かされて癒されてゆくことをイメージして音に浸ります。 

そして今ここに感謝することをイメージして感じてください。 

お好みで何回でもやってオーケーです。 

多くの方々に使っていただきたいので、 ご利用いただきましたらGoodボタン、 
チャンネル登録、リンク拡散などのご協力をお願いします。

 

 

 

 

自分の感情や恐れと向き合うってこと 

 

ヒーリングの経験や技術を使って感情や信念体系を解放する手段があることは 

とても恵まれた環境だったなーと、自分の境遇に感謝する。 

 

自分はヒーリングのセラピストをやっているわけだけど、 

完全にヒーリングされた人間だとか、なにか精神的に超越した 

人間だとか、そんな凄い特別な人間なわけじゃなくって、 

ふつうにネガティブな感情や思考が上がることも時にはあるし、 

苦手なことも恐れることもたくさんあって、 

そんな不器用な生き方をしてきたひとりの人間として、 

楽に生きる術を経験から学んで来たからそのギフトを 

人に施せるのかなーと思う。 

 

ただヒーリングをやってきて変容を積み重ねてきたおかげで、 

自分の人生は明らかにあらゆるレベルで豊かなものになったとは確信してて、 

それは自分の内面を内観したり、その潜在的な感情や意識を観て 

手放していったおかげでものの見方、視点が変わったり、感性が養われ、 

人生のダイナミックの幅が広がったのだと思います。 

 

かつてアメリカンスタイルのスピリチュアルワークも経験した事もあったけど 

その本質は素晴らしいものなんだろうなって感じてたのだけれど、 

常にポジティブ思考で高い視点で自分たちを愛そう、受け入れようという、 

達観した思考が強い中で、もちろんすでに感覚が鋭い人とかはそれを受け取れる

のだけれど、 自分の感覚を抑圧してたり閉ざしている人というのも多くいて、

人によっては自分はそんなハートをオープンにできないとか感じれないっていう 

疎外感や孤独感、劣等感、不十分感が湧き上がるし、 

そういう人たちのその感情は置いてきぼりにされて、 

みんなで光に包まれましょうなんて言われても、 

癒されてるというよりは、デトックスが上がりっぱなしの状態になって、 

欲求不満に陥るよなーと感じてました。 

 

だってこの世は二元性の光と闇の表裏一体で成り立ってるのだから、 

その闇さんにじっくりと取り組んで、ヒーリングなりなんなりのワークで 

自分がその闇を抜けるという選択をして、抜けるプロセスをしない限り 
その人が ハートをオープンにしたり、人との繋がりを感じたり 

という感覚に至ることは難しいよなって思います。

 

そこで大事になってくるヒーリングのワークとしては 

インナーチャイルドを筆頭に、過去の記憶と感情を癒したり、 

過去の経験から構築された自分を制限する信念体系などに気づいて、 

それを手放すという事なわけですね。 

 

「引き寄せの法則」で有名なエイブラハムという宇宙意識体の言うことによると、

感情には22の段階があるという事です。

 

自分は本を読んだことないんだけど、引き寄せの法則はいろんなところで

語られているのでコンセプトは知っててあえて読まないんですが、

その感情のリストは参考になるかなと思ってここに紹介しておこうと思います。

 

そして自分はこの感情の全ての段階を網羅していることを知りました。 😁

そのくらい自分の感情は光と闇の宝庫なんだとも捉えれますね。

 

これは次のようなものだという事です。 

 

【 エイブラハム 感情の22段階 】 

1.喜び/智/溢れる活力/自由/愛/感謝 

2.情熱 

3.興奮/没頭/幸福感 

4.ポジティブな期待/信念 

5.楽観 

6.希望 

7.満足 

8.退屈 

9.悲観 

10.フラストレーション/イライラ/我慢 

11.圧迫感 

12.落胆 

13.疑念 

14.心配 

15.自責 

16.挫折感 

17.怒り 

18.復讐心 

19.憎しみ/激怒 

20.嫉妬 

21.不安(身の危険)/罪の意識/無価値 

22.恐怖(恐れ)/悲嘆/憂鬱/絶望/無能 

 

 

上から波動が高い順で、下に行くほど波動低いってことでしょうね。

 

ただ自分的には上記以外に「恨み」「羞恥心」「劣等感」

なんかを付け加えたいですけどね。 

 

恨みは復讐心。 羞恥心や劣等感は罪悪感に等しいヴァイブかなと感じます。 

 

おれもさんざん味わったから言えますけど、もー最悪なんですけどね、 

このヴァイブは😅 

 

ただ、そんな最悪な波動でさえも、愛を求めているんですよね。 

それはエゴの求める愛なんですけどね。 

 

それには失う恐れや、拒否される恐れが潜んでるから求めても得られない 

現実が投影されるわけですよね。 

 

例えば、恨みという意識、もともとは傷つけられた出来事があったわけだけど、 

その背後には傷つけないで、大事にしてほしい、受け入れてほしい、 

愛してほしい、という思いが強烈にあって、それが成就しなかったから 

恨みに変わるわけですよね。 

 

だからインナーチャイルドのワークをやる方々が注意してほしいのは 

そういったネガティブな感情が上がってきたとして、 

その背後に求めてたものはなんだったのか、ということを 

引き出してあげるとさらに解放は大きいと思います。 

 

大人目線でエゴなんだから欲張ってわがままではいけません、 

自分勝手はいけません、、、

という事になると子供の心は抑圧されるわけです。

 

なのでワークでは、それが叶わなくって恨みに変わる以前の、

そのエゴの要求をキャッチしてあげる事が自分のエゴが許されたという

開放感になり得るわけですね。

 

自分の意識の変容を求めるのでしたら、こうした潜在的な感情を 

徹底的に観て手放す事、お勧めします。 

もちろん本人の希望次第ですが。

 

しかし恐れっていうのはそういったいろんな意識の中でも

一番重いものでしょうね。

だからリストの中の最下位にあるのも頷けるのだけど。

 

多くの人は恐れを感じることの恐れがあるから、恐れを観たりとか 

そんな重いことやりたくないわけですよね。

 

表面的には明るくポジティブに生きたいですから。 

 

でも必然的に恐れが上がって来ざるをえない状況が現実に 

立ちはだかると感じざるを得ないわけですからね。 

それが今のコロナ騒動だったりするわけですが。 

 

そういう時こそ、人生のチャレンジなんですよね。 

 

恐れにしてもあらゆるネガティブな意識にしても波動ですから、 

その波動が自分の潜在意識から表層意識に現れただけの事なのだから、 

逆にその恐れを克服するチャンスでもあります。 

 

例えばお金の不安が全くなくって得られるものってなんでしょう? 

それは間違いなく安心感ですよね。 

 

でも今まではその安心感をお金に依存してきた私たちの信念体系も 

強力だったわけですよね。 

 

そこに依存があると、結局それを失う恐れも強くなるわけですね。 

でも安心感の本質はお金があろうとなかろうと、安心した状態で 

いれればいいわけです。 

 

お金がなければ不安になる数々の理由ってのが人によって 

様々あるわけですが。 

 

それは今までどれだけ物質的なものに依存してたかという気づきと同時に 

感謝の気持ちも湧いてくるチャンスでもありますね。 

 

今ここにある祝福に気づく機会ですね。

 

例えば不十分感があってお金がないって思ってる人はきっとお金が 

足りないんじゃなくって自分の心が満たされないんだって気づける 

チャンスでもあるし、じゃ心を満たすものはなんだろうって考えたら 

自分がハートや魂から表現することにチャレンジすることだったり、 

人との繋がり感だったり、愛情表現だったりなんじゃないかなと思います。 

 

安心感、自分の魂がやりたい事を表現する、今ここに生きる。 

そこに向かうための大きな変容の時期が今なんだと思います。

 

 

とりあえず、ここら辺で切り上げます。

 

では息抜きしましょ〜。

 

公園のドッグランで遊んでた犬たち。

 

ここに遊びにくる犬たちはいつも無邪気で遊び好き。

今この瞬間をエンジョイしているヴァイブがひしひしと伝わるので

いつもここにきては犬たちを眺めて微笑んでます。

 

敷地内の土のエリアで穴を掘って泥まみれになって遊んでる

飼い主に全く無頓着な犬たち。

 

と言うことで本日の音楽。

お送りする曲は前回に引き続き

「この素晴らしき世界」

 

 

 

 

 

 

安心立命ですね  

 

ニューヨークもコロナウィルスによる封鎖で短期間のうちに 

すっかり様相が変わってしまった。 

 

外は車も人通りも少なくて随分と静かになった。 

 

見る限り人がいるのは食材のあるスーパーか公園。 

 

さすがのニューヨークでもマスクをしてる人もかなり増えた。 

 

ちょっと用事で行ったファーマシーも、いっぺんにたくさんの 

人が入ってきて混雑して感染しないように入場制限してて 

かなり緊迫した状況だっていう感じは伝わる。 

 

そのくらいこのウィルスは勢いがあるらしい。 

 

しかし今一番大変なのは病院の人たちだろう。 

 

そこで働いてる人たちも患者のために命がけな感じで日々 

戦ってるんだと思うと過酷さが伝わってきますね。 

 

きっとキネシオロジーやサウンドヒーリング や、おれが講習にいった 

Holo-Setsもそうだし、多くのヒーリングは恐れを和らげ、 

免疫力を高めたり、ウィルスを浄化し調整する効力はあるのでしょうが、 

一般的な認識としてはやはりそこまでヒーリングは市民権を得ていないので、

多くの人たちは病院に行くことになるんでしょうね。 

 

きっとそういったウィルス感染のクライアントさんへのヒーリングセッションを 

自分がするならスカイプを通じてやることになります。 

 

そしてテーマは免疫力、安心感を高める、エネルギーを高める、、 

というようなものになるかと思われます。 

 

ちょっと話が逸れますが、、、 

 

自分はレイキのマスターもやっているので、先日久々にレイキの伝授をさせて 

頂いたのですが、それでレイキに関して再検証してたんですけど、

創始者の臼井ミカオ氏はレイキを体得される前に安心立命の境地を求めていたんですね。 

 

それで安心立命ってなんぞやって事でググってみたんですけどね。 
もともとは仏教や儒教の教えから来てるそうなんですが、

それはこういう意味になるそうです。

 

『心を安らかにして身を天命にまかせ、 

 どんなときにも動揺しないこと。 

 人力のすべてを尽くして身を天命にまかせ、 

 いかなるときも他のものに心を動かさないこと。』 

 

いや~全くそれが今私たちに必要とされる意識だよな~と。 

 

すなわち、それが究極のグラウンディングだし、自分と宇宙を信頼して 

流れに委ねている、自分軸の状態、、と言えるんじゃないでしょうか。 

 

そしてそうなることで自然治癒力は高まり、ちょっとやそっとでは 

病気にならない心身が作られるんだと思います。 

 

だからそう考えたらレイキの理念としては地に足のついた意識を 

目指したヒーリングなんだと思います。 

 

伝授の機会をいただき改めて臼井氏に感謝と敬意を表したいです。 

そして受講していただいたNさんにも感謝します。

 

いまやヒーリングも進化して様々な種類のものがあって、皆さん 

どれから始めたらいいのか迷うほどに情報も増えましたが、 

最初にヒーリングを学ぶものとしてはレイキはとても面白いと思います。 

 

もちろん伝授する人にもよるのかもしれませんね。 

 

多分自分が伝授やってて楽しいと感じたから、受ける側もその楽しさを 

感じれたんだと思います。 

 

因みに今回は初のスカイプ伝授でした。 

 

それまでスカイプで伝授はやったことがなかったので、一抹の懸念は 

ありましたが、実際やってみると全く問題はありませんでしたし、 

十分にできた手応えがありました。 

 

 

さて話を元に戻して、要するに今回のコロナのもたらしたメッセージは 

やはりこの「安心立命」、、平たく言うとグラウンディングした意識状態が 

大事なのかなと感じました。 

 

こう言う状況ですから、いろんな情報がメディアから飛び交いますし、 

周囲から影響されたりだったりで翻弄されがちになることもあるかと思います。 

 

そこでこのグラウンディングすると言うことが大事になってくるわけです。 

 

どんな時も肝を据える、落ち着く、安心感を保つ、、、あるいはそういう状態に 

なっても戻って来れる信頼感。 

 

もしセラピストやヒーラーさんなら、今一番試されている時なんじゃないでしょうか。

 

自分が安心した意識でクライアントさんにその安心感を与えれることがヒーリングの 

技術より何よりヒーリングのパワーになるんだと思います。 

 

それはBeingでいることですね。

女性性のエネルギーですね。

 

なので、これはそういった人たちには与えられたチャレンジなんだと思います。 

 

不安、心配、恐れは完全に今ここに存在する意識から引き離される事なんですね。 

だからグラウンディングが弱い状態になりますからね。 

 

しかしよく考えたら、今地球に生存している人たちというのは、 

ながーい地球の歴史の中で様々な戦い、争い、疫病や飢え、貧困、天災などの 

困難を乗り越えて生き残ってきたご先祖様たちの末裔なわけですよ。 

 

だからそんなやわな遺伝子をもった私たち人類じゃないんですよ、本質的には。 

一昔前、100年ほど前にはスペインかぜというものが流行し、桁違いの

死者を出したらしいのですが、私たちはそういった苦境を超えてきたわけですよ。

 

だから今回もこれが乗り越えることのできるものだからチャレンジさせられているんですよね。 

そう思うと私たちは常に宇宙の最先端なんだと認識できますね。 

 

しかしその恐れを超えることができるのは愛なんですよね。 

 

これは理想とかではなくて真実なんだと思います。 

 

この陰と陽の二元性の世界では恐れと安心は相反する意識だとおもいますが、 

それは表裏一体でもあるわけですね。 

 

それを超える意識は愛なんだと思います。 

 

なので、究極的には今回のコロナウィルスから学ぶべきことは 

自分が愛を表現すると言うことに尽きるのかなと。 

 

魂が本当に喜びを表現したいこと、やりたかったこと、、、 

そこに戻ることなんじゃないかなと、そう感じました。 

 

だから焦らず、頑張りすぎずに、もし今回のことで職を失ったのでしたら

お金の心配やら、先の不安やらの代わりに、仕事から解放されて自由を得た今

自分は本当は何をしたいんだろうって、内観する時間を設けてはいかがでしょうか?

 

そしてその貴重な時間をそれに向けて専念することや、それを外に発信することが

今ここでできることなんだと思います。

 

もっぱら私もそれを実行すべく、今必要な、やりたいことをやる、 

ということにフォーカスし専念して生きています。 

 

なので今回は私の与えられたギフトである、ギターを手にして 

ユーチューブの動画をアップさせていただきました。

 

まだご覧でない方はどうぞご視聴ください。

 

アイルランド民謡として古くから知られているこの曲は「ダニーボーイ」

あるいは「ロンドンデリーの歌」という名前で有名な曲。

 

最近この曲のメロディーが頭に浮かんできて、演奏したくなりました。

もう戻ってこない愛する人に向けられた哀しみの情感が旋律に込められ、

たくさんの愛が詰まってるこの曲が好きです。

 

なぜなら哀しみは私たちの心にたくさんの愛が溢れていることに 気づかせてくれるから。

 

また、この曲には私自身がアイルランドを旅した時の美しい情景を思い起こさせ、

親しみと懐かしさを感じさせます。

 

今回はギターでそれを表現してみました。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

最近はもっぱら晴れた日には川沿いの公園の芝生の上で日光浴しながら

バイタリティや免疫力を高めてますねー。

 

ソーラーパワー、スゴイですよ。

なんてったってアマテラスパワーですからね☀️

 

 

 

 

Love💖&Light✨

 

 

 

春分の日・ハワイ・クジラとサウンドヒーリング音楽 

 

こんにちは。 

 

今日は春分の日ですね。 

 

正確にはNY時間19日午後11時49分に春分ということですが、 

その前後数日は春分のエネルギーがつよいので、 

今日は一人で春分の日のリチュアルをやってます。 

 

そのために、昨日は家を片付け、掃除したり、自己浄化して 

古いエネルギーを手放して新しいエネルギーを迎い入れる準備をし、 

今日は日中ニューヨークも摂氏20度に達するほどの暖かい天気だったので 

川沿いの公園の芝生の上でお祈り日光浴をしながらバリトンウクレレを 

かき鳴らしてました。 

 

一年の中でも春分の日は占星術などでは始まりの日なので 

とても大切な出発の日だと言えます。 

 

そんな何度も経験した春分の日の中でも昨年の事は忘れられない神秘的な

春分だった日々だったので、その事をシェアしたいと思います。 

 

ハワイ島のコナでのりこ&ゆうき&はるま&参加者グループを引き連れて 

リトリートを行なっていたのは2月の下旬から3月中旬にかけて。 

 

その仕事が全て終わったのはちょうど春分の日の直前。 

そしてリトリートで借りてた家を出る日が3月21日の春分の日。 

 

リトリートハウスのラナイから眺める景色がとびっきり美しく、 

正面には水平線が広がってて、そこから毎日のように夕日が見えてたのだけど、 

リトリート終了直後の20日の早朝は満月が水平線にポカンと浮かんでて、 

空を淡いブルーとピンクのグラデーションで彩っていた。

 

それは天秤座の満月だったらしい。

 

 

 

 

 

そして翌日の早朝には空に虹がでて、全てを祝福してくれてるようだった。 

 

それから、家をチェックアウトする前に、ケカハカイのビーチに挨拶しに行った。 

 

そこには、偶然にも絶滅危惧種のハワイアンモンクシールという 

アザラシがビーチに来てて、しかも生まれたてホヤホヤの赤ちゃんが 

一緒にいた。 

 

この春分の日に、そんな貴重な動物の新しい生命の誕生に遭遇するなんて、 

タイミングが奇跡すぎるほどに、チャンスに恵まれたと思ったし、 

満月も太陽も、虹も、動物たちも、全てここの自然のスピリット、 

それをハワイの女神ペレーと言うのかもしれないけど、そういう存在から 

溢れんばかりの祝福を受け取った気持ちだった。 

 

 

 

素晴らしい一年の始まり。 

この先どんな素晴らしいことが待っているんだろう。。 

 

そんなワクワクな予感に心は弾んだ。 

 

あれからちょうど一年経った今、その時の事を振り返ってるのだけど、

あの祝福の日々は今に繋がっているし、どんな事が起きようとも

これから迎える未来は素晴らしいものなんだと、あの時の圧倒的な

光を思い出しながら今の時を過ごしている。

 

今回の日記はサウンドヒーリング ミュージックを紹介するのだけど、 

去年の春分の光から今日の春分へと進化するための創造を引き継ぐような意図で

お贈りしたいと思います。 

 

今回のサウンドの目玉は音源の中にクジラの唄声をフューチャーしている事です。

 

そのクジラの音源は、先のリトリートで出会ったドルフィンスイムツアーの 

ガイドでありアーティストのダイスケさんから拝借させていただいたものです。 

 

リトリートは3回こなしたのだけど、それぞれにドルフィンツアーを 

行ないました。 

 

そのドルフィンツアーで出会ったダイスケさんはイルカを愛し、イルカに愛され 

テレパシーで意思を通わせる、イルカの申し子のようなラブリーな人。 

 

そのツアーの間、何度も会うので話をするチャンスがあったりして 

お互いのやってることや、やりたいことなんかを話し合って、 

お互いにどこかしら通じ合う友人のように思うようになってた。 

 

それでFacebookで繋がったりして、時折近況を伺っていたのだけれど、 

最近パートナーのゆうこさん<彼女もドルフィンスイムツアーで素晴らしい 

サポートをしてくれた方なのだけれど>というイルカカップルの間に 

赤ちゃん生まれてチョーオメデタになってます。 

 

 

そんな彼に2ヶ月ほど前にフッと思い立ち連絡を取って、

音楽を制作したいのでイルカとクジラの音源を送ってほしいとお願いしたら、 

すぐにオーケーしてくれ、ファイルを送ってもらいました。 

 

そんな経緯で、やっと曲も仕上がり春分の日の今日を発表する事が 

できました。 

 

音楽はクジラの唄にシンセサイザーのバックグラウンド。 

ネイティブアメリカン・フルートのリードにクリスタルボウルなどの 

シンギングボウルをちりばめて宇宙的なサウンドになってます。 

 

リラックスしたい時、癒されたい時、瞑想の時、、、など 

お好みに合わせてかけてもらえると嬉しいです。

 

と言う事で春分のエネルギーに祝福と祈りを込めてお届けします。

 

題して

『Whale Song Of The Universe』

 

 

ダイスケさん&ゆうこさん ありがとー&アロハー🌈

 

 

 

 

 

免疫力を高めるサウンドヒーリング 

 

こんにちは。

 

先日はちょうど3月11日を過ぎましたね。

2011年の東日本大震災での大惨事から早9年が経ちました。

 

なんとなくフッとそのことが思いをよぎって、

いつになく被災された人々と土地に向けて追悼の念を送りました。

 

その災害から多くのものを失った方々もおられると思いますが、

残された課題も大きかったのではないでしょうか。

 

それからの原発に対しての考えなど、きっと多くの方々が

意識を変えざるを得ない状況に立たされたことでもあります。

 

そういう意味において、破壊は、新しい認識や意識をもたらす

変容の機会でもあります。

 

そんな9年前の時期と同じ頃に起こってて

現在世間をお騒がせしているコロナウィルスに関して

多くの方が心配や不安にさいなまれている状況に自分なりに少しでも

なにか出来ることはないかなと、案じていたのですが

なんとなくこれだって感じで降りてきた感もあったので、

ユーチューブを通じ サウンドツールを用いてヒーリングを

お送りさせていただく 事にしました。

 

結局どんなウィルスでも恐れなどのネガティブな意識が波動を下げ、 

免疫力を低下させる大きな要因だと思われるので、

それを高い次元の波動を持ったサウンドツールでそういった

意識を調整しようというユーチューブで初の試みです。

 

演奏した音は、ゴング、惑星チャイム、シンギングボウル となります。

強力な浄化力を持ったツールですので、スピーカーから 聞き流すだけでも

効果を感じられる方もおられることと思います。

 

またコロナウィルスだけでなく、様々なネガティブな感情の浄化や、

部屋の浄化にも効果があるのではないかと思いますので、

どうぞ試されてみてください。

 

以下ユーチューブの説明から抜粋しています。

 

*ヒーリングセッションとして利用したい方は、

なるべく周りが静かな環境で自分の心配や不安の状態を 思い起こして、

しばらく不快な状態を感じてみてください。

 

そしてそのネガティブなエネルギーを宇宙のハードディスク に

そのストレスを蓄えるように意図します。

 

そして次のようなアファメーションを唱えます。

 

『私はどんな状況でも安心感を保ち自分と宇宙を信頼します』

 

そしてリラックスした状態でサウンドを感じてください。

できればヘッドフォンを着けて聴くのがおすすめです。

 

サウンドが終わったら、そのまま寝てしまっても構いませんし、

深呼吸しストレッチなどをして体に意識を向けてグラウンディング します。

 

 

*サウンドツールに関して

 

使用しているツールはまずゴングになりますが、

途中で音量が 大きくなるので倍音が不快に感じられるかもしれませんので、

あらかじめ音量調整をしておいてください。

 

ただしある程度の不快さは楽器の特質でもあり、

それも含めて 必要なプロセスでもありますのでご了承ください。

 

次は惑星チャイムになります。

それぞれの惑星には固有の波動があるのでその性質に応じて

そのバランスを取るものです。  

使用した惑星は以下のようになります。

 

冥王星・新月冥王星・ニビルニビル・新月キロン・フルムーン

 

そして最後に各種シンギングボウルとクリスタルボウルで

仕上げのクレンジングというプロセスになります。

 

以上がこのクリップの説明になりますが、 何か感じていただけましたら、

拡散を希望しますので いいねボタンをクリックして頂いたり、

コメントして いただければ助かります。

 

みなさんが平和な日々を過ごせますように。

 

ありがとうございます。

 

 

400

 

 

 

日光浴に川沿いに。

 

 

 

日本のみなさんお気楽に 

 

最近なにかと話題のコロナウィルスですよね~。 

 

時事ネタ話すのおれにしては珍しいんですけどね。 

 

日本ではやたらとメディアが騒いでいるらしく、 

なんでもマスクがどこに行っても売れきれになるという 

珍事件が起こってるらしい。 

 

これに関して、思い起こすのは1970年代にオイルショックの 

時期にトイレットペーパーが売り切れるってやつと心理的には 

そんなに変わんないのかなーって思った。 

 

やはりメディアに踊らされている感が強いよなーって感じる。 

だから多数の人がその波動に波長を合わせてるのが問題なんですよね。

 

アメリカでもウィルスは上陸してますがカリフォルニアの方では結構

スーパーでのトイレットペーパー買い占めとかあってるみたいですね。

 

こちらニューヨークではマスクをしている人は

街に出てもあまり見なくって、たまに見かけたと思ったらアジア人系の人だったりです。

 

また一つの事件が起こるとやたらとどこのチャンネルでも同じ事 

言ってたりする日本のテレビ。 

 

そんなにいつも言ってたら洗脳されてしまうよね。  

 

おそらく免疫を高めるための第一歩はテレビ報道を見ないようにする事 

かもしれない。 

 

報道洗脳に踊らされないためにおすすめです。 

 

必要な情報は自分が見たいときに必要なものを見ればいいし。

 

それでも性質的に心配性とか、不安だとかって上がってくるのは

あるでしょうね。

 

そういう方はキネシセッション受けられてくださいね。

 

心配や不安って恐れベースですよね。

 

しかし恐れるよりかは、ウィルスに関しての対処方法を

知る方が有益でしょうね。

 

基本的には免疫組織が低いとそれに抵抗できないので、

免疫力を高めることが大事になってくるようです。

 

そこで心配や不安の感情を解放することが大事になってくるんですね。

 

先のことに煩わされて今を生きれないっていうのは、一番損な生き方してる

時ですよね。

 

それは心配性な人の培ってきた人生のいろんな経験の記憶があるんでしょうね。

 

それは端から見たら、恐れに洗脳され脅かされて臆病になって

柵に閉じ込められた羊達のような光景で、ちょっとかわいそうでもあります。

 

それはハートや魂に従うということと対極にある意識の現れ。

 

確かに、魂は恐れも含めた様々な意識を経験したくて今生に生まれてきている

ということも言えるのだろうけど、きっと魂がさらに求めるのはその意識を

超えたところにあるんだと思う。

 

それが安心とか信頼という自由なんでしょう。

 

今回のコロナウィルスに関して言うと、恐れってどう云うものでしょうか?

 

死への恐れ、病気にかかる恐れ、人に迷惑かける恐れ、、、

 

それらもあるでしょうがきっと集合意識から抜ける恐れもあるでしょうね。

マスクはその恐れから逃れる一時的な安心ツールでしょうか。

 

マスクを買うことで得られる安心感ってなんなんでしょう?

ウィルスから身を守るためなんでしょうか?

 

きっとこういうのもあるんじゃないでしょうか。。。

 

周りから買ってないと責められないため。

マスクをしてないことで自分のせいにされないため。

周りから変な人と思われないため。

 

きっと他にもあるかもしれないですが、そう言った基本他人軸な

危険回避思考からくる恐れは社会の集合的な思考形態なんじゃ

ないかと思います。

 

そう考えると、そこから受け取れるメッセージは、

周囲からの目や評価を基準に他人軸で行動するんじゃなくって

本当はハートや魂の本質的に自分がどうしたいか、

という自分軸に戻ることなんじゃないかと

一連の事件を見ながら思いました。

 

早い話は、もっと楽しいこと、自分の喜びになるようなことを

創造する、クリエイティビティを活かす生き方なんでしょうね。

 

おれ的な免疫を高めるためのおすすめは、

とりあえず自然に触れる、感じることですね。

 

1日に一度でも地球のエネルギーを感じれる場所に行って

そこで自然を感じたり、自然と一体になってエネルギーを

活性化するわけです。

 

太陽の光、空気、風、水、空の色、植物、鳥の声、

それらの全てが自分と一つに溶け合って、エネルギーを

リフレッシュする事。

 

あとは友人や好きな人とつまらない事で笑う事や

気持ちをシェアしあう事、そして愛し合う事、などなど

その時々の幸せを感じることでしょうね。

 

そしてそんな当たり前のような奇跡の日々を感謝する事も大事ですね。

 

日本の皆さんの不安、心配が和らぎますように。

 

それではみなさんお気楽にー💖

 

 

と云う事でお気楽コーナー。

 

ニューヨーク街プラ写真のシェアします。

 

ここはソーホーのどこか

 

ブリーカーストリートだったかな。

 

 

ブリーカーストリートにあるグルテンフリーのクッキー&ケーキ屋さんPoshPop Bakeshop

結構アメリカサイズのでかいケーキなんだけど、見かけより甘さ控えめでそこまで重くない。

 

 

 

自由のシンボル、ワシントンスクエア


 

 

中心の噴水のエリアで自由気ままに遊ぶニューヨーカー達

 

 

ピアノ弾いてる

 

こちらはグランドピアノ。

ピアノの下に寝そべって聴いてる人もいた。


 

 

ブロードウェイの17丁目近辺

ジュテームの色がカラフル

 

 

その近所の雑貨屋ABCはわりと最近お店を改装したみたいで

前に比べてエネルギーが格段に軽くなった感じがした。

 

オーラソーマとかも置いてて、時々行くんだけど、そこの目玉は

このでっかいクリスタルの塊達。

 

近くによるとエネルギーで頭がぞわぞわしてくる。

すごいパワーあるよ。

この写真だけでもパワーを感じる。

 

この店に来るだけでも豊かさのエネルギー受け取れるかも。

 

 

自転車で10数分の川沿いの公園

この日も快晴。

 

お日様に当たりながら浄化&リフレッシュ

 

 

自由の街、ニューヨーク。

 

森羅万象の意識が溶け合うメルティングスポット。

この土地でおれも自由を謳歌しよう。

 

 

 

    💖✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピリットキャンドル 

 

 

おれっていろいろ趣味のものあるのだけど

最近のマイブームで始めたのはキャンドル作り。 

 

前からキャンドルにはすごく惹かれるものがあって、 

時折ホールフーズなんかでキャンドルを買っては 

ヒーリングの時や、瞑想の時、食事の時、 

恋人や友人と語り合ったりイチャイチャしたり、チルアウトする時、 

はたまた音楽や創作活動の時等など、、、 

 

スペシャルな時を過ごす共としてキャンドルを灯すのを楽しんでた。 

 

キャンドルの火には空間をスペシャルにするスピリットがあって、 

自分にとってキャンドルのある空間はリチュアルを演出してくれる。 

 

最近は一人暮らしってのもあって、創作意欲も湧いてるので 

自分一人でいろいろ打ち込む時間が多いのでいつもキャンドルを使ってる。 

 

なのでしょっちゅうお店とかで買うのよりも 

自分で作ってみようかなっと思い立ち、材料をネットで買って手順も 

ネットで見ながら今月初めからキャンドル作りを始めた。 

 

キャンドルの材料は基本オーガニックのソイワックスに 

オーガニックのアロマオイルを混ぜたもの。 

 

写真は記念すべき初回のもの。

 

 

 

しかしその程度なら普通のナチュラル系キャンドルなわけだけど、 

2回目の今日はもうグレードアップしようと試みて、 

ヒーリングのエネルギーを注入してみたりした。 

 

クリスタルボウルの音や惑星チャイムの音などで浄化+波動を調整し 

愛のエネルギーを送る意図を持って、手でレイキのヒーリングを送った。 

 

一人で瞑想やヒーリングするとき、なにか特別な時間を演出したい時、 

そんな時々に自分のスピリットを蘇らせることを意図して 

スピリットキャンドルって呼ぼうと思ってる。 

 

まだ試作段階だから、販売するとかは先のことだろうけど 

しばらく研究重ねて熱中しそう。 

 

愛には演出が必要だよね。 

もちろん形ばかりにこだわらなくてもいいけど。

 

自分にとってそれは豊かさの形だと思うから。

 

灯を観ながら内側の豊かさを発見しましょう✨

 

今回2回目のキャンドル制作

サニーサイドラボにて?

 

アブラカタブラ〜チチンプイプイ〜!!

 

とわ言わないがとびっきりのラブエナジーを送りました。

 

Love?&Light⭐️

 

 

 

 

ある棚ぼたな1日 

 

 

ちょっと不思議な話。 

 

先日、対面セッションを受けに来てくれたクライアントYさんから、 

帰り際に支払いのチェックをいただいた。 

 

おれのキネシのセッションは通常対面220ドルとっているんだけど、 

彼女はチェックの数字を書き込む欄を空きにして 

好きな金額入れてください、、なんて言ってくれた。 

 

ワーーォ!! 

嬉しいけどせいぜいチップ分くらいの金額追加するくらいのものだと 

想像してた。 

 

けど、彼女の口からこう言いだした。 

『700ドルって言ってるよ』 

 

一瞬その答えに戸惑って 

『えーーー!! いいの、そんなに!!』 って返事した。 

 

『うん、さっきトイレに行ってた時、そういう数字が降りてきたから』 

 

『マジっすか!! えーーー!!』 

 

と、流石に金欲深いおれでも躊躇&遠慮する瞬間だった。 

 

そんなに受け取っていいのだろうか? 

自分のセッションにそれだけの価値があるんだろうか? 

そもそも誰がそう言ってるってんだ? 

 

確かにワンセッション220ドルってこの仕事にしては 

安くやってるのかもしれない。 

だけど、その3倍以上の金額で受け取れるのかと思うと、、、 

 

人に貢献しなければとか、結果を出さねばとか、 

自分はまだまだ、、とか思ってたら受け取れないから、 

そこんとこの自己価値、もう少しワークしなきゃね。 

 

自分には無限の価値がある、という事を受け入れればそれも 

受け入れられるんだけどね。 

 

このセッションにどれだけの価値なんて、わからないけど、 

ただ相手がそれだけ自分のセッションに支払うことを厭わない 

と言うことにも感動したし、 

感謝の気持ちがそれだけ大きな豊かさのエネルギーになって 

帰ってくることに驚きでもあった。 

 

自分の才能や能力をもっと信頼して 

素直に豊かさを受け取ってください。。。 

 

そんな励ましのメッセージにも感じれた。 

 

でそもそもなにが彼女にそう言わせたのかっていうと、 

彼女のガイドがそのナンバーを降ろしたみたいな感じらしい。 

(ちなみに彼女は多次元キネシのクラスは受けていません) 

 

そんな彼女から後でこんなメールを受け取った。 

 

前略~ 

 

ブランクチェックを書くということが頭にすらなかったけど、 

前回にそうできるようになりたいなっておさむさんにいったらもうできるようになりましたね。 

 

現実が変わるのが本当に早くなって、おさむさんのおかげですよ 

どっちかというと金額を教えてもらったというよりナンバーが上から落ちていた感じですよ 

トイレに座った時とかかな? 

 

$700、ではなくてただ700っていう数字だけ上から看板が落ちてくるような感じ。 

 

これは、もしかしたら私のギフトにもなるのかもしれないけどどっちかというと、 

光の存在になったおさむさんに対しての労いの気持ちと、 

私の多分レムリアさんの方がやっと気がついてもらったwみたいな感じですごい喜んでて、 

それの些細なお礼のように感じたりしますよ。

 

というのは最初にレムリアとおさむさんが言った時、 

私はピンと来ませんでしたがなんだか嬉しそうだったから。 

(この方は男のエネルギーを持った感じの両生類だと思いますが、 

名前がわからないので今のところレムリアさんで) 

 

そして、そこまで私を導いてくれたおさむさんに対して、 

お金を通しての感謝なのです。 

 

なので私からではやっぱりなさそうですね。

 

それではお元気でね! 

 

 

Y

 

 

 

きっとこのことは豊かさを与える彼女にとっても 

受け取るおれにとっても学びがあったんじゃないかな~。 

 

何れにしても、おれとかクライアントさんとかっていう3次元の 

個人レベルを超えた目には見えない高次元との関わりを直接的に 

感じれた経験でもあった。 

 

そんなわけで、いきなり棚ぼたな豊かさのエネルギーを受け取った1日。 

 

水瓶座新月のエネルギーになんか関係してるんかな~? 

 

ヒーリングとかやってると、いろんな不思議なこと体験するよ。 

 

今回のはそのうちの一つ。 

 

今度はどんなサプライズがでてくるだろうね。

 

それはまたのお楽しみ〜。


 

 

年明けに行ったブルックリンのインダストリーシティーの

内庭の飾り。

 

 

 

ニューヨークの冬 

 

ここ最近になってようやくニューヨークもマイナス気温の日々が 

訪れ、例年よりおそらく一月近くは遅い冬本番を感じ始めた今日この頃。 

 

2020年になって初めてのブログ。 

 

今更なので言うのも気まずいけどまだお会いしてない方に向けて新年のご挨拶。 

 

 ?あけましておめでとうございます?

 

 

去年は自分にとって人生の転換期といえる離婚という大きな出来事があり、 

自分の生き方を全て見直さなければならない現実に直面しました。 

 

その転換期は今でも続いてますが、そうした時期にいろんな方々からの 

励ましや応援の言葉に心動かされ、そう行った方々に祝福され 

愛されてるのだと思うと感謝の気持ちが溢れるばかりです。 

 

今回はきっと人生で初めてそんなみんなの応援に応えたいなって思いました。 

 

それはこれから行動することの目標や結果がどうのこうのという話ではなく 

ありのまんまの自分で、自分の魂が喜ぶことに情熱を燃やしたい、、という 

切望でもあります。 

 

きっとそれを表現することがみんなの励みや応援に応えることになると思うから、 

自分のスピリットをさらに逞しくするべく解放していきたい。

 

このブログを書いてる時はちょうど、水瓶座の新月の日。 

年の初めの抱負ということも交えて、自分の新月の願い事いくつかシェアします。  

 

#友達の輪が広がりますように 

#世界を旅しながら音楽活動する事ができますように。 

#音楽へのモチベーションが高まりますように。 

#生きる情熱を燃やし続けられますように。 

 

一人になって、じっくり自分の気持ちと向き合う時、 

やっぱり自分は世界中で音楽を奏でながら自由に旅をするのが 

夢なんだって言うのを認識する。

 

そのために自分の可能性を広げるように新月のアファメーションを作りました。 

またその結果もたらされる抱負がアルバム作成や

日本各地のギター即興&サウンドヒーリングライブツアーです。 

 

CD一枚ぶんの作品を仕上げるのをおそらく春までに仕上げ、その作品を引っさげ 

7月下旬くらいに日本上陸、という目論みを企てています。 

 

ライブツアー、まだどこでやるか決めてないです。 

地方でも都市でもできるだけ、たくさんの場所でやれればいいですね。 

 

全くマネージャーとかエージェントとかいないので、もちろん自分で場所を見つける 

しかないのですが、もしどなたか自分のツアーのオーガナイズや手伝ってくれる方がいたら 

ぜひ気軽に声かけてください。

 

そんなわけで、自分の新年の抱負&宣伝コーナーでした笑

 

 

では最近のNYCのヴァイブをお送りします!!

 

先日久々に雪も降ってて、気分転換に外に出たくなったので街プラにくりだす。 

 

ビレッジ>ソーホー>ノリータ界隈のカフェ、雑貨屋を眺めつつ 

冬の冷たい空気にさらされながら、膝丈まであるダウンジャケットと

ふかふかブーツでブラブラ歩いた。

 

ここはワシントンスクエア 

リスと戯れる憩いの場もこの日は雪が積もって静か。

 

 

 

そこから南に歩いてブリーカーストリート近辺で見つけたこじんまりとした 

何気におしゃれなカフェ。 

 

温かいもの飲みたかったからここにウォークイン。

 

 

 

 

店内には10人座れるかどうかってくらいの狭いスペースだったけど、 

ちょうど席が空いてたので、冷えた体をコーヒーと室内のヒーターで 

温まるまで入り浸った。

 

ラインとブラウニーをお茶のお供に。。。

 

 

 

 

ニューヨークの街はやはりお店の入れ替わり立ち代りが早いから 

歩いてるといつの間にかあったはずのお店がなくなってたり、 

違うお店になってたりが多いのに気づく。 

 

昔に比べておしゃれなお店が増えたな~。 

 

ここはソーホーのローカルなビール、ワイン、食事を出してくれるバー。

 

街プラはおれの趣味なんだけど、基本明るい日中が好きなので 

どうしてもお酒のバーよりもカフェに注目してしまいがちだけど、 

ディナーに行きたいレストランもチェックしたりして。

 

 

ソーホーのとあるコーナー

 

 

そこからノリータを散策。 

コーナーのお店はおれのお気に入りチーズケーキがうまいベーカリー 

Little Cup Cake Bake Shop

 

 

 

まだまだ日は短い冬は4時過ぎにはもう薄暗くなってゆく。

 

 

 

今年はニューヨークで越冬だね。 

 

でもアパートが南国みたいに暖かいから常に半袖状態でハワイみたいに居心地がいい。 

ここでしばらく音楽とヒーリングに没頭しよう。 

 

魂のおもむくままに。

 

The Circle Prayer/ Snafkin Osamu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬至に捧げる曲/新月ガイド瞑想・サウンドヒーリング のお知らせ 

 

今日は冬至。 

 

太陽の日照時間が一番短い日。 

 

陰のエネルギーのピークなのだけれど、そのゼロポイントを 

折り返した後は陽に向かって上昇してゆくエネルギーでもあります。 

 

スピリチュアル的にも大事な日。 

 

日本時間で22日の13時19分がピークなんだそう。 

 

占星術的にはその時に太陽が山羊座に入るのを冬至という。 

 

おれも冬至といえば2012年の12月にセドナに行って 
ホピの長老とか沖縄の神人さんなんかとセレモニーやったり、 
5年くらい前に朔旦冬至なんていってサウンドヒーリング の 
ユーチューブの生ストリーミング演奏したり、 
ヒーリングって世界に入って冬至も含め夏至、春分、秋分という 
宇宙的イベントの節目を結構大事にしてきた感じがする。 

 

今日はそんな日にふさわしい新曲を紹介します。 

 

先日のブログでも書いたように、ガスなし生活がきっかけになって 
音楽を録音するプロジェクトを約1週間にわたってやったのですが、 
その中でもこの作品が最高の傑作だと思ってます。 

 

こういう曲に出会うと天から授けられた恩寵を

感じさせるほど、その祝福の恵に感謝が沸き起こります。 

 

この曲を編集しながら聴きかえすたびにその祝福のエネルギーに感謝の 
涙が溢れてきて、喜びに包まれるような思いになりました。 

 

それは魂の喜びを表現している、ということもあるけど、 

魂そのものがここに生きているような感覚です。 


きっとこの自分の与えられているギフトを人に広げることは 
これからの自分の課題なんだと思います。 

 

この曲についてちょっと説明します。 

 

先日の録音に先立つこと約2年前、2018年1月にニューメキシコを旅した。 

名目はリチャード博士のHOLO-SETSのクラスをアルバカーキに受けに行く事だったのだけど、

その前にサンタフェ、タオス、リオ・グランデ、アコマなんかの自然の景色を見に行った。 

 

かつてリオグランデの橋のたもとでネイティブアメリカンフルートを 
聴いて、その音に心惹かれ自分もフルートを吹き始めたり、 
そこの渓谷のそばで奉納演奏したり、何かとネイティブアメリカン系の 
スピリットに共感共鳴する自分の過去性のルーツがそこにあったのだと思う。 

だからそれは自分のスピリットを再び呼び覚ます旅だったのかもしれない。 

 

その旅から帰ってしばらくして、自宅にあるネイティブアメリカンのドラムを 
叩きたくなって叩いたらその音がまた美しくってその日は録音したくなった。 

 

このドラムは牛革でできていて湿度によって結構トーンが変わるので、 
極端に高音だったり、湿度が低いとベンベンって感じだったりでちょうどいい湿度の日も

珍しかったのでモチベーションが高かった。 

 

そうやって録ったドラムの音源にギターとフルートを重ねて録音して大体の

曲の構想は出来てたので、あとはそれを元に清書するような感じで録音に挑んだ。 

 

っていうのは、コードもメロディーも大体の流れがあるくらいであとは 
即興でやった感じ。 

まあ40作曲x60即興、、くらいの割合でしょうか。 

 

また遡って今年の夏至。 
一人でアリゾナへと旅をした。 

 

その旅はビジョンクエストと勝手に自分でタイトルをつけた。 

 

自分は全く現代人なのでそんな厳しい修行をしたかったわけじゃないけど、 

この旅の目的は自分の魂の本質を研ぎ澄まし、その喜ぶ方向へと向かうための 

リチュアル、、という意味では同じスピリットがあると思うから、ビジョンクエストと銘打った。 

 

そこでまたインスパイヤされ再びフルート熱が上がってきた。 
そしてフルートを日本のコンサートでも多用したし、 
今回のレコーディングでもこの作品を含め多用した。 

 

その夏至のセドナ、アリゾナで受け取ったパッションをちょうど半年後の今日 

この冬至に発表する事は自分にとってはとても大切なセレモニーだと思いながら 

この曲をお届けしたいと思いいます。 

 

どうかこの波動がみなさんに伝わりますように。 

 

この世のいきとしいけるすべての生命への愛と祝福と祈りを込めて。 

 

The Circle Prayers/ Snafkin Osamu

 

 

 

 

さて次はイベントのお知らせ✨

 

 

山羊座新月ガイド瞑想サウンドヒーリング 

 

開始時間>日本時間12月26日午後13時45分NY時間12月25日午後11時45分 

     =LA時間12月25日午後8時45分ハワイ時間12月25日午後6時45分 

 

 

*新月の時間は日本時間12月26日14時14分なのでその約30分ほど前から開始して 

 会が行われている最中に新月になるように設定しました。 

 

所要時間>約1時間 

 

内容>あらかじめアファメーションを参加者個人で作成しその願い事を成就するために 

 潜在的に残っているブロックの浄化と変容を音とヒーリングエネルギーの 

 波動によって促し、山羊座新月のエネルギーと共にサポートするもの。 

 

参加ドネーション>22ドル(ペイパル支払い) 

 

参加方法>スカイプでこちらと繋がっていただきます。 

   こちらで作成したグループに参加していただきます。 

 

スカイプダウンロード&登録はこちら 

https://www.skype.com/ja/get-skype/ 

 

参加希望のメールの後、skype名&アカウント名を交換して繋がり 

グループ通話できるようにします。 

(基本私の声と映像しか見えないようにセットしていただきます) 

 

音を聴いていただくため。ヘッドセット、イヤフォンなどを 

つけていただくことをお勧めします。 

 

お申し込みはメールにてお願いします。 おさむ迄 

osamusic@earthlink.net 

(SNS で繋がってる方はそちらからでも可) 

 

 

山羊座新月について> 

 

さて今回もチャレンジしたいと思います、隔週恒例のガイド瞑想サウンドヒーリング 。 

 

今回のお月様は山羊座の新月だということ。 

 

新月はやはり願い事を宇宙に届けると言うのに最適な時なんで、 

なるべく山羊座のテーマに沿って願い事のアファメーションを作成します。 

 

簡単にまとめたところ 

山羊座のキーワードは責任、役割、野心、大人としての行動、リーダーなど。 

 

だからと言って無理に頑張ったりしろと言うことでもなく、 

それぞれが自分の役割を認識してありのままの存在で、等身大の自分で 仕事をこなしてゆく感じ。 

 

また誰か一人の人を崇拝したり追いかけたりする代わりに、 

それぞれの役割を分担しみんなで一緒に上昇してゆくような感覚なんだと言うことです。 

 

それをふまえて、豊かさを受け取る一年に向かってゆくと言うこと。 

 

自分がと言うよりも周りが豊かになることや、そのために自分はどういった役割を 

担えるかと言うことに関してお願い事をするといいと思われます。 

 

また今回の新月は金環日食となるらしく、やはり浄化やシフトが 

さらに拡大されるエネルギーになるのかなと思われます。 

 

冬至を過ぎ今年最後の新月でもありますので、2020年に向けての 

新たな抱負のような気持ちでアファメーションを作成するのもいいと思います。 

 

2010年代最後の新月でもありますね。 

もう直ぐ20年代が始まろうとしている。 

 

10年代から20年代への架け橋となる願い事。 

 

みなさんご一緒にこの変容の時を共有しましょう!✨ 

 

 

             

               2019年夏至の日のカセドラルロック

 

 

ガイド瞑想サウンドヒーリング のお知らせ&ジョンの命日&音楽制作 

 

 

みなさん。。。おはこんばんちは。 

 

今日は先にイベントのお知らせからさせて頂きます。 

 

前回好評でしたイベントの第二弾です。 

 

 

双子座満月*ガイド瞑想&サウンドヒーリング  スカイプ編 

 

<開始日時> 

日本時間12月12日22時30分=NY時間12月12日午前8時30分 

 

所要時間>だいたい50分〜60分 

 

内容>簡単な瞑想のガイドから始まり、満月のエネルギーを受け取りながら

 音の波動、エネルギーによってそれぞれの意図するアファメーションのために

 必要な浄化や変容を促します。

 スカイプでのグループ通話で音を聞きながらのヒーリングです。 

 

参加ドネーション>22ドル (ペイパル支払い)  

 

 

お申し込みはメールにてお願いします。 

osamusic@earthlink.net

(SNS で繋がってる方はそちらからでも可)

 

 

スカイプダウンロード&登録はこちら 

https://www.skype.com/ja/get-skype/ 

 

参加希望のメールの後、skype名&アカウント名を交換して繋がり 

グループ通話できるようにします。 

(基本私の声と映像しか見えないようにセットしていただきます) 

 

音を聴いていただくため。ヘッドセット、イヤフォンなどを 

つけていただくことをお勧めします。 

 

*今回の満月は双子座にあると言うこと。 

 

今回も願い事やヒーリングの意図をアファメーションとして

作成して頂きます。

 

満月は主に感情的な部分での浄化、手放すという作業にいいと思うので、

手放したい感情や人間関係でもいいですし、 

改善している状態の自分の人生、性格、体調などを祈ったり

豊かさを高めるもいいでしょう。

 

双子座の性質キーワードとしては次のようなものがあるので

それを参考にしてもいいですね。


<我思う> 知的、コミュニケーション、二面性、言語、好奇心

 

支配星は水星で、柔軟宮の男性性の星座なんだとか。

 

例文として、ここで自分もアファメーションを作ってみます。

 

「自分の魂の喜び表現をするために必要な人との出会いや繋がりが

 さらに広がっていきますように」

 

大抵の場合こう言ったアファメーションの背後にはそれを実現するまでに至る

ブロックに気づいて、手放すというプロセスも含まれるのだと思います。

 

例えば上の例では「人との出会い」に関して自分がブロックしてるものとか

「自分を表現すること」をブロックするもの、、例えば羞恥心、完璧主義、劣等感、、、

などからくる自己価値の低さだったりがあると思います。

 

するとハートをオープンにすると言うプロセスは結局は自分自身の意識なわけで

人からどう思われるとか、見られるとかの自分のうちにあるジャッジメントを

手放すことで、より外側の現実の可能性を広げることができるわけです。

 

さて満月は正確には日本時間12月12日14時12分に起こるそうですが、 

みなさんの生活の都合になるべく合わせた時間がいいと思いましたので 

NY時間の朝の時間=日本時間夜にしようかと思います。

 

参加希望の連絡はギリギリでも大丈夫です。 

おそらく本番30分くらい前までは対応できます。

 

みなさん是非、奮ってご参加ください✨

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

昨日は12月8日。。。ジョンレノンの命日だった。 

 

25年くらいのニューヨーク生活の中で今回初めて彼の命日に 

セントラル・パークにあるストロベリーフィールズというエリアに 

足を運んでみた。 

 

今まではなんとなく、そういうことをするのはビートルズマニアとか 

観光客とか、ミーハーっぽいからあまり興味なかったんだけど、 

最近移り住んだところが、セントラル・パークにアクセスが近くなった、 

というのもあるし、これから音楽への情熱をもっと注げるように、 

景気付けにジョンの命日のお参りに出向いた。

 

12月のセントラル・パークはすっかり紅葉も終わってた。

 

 

 

ストロベリーフィールズはジョンの住んでたダコタハウスがある近所の入り口付近にある。

 

命日だけあって予想通り、たくさんの人がここに詰めかけてきていた。

その中でバンドがビートルズの歌を歌ってた。

 

’80年の銃弾に倒れてから、39年の歳月が流れてもまだ彼の音楽は多くの人を魅了し

ファンへの影響は衰えない。

それはとてつもない影響力、カリスマなんだな〜。

 

おれにとってジョンレノンは、初めての憧れの人物(男性)だったのかもしれない。

 

小学校高学年でビートルズに浸って、中学生くらいの頃、ジョンのアーティストしての

生き様にその時自分はアーティストとしての理想を重ねてたのかもしれない。

 

そんな夢中になって音楽をがむしゃらにやってた頃の自分の情熱を思い起こす。

 

 

 

パークを離れ、一人待ちを散歩中、おもわず目をとめてしまったアーティスト。

車のトラックに自分の作品をかけてるのだけど、こりゃかっこいいな。

こういうのがニューヨークっぽいね。

 

 

 

セントラル・パークに行った自分へのギフト。

 

お守りの代わりにジョンのマグネット。

冷蔵庫に貼っておこっと。

 

ご利益じゃないけど、音楽への情熱と創造性と繋がれますように✨

 

 

 

ということで、録音したばかりの音源を紹介します。

 

この時期、めっちゃ創作意欲が湧いてきてて、マイクを前に

いろんな楽器を持ち出しては、即興的に自然発生的に音楽をクリエイトしてる。

 

今回紹介するものはギターとクリスタルボウル&チャイムを多重録音したもの。

 

録音日がちょうど木星が山羊座へ移行した時期、12月3日でした。

 

タイトルは

『Moon, Light, Air ...』

 

 

 

載せてる写真は自分でアイスランドで撮ったもので、

その時の満月、オーロラ、宇宙観、土地の空気感、、、が今回録音したものと

うまくマッチしてるな〜という感じでネーミングしました。

 

今回初めてアーティスト名はスナフキンオサムと掲載しました。

 

 ✨CHECK THIS OUT✨

 

 

 

 

 

 

浄化の日々とガイド瞑想サウンドヒーリング の感想 

 

 

あっと言うまにもう12月。

 

一人暮らしを始めて早ひと月。

 

このひと月は、いろんな感情が流れてきてそれを洗い流すように

日々浄化のワークをしてきた。

 

いい思い出も、いやな経験も、一緒に分かち合ってきた元パートナーへの

思いは引っ越した後も思考と感情から自動的に湧き上がってきてた。

 

それらをずっと浄化してて、最後に残った感情は罪悪感。

 

振り返ると、おれは自分なりのやり方で彼女に寄り添えるように

努力してきたつもりだったけど、それは相手が求めるものではなく、、、

だから相手の求める気持ちはなんなんだろうって自分の思いやりのなさや

共鳴できない側面を自己嫌悪し、ヒーリングを通じてもっと相手の気持ちに寄り添える

自分になりたいと願い、いろんな調整をしてきたつもりだった。

 

結局そのギャップを少しは改善できたところもあったかもしれないけど、

最後まで溝を埋めることはできないまま終わった。

 

わかりあえないもどかしさ、そして罪悪感。

 

おれも頑張ってきたと思うし頑張りつかれた。

 

常に自分の言動が相手の気に触ったり、神経に触れないように

傷つけないように、傷つけられないように。

 

いつもどこに地雷が潜んでいるのかわからなかったから、

相手のジャッジに怯えることもあった。

 

自分の身を守るために、ありのままの自分をふるまえなくって。

 

だからこうすればよかったとかって後悔はないけど、、、

だってお互い最善を尽くしてきたと思うから。

 

ただおれは謝ることしかできない。

 

いろんな苦しみ、悲しみ、喜び、楽しみ、、きっと分かち合い、寄り添ってほしかった

たくさんの思いを受け止めてあげれなくてごめんね。

 

それができなかったのはおれの弱さ、器の狭さだったのかもしれない。

おれのエゴ、欲望、渇望、被害者意識、ジェラシー、不十分感、劣等感などが

相手への共鳴を失わせ、心を閉ざしてしまってたのかもしれない。

 

ヒーリングや彼女とともに過ごした日々、たくさんのエゴの皮を剥いてきたと思う。

そして人生の可能性が広がり、人生をなんども変えてきた。

 

それでもこういう結果になったという事は、

お互いにとってこれが必然的で最高最善な事なんだと思う。

 

今となっては、どうすればよかったなんて悔いはないけれど。。

 

今はただあなたの幸せを祈ってます。

 

 

 

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

さて、先日は射手座の新月、ガイド瞑想サウンドヒーリング を行いました。 

 

過去にはレイキのグループで新月満月の時に遠隔ヒーリングをやったことは 

あったのだけど、初挑戦のスカイプでグループのサウンドヒーリング。 

 

今回はなるべく新月のテーマに沿った願い事や意図をアファメーションとして 

書いてもらい、その祈りを音の波動とともに浄化し変容を促す、、という 

試みを行った。 

 

グループでやることの醍醐味は、みんなが同じタイミングで一つの 

エネルギー場をクリエイトして、相乗効果を高めることができるのでは 

、と思います。

 

概ね音も普通に聴こえていたようでよかったです。 

また、今回二人の方に後ほど感想メールを送っていただきましたので、 

ここに掲載させていただこうと思います。

 

 

 

Osamuさん 

こんばんは 

きのうはありがとうございました? 

 

ブログを拝見した瞬間に申し込んで 

ほんとうに良かったです。 

 

申し込んだだけで 

ほんとうに嬉しくて 

すごく楽しくなって 

ワクワク過ごしました。 

 

Skypeにつながったときは 

もう、やった~~\( ˆoˆ )/という喜びで。 

 

日本のかたすみで 

安心できる自分の部屋で 

こんな楽しいことが起こるなんて 

さすが射手座の新月ですね! 

 

チューニングフォークやクリスタルボウルはもとより 

わたしは、笛とギターとOsamuさんのハミングがとってもぶっ飛びました。 

横になって聴いていたのですが 

鳥になって空を飛んでいました。 

 

甘いわけではなく、フラットなかんじなのに 

とてもハートフル?というか 

あたたかみを感じました。 

 

ここのところ、 

寝起きに首や後頭部が痛かったのですが 

今朝は全然痛くなくて 

リラックスして眠れたのかなぁと思います。 

 

自己愛や自由、上の人々とのつながりや 

愛し愛されて生きることをアファメーションしてみたのですが 

きょうはこころも軽くゆったりと過ごせました。 

贅沢な時間をありがとうございました! 

また参加してみたいです。 

 

From M . N 

 

 

 

先日は射手座の新月ガイド瞑想サウンドヒーリング お疲れさまでした 

新月ということでこれからの願いを何点か書いてリラックスしてその時間を迎えました。

 

サポートしてくれるエンジェルについてはミカエルは来てくれているのをかんじていました。

やはりな、という感じ。

 

私個人としてはこのガイド瞑想でもう要らない感情やネガティブな思考、 

深いところにあるカルマを浄化してもらう感じだったのです。 

 

手放しって満月なんですけど 笑 

そしてソウルスターチャクラを意識したとき 

エネルギーの流れを感じました。しびれる感じ。 

 

そのあとのサウンドヒーリングでは 

意識がどこかに行ったり、また戻ってきたりしてたのですが 

意図したとおりいろんなものが浄化された気がしました。 

 

私が紙に書いていた願いは 

●大好きな人といろんな場所に旅をしている 

●体ひとつで仕事(ヒーラー)をしている 

●本当に大切な人と繋がっている 

●今の豊かさ(お金)の巡りがもっと大きく循環している 

だったのですが 

それが翌朝真っ白になった気がしました。 

 

なんというかイメージでいうと「新生」という感じ 

今の私の思考で考えた未来ではなく 

もっと違った世界が待っているのかもしれません。 

 

楽しみでありすこし緊張もあり です。 

 

From Y . A

 

 

参加してくれた方々ありがとうございました。

 

きっと次回は満月の時にやる予定ですので、またその数日前に

ブログでお知らせするつもりです。

 

どうぞお楽しみに〜✨

 

 

 

射手座の新月*ガイド瞑想とサウンドヒーリング skype編 

 

 

なんかもうすぐ射手座の新月になるらしいですね。 

 

射手座は木星のホームグラウンドでもあるから、飛躍とか拡大、成長、

豊かさなんてことにかけて新月の願い事したらいいんじゃないかな。

 

最近よくユーチューブで占星術の動画を見るので 

自分の運命の動向を天はどう運んでいくのかを見るように 

興味深く拝見している。 

 

いろんな占星術サイトがあるんだけど、 

同じ新月でも結構言ってることが違ってたり、共通のこと言ってたりと 

どれが一番的を得たものなんだろうってなるかもしれないんだけど、 

オレ的な感覚としては、単に自分がその人たちの説明を見、感じながら

説明してる人が楽しそうにやってるなーって言うのが 

自分の波動を高めてくれるので、そう言う人の占星術を見ます。 

 

最近よく好んで見るのはこの二人の占星術の星読み。 

 

なんか自分たちが楽しそうなのがすごい伝わるから、いいし 

華愛さんの絶妙なリアクションや質問も面白いし、 

Ayukaさんの軽快で冗談好きでいて、結構厳しいことも 

言ったりして的をついてるのはすごいなあって思ったりしてる。

 

 

 

だから正しい間違いってのはこの世界には存在しないなって話。 

 

その語り部のヴァイブが好きとか、ラブがあるのか、、って言うことに 

なるのかなと思います。 

 

それ考えたらヒーラーもおんなじで、誰だからすごいヒーリングができるとか 

正しい人だからだとか、じゃなくってその人といると楽しくなる、とか 

波動が上がるとか、そのまんまのその人のエナジーが人を引き寄せる 

魅力なんじゃないかと思う今日この頃。 

 

なんか今、アイデアが降ってきたので思い立ってやってみようと思いました。 

 

 

射手座新月*ガイド瞑想とサウンドヒーリング skype編

 

日本時間の11月27日00時6分=ニューヨーク時間の11月26日午前10時6分 

 

この時、射手座新月になり、その時間に私がガイドする瞑想で 

参加者のエネルギーを浄化し変容を促し、サウンドヒーリングの波動で 

調整する、、ということをやってみようかと思います。 

 

どなたでも自由に参加してください。

 

ただ必要なのはこの新月にどんなことを願うかです。

 

成長や繁栄のためのどんな願い事でもいいんじゃないかと思います。

 

例えばベタにある、「お金が入ってきますように。」なんて願い事は

すでにそう言ってるだけで貧困意識のエネルギーを発信してるのでNGなんですが、

そうじゃなくって、その自分の持っている貧困意識からくる習慣や癖、思い込み、

不足感、不十分感、満たされない感、劣等感などを手放す意図をもって

その代わりに、創造性、インスピレーション、を高めるとか

それをうまく利用して創作活動をするとか、、

その創作活動のモチベーションを高めますとか、

その自信を高めれますように、とか、、

自分がブロックしているものを解放してチャレンジする方向で

願い事を発信するといいのかもしれませんね。

 

もちろん願い事はそれだけに限らず、好きなように書いてもいいんですがね。

何れにしてもアファメーションですから、肯定的なことを書いてくださいね。

 

ちなみにおれの願い事ですが、やはり木星射手座の最後の時期ですからね。

その力を借りて幅広く人と繋がったりすることで、いろんな土地を旅したり、

そこで音楽やヒーリングをする喜びや美しさを人にシェアしたりしながら

豊かさエナジーを広げれますように。。。

 

って言う感じになると思います。

 

 

要するに 自分がその波動の状態を最も表す言葉を選んで。

 

と言うことで、詳細を以下に記します。

 

スタート時間>日本時間11月26日午後11時30分 = ニューヨーク時間11月26日午前9時30分 

 

終了>日本時間11月27日午前0時30分頃 = ニューヨーク時間11月26日午前11時30分頃 

 

スカイプでグループ通話します。

ダウンロード&登録はこちら

https://www.skype.com/ja/get-skype/

 

参加希望のメールの後、skype名&アカウント名を交換して繋がり

グループ通話できるようにします。

(基本私の声と映像しか見えないようにセットしていただきます)

 

音を聴いていただくため。ヘッドセット、イヤフォンなどを

つけていただくことをお勧めします。

 

参加ドネーション>22ドル (ペイパル支払い)

 

お申し込みはメールにてお願いします。

 

 

今回は通信手段としてskypeを使ってみようと思います。

今までの経験ではskypeが音声的に安定があるかなと思うので。

 

参加希望の連絡はギリギリでも大丈夫です。 

おそらく本番30分くらい前までは対応できます。

 

それでは初の試み。

楽しみワクワクしてきました。

 

是非参加してみてください。

 

マハロー&アロハ〜✨

 

 

 

 

 

 

サニーサイドのセッションルーム 

 

11月に入り寒さも一層深まり、おれもサニーサイド住人として 

ようやく定着してきた感のある今日この頃。 

 

セッションルームも部屋もコーディネートしかなりお気に入りの 

空間になったので、これからセッションをするのもモチベーションが 

上がってきた。 

 

引っ越した当初、、というか前日から部屋に来て、浄化のツールを 

持ち出してアパート全体の古いエネルギーを一掃して、新しい 

エネルギーを受け入れる体制を整え、入居する準備をした。 

 

これは自分の仕事でもあるんだけど、引っ越す場所や土地の 

空間に残っている不要なエネルギーやネガティヴなエネルギーを 

クレンジングする事を行なった。

 

すなわちスペースクレンジングは、新しい生活をはじめたり、新居でなくても 

住んでいる家の流れを変えることによって、運気や豊さのエネルギーを 

招き入れるためのリチュアル(儀式)でもあるので、まだ一般に定着してないですが 

とても有意義なものだと思います。 

 

 

今でこそ、こんまりさんのように、無駄なものを手放すことで 

心が軽くなったり、家がシンプルになることで生活がシンプルに 

なったり、人生が変わるという相乗効果が出たりすることが

アメリカでも大きなセンセーションとなっているようですが、 

それだけ人って不要なものをたくさん持っているということでもあり 

その使わないものたちの鬱積したエネルギーは、その家庭の人たちに 

影響を及ぼすので、やはり運気も豊かさも滞りやすいというのは 

事実そうかなと感じます。 

 

なのでおれのスペースクレンジングの依頼の際も、なるべくいらないものは

捨ててくださいということをお伝えしています。

 

手放せないものってやっぱり執着、愛着、義理人情、未練、といった 

ものがあるわけで、もちろん今も現役で使ってて好きなものとかは 

自分の波動を上げてくれるものだろうからいいけれど、問題は 

使わないけど、そういった執着系の意識があるものですよね。 

 

引っ越しっていうのは、そういう意味でいろんな執着に気づき 

手放すことを要求するヒーリングワークの一つなんだなって、 

今回経験して初めて感じました。 

 

自分も新居に入る前にかなり多くのものを手放したと同時に、 

身が軽くなった分、新しい意識、生活、人生を受け入れる体制が 

整い、その仕上げとして部屋全体を浄化し新たなスタートを切る 

ことができました。 

 

セッションルームは落ち着いた、リラックスできる空間を提供します。 

 

ここでヒーリング各種のセッションを行なっています。 

それぞれの内容に関してリンクを貼っておきます。

サウンドヒーリング

キネシオロジー

レイキ・ヒーリング&伝授

サウンドヒーリングレッスン

ギターレッスン

 

 

自分も住んでて居心地がいいから、たくさんの人にこの場所の 

良いヴァイブの中でヒーリングを受けてほしいなと思っています。

 

 

 

ヒーリング道具を置いてる棚の上には、猫天使の神殿が 

セッションを見守っています。

 

 

 

いつもハートは神聖な白とブルースカイ&オーシャンを心がけて。

 

 

次はお家ご紹介。。。ここは寝室。 

寝る部屋の環境はなるべくシンプルで落ち着く空間を心がけました。

 

 

最初にアパートを内見した時に一番ワクワクしたのはこのキッチン。 

壁の色がライトブルーで可愛いので、料理のモチベーションも上がる。

 

 

これからどんな世界がここで繰り広げられるのか、 

楽しみにしています。 

 

Viva‼️ サニーサイド✨

 

 

風の吟遊詩人・スナフキンOSAMU サウンドヒーリング&即興ライブコンサートIn 知多半島 

 

みなさまこんにちは。

 

先日の東京コンサートに引き続きライブ演奏の告知になります。

 

9月8日の東京でのコンサートから3日後の11日に愛知県は知多半島で

ライブコンサートを行います。

 

知多半島はわがハワイリトリートの同胞であり親友ゆうき&のぶの営む

時間の森という小高い山の上の海の見晴らしが素晴らしいところで、

夕日の太陽が沈む頃にサウンドヒーリング&ギターで癒しの時間を共に過ごすという企画。

 

最寄りの方は是非!!時間の森にお立ち寄りください!!

 

詳細を以下に貼っておきます。

 

????????????? 

 

日    9月11日 


場所   時間の森 ときのもり 


時間   開場17時 
     開演17時30分 
     閉場19時30分 


参加費  3000円 


持ち物  リラックスした状態で 
     聴いて頂きます。 
     必要な方は敷物 
     ブランケット等 

 

*野外ですので、虫除けや日除け、防寒など申し訳ありませんが、 
ご用意ください。 

*お子さまは 参加者さま同様に 
参加可能であればご一緒ください。 
サウンドヒーリング&コンサート 
ですので、ご理解いただきますよう 
よろしくお願いいたします。 

*要予約です。定員数がございますので、ご予約ください。

 

tokinomori22@yahoo .co .jp    ユウキ迄

 

 

 

 

 

 

セドナ再び 

 

グランドキャニオンを出発し、約2時間のドライブでセドナに向かった。 

アリゾナのいろんな場所を旅した後でセドナに戻るとやはり 

「帰ってきた感」がある。 

 

それはタヒチやイースター島に行った後、ハワイ島のヒロに 

戻ってきたときにも感じたホーム的な感覚。 

 

それだけその場所に馴染んでいる安心感や愛着があるという 

ことでもあるんだろう。 

 

セドナに到着して真っ先に行ったのは、町中のギフトショップ。 

ネイティブアメリカンのフルートがたくさん置いてあるお店があったので 

そこでたくさん試奏して気に入ったものを買った。 

 

きっと今後のサウンドヒーリングにも使うだろうし、 

音楽のインスピレーションにもなってくれますようにと願いを抱いて。

 

それからお気に入りホールフーズのビュッフェとコンブチャでランチをとり 

そこから程近いところにある宿にチャックインした。 

 

今回の宿はB&Bで受付の方もとても親切な方。 

部屋もオシャレでアリゾナ南西部の雰囲気を醸し出すいい感じの内装。 

 

 

 

 

今までの宿もわるくはなかったけど、そこまで顕著に書き残すほどでは 

なかったので今回は唯一そういう場所に泊まれる。 

 

バルコニーもあってそこにジャグジーもあるので後で一人でバブリーな 

お湯に浸かろーっと。

 

今このテーブルと椅子を使ってブログを書いてる最中。

 

 

 

さて今日のトレイル。 

向かったところは、ベルロック。 

 

ここはヴォルテックスのエネルギーが強い場所で 

男性性のエネルギーが強いと言われている場所でもある。 

 

最初到着した時はエアポートメサで、あるアメリカ人女性の方と話してて 

彼女はベルロックに行ったことがあって、そこで気分がわるくなったのよ~!! 

なんてことを言ってた。 

 

きっとそれはデトックスなんだろうな~と思った。 

今回おれがここに来たかったのは、その男性性ということが 

自分の人生の大きなテーマだから。 

 

男性性ということにおける性質とは、 

積極性、行動力、パワー、情熱、リーダーシップ、勇気、チャレンジ、、、などで、 

それらに関して自分に大きなブロックがあるのはわかってるし 

だけどそれは自分が変容してゆきたいテーマでもあるから、 

この場所をこのセドナ訪問のメインスポットと意図した。

 

さてトレイルヘッドに入場し、この聖地に祈りを捧げ、ベルロックの 

トレイルを登っていった。

 

 

中腹辺りから眺める広がる景色。 

グランドキャニオンのあのトレイルを歩いた後はこの登りも 

楽ショーに感じられる。

 

 

 

ベルロックのてっぺんに向かっていくのだけど、 

てっぺんはきっと結構困難な道なき道を登っていかなきゃいけないはず。 

 

それは2006年に初めてアイルさんに連れられてきたときにそうだったから、 

流石に自分一人じゃそこまではいけないだろうなと、一人で行ける 

最上部をめがけて登った。

 

しかし、それにしても途中からトレイルの標識はなくなり、 

自分の勘と道を探しながら登らなきゃいけないので、ちょっとした 

チャレンジではある。

 

 

 

そして登りつめたところがこの景色。 

うんうん、いい感じに高台のようになってて周りの景色がよく見え 

太陽も当たってて、一人でヒーリングワークするには完璧のところ。 

 

そう思いながら、バッグの中からクリスタルや、モジュール、宇宙系リスト 

など魔法の道具を取り出しつつ、自分の男性性の変容ワークを始めた。

 

 

 

すぐ隣には、コートハウスという岩山。 

 

ここもボルテックスの場所で、自分のワークをサポートしてくれているかのよう。 

 

さて、ソウルスターを開け、多次元モードでセッションをやってる最中、 

ある男性がこの高台に上がってきた。 

 

自分の意識がまだ多次元モードだということもあってエネルギーに 

敏感になっていたこともあり自分の中に男性への恐れや、不安が上がってきた。 

 

その感覚は前からもってたものなのだけど、そこで宇宙系リストで 

何が上がってきたのかチェックし、それをダウンロードし解放していった。 

 

男性はまもなくすると、どこかにいなくなったのだけど、その後上空に 

ヘリコプターがバラバラバラバラ、轟音を立ててやって来て 

何やらこのベルロックのおれのいる向こう側のさらに高いところでやってる。 

 

しばらくしてもなかなか音が止まないのでなんなのかな~とここでも 

少々不安を掻き立てられる。 

 

するとどうやら誰かを岩の上から救出したらしく、ヘリからロープ伝いに 

救助隊が人を抱えてるのが見え、むこうのおれの車を止めてる駐車場まで 

その人をおろしにいってる姿が見えた。 

 

きっと上まで登った人が、降りれなくなって救助を要請したのかな?

 

きっとこの一連の出来事は、 

自分と宇宙を信頼することをブロックする不安や恐れのエネルギーを 

垣間見る事になったわけだけど、それというのもセッション中、 

リチャード博士のモジュールでManifestation『現実化』というのを 

ずっと広げてて、そういった自分の内側の恐れが即座に 

出てきたんだろうと思う。

 

そうやって一部始終を見ながら自分の内側の感情も上がってきつつ、 

それらのエネルギーを解放しつつ、セッションは終わった。

 

 

 

その後ベルロックのエネルギーの余韻がまだ落ち着かない感はあって 

夕日の時間にエアポートメサに行った。 

 

ここはまた、ベルロックとは全く違う感じで、 

優しいヒーリングのエネルギー。 

 

向こうにさっきまでいたベルロックを眺める。

 

 

 

さっきのヒーリングワークを必要なだけ調和してくれる感じで 

夕日を見ながら、岩にねそべって、癒されてた。

 

 

 

 

シメはやっぱりホールフーズ。 

あんまりレストランに行く気にもなれなかったし、 

ここなら手軽気軽で下手なレストランよりは上手いだろうから 

バーにあるローカルのタップビールとビーガンバーガーで晩餐した。 

 

店の人もちょーいい感じで落ち着く空間。

 

 

そしてあと残すところ1日。 

最後はどこに行こうか、、、これから宇宙の導きに従っていきましょう!!

 

 

 

 

ハワイリトリート2019 


 

今は昔。 

 

この2月中旬から3月中旬にかけて約ひと月の間 

ハワイ島のコナでヒーリングリトリートを行った。 

 

今回のリトリートは2年ぶりの帰り咲き。 

それはとても感慨深い思いを胸に抱かせた。 

 

前回は一昨年、同じハワイ島のヒロよりもさらに南のエリア 

パホアと呼ばれるところで行った。 

 

溶岩でできた浅瀬の天然ポンドが広がり、そこからシュノーケルで水中に 

潜るとまるで竜宮城のように美しい魚たちが泳いでいた。 

それはそれは水中の楽園だった。 

借りた家はそこへ徒歩で行ける場所でカポホという小さな町だった。 

 

去年はいろんな思惑と経緯の結果、リトリートをやらなかった。 

去年の5月。いまから約1年前のこと、奇しくも天王星が牡牛座に入宮する頃、 

そのパホアのエリアで溶岩が広範囲にわたり噴火し流れ始めた。 

 

レイラニステイツという住居区から放出されたその溶岩の噴出口は 

約20カ所にも及び、中でも17番目の噴火口は大量の溶岩を放出させ、 

そこから溶岩の大河になり聖地の池をも飲み込み、カポホの町を 

丸ごと飲み込むようにほとんどの家をその灼熱の溶岩で溶かした。 

 

その様子はユーチューブでも随時アップデートしていたし、 

生中継の溶岩噴出も放映していたので 

ペレの息吹の凄まじさをまざまざと見せつけられた。 

 

地球のそういったイベントを象徴的なものとして捉えると 

それはヒーリングやホリスティックな世界においてはデトックス、 

というものかもしれないし、 

変容を促されている 体からのお知らせみたいなものでもあるかもしれない。 

 

ハワイでリトリートを始めた当初から

おれたちもどれだけデトックスと変容を繰り返してきたことか。 

それはときには辛く苦しい事もあったのだけど、 

サイコーの学びと成長と、喜びを与えてくれる豊かさそのものでもあった。 

 

ハワイのスピリットは常に私たちの魂をそこに招き入れ、受け入れ、 

守ってくれ、愛してくれている。 

ハワイとの関わりが深くなればなるほど、そう感じさせられる。 

 

そして今回のリトリートも全てが完璧で美しく、 

ハワイのスピリットたちのアロハを受けながら夢のような時間を 

仲間と一緒に過ごした。 

 

なので今回の旅日記、これまでにハワイで関わった人たち全てに捧げます。 

 

おれにとってのハワイはつねに自分と自然との繋がりから 

そして人との関わりから多くの経験をさせてもらえる、 

生きた地球を感じれるダイナミックでビッグなパワースポット。 

 

そしてこの場所、とくにハワイ島にもう一つの「ホーム」という 

意識を感じたのは今回ハワイ島最終日に改めて気づいたことでもあった。 

 

 

2年ぶりのハワイ島。 

ニューヨークからハワイアンエアラインの直通便でオアフ島のホノルル空港にまずは到着。 

そこからさらにハワイ島への飛行機に乗り換える。 

 

ホノルル到着直前、いきなりハワイの虹がわれわれを歓迎してくれる。 

これは真珠湾あたりだろうか。 

 

 

 

オアフのホノルル空港から乗り換えて1時間弱でハワイ島のヒロに到着。  

空港に着いてターミナルの階段を降りると荷物降り場の前のところで  

みほなさんがお花の首飾り、レイをもって迎えにきてくれてた。  

 

昔テレビかなんかでハワイの人が海外から来た人たちにお花の首飾りを  

掛けてあげるのを見たことはあったけど、自分がハワイに来て  

このレイを頂くのは初めてのことでちょっとワクワクした。  

 

ここヒロにはマイ亀仙人ニックさんがいる事もあり、  

なにかとお世話になっている彼のゲストハウスに泊まるのが  

通過儀礼のようになっている。

 

 

 

 

ニックさんの家の空間は心を鎮めさせてくれるような 

自分の神聖な部分を内観させてくれるような場所でもある。 

 

そして彼のあの愛情あふれるスマイルと優しさは 

ヒロをホームに感じるひとつの理由。

 

 

 

 

 

ヒロに着いて翌日から早速、準備に取り掛かるためコナの方に向かった。 

コナサイドでリトリートを行うのは初めての試み。 

 

そして今回もおれたちのリトリートをバックアップしてくれる心強い味方で 

ソウルファミリーゆうき&のぶとコナ空港で合流。 

4人でリトリートの準備と打ち合わせに取り掛かる。

 

 

 

ウミガメ

 

ハワイではホヌと呼ばれ海の守り神として愛されている。 

おれはホヌにはとても愛着があるのだけれど、 

向こうがそれを感知してかホヌの遭遇率は高い。 

今回もホヌには何度も出会った。 

 

亀仙人のスピリットはここが元祖なんだろうな。 

ハワイ島はカメハメハ大王の発祥の地だし。 。。

そこでスーパーサイア人のりこのパワーも炸裂なわけだ。

 

鳥山明さんは絶対ハワイにインスピレーションを受けたに違いない。

 

 

 

借りた家はコナの空港に近い坂道をずっと上に登ったところにあって 

家からは水平線が眺められ、夕暮れ時には美しい夕日が見える。 

その景色だけでもこの場所を選んで良かったと思った。 

 

最初チェックインした時はエネルギーが結構滞ってたので、 

2日かけて入念にエネルギー浄化し、レイアウトを変えたり 

掃除したりと10人分のスペースなだけあってなかなか 

家の準備だけでも忙しかった。

 

 

2階のラナイは広々してて、ここから見渡す水平線の景色は 

格別の極みと言えよう。

 

 

ダイニングのテーブルもハイビスカスで参加者のみんなを歓迎する。

ゆうき&はるまの演出は粋な気を利かせてくれる。

 

 

キッチンではメインで食事担当のゆうきちゃんがセットアップ段階。 

家には炊飯器も含めかなり料理道具が揃っていたので、 

ゆうきちゃんも料理がはかどったろう。

 

 

 

リトリートは7泊8日のセットを3回に分けて行われた。 

参加者はひと班につき6人。 

 

それを3回やったわけだけど、蓋を開けてみると 

それぞれにとってもユニークなグループに仕分けられていた。 

 

もうこの班にはこのメンバーしかないだろ~って思うように 

セットアップされていたかのようで面白すぎた。 

 

そんなハワイアンファミリーを出迎えるべく、おれとハルマは 

コナ空港に参加者をお迎えに上がった。

 

東京からJALの直通便が到着してたよ。 

ヒロのローカル感満載な空港とは違い、コナはもうちょっと国際空港感があった。 

国内線と国際線でターミナルが別々だと初めて知って最初戸惑った。

 

 

 

参加者たちは典子とおれのセッションを2回ずつ、計4回受けられる。 

施術は1日に3時間前後のセッションを3人。 

 

最近は家でそんなにたくさんセッションしないから、 

いっぺんに3人はなかなか根性と気合いと体力、精神力を 

鍛えられるものだった。 

 

のりこに至っては時間制限なんて関係ない無制限一本勝負。 

通常7時くらいに終わるセッションをある時は午前1時くらいまで 

やってたこともあった。 

 

それでもケロッとしてたよね。 

どこからそんな根気、根性、パワーが出てくるのだろう。 

 

それにはいつも驚愕させられる。 

いや、これはヒーリングという類のものではもうすでにないと思う。

前は侍ヒーラーと思ってたけどもうスーパーサイヤ人だよ。。。遺伝的に

 

オレのセッションは涙と笑い、怒りと恨み、愛と悲しみなど、

感情を浮き立たせ解放する親密さと人情が持ち味のセッションが繰り広げていた

。。。と思う。

 

おれのセッションルームは一階のオーシャンビューだったのだけど、  

3人目のセッションの時は毎日のように夕日が沈んでゆくのを眺められた。 

 

その景色を眺めソーラーパワーにサポートを受けながらセッションできたことは 

至福この上ないものだった。

 

 

 

 

水平線に太陽が沈むのも何度も見ることができた。

 

 

 

日によって空模様が違うので、毎日あきずに空を眺めてた。

 

 

 

 

ゆうき&ハルマが毎日の食事を作ってくれる。 

彼らの食事がおれたちのパワーになる。 

そのパワーにどれだけ支えられたことか。

 

 

バラエティーもたくさんあって、どれもひじょーにうまい。 

献立は毎日同じものがないように気をつけていたらしい。

 

 

 

 

そしてセッション後みんなと集まる夕食の団らんはファミリーの語らいの時間。 

 

セッションを重ね、ハワイの自然に癒され日に日にみんなも解放され、

美味しい食事を囲んで繋がりを深めてゆく。 

その感覚をこの団欒の時間にいつも感じていた。

 

 

 

 

今回のリトリートのスペシャルな試みの一つとして 

日程の真ん中のドライブツアーをする日に、ドルフィンスィムを組み込んだ。 

 

ドルフィンスィムはボートに乗って天然のイルカたちに遭遇し、 

近くでシュノーケルを使って一緒に泳げると言うもの。 

 

今回お世話になったのはアロハコナツアーズというところのドルフィンスィムツアー。 

専用のボートに乗り込み、我々のグループだけの独占チャーター。 

 

このツアーのスタッフたちがこれまたとても素晴らしかった。

 

リーダーを担当してくれたダイスケさんはステキングなヴァイブを持った人で 

ドルフィンをこよなく愛する人。

自分は生まれるときにイルカに乗ってやってきたんだよって言ってた。 

 

だからイルカたちも彼を仲間だと思ってるし、きっと彼はイルカの前世だったん 

だろうなって思う。 

 

カメラマンでもある彼はドルフィンと一緒に泳いでは 

イルカたちの素晴らしさを多くの人に知ってほしいと言ってイルカを撮影し 

日本でも写真展をやっているのだそう。

 

われわれ一行は彼の率いる船に乗せられ、イルカの群れがいる場所まで向かう。 

イルカに遭遇する確率は99%とホームページでは提示されていた。 

 

普通は遭遇するのに20分からヘタしたら1時間以上かかっちゃうみたいな事を 

言っていた。 

 

けど第1班の時はめっちゃラッキーで出航する港のすぐそばにイルカの群れがいたので 

ボートを出して5分くらいですぐにイルカに遭遇した。 

 

おれも海に潜って水中カメラで写真を撮りまくった。

 

いや~、いるよいるよ、いますよ、イルカたち。

 

 

 

すいすいと、優雅に泳いでるよ。

 

 

 

でもね。 

おれがこんなに優雅にイルカたちの群れを眺められるのは 

スタッフのゆうこさんがずっとおれを支えていてくれたから。 

 

おれは足がつかない水中に潜るのにはトラウマがあって 

到底一人ではこんな深い海を浮くことさえできなかった。 

 

ゆうこさんもダイバーとしてのキャリアもあって、 

海の中ではまさに水を得た魚のように、ときに人魚のように 、、

さらにいうと女神のようで、海上で彼女の声と手に支えられながら 

浮かんでいると徐々に落ち着きを取り戻していった。 

 

だから最初のときはこんなにまともにカメラで水中を写すことも 

できなかったのだけど、2回目からはかなり自由に余裕をもって 

泳ぐことができた。 

 

まだゆうこさんに支えられてはいたが。

 

なので彼女のサポートには本当に感謝してる。

 

 

 

イルカたちは遠慮なく、人見知りをすることもなく、 

かなりわれわれに接近してくる。

 

 

 

 

ときにはペアで戯れる余裕な姿も見せてくれる。

 

 

 

 

 

 

イルカのファミリーにこんなに近づけるなんて‼️

 

 

 

 

初回、うまく写真が撮れなかったんで、ダイスケさんにカメラ渡して 

撮ってもらったショットがこれ。 

 

やっぱうめー‼️  うつくしー✨

 

 

 

 

 

3班の時はゆうこさんがスタッフから外れていて、正直かなり心細かったのだけど、 

それでも勇気出して海に入った。 

 

別のスタッフの男性がサポートしてくれたもののあの安心感は 

彼女のもつエネルギーも大きいんだな~と感じた。 

けどそんな中、われながらミラクルショットを撮った。 

 

それがこれ。

 

 

 

 

 

 

 

ゴーグルつけて水中を眺めてると、一頭のイルカが水上に登ろうとして、 

これはひょっとしてジャンプするのかな? と思いすかさずカメラを 

水上に上げて写したタイミングがこの瞬間。 

 

向こうにはハルマの調査によると標高2521メートルのフアラライ山の 

ちょうど真ん中の位置にイルカがジャンプのピークに達してて 

その上に燦々と輝く太陽の光がそれを照らしてるって言う、 

もう2度とはできないだろう決定的瞬間。

 

 

1班と3班の時はクジラにも遭遇できた。 

特に3班の時は、ボートの下を通過するくらいに大接近してきて 

かなりレアでエキサイティングな瞬間だった。

 

 

 

ドルフィンスィムはサイコーの経験だった。 

みんなのエナジーもこの時を境に結構変化しているのがわかる。 

 

終わった後はシャワーと昼食と取りに一旦家に戻る。 

その後、午後のツアーが始まる。 

 

次に向かったのが、マウナラニ・リゾートの敷地内にある 

オーラの見える洞窟でちまたでは世界3大パワースポット、、、と言われている場所。 

 

しかしこの3大なんちゃらはおそらく日本人だけが提唱しているものなんだと思う。 

それに残りの2つのパワースポットはどこなんだよ!! 

 

きっとこれは世界3大料理のトルコ料理くらいだれかが取ってつけたような 

ものなんだろう。 

 

日本人は世界~大に弱い。。。3大ギタリストとか。 

 

いやしかし、この洞窟。。。 

写真撮影の場所としてはとても魅力的なところだったし、 

実際溶岩におおわれた大地の中、溶岩でできた洞窟はあの 

ボルケーノ国立公園にあるラバチューブのように、地球のパワーを 

直接感じられる場所でもあった。 

 

そしてここのユニークなところは、その洞窟の天井の穴から、 

光が差し込んでくるのだけれど、その光に照らされカメラに映し出される 

人のオーラがとても美しく輝かしいものだった。 

 

なので世界3大は置いておいても、パワースポットというのは 

間違いないと実感した。

 

とりあえずゆうきちゃんにデモ被写体にして、天然スポットライトにあたってもらった。

フェアリーゆうきのオーラもピッカピカ

 

 

 

その後続々と参加者の撮影会。 

 

みんなの調子を乗せるために、モデル雑誌のカメラマンになりきって 

ほめちぎるオレ。 

 

それぞれ天女ポーズ、女神ポーズ、祈りのポーズなど、自由な発想で 

ポーズを取ってもらった。 

 

なのでここで参加者の中から数人だけ、掲載させていただきます。

 

 

 

 

モデルA  光のシャワーを浴び浄化されてゆく淑女

 

 

 

 

 

 

 

モデルB    マナのエネルギーを受け取っている天女。

 

 

 

 

 

 

 

モデルC   祈りのポーズがキマったネイティブハワイアン。

 

 

 

 

 

 

 

 

モデルD   眩く輝くイケメンガイのビクトリーポーズの腕。

 

 

 

 

 

 

 

 

モデルE  ホワイトリトルエンジェルの祈り

 

 

 

 

 

 

 

モデルF  この撮影会の傑作賞。 赤い服が光に反射して 

  ペレーの情熱の赤い炎が洞窟全体に広がるようで迫力だった。

 

 

 

 

 

 

 

ドライブ中はいつもハワイアンFMにラジオのチューニングを合わせておいた。 

 

ハワイアンミュージックを中心に音楽を流すFMステーションなので 

毎日聞いてると、だんだんハワイのサウンドに馴染んでくる。

 

そしてよく流れる曲もあるので、有名な曲は鼻歌くらいは歌えるようになる。 

ハワイ出身の代表的ミュージシャンのIZはやはりよく流れてたので、

持ってたCDも合わせて、いやっちゅうほどオーバーザレインボー聴いていた。

 

洞窟の撮影会の後は、1時間のドライブ

コハラコーストの海岸線を北に突っ走り島の北端の町ハヴィでショッピング&カフェタイム

 

 

 

 

 

カフェで休憩。 

ドルフィンのポーチをゲットでアロハのポーズ。 

二人のラブも年々さらに高まっていくのだった。

 

 

 

ハヴィからさらに東に15分ほど車を走らせるとポロル渓谷の展望台に至る。 

ここで一番ラッキーだったのは3班。。レインボーが見えてたよ。

 

 

 

ハヴィ方面に戻り左折すると山道の方に向かう道はワイメアにたどり着く途中の 

コハラマウンテンロードを走る。

 

この山道がまたサイコーのドライブで、右手に雄大な島の景色を 

見ながら走ってゆく。

 

 

 

この道の途中の山の上からの眺めはとにかく絶景。

向こう側にはコハラコーストを望む。

 

 

 

ここビッグアイランドは地球のスケールのデカさを感じさせてくれる。

 

 

 

 

景色を堪能した後は、食事を堪能する。 

 

ワイメアの町にあるハワイ島で一番の誉れ高いメリマンズ。 

ここの使っている食材は、オーガニックでローカルなものを中心に 

ナチュラルでクリエイティブでかつハワイアンローカルを意識した 

ハイクオリティーなレストラン。 

 

レストランはいつも満席だったので毎回10人分の席の予約は 

1週間以上前からしていた。

 

こちらハウスメイドのカヴァテッリパスタ

 

 

何がオススメって、とにかくどれも美味かったよ。 

きっとどれオーダーしても外れなかったろう。

 

これはローカルのマッシュルーム。

 

 

毎回ボリュームタップリの食事におれのお腹もふくれるばかり。 

その後の腹にきたツケを返すのはたいへんだった。

それをインスタントカルマと言うのだろうか。

 

 

ワイピオタロエンチラダ

要するに近所の有名なワイピオ渓谷で取れたタロイモを 

メキシカン風のエンチラダにしたもの。

 

KONA KAMPACHI,MACADAMIA NUT CRUSTED 

コナ産の養殖カンパチをハワイ名物マカダミアナッツにまぶして 

味噌味ソースをつけて食べる。

 

カフア牧場の羊肉 

ここまでドライブしてきたあのコハラマウンテンロード沿いにある 

牧場でら直送の羊肉。 

おれたちが走ってきたときは牛しか見なかったけどね。

 

最後の別腹を振り絞って甘みに突入。 

うまいけど苦しい。 

ここまで来るともう幸せなのかなんなのか分からなくなる。

 

 

 

 

セッションを終え最後の日はアチューンメントを行なった。 

みんながヒーリングのエネルギーに繋がれるように、そしてそれを 

これから役に立てていけるようにと典子のガイダンスにより 

アチューンメントを進めていった。

 

 

 

その場所からすぐそばの溶岩の岩場が広がる場所でサウンドヒーリングもやった。 

カンカン照りの太陽に熱された溶岩の上に横たわるのは天然の岩盤浴みたいなもの。 

 

それはこの石で描かれたLOVEの近所で行なった。

大自然100%の環境の中でみなさんにサウンドバスに浸ってもらった。 

 

演奏するための個人的困難もいろいろあった。 

例えば居た場所がコナ空港へ向かう飛行機の航路だったらしく、 

時折飛行機音が上空から轟音を立てる。 

 

しかしその音も自然の一部としてサウンドにする。 

それからは演奏中飛行機はほとんど通過してこなかったのも不思議。

 

サウンドヒーリングを受けている人たちの中には 

ぐっすりいい気分で眠っている人もいたので、 

天然岩盤浴と音の浸れて気持ちよかったろう。

 

 

 

最終日の打ち上げパーティーはゆうき&はるまが腕によりをかけて作った 

ディナーと一緒に酒盛りで盛り上がる。 

 

この時一番盛り上がったのは2班だったな~。 

シゲさん先頭におれがDJする音楽に合わせてみんなで 

オールナイトロング踊りまくった。 

 

1班のみんなとは家の庭から星空を眺めて、プレアデス星団やアルクトゥールス、

シリウスなんかの星を探し当てた。

とにかく星空サイコーだったね。

 

どの班も本当に密な時間を共にできて幸せでした。 

それは一生にこの瞬間だけの神秘的な家族のような出会い。


 

 

ヒーラー冥利に尽きると感じるのってそう言うときかな~。 

 

到着したばかりのはじめはみんな、緊張感があったり、大変な人生から飛び出してきた 

混乱の余韻を残してきたり、グループや人の中でうまく馴染めない人がいたり、 

なかなか心を開けない状態から、日に日に、セッションやこの島の大自然、 

ドルフィンたち、、、いろんな存在から祝福を受けながら笑顔が増えていき、 

意識が変容してゆき、次第にみんなとうちとけれるようになってゆくプロセスを 

見届けられる。

 

 

それはおれの好きなアルプスの少女ハイジのストーリー中の 

クララがアルムの山にやってきて、大自然とみんなの愛に支えられながら 

次第に心を開き、ついには足が回復し歩けるようになるという、、 、

そういうものと似たようなスピリットがこのリトリートにはあるよ。

 

 

 

全ての班が終了し、みんなを空港で見送る。

ここでそれぞれのファミリーと共有した時間は一生の宝物。

それを胸に抱いて、それぞれの家へと向かう。

 

また会う日まで。

ハグを交わしハワイ島での最後の姿を見届けた。

 

その後は片付けをし、なるべく家を元の状態に戻すべく作業した。 

 

おれの使ってたセッションルーム、大好きだったな。 

あそこはもともとベッドルーム兼オフィスだったのだけど、 

ベッドを取り外し、部屋を清掃し、こじんまりとなかなかいい感じに 

まとまったセッションルームだった。 

 

夕日も眺められたしね。

最後には愛着もあったから、さみしくも感じられた。

 

 

 

おれたちがチェックアウトする前日の3月20日早朝。 

満月と春分の日が重なった時だった。 

 

天秤座の満月、そして宇宙元旦。 

 

そのエネルギーを放出するかのごとく、水平線の上にヤバイくらいに 

美しい満月が輝いていた。

 

 

 

早朝まだお日様が昇る前の薄明るい時、お空はうす白いピンク色に 

染まっていた。

 

 

 

同日の夕方6時半。 

家を出る前日、最後の夕日。 

 

それはそれはサイコーに美しい水平線に沈む太陽を拝められた。 

これ以上の祝福があるだろうか、、と思うほどに。 

 

ペレーもマザーアースもたくさんの存在からの祝福を 

与えてくれたこのリトリート。 

 

もう感謝しかない。

 

 

 

 

祝福は最後の最後まで続いてた。

 

家を出る日、3月21日の春分の日。 

早朝起きてラナイから空を見るとレインボーがかかってた。

 

 

 

朝、家を出る前に、もう一度あのアチューンメントを行なったケカハカイの 

ビーチに行ってお礼参りしようと車で向かった。

 

みんなで作ったストーンサークルに感謝と祈りを込めて。

 

それからビーチを歩いてると、海辺にロープでしきりがされてあったので 

そこに向かっていった。

 

 

 

すると、そこにハワイアンモンクシールという絶滅危惧のアザラシがいて 

しかも新生児を連れてビーチで休んでいた。

 

 

 

 

近づけなかったので遠くからしか写せなくて、子供が見にくいかもしれないけど 

確かに親子で仲良く一緒にいた。

 

しかしこれは本当に奇跡的なタイミングだった。 

 

春分の日(宇宙元旦)という新しい始まりの日に、ハワイ島でも数頭しかいないと言う 

絶滅危惧種のハワイアンモンクシールが新しい誕生の生命を連れて、 

あのアチューンメントを行なったストーンサークルのビーチにいるなんて、 

祝福だし、ある種のサインなんだろうと感じた。 

 

これからもっとおれたちが変容し生まれ変わっていくんだろうなって。 

それは魂の喜びに向かってゆくプロセス。

 

 

 

 

この日はそれから車を南に走らせ、コーヒーシャックでランチをとった。 

 

ここは2班のファミリーと初日に訪れた。 

その時は、リリコイムースケーキ頼んで、オレの手がたまたまケーキに 

当たってしまったので、これはヒーリングテクニックなのよって言って 

ダイレクトタッチ!! とかって冗談で名付けて爆笑してたのを思い出す。 

 

この日は室内の長めの一番いい席に案内されて、 

ランチをしながら最高の眺めを堪能した。

 

 

 

窓辺にはかわいらしいゲッコーが近寄ってきた。

 

窓辺にハチミツがあったんだね。 

それを食べにきたのね。

 

 

 

 

ここからの眺め、やっぱサイコーだよね。 

3時までしかやってないのがもったいないけど。

 

またみんなとこの喜びを分かち合いたいな。。。いつかきっと。

 

 

 

 

そんなわけで、みなさんご拝読、ありがとうございました。 

 

ハワイのスピリットと共に行なったリトリートの経験が

皆さんの魂にとって生きる活力となりますように。 

 

アロハ&マハロ✨

 

 

満月とアバンダンスとひと月のジャーニーと 

 

おはこんばんちは。

 

エイプリルフールとイースターを迎えついに4月に突入した。

2日の今日、朝目覚めると外は雪。

 

冬の寒さが最後のあがきを見せてるかのように名残を残していった。

 

もうすぐ春がやってくる。

春を想い焦がれる気持ちは、4年ぶりに冬をニューヨークで過ごしたものだから

ひときわそれを感てる。

 

きっとサンセットパークの木々や植物たちも待ち焦がれているに違いない。

 

けどま〜、今年はそこまで極寒の日が続いたわけではなく、

暖かい日も時折あったので、比較的楽な冬だったように感じた。

 

先日の土曜日は満月でサウンドヒーリングのイベントを家で行なった。

 

きっと自分がソロで主催したイベントとしてはもっとも内容が濃いかった思う。

それはやはり自宅でワークできたところのものが大きかったかな〜。

 

おそらく6年ぶりくらいの自宅でのサウンドヒーリングイベント。

近年はのりこのキネシセッションが忙しかったので家では全くやるタイミングがなかったな〜。

 

アウェーじゃないので楽器は全て揃ってるし、家に食材があるからホームメイドで

オーガニック健康クッキー作ったり、なんかやる気モリモリもりあがってた。

 

しかも今回は参加者が4人とかなり少数編成だったのだけど、

それが逆に良かった部分でもあって一人一人の意識にアテンションすることができ、

親密さと安心感の中、会は行われた。

 

正直今回参加できた人たちは本当にラッキーで、

こんなチャンス滅多にないよな〜と思った。

 

で、今回のイベントのテーマは「アバンダンス」という事にした。

それはイベントの2日前くらいにそんなテーマが降りて来たのだけど、

あ〜そうしよー、と決めてからまたモチベーションがすごく上昇した。

 

今回の満月は天秤座に位置するもの。

キーワードとしてはバランスを取ること、パートナーシップ、社交性、共同制作

芸術性、優雅さ、美意識、、、などで、まさに今回のようなイベントを行うのに

最適な日だった。

 

豊かさをブロックする不要な感情や信念を手放すワークというのをやったのだけど、

それは不十分感、欠如感、まだまだ感、、、という言葉に表されるような事柄を

参加者のみんなとシェアしていった。

 

ふだんなら個人セッションで一対一でワークしてゆくプロセスをこうしてグループで

みんなとシェアしてゆくことですごく大きい気づきを得ることができる。

 

またみんな同じように不十分感を感じている部分や、共感できる部分などを共有することで

みんなが親密さを高めてるのを実感した。

 

物質的に満たされているとか、何かを成功したとか、目標を達成したとか、

そんなところを追い求めると、それが得られた時は達成感や征服感があるとしても

一時的なものだから、またすぐに不十分だったり、もっともっとという思いからは出られない。

 

結局豊かさといいうのは、豊かさを感じれる感性の問題なわけで、

自分の今ここにあるすでに与えられているものに感謝する感覚だったり、

等身大の自分(ありのままの自分)をちゃんと受け止めて認める、愛することだったり

という自分自身の意識の問題なのだから、物質的にとか、ステータス的にとか

人からどう見られてるかと言うこととは全く関係ないのです。

 

そんな感じでみんなと語らいながら手放しのワークは進んでゆく。

 

そして今回の会のインテンション(意図)は

「豊かさの感性を高める」

 

おれたちに必要なものって結局それに尽きるのかな〜って思う。

その感性が高いかってのが、人がどれだけハッピーなのかっていう究極の

答えをもたらすんだと思う。

 

 

ワークの最中時折サポートに今回のために筋反射で選んだ

いろんなエッセンスを取ってもらった。

 

濃密な会はメインイベントのサウンドの音浴。

 

その前にみんなに一人ずつアセンテッドマスターカードを引いてもらった。

それぞれ今回のアバンダンスのテーマにビンゴなカードが降りて来た。

 

この4枚は引いた人それぞれのテーマとも言えるし、

みんなにとって必要なメッセージだとも捉えることができる。

 

なのでそれぞれのカードについて簡単なメッセージを加えておきます。

 

イシス>キャリア(仕事、天命)とホーム(好きなこと、エゴの部分、家庭、プライベートなど)

  とのバランスをとること。

 

クリシュナ>今ここにある祝福をちゃんと受け止める。

     豊かさは(なにか頑張ったりした)先にはなく今ここにあるもの。

 

ヒーナ>自由を表現すること、芸術性、女性性、ありのままの裸の自分、自然体に

   戻ること。 自己愛。自分軸。

        

ホルス>今の状況(真実)をしっかり見据えること。

  明晰さ、知性、感性、創造性を高めること。

 

 

 

そして音のシャーマニックジャーニーは始まった。

 

 

 

 

終了後はみんなでまったりティータイム。

 

家にオーガニックの食材があってクッキー作れたから

手作りのものを提供できてよかった。

 

終わった頃にはみんな友達のようになっていた。

 

間違いなくみなさんアバンダンスが高まったな〜と実感した。

 

今回は参加者みんなさらにハートオープンになってました。

なのでここで気持ちをシェアしてもらうようにと、感想文を送ってもらいましたので

どうぞご覧ください。

 

 

おさむさん

 

先日は本当にありがとうございました! 

6時間があっという間の、とても楽しく、優しく、満ちたりた午後でした。 

 

おさむさんのアバンダンス精神と包容力には感嘆させられるばかりです。 

目を閉じてサウンドヒーリングを受けている間ずっと別次元に意識が飛んだようで、 

おさむさんは正に「音の魔法使い」だな、と思いました。 

 

頭のてっぺんからつま先までしっかり癒された気分です。 
グループ形式で新しい出会いがあったのも嬉しかったです。 

また是非呼んでください。

 

Fromりえこ

 

 

 

おさむさん 

先日はありがとうございました。 

始まる前におさむさんの星座の話や、 
天秤座の満月の意味合いやらの導入時点で 
これは私に必要なセッションだと確信しました。 

少人数のリラックスした雰囲気だったので、 
自分をオープンにするのが苦手な私も 
今の心情などをみんなにシェアできました。 

今回は、満月ということもあり、 
テーマは、アバンダンス(豊かさ)を受けとる。 

ワークが進むにつれ、 
すでに日々豊かさの中にいるという気付きは 
とても大きく、感謝の気持ちが溢れました。 

最後のサウンドヒーリングの時は、 
すでにみんな同級生みたいな合宿気分で寝転がってました。 

最初の、確か波が引いたり押し寄せたりするサウンドの時点で 
気持ちよくってすっかり寝入ってしまい、 
自分のいびきでふと我に返ったくらいです。 

とにもかくにも、 
最後の手作りクッキーまで 
おさむさんの豊かさを十二分に受け取ったイベントでした。 

いま、改めて感想を書いてみると、 
いろんな気づきが起こっていたことに驚きます。 
その機会をくれたおさむさんに感謝です。 

この感想も含めてのおさむさんのセッションだなと思っています。 

ありがとうございました。

 

From 京子

 

 

 

おさむさん、 

昨日はありがとうございました!! 

 

参加された皆さんとレイキで繋がれて、エネルギーを感じたり、

みっちりと色々シェアもでき、長時間とてもとても深く濃い時間でした。 

 

サウンドヒーリングでは、一瞬で心地の良い世界に導かれました!

ただ音色が心地良くて、音のゆりかごに乗っているみたいな気持ちで、安心感に満ちた空間でした。

 

音のエネルギー、音楽のパワーをひしひしと感じました(о´∀`о) 音楽ってやっぱりすごい❤️ 

 

このサウンドヒーリングの会、とても内容が濃かったのですが、

最後には、フレッシュなフルーツと、なんと、おさむさん手作りのクッキーに、美味しいお茶まで頂き、、

更にはフォーミュラーまでお土産で貰えて、本当にすごい(๑˃̵ᴗ˂̵) 愛が溢れていました。 

 

またサウンドヒーリングの会、また参加したいです!ありがとうございます?

 

From みか

 

 

 

 

おさむさん 

 

〜前略〜

 

サウンドヒーリング とのお知らせを頂いて、 
久しぶりにおさむさんに会いたいし、 おさむさんのギターの音が大好きだから、 
と、軽く遊びに行く感じで伺ったのですが、 集合は12時、解散したのは たしか夕方6時ごろでしたね。笑 

 

とても幸せな楽しい時間。 

当日は 天秤座の満月。 

みんなと地球のコアと宇宙に意識を向けることで 
「繋がる」こと を体感できるとても神聖な時間でした。 


手放しのワーク、感謝の気持ちにフォーカスするワーク。 


みんな一人一人が 自分に向き合い、自分の現在地を知る作業。 
それをオープンにシェアしあうことで、クリアになる感覚。 
さらなる気づきも。 


おさむさんがこの日のために選んでくださったいくつものエッセンスが 
このプロセスをサポートしてくれます。 

この日のテーマは ズバリ Abundance 豊かさ。 


感謝のワークでは もうすでに十分あると感じる自分の周りのもの、

与えられているものをあげていきました。

 

太陽の光、風を感じられること、朝の一杯のコーヒーから パートナーや友人の存在まで、

全員がとても書ききれないほど とめどなく溢れ出していました。 

 

そして、自分はもうすでに満たされているのだ と。 

 

そして、 いよいよサウンドヒーリングタイム。 

それぞれがメッセージを胸に、 もうすでに ゆる〜り、リラックスしてる。 


全員マクラにブランケットで、準備オッケー、眠る気満々で。笑 

 

いざ始まると〜、 すごくリラックスしているのに 感覚はやけに冴えていて。 
 

いろんなものがいっぱい見えた! 


見えたといっても いわゆる視えるというのとは違うのだけど、 
物語が展開して行くような。 

 

あまりに鮮明だったのが面白くて、 
帰りの電車の中で 備忘録としてメモ書きしていました。

 

〜中略〜 

 

体と頭は休んでいたので、ハッキリとはわからないし、とても感覚的なものなのですが、 
おさむさんが 奏でてくださる音や楽器が変わる度に 場面が変わるような感じで 
ストーリーも見ていてとても面白かったし、 
かといって、観客だったのかと言えば そういう訳でもなく、 
自分もそのストーリーの中に居た感覚もあって。 


メッセージもいっぱい受け取りました。 

そしてクロージングし終了。 

 

充実し過ぎ〜!とみんなで感動。 

には 続きがあって、 
オーガニックフルーツにローハニー、なんとおさむさん お手づくりのクッキーでお茶タイム、 
そして、さらに 今日のテーマ Abundance フォーミュラのエッセンスのお土産つき、で、 
感動感激 一同ノックアウト♡でした。 

 

あの時間 あの空間に居ることができて 本当に幸せでした。 

 

そういえば 、Hinaってどんなかな?と、 
帰りの車内で 調べてみると、 

-Hawaiian Goddess of the Moon- 

 

カードの写真を見返してみたら、 
はい、女神の後ろにはまーるいお月さまの絵が。 

まさに 満月の日のヒーリング! 

そして その時 車窓には ちょうど上って来たばかりの大きな 美しい満月が。 

うーん♡ 宇宙の計らいにノックアウト♡な一日でした。 

 

素敵な時間をありがとうございました。 
伺うことができて 本当に良かった。 
嬉しかったです。 

 

またお会いするのを楽しみにしていますね。 

 

らぶ 
ともこ

 

 

 

 

3月、約ひと月の一人生活をふりかえるととても充実していたし、

あらためて必要なタイミングで必要なことだけが起こっていることを

体験した。

 

長い事のりこと寄り添ってて、一人生活をすることも近年なかったから

一人でいろんなことを感じるきっかけになった。

 

3月の前半は作曲や録音など音楽制作を集中的にやったので、

のりことのプロジェクトの全体像がさらに浮き彫りになって来た。

 

おもしろかったのはサウンドヒーリングのイベントは新月の17日にも予定してたわけだけど、

一体全体どういうわけか、ほとんど誰も参加者が現れない。

 

曜日とかタイミングが合わなかったのだというのもあるだろうけど、

本当はみんな口裏合わせて

「おさむのイベントには出ないようにしよう」と言ってるのではなかろうか、、、

という被害妄想が出て来てもおかしくないくらいに、不思議な現象だった。

 

しかし、こういう事は必然しか起こらないという確信と信頼があるので

しばらくどういうことなんかな〜と案じてはいた。

 

それで結局その日のイベントはキャンセルしたわけだけど、17日の魚座の新月の日、

それはセントパトリックデーだったわけだけど、その日から歯茎の痛みが悪化し

体質改善を決意、そして春分の日の翌日から3日間断食を開始。

 

改めて食事のルーティンを見直すいいきっかけになったし、その断食中に出て来た

デトックスによって上がって来たエネルギーを浄化し調整することができ、

かなり心身ともにリフレッシュできた。

 

だから新月&春分の期間は新しい年を始めるにあたっての

大デトックス期間だったのだと身をもって実感した。

 

そうして心身ともに準備が整った状態で満月のサウンドヒーリングを迎えることができ

しかもアバンダンスというテーマを掲げて行うことができ、全ては必然だったし、

宇宙の采配と恩寵を改めて感じることができ、まさに豊かさを高めることができた

このひと月ばかりのスペシャルジャーニーだった。

 

その祝福にほんとうに感謝だな〜。

 

そしてしばらく合わないのりことも会いたい気持ちが湧き出てくる〜?

それは恋の予感✨

 

今は水星逆行の期間らしいのだけど、パートナーシップをさらに深める

いいチャンスでもあるらしい。

 

天秤座の満月の日、金星が牡牛座に入った事も関係してるらしく、

愛することの価値や人生の豊かさを見出してゆくことが表面に現れやすいのだとか。

 

ということで、久々の再会。

愛する人の帰りを待つというウキウキ気分の真っ最中‼️

 

 

そんな気持ちを音楽に表現するとこんな感じかな〜!!

 

べいびー!!

 

 

 

 

春分の日、新たなスタートを迎え 

 

おひさしぶりで〜す。

 

先日は春分の日ということで、やっと春を迎えるのか〜、、、なんて

油断をする余裕は全くなく、ここヌーヨークはその日は大雪で、

早朝から深夜まで丸一日雪が降り続けていた。

 

入り口のドアを開けると白い世界が。。。

 

 

寒いけど、がんばって公園まで様子観に散歩しに行った。

いつもの景色も銀世界に彩られる。

 

 

こう寒いとやはり行動力も鈍り、最近はもっぱら家と公園がおれの行動範囲。

これじゃ、「ひきこもりヒーラー」と言われてもしょうがないわな。

 

 

雪は深夜まで容赦なく降り続いていた。

あ〜あ〜、春なのに。。。

ヌーヨークの冬は4月いっぱいまで寒いのでまだまだ

桜を見るのも先の話。

 

 

そんな春分の日は、よういちさんが占星術の講座をストリームでやってたので参加した。

今や講座もインターネットでできるから、地球の裏側の日本でやってる講座にも参加が

できるようなすごい世の中になったね〜。

 

今回はもちろん春分から始まるこの一年の大きなテーマについての説明。

 

占星術ってのは、一般的には占いみたいな感じに捉えられてると思うんだけど、

個人的にはあまり将来の自分がどうこうってのは興味はなく、

宇宙の創造の中でこの世界がどういう流れで動いてるのか、過去と未来の

時の流れの中で今どんなことが起きているのか、ということを垣間見る

マップのようなものとして見ることができとても興味深いもの。

 

生まれた年月日時間、場所にいた時の星の位置によってその人の

性質や性格、持って生まれたテーマや役割などが決められているという。

 

よくなにかのセリフで『わたしは〜の星の下に生まれてきた』なんて言い回しがあるけど、

それは占星術的に当てはまる言葉なんだな〜って感じる。

 

 

で、占星術的には春分の日というのが新しい年だということで、

この日の星のチャートからこの年の大きな流れやテーマというものを

予測することができる。

 

そして今年のテーマは『創造性と行動、地固めの年』ということらしい。

 

簡単にいうと、もっと自分の本来持っている才能で創造力を生かし、

行動を取ってゆくが如く、実現化して行くための地固めをするのだということ。

 

それはこの日に生まれた人だけの話ではなく、世界全体に適用できるもの

だということで、世界の情勢はそういった宇宙の計画にそって流れて行く

ものらしい。

 

そんな感じで約80分の講座は行われた。

 

また近々、5月16日だとかに、天王星が牡牛座に突入するのだということで、

おなじネットの講座が開かれるらしいので、興味ある方は是非こちらの

よういちさんのサイトにアクセスしてチェックして観てください。

 

 

きっとこの講座にもインスパイアされたのかもしれないし

この春分の時期、のりこもいないし、あまり外にも出れないし、

その他諸々の状況が重なって、

時間がゆうゆうにあるのこのチャンスを利用して、断食を始めた。

 

断食は前からやりたいなーと思っていたのだけど、なかなかそのチャンスがなかった。

 

きっかけとしては、まえから歯茎が痛み出してて、その原因として溜まった歯垢から

バイ菌が繁殖するいわゆる歯周病なのだけど、日頃好きなものばかり、

お腹いっぱいに飲み食いすると時折お知らせのように歯茎が痛み出して、

こりゃやばいな〜と思ってた。

 

歯医者に行って歯垢は取り除いてもらったもののあまり痛みはかわらず、

時々漢方で天然の抗生物質って言われてるゴールデンシールっていうのを煎じて

飲んでたりしてたけど、やはり食生活がかわらぬままじゃ、一時的にしか

おさまらないよな〜と思い、断食してバクテリアを殺菌しつつ内臓を浄化し

心身のリフレッシュを図って見た。

 

占星術チャートの第4ハウスにも「節度を保っていくことがテーマ」なんて書かれてたから、

ちょっとここらでわたくしも節度をわきまえようかなと思いまして。。。

 

断食は全く何も取らないのではなく、酵素ジュースなどをとるのが一般的らしく

今回は身近で手に入る酵素ということでコンブチャを飲んで始めました。

 

とりあえず今回は3日間の予定で、現在3日目。

 

断食は好転反応というものは間違いなくあるらしく、逆にない方が問題だったりするらしい。

というのもそう言った好転反応が体内の毒素や老廃物を出しているデトックスのプロセスだから。

 

例に漏れず自分も早速1日目から好転反応。

症状は体のだるさ、倦怠感、腰肩の重さ。

 

あとは感情、思考もネガティブなエネルギーがやってきたりする。

それはやはり霊的なエネルギーだったりするわけで、

なので毎日自己ヒーリングで調整しながらの断食。

 

3日目の今現在、そんな調整の甲斐もありなかなか気分はスッキリしてる。

もちろん食べてないのであまり体力はないのだけど、体も結構楽になった。

そして歯茎の痛みもない。

 

これヒーリングやってる人には是非オススメしたいかも。

やっぱ自分のエネルギーメンテナンスは大事だしね。

それを体内から浄化しつつのエネルギー浄化はかなり大きいクレンジングだと思う。

 

断食で期待できる効果としては腸内浄化にともないお肌の健康や体重減、

またモチベーションが高まることなど、いろんなものが挙げられる。

 

それにやはり食について改めて見直しを考えさせられる。

昔は魚も食べないストイックなベジタリアン/ヴィーガンだった時期もあったけど、

そこまでしなくても、やはり今の食生活のパターンを見直したいな〜と。

 

なので断食も今後、時間があれば年に2、3回はやりたいなと思ってる。

 

そんな感じで、心身を浄化しつつ宇宙の新年を迎え

とても充実した多くの気づきと成長の一人の日々を過ごしてます。

 

 

大雪の翌日は快晴。

サンセットパークは子供達が雪で遊んではしゃいでる。

 

 

雪合戦したり、雪だるまにソリ、子供達にとって雪は

たのしいアトラクション。

 

 

おれは春の訪れを首をながーくして待ってるよ。

 

 

それからサンセットパークの満月のサウンドヒーリングイベント

まだ受付中です。

 

日時>3月31日(満月) 午後12時 

 

所要時間 3時間程度 

     茶+茶菓子付き 

 

参加費 60ドル 

 

メインとなるヒーリングツールはクリスタルボウル、ゴング、チベタンチャイム、 

ギター、クリスタルリラ、惑星チャイム、等。

 

それに加えオーラソーマ、フラワーエッセンスなどもサポートとして 

使用します。 

 

終了後は時間に余裕のある方たちとまったりお茶タイムできればと 

計画してます。

 

参加ご希望の方はこちらまで

osamusic@earthlink.net