Viewing: 音楽 - View all posts

Voice Of The Sea/ ダイスケさんとのコラボ作品 

 

アロハー🌈 ✨ 

 

ハワイ島に在住のドルフィンスイムガイド&アーティストのダイスケさん 
作成のイルカやクジラの動画を紹介します。 

 

彼のクジラ音源を拝借してわたしが創った 
ヒーリングミュージックとコラボで楽しめます。 

 

イルカたちや他の生物が彼が接近してきても 
楽しそうに泳いでるのが癒されます。

 

 

 

 

ダイスケさんは去年の2〜3月に行ったハワイ島のリトリートで 
行ったドルフィンスイムのガイドだった方で 
イルカを愛してるのが伝わって来て、きっとイルカから 
生まれ変わって来たのかなって感じさせる。 

 

彼と出会えて本当にラッキーだったなーって 
思います。 

 

ハワイ島でドルフィンスイムをやりたいのであれば 
是非おすすめです。 

 

ダイスケさんのYouTubeリンク

Dolphin Eyes

 

​https://www.alohakonatours.com/dolphin_tours.html​

 

 

 

 

ヒーリングツールに関して 

 

 

私のセッションで使用するヒーリングのツールとして 

結構比重を占めるのは音叉を使うものです。 

 

その中で最も優れたツールはやはりアランセールスの神の音、 

それとアーキュトニックの惑星音叉になります。 

 

自分のサウンドヒーリングあるいはキネシオロジー の 

セッションとしてはその2種類をコアとして他のツールも 

多用するようなスタイルでやっています。 

 

神の音はやはり肉体、感情、思考、魂の広範囲なエネルギーの 

レベルに働きかけられるものなんだと思います。 

 

音叉は持っているのだけれど、使い方がわからないとか 

やってもあまり効果を感じれないという方も時折伺います。 

 

それは多くの場合、どのエネルギーをターゲットにヒーリングしているか、 

というのが明確にならない場合かなと思います。 

 

どういった感情、思考などが自分の意識に上ってきているのか、 

どんなストレスを感じれるのか、などの感覚を言葉にして、 

その感覚をしばらく感じる、あるいはダウンロードするという 

作業を経てから音叉を使うだけでも、効果はきっと変わると思います。 

 

ただその内観がうまくできない人、その意識や感情に気づけない人 

と言うのはいます。 

 

感覚を抑えてて、自分の気持ちを見過ごしたり達観したり、 

そこに目を向けれない人などですが、 

そういった方達はおそらく何度かはヒーリングセッションを 

セラピストから受けた方が早いのだと思います。 

 

本人だとなかなか気づけない内側の感情や思考、思い込みなどは 

第三者的な視点で観た何も損得関係がない状態なのでそれは 

有意義な事だと感じます。 

 

他のソルフェジオの音叉を使ったことがあるわけではないので 

比較はできませんが、アランセールズの音叉はとりわけ精密に、 

音が高音でも長い時間鳴り続け、音叉に使用している素材も

音質としてもハイクオリティーで ヒーリング道具としての

完成度が高いです。 

 

惑星の音叉は自分は主にミドル音域を使って、必要に応じて 

低音域のものを使う感じで、使用します。 

 

惑星音叉の魅力は、それを経穴のポイントに当てるので 

肉体に直接振動が伝わってくるので、滞ったエネルギーや 

痛みなどの症状がスっと引いてくるのがわかりやすいところ 

だと思います。 

 

また惑星音叉は二本の異なった惑星の周波数を同時に鳴らすことで 

音のインターバルが生じるので組み合わせによってはバイノーラルビートの 

ような効果も出たりします。 

 

惑星の音叉は主に新月、満月を加え10の太陽系惑星に、キロン、ニビル、 

セドナを使用します。 

 

それぞれの惑星の周波数に合されていて、その周波数特有の 

性質、特質を組み合わせて使用したりします。 

 

それに加えてエッセンスはやはり多用しています。 

 

もっぱら私のスカイプセッションでは遠隔なので直接エッセンスを垂らすことは 

できないのですが、クライアントさんにはセッション後のサポートとしてエッセンスを 

使うことを勧めています。 

 

オススメしているのはアラスカンエッセンスの環境エッセンスシリーズの中から 

なのですが、だいたいエネルギーの浄化、凝り固まった思考、信念体系などを 

手放すことに関して素晴らしいサポート役を発揮してくれるからです。 

 

またセッション後のデトックスが上ってくる場合などにそれを 

浄化し、軽減させてくれる効果もあります。 

 

日本でお勧めする販売店はネーチャーワールドですね。 

 

https://natureworld.bcart.jp 

 

どうしてここをお勧めするかって言うと、以前友人伝いに、 

無料でエッセンスのカタログを送ってもらったことがあって、 

カタログといえど全ページオールカラーの説明も見やすい 

素晴らしいクオリティーのものをいただいてお世話になった

という経緯があってからなんですが。 

 

今でもおそらく無料カタログは配布しているのではないでしょうか? 

何かお求めになられるのでしたら、送ってもらうのもいいと思います。 

 

ツールといえばそれ以外には、クリスタルボウルやチャイム、 

モジュールやハンドヒーリングなど、その時々の感覚と状況を見ながら 

それらを使用する感じですね。 

 

ハンドヒーリングの場合は最近はもっぱらアセンテッドマスターの 

オラクルカードから必要なBeingを選んで、その人たちのエネルギーを 

送ってもらうようにしてます。 

 

自分はやはりオラクルカードは大好きで、 

リーディングはよくしますし、クライアントさんがその時に

必要としているエネルギーというものが反映されますし

出てきたカードの波動を受け取ることはとても楽しいものですから、 

 

クライアントさんに向けたメッセージというのも感じれますし、 

それに対応した波動を受けれるのだと思います。 

 

自分のセッションは最近はもっぱらそういった直感的な感覚で 

出てくるものが多くなってきたかと思います。 

 

しかし筋反射もまだ使います。 

やはりそこは自分の感覚を確認するという意味もあったり 

さらに深い洞察をスキャンリストなどの情報から得るために使います。 

 

ヒーリングセッションで主に使っているツール、 

それはセラピストの趣向や好みはもちろんあっていいと思います。 

 

私の使用しているツールが絶対的なものとは限りませんから。

 

人それぞれ得意なヒーリング技というのは必ずあるもので、 

自分が神の音や惑星音叉がいいと言うのは自分にとってその波動を 

心地いいものだと感じるから、いい音を鳴らせるので 

その波動を受け取るクライアントさんも抜けやすいのだと思います。 

 

要は自分が心地いいと感じるものはクライアントさんにも有効な波動として 

受け取りやすいから効果が出やすいのだと言うことになります。

 

と言う感じでヒーリングのツールや方法に関してひとまず切り上げます。

 

 

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

 

 

さて音楽の時間

 

5月のある晴れた春の風が心地いい 

癒しのセントラルパークでバリトンウクレレを手に 

森の中で自然の息吹を感じながら演奏してきました。 

 

即興で演奏しているもので曲名は特にないですが

YouTubeのタイトルは

 

 🌈Spirit Of Aloha🌈

 

と名付けました。

 

自分はハワイの音楽を演奏しているわけではないのですが 

アロハスピリットと呼んでるのは、 

自然のスピリットと繋がってハワイの自由で開放的な 

Loveをハートに抱いて音を表現している、ということです。 

 

 

 

 

気に入っていただけたらYouTubeにて、いいね、チャンネル登録、 

コメントなど、応援お願いします。 

 

アロハー🌈✨ 

 

スナフキンおさむ

 

 

 

感謝の祈りは・めっちゃラッキー当たり前 

 

 

今日は快晴の春の気候が暖かく清々しい青空の1日。 

 

マンハッタンまで食材を買うついでに散歩してきた。 

 

最初はひとまずワシントンスクエアでチルアウトをきめ、 

そこから南にグリニッジビレッジからソーホーのエリアを 

プラプラ歩いて街角の散歩を楽しんだ。

 

 

 

 

ユーチューブの動画でもっちーが双子座の新月前後にすれば 

運気爆上げする方法を赤天狗さんからチャネリングできいたらしく 

それを紹介していたのを見てたので、ソーホーの街を歩きながら 

「私は神、私はサイコー、めっちゃラッキー当たり前~✨」

って自分でアレンジして歌いながら歩いてた。

 

 

 

 

当たり前にニューヨークに住んでることに感謝しながら。 

 

めっちゃラッキー当たり前~✨ 

 

軽やかに、踊るように歌う。

 

 

 

するとまもなく、ストリートでテーブルの上に何かがあって 

近寄ってみると、ヨーグルトで有名なChobani cafeの前で 

フリーでそのお店の製品を配っていた。 

 

お店の定員さんが配ってて、おれも差し出されたので 

マジか!! っと驚きと喜びでいきなりチョーラッキーな 

ハプニングが起きたよ!! と感謝した✨

 

 

 

 

袋の中身を見てみるとブルーベリーのヨーグルト4つ、チップスの袋 

ラテの缶、オートミルクのパック、っとざっと計算しても 

20ドル相当のものが入っていた。 

 

めっちゃラッキー✨✨✨✨✨

 

 

 

 

おそらくロックダウンでお店はまだ閉まってて、品物が 

無駄になっちゃうから、PRも兼ねて配ってたのかなーと 

想像した。

 

いやーーーなかなかやるねーこの祈りの言葉、

その威力に感心した。 

 

もっちーと赤天狗さんにも感謝やね。

 

 

 

 

 

これ新月でなくても使えると思うから皆さんも是非やって実践して  

見てください。

 

方法はこちら。

 

 

 

 

そんなハッピーヴァイブの中、観光客のいないソーホーを歩く。

 

 

 

 

だから街の道路のど真ん中に立ち止まって写真も撮れる。

 

 

 

 

ここからハドソンストリートのホールフーズで食材ショッピング💖 

 

飲み用のおつまみと久々にアレグロコーヒーのフレンチローストの 

豆買いに行こっと。

 

 

 

 

さて、久々の新曲紹介。

 

今回はインディアンフルートとクジラの歌声で 
ヒーリングミュージックを 創りました。 

タイトルは 


​”The Angel Song Of Whale”​ 

 

フルートの癒しのサウンドを天使に捧げるように演奏し、 
クジラの歌声と絡めて、心と体が安らぐような音楽に仕上げました。 

 

クジラの音源は以前アップしたホエールソングでおなじみ ハワイ島で 
イルカとコミュニケーションするアーティスト・ ダイスケさんから 
提供いただき、彼が実際にハワイの海で録ったものです。 

 

クジラの歌声は広大な宇宙を感じさせるサウンドですよね。 
大きな海の包み込む愛そのものを歌っているようでもあります。 

 

フルートは高音域のものと低音域のもの二つを演奏していて 
お互いたが声を送りあって心を通わせているような世界を 
表現しました。 

 

それはエンジェルの姿をした恋人のようでもあり、 
親子のようでもあり、、そんなイメージですが、 
それは聴いているみなさんそれぞれの感性に委ねます。 

 

聴いていただきありがとうございます。 

 

気に入っていただけたら、YouTubeにて、いいね、チャンネル登録、 
コメントなど、 応援お願いします。 

 

スナフキンおさむ

 

 

 

 

 

 

 

ニューヨーク~エッセンシャルライフ 

 

 

ニューヨークの街がロックダウンしてから早ひと月半にはなる。 

 

その期間中、外出といえば週一の食料品の買い出しにスーパーに行くか 

川沿いの公園で日光浴くらいだったので、もういい加減近所巡りも飽きてきた。 

 

なので、数日前は久々に地下鉄使ってマンハッタンの街まで繰り出していった。 

昨今の自粛で、エッセンシャルなことしかしないように促されているNY市民。

 

おれにとって、公園は人として最低限必要な憩いの場所。

 

ということでニューヨークでのエッセンシャルライフをお届けします。

 

まず向かったのは、ニューヨーカーの憩いの場、ワシントンスクエア。

 

 

 

 

 

 

ここにきて気づいたのは、今ロックダウンだから観光客が全くいなくって 

殆どニューヨーカーなんだろうなってこと。 

そう思ったらすごいなー。

そんなことって普通はないよなー。

 

 

 

 

 

 

 

5月、春もそろそろ本気をだそうかどうしようか、じわじわと温かさを 

増してきているようで、肌寒い冬の名残もまだ残る今日この頃。 

 

公園の木々も新緑が清々しく気持ちがいいこの季節。 春やね。

 

 

 

 

 

芝生もグリングリンしてて癒される。

 

 

 

公園に住むリス。 

だいぶ行動しやすくなったろうね。長い冬を乗り越えて。

 

 

 

 

平和の象徴ハトがおれの近所を余裕で歩いている。

 

 

 

公園の真ん中には有名な噴水になってるサークルがある。 

そこでしばらくチルアウトとキメてみた。

 

 

 

人は結構たくさんいた。

やっぱり近所の住民の人たちもここに癒しを求めてきてるんだなーと。。

公園の重要さがよくわかりますね。

 

公園には近所の子供もたくさん来てて、それぞれに無邪気で陽気に 

今この時を楽しんでいた。 

 

ハトと追っかけっこのビューティフルボーイ

 

 

 

 

噴水の中はローラーボードを楽しむ若い連中が遊んでた。 

ジャンプするのがかっこよかったからその瞬間を撮ってみた。

 

 

 

 

 

ジャンプ

今この瞬間の爆発。 情熱。

 

 

 

 

ジャンプ。。。無限の可能性、パラダイムシフト。

 

 

 

ちっちゃな子供もチャレンジ!!

 

 

 

ストリートミュージシャンもやってた。 

 

音楽もみんなにとってエッセンシャルなもの。 

踊ったり歌ったり、人生を謳歌する祈り、リチュアル、

笑ったり、楽しんだりすること、それは人間にとって

エッセンシャルなことだと思う。

 

今のこの時期、自分の魂にとってエッセンシャルにやりたいこと、

必要なことは何なのか見極められる時間でもある。

 

 

右側の女の子二人の踊ってるとこ、エンジェルみたい👼✨

 

 

 

ちょっと公園の外を散歩 

グルニッジビレッジの街並み。

 

 

 

歩いてると軒並み店は結構閉まってたけど、どこか開いてるところないかなーと当てをつけて行ったのは

グルテンフリーのケーキ屋 Posh Pop✨ 

開いてるよ! さすが!!

 

 

クッキーとコーヒーをゲットし店の前でカフェタイム

 

 


 

 

こんな感じで街を散策するのは自分の魂が喜んでるもんだなーって感じてた。 

それは自分にとってエッセンシャルなことだってわかる。

 

最近ユニコーンのオラクルカードを毎日のように引いてるんだけど、 

Petっていうカードが立て続けに出てくるようになって、それはどういう 

意味なんだろうって思ってたんだけどね。 

 

この公園に来てわかったのは、ペットの犬たちやリス、ハト、鳥、 

などの野生の動物たちのいるこういう場所で癒されようよって 

メッセージだったんだなーって思った。

 

飼い主に連れてこられた犬たちは、散歩中、輝いてるもんね。 

この時を生きるぞーって感じで無心でただ楽しむことに勤しんでる。 

そんな姿がただただ純粋に可愛いよねーって感じる。 

 

人の子供たちもそんな感じ。 

 

今ここを生きている存在ならいつでもその祝福の中にいれる。

 

無邪気さと遊び心を楽しんで。

 

精一杯遊ぼー。 今のこの時期。

 

 

車の少ないストリートのど真ん中からワールドトレードセンターを望む。

 

 

 

 

エッセンシャルライフの日々ではあるけど、

スカイプのセッションは遠隔ですので通常どおり受け付けています。

 

先日はセッションの事後報告を受け取ったのですけどね。 

最後の方でいただいたお言葉が自分にとっては嬉しいものでしたので 

ここにシェアさせてください。 

 

 

~前略~ 

ネガティブに陥りそうになっても、割とすぐに戻ってこれたり出来ているので、 

なんだか不思議です。 

不謹慎かもしれませんが、コロナ騒ぎのおかげで直ぐにおさむさんのセッションが 

受けられているのですから、ちょっとこの不思議な幸運に今は感謝したいと考えます。 

 まだ少しかかりそうですが、どうぞよろしくお願いいたします。 

 

From A

 

 

 

自分が誰かから自分と出会って幸運だったと感じてもらえたのなら、 

受けた方が、人との繋がりを感じる感性を取り戻すことができたのだから

嬉しいですよねー。 

 

ありがとー😃 

 

ヒーラーをやってることを感謝する瞬間でもあります。

 

✨✨✨✨✨✨

 

さて、今日の音源は昨年末に作ったサウンドヒーリング 系音楽

 

Moon, Light, Air...

 

クリスタルボウルと日本製の御鈴にギターの即興演奏で

間、空間のわびさび感じる音楽です。

 

 

 

 

 

 

ヒッピー・スナフキンおさむの大麻論 

 

最近はニューヨークもすっかり活気がなくなったな〜。 

 

家にいても騒音や車の音も少ないし、雑音も少ないので、 

自分の内側に入りやすくもあるかなと思う。 

 

最近よくオラクルカードひいたり、オラクルカードの動画見たりしてるんだけど、 

この日は息抜きして楽しみましょうってサインだったから 

ひさしぶりに公園にいって草を吸ってチルアウトして来た。 

 

この日は天気も暖かくってお日様が眩しい、最高の天気。 

まるで近所の人たち全員この公園に来ているかのように人も多かった。 

 

暖かい晴れた日くらいみんな外に出たいよね~。 

ニューヨークの平和市民の皆さん。

 

 

 

 

いつもの公園の草の上で裸足になって大地に根付いてアーシングしながら全身を 

大地に横たわり広ーい空を見上げながらお日様の光を浴び、川沿いの水のエネルギーと 

柔らかな風にそよがれ、大麻の歓喜のエネルギーと繋がりリラックスヴァイブで

かなり浄化され、大地と空と一つになる時間を楽しみました。 

 

 

 

 

このことをブログという公の場で自分の声として発表するかどうか、

ちょっと迷ったんですけどね〜。。。おれけっこう真面目だから。

 

しかし周りのジャッジに翻弄されずにただ自分のハートに従って、

正直な思いをシェアするスピリットのありのままを表現したいなと、、、

 

とくにこの時期そう感じたし、このことに関する自分のパッションは

きっと必要な人には有益な情報だと思うから、思い切ってお伝えします。

 

これは大麻を推奨するものではなく、はたまたその善悪を論議するつもりは全くなく、

単に私個人の経験からくる観点や思いをシェアしているにすぎません。

 

大麻に限らず、世の中の様々なものには一長一短、善悪、光と闇は付きものだと思う。

例えばお金というものにも光と闇、善悪や一長一短があるように。

 

これを使ったら幸せになれるとかってことではもちろんありません。 

あらゆる嗜好品は一時的な満足感充足感を得るだけにすぎないわけで、

その点は大麻もかわりはありません。

 

根本的な幸せとか、充足感というのはその人の持ち合わせた感性によるものなので、 

それもお金の例えを出していうと、お金持ちだったとしても何かに不満だったり

幸せでない人がいるのと同じで、大麻があれば幸せになれるわけではないです。 

 

だから完璧なものではないし、それをよく捉えるのもわるく捉えるのも

その受け取る人の視点や信念体系にすぎないと思います。

 

ただ現在の一般認識として、日本の方々にはネガティブなイメージがメディアによって

でっち上げられすぎていて、大麻の素晴らしい部分が知られなさすぎるので、

自分がちょっとこの大麻の光サイドをシェアしようかと思います。

 

カナビス=大麻はおれにとってはサイコーのメディシンだしヒーリングツールだし 

神聖な植物、ハーブで、イルカのエネルギーのようなハッピーヴァイブで 

遊んでもくれる嗜好品と一口では語れない奥の深いスピリットです。

 

それをシャーマン的に言うならティーチャープラントと呼びます。 

シャーマンツールとして使うならやはり光も闇も出して来ます。

 

この植物とうまくバランスとれた付き合い方を学ぶ意志があるなら

その恩恵は多大なものでしょう。

 

大麻の医薬品としての作用はがん細胞を殺したり、抗がん作用、鬱、睡眠障害、

喘息、鎮静作用、食欲増進、などなど何百もの症状に対応しています。

 

個人的に使うときはあらゆる場面に利用しています。

 

例えば自己ヒーリングのセッションの際は浄化作用も強いのでデトックスも

上がって来やすいし、自分の感情や思考の内観を深めることを助け、解放を促し

高い視点からの観察力が冴えるので、新たな気づきや視野を広げることを

サポートしてくれます。

 

周囲のエネルギーや環境に敏感になるので、安全な自然環境の中で地球と宇宙と

一つになるアーシングのワークや自分のハートで感じることなども促進できるし

音楽やアートのインスピレーションや感性を高めることなどを促してくれます。

 

 

アメリカでは2014年にコロラド州で趣向品として大麻を合法化したのをきっかけに

現在では嗜好用大麻合法州は12州、薬用大麻ではニューヨークを含む 

34州が合法になっています。 

 

近年ようやく全米的に大麻を合法化しようというムーブメントが広まっている。 

 

今時ニューヨークのどこのストリートを歩いても葉っぱの匂いは当たり前に漂ってくる。 

川沿いの公園でもよくその匂いが漂ってくる。

 

それは自然の香りだし、愛と平和の香り。 

 

おれにとってはこの大麻という植物は、他の嗜好品、ハーブ、植物、燃料や食料、資源 

と等しく、この星の住人としてその恩恵を受けるべく広まって当然のものだと思ってます。

 

ただ今までこの植物は人の勝手な権力闘争や利益に利用され、ワルもののような 

扱いを受けて来ましたが、ようやくそれも認識が変わりつつありますね。 

 

もともとこの植物は戦前までは日本でも資源として利用され国の象徴的存在として 

尊ばれ資源としても重宝されて来たもの。 

 

日本の土地の名前に麻という文字があるのもその証で麻が日常品で日本全国、

当たり前に栽培されていました。 

 

それが戦後のGHQというアメリカに押し付けられた政策によって、法律で禁じられただけで、 

実際法律にも大麻を所持、吸うことがどういう理由で違法なのかは記されていないのだという。 

 

日本は麻の文化が根強く、神道でも神聖な植物だし、神社のお札には 

天照大神大麻って表記があるのも、日本の神様が大麻と繋がってることの証だよね。 

 

古事記とかの日本の神話も戦前は学校で伝えられていたものだったのだけど、 

GHQ政策でそれも全くなくなったというし。。。

 

GHQってのは日本の魂を抜いた政策だったんだろうね。 

ヒーリングで日本人全員 ”魂の統合” した方がいいのではないか?

と思ってしまう。

 

時々日本に帰国してテレビで流れてくる大麻所持で逮捕されてる 

人達とか見たら、まるで時代劇のように下手人をひっ捕らえて晒し者にし、 

権力に逆らうとこうなるぞとメディアを通じて民衆に向かって 

知らしめ罪悪感を植え付けている洗脳の幻想を目の当たりにさせられる。 

 

あー、こうやって人は法律を犯したら、とんでもない非国民なんですよーと 

みせしめして洗脳させられているような光景。 

 

あれはかわいそうだわね〜。 

 

みせしめされるやつはワルいやつなんだという洗脳。

 

タレントなんかもテレビという権力には逆らえないから、皆さんに迷惑かけてしまって 

申し訳ない、、とか言ってるけどさ、、、だれも迷惑なんてかかってないっちゅーの。 

 

そんな洗脳じみたことばかり植えつけるメディアの方がよほど迷惑だっちゅう話だよね。 

 

そもそもその法律が間違っているという事もあるのだけれど、そこ話したら 

キリがないのでここでは書かないけど。 

 

これが仮に日本でも合法化が進んで、使えるようになったとしたら、

きっとメディアは全く違うことを伝えるのだろうな、、、と思うと滑稽でもあるよ。

 

善悪なんてその時代の都合でかわっているだけの幻想だからね。

 

韓国ではすでに医療大麻は合法化してるらしいよ。

こと大麻に関しては日本の意識、遅れすぎだって。

 

NY近隣州のマサチューセッツ州でも昨年には嗜好品大麻が合法化し大麻薬局(ディスペンサリー) 

がオープンし始め、毎日長蛇の行列になるほどに大流行りだったらしい。 

 

そのくらいアメリカのひとたちはこの植物の価値を認めている。 

 

大麻を売ることで課税し州も相当に儲かることが期待されてて 

今やゴールドラッシュ的なビジネスチャンスも潜んでいるらしいし、 

すでに大麻のリラクゼーションや痛みを緩和する薬用成分である 

CBDという成分は大抵どこの州でも合法なので、ニューヨークのカフェ、 

スモークグッズ屋、ホリスティック雑貨系のお店ではCBDは人気商品として 

バリバリ売られている。 

 

まあ、個人的にCBDだけのものは、すでにカナビスを吸ったことがある人に

とってはイマイチ物足りない感も 否めないし、ノンアルのビールのような

気休め的な感もある。 

 

とはいえ、最近の品種改良したTHCの多いやつもそんなに好きじゃなくって、やっぱり 

自然に天日で育てられた無農薬栽培した地球のエネルギー満点に受け取った草が一番よ。 

それはアロマオイルなんかがオーガニックでナチュラルなものの方が波動が高いのと同じ。

 

以外に合法化に保守的なニューヨークは西海岸に遅れをとってるんだけど、 

大麻消費量としてはニューヨークがやはり全米1なんだって。 

 

そりゃアーティスト、自由人、黒人にラティーノの多いこの大都会ニューヨーク、 

さすがですよね。 

 

ニューヨークでは現在、州知事も大麻推進派で合法化を進めようとしているらしいのだけど 

そろそろ今年、来年あたりなんてニュースもあったりしてる最中のコロナ騒動だから 

今年はもうないだろうけどね。 

 

さておき、この神聖な植物大麻が日本に戻ってくるその日を夢見てるよ。 

それが本当の日本の岩戸開きなのかもしれない。

 

みんながこの植物の恩恵である笑いや喜び、今ここに感謝する豊かな 

感性を受け取れる時が来れば日本がもっと明るく楽しくなると信じてる。

 

コロナでみんな塞ぎ込んでる人が多い時期だからこそ、解放してほしいと 

願うヒッピーヒーラー&ミュージシャンおさむでした〜。

 

あざーしたー

 

🌈✨💖

 

 

はい、それでは今日もみんなに元気を発信する音楽配信のコーナー。

 

最近カバーソングをよく掲載してるので友人からリクエストの声がかかるようになりました。

 

今回はハワイ繋がりのシスター、知多半島にお住まい、ゆうきのリクエストで

 

『オーバーザレインボー』

 

内なるLove✨&Peace🌈 を祈って。

 

 

 

 

公園の道沿いに植えられてた桜のような花が、輝くように咲いていたので 

思わず立ち止まって、そのエネルギーに浸ってました。

 

 

 

 

瞬間の爆発。永遠の歓喜。 

 

みなさまこんにちは。 

ハッピー4.20✨

 

引きこもり生活、いかがお過ごしでしょうか😉 

 

おれはというと、もうただひたすら創造に意欲を燃やして 

自分がやりたいことだけをその瞬間瞬間にやってるだけって感じで 

情熱が増してきたかなーって感じがして闘志が湧いてきてるんですよね。 

 

で、この情熱に加担してくれた動画があります。 

 

最近、中田敦彦さんのユーチューブ大学を好きでよく見てるんですけど 

彼のレクチャーを通じて岡本太郎のいきざまを垣間見ることができました。 

 

それでもちろん岡本太郎さんという方の芸術家魂はすごいな、というもの 

あるんですが、その魂が敦彦さんの情熱的な言葉とエネルギーを通じて 

入ってくるので彼もそーとーすごいなーと彼の才能にいつも感心してます。 

 

皆さんも是非、この時期勇気とか自信とか失ってきてる方は 

オススメの動画ですのでご覧ください。 

 

今最も必要な勇気が湧く言葉たち「迷ったら危険な道に賭けろ」 

https://youtu.be/02tcasG2Gcs 

 

命を危険にさらすと勇気が湧いてくる 

https://youtu.be/AcoLDdnD0c8 

 

芸術は爆発だ! というセリフで有名な岡本太郎さんの生き様は 

アーティストそのものだなーって、自分の人として、アーティストとしての 

意識を呼び起こしてくれた。 

 

小学生の頃から反逆児で一年生の時、学校の理不尽な規則や、先生の言動に 

怒りを感じ3回も転校したんだという。 

 

また若い頃画家になり始めた頃はかなり批判も受けてきたらしく、 

それでも全くめげずに、逆に絵画の石器時代は終わった、と訴え 

おれが新しい時代を始める。。。 と情熱を燃やしていたんだという。 

 

自分の信念に沿わないものには反抗するだけの強さが凄いですね。 

自分がどう思われる、みられる、評価されるという事に傷ついても

屈することが全くない逞しさがパワーなんだなー。

 

それが自信なんだろうね〜。 自尊心。

 

幼少の頃から「自分の内に神聖な炎が燃え盛っている」と信じていたという。 

 

なんかすでに神と繋がってる人だったんだなって思うよね。 

常に覚醒しているような人なんだろうか。

 

”人生は瞬間瞬間の爆発の連続” 

 

本当に最近はそれを思うね。 

 

日々の創造プロセスは爆発的なエネルギーなんだよね。 

これが今時俗にいう「今を生きる」って言うまさに本当の意味だって思う。 

 

その瞬間瞬間に意識を向け、選択してゆく。 

 

彼の中でいい意味で使う言葉と、わるい意味で使う言葉があるのだけど、 

例えば ”歓喜” に対して ”幸福” が良くない言葉として対峙されてて、 

幸せというのは安定とかを求めているので進化がなく、惰性的なものに対し、 

彼が求めているのは歓喜であり、それは一瞬の爆発の積み重ねなんだという。 

 

ここで思ったのだけど、歓喜は「永遠」という創造主に繋がってるんだろうって思う。 

 

だから今おれたちはそこに繋がっている必要があるんだと思う。 

 

「危険に身をさらすということが大事で、命を危険にさらすと勇気が湧いてくる。」 

 

確かに恐れを超えるには勇気が必要になってくるから自分で闘志を奮い立たさないとなって 

思う今日この頃。 

 

 

無理だと言われる方を選べ!! 

戦う意志は湧いてきて、そこから初めて力が湧いてくるんだ!! 

 

そう語る岡本氏のヴァイブを受け継ぐ中田氏。 

 

あと岡本氏に関して印象に残ったことは

絵描きは絵を描いてろと言う言葉が一番嫌いなんだという。

 

「職業主義をやめろ、人間として表現するんだ。」

 

本当だね。

おれもミュージシャンとかヒーラーとか、肩書きじゃないし、

なにをやってても自分の魂を表現するものであればアートなんだと思うよ。

 

人生は永遠に続く歓喜のアートそのものなんだから。

 

岡本氏は死んだ時も葬式はしなかったらしい。 

死は祭り。 悲しむものではない。 

 

おれも全くそう思う。 

死はきっと美しいものなんだよ。素晴らしいものなんだよ。 

永遠に続く歓喜の節目なだけだよ。 

 

だから親はもちろんのこと、ご先祖様から代々続くこの神聖な生命を授かってるのだから、

おれも死ぬまで生を歓喜し続けようと心に誓ったのでした。

 

 

そう考えたら、このコロナの時期も全くの祝福。

これによって自分の成長や変容を促されて普段の自分を越えようとする

勇気を与えるトリガーになっているのなら。

 

だからコロナもそれをどう捉えるかの視点が大事なんだと思います。

と言うことでお届けする今回のユーチューブのクリップ。

 

最近二つ続けてアップしたんですがまずはこちら

 

コロナウィルス浄化のためのサウンドヒーリング 

 

この時期、何かと心配不安もつのりやすいかと思われますので、やはりこれを

お届けしたいと思います。

 

コロナウィルスに感染したなと感じた時、実際にしてなくてもそういう 恐れがある時、

コロナの関係で何かとストレスを感じている人などに 聴いてもらえるとうれしいです。

 

サウンドツールは次のものを使いました

 

神の音チューニングフォーク

カバラ数列から成るソルフェジオ周波数を使った音叉。

 

174 Hz・・・意識拡大と進化の基礎

285 Hz・・・多次元領域からの意識拡大と促進

396 Hz・・・トラウマ・恐怖からの解放

417 Hz・・・変容の促進

528 Hz・・・DNA の修復

639 Hz・・・人間関系の修復

741 Hz・・・表現力の向上

852 Hz・・・直感力の覚醒

963 Hz・・・高次元、宇宙意識とつながる

 

惑星のチャイム

冥王星/闇、破壊、カルマの解放、再生力

ニビル/恐れ、混乱、破壊の解放

海王星/混乱、不安、恐れの浄化

新月/浄化、サイクル、安心、安全

オーム/自然、生命、誕生

太陽/中心、活力、バイタリティー

 

クリスタルボウル3種

 

聞き流しでもオーケーですし、本格的にやりたい場合は、

リラックスした状態でヘッドフォンを付け、画像を見ながら そのエネルギーを感じてください。

光、太陽、月の光、オーロラの光などに闇のエネルギーが 溶かされて癒されてゆくことを

イメージして音に浸ります。

 

そして今ここに感謝することをイメージして感じてください。

お好みで何回でもやってオーケーです。

 

多くの方々に使っていただきたいので、 ご利用いただきましたら

ユーチューブにてGoodボタン、チャンネル登録、リンク拡散などのご協力をお願いします。

 

 

 

もう一つはギターのソロ即興演奏を収録したものです。 

 

先月3月の9日、乙女座の満月の日に録音しました。 

 

即興演奏っていうのは初めにイメージがあってやっているのではなく 

その時々、まさに一瞬一瞬の爆発を表現するもので、だからこそ 

その魂のパワーがそこに込められている力強い創造の世界なんだと思う。 

 

出来上がったものを自分なりにリビューしてみると、イメージ的には 

スペインとかヨーロッパのさらに寒い土地の感じがあるなーと。 

荒涼とした風が吹いてる感じが少し悲しさを感じさせる 

エレジーのような。 

 

次第に意識が軽くなっていって、最後は蝶のように変容して行くような、

ロータスの花が歓喜を歌っているように感じますね。

 

今回は動画のいろんなイメージを組み合わせて、音と合わせてみました。 

 

自然とそのサイクルに意識がフォーカスできるように作っています。 

 

タイトルはLife In The Renewal 

 

今この時期、この「生命の再生」が起こっている最中なのでそう付けました。 

 

破壊と再生の創造のプロセスの最中に湧き上がった 

いろんな思いがこの乙女座の満月の日に出てきたんだなーって思います。

 

 

 

こちらもまたユーチューブにてGoodボタン、チャンネル登録、リンク拡散などの

ご協力をお願いします。

 

ではまた✨🌈

 

 

 

 

 

 

桜と人生・この素晴らしき世界 

 

🌸🌸🌸🌸

 

暖冬の影響もあってニューヨークは桜が例年よりも2~3週間は早く 

花を咲かせていた。 

 

最近よく、いつもの川沿いのハンターズポイントパークに行くのだけど、

暖かい小春日和の晴れた日に満開の桜を見ることができる。 

 

ここはそんなにたくさん本数はないのだけれど、そこのエリアに集中して 

桜の木が植えられているので、ちょっとした桜並木になってて、 

お花見を堪能できた。

 

木の下にベンチがあるのでそこで座って、春の風と太陽、桜のスピリットを 

感じながら目を閉じて地球のエネルギーを受け取る。

 

 

 

 

これはソメイヨシノだよね。 

日本の文化もアメリカに多く普及してるので、近年のこう言った整備された 

公園にはよくこの桜を見ることができる。

 

 

 

小さな花たちが今この瞬間に生命を解き放つエネルギー。 

それは儚く、美しい。

 

 

 

 

薄い淡いピンクの小さな花びらのが無数に咲いている姿を見ながら 

春の到来を感じると同時に新しい生命活動の始まりとその生命力の 

エネルギーを感じ、生きる姿の美しさを身を以て伝えてくれている。

 

 

 

 

この花びらたちはほんの数日や数週間のためにこの世界に現れては散りゆく。 

ただその生命のサイクルを全うするために。 

 

 

 

 

わたしたちもその宇宙の生命のサイクルから離れらるわけがない。  

ただ、それを忘却する幻想が分離を生み出しているだけで。

 

自然のサイクルを感じると、植物も動物もただ超然と各自の生命を全うしている 

だけなのに、人間には恐れという感情があるので、今ここの瞬間から切り離されて 

しまうんだな~って想いに至る。 

 

エゴもこの宇宙が創造したものなのだから、分離しようがないのです。 

 

この光と闇の幻想の分離意識もまた、宇宙の生命のサイクルの一つなんだって感じます。

 

 

 

 

よく、環境破壊する人間は地球にとってはガンみたいな存在だから、 

人間なんかいない方が地球にとってはいいんだって言う考え方に行きつく人の声も聞くけど、 

その意識はやっぱりエゴを許さないという人のエゴが生み出した、

善と悪の二元的な思考だからそうなるんですね。 

 

破壊も再生も、生と死も、すべて宇宙の創造のプロセスですから、 

エゴから生じた人為的な破壊であったとしても、自然災害で生じた破壊だったとしても 

それは大きな宇宙のサイクルから見れば同じもの。 

 

だからエゴを許すも許さないも、そのエゴはわたし達人間が生み出したというより、 

宇宙にとって必要なものだから、ただただそうなっているだけだよね。 

 

人間であるということは間違いなく絶対にエゴがあるってことなのだから、 

それは本来は絶対的に許されてるわけですよ。 

 

 

 

 

恐れは自由を妨げるものだけれど、エゴの暴走を防ぐものでもある。 

だから人間の生命は恐れによって守られてると言えるけど、 

束縛されているということにもなるわけですね。 

 

でもどっちが正しい道か、なんてのはないですから、今までのように 

恐れの中で人生を生きてもいいだろうし、、、けどそれがイヤなら 

恐れと向き合って覚悟を決めてそれを手放す事なのですね。 

 

それは本人の選択の自由なんですよ。

 

もちろん恐れから抜けた方が世界が広がる事は間違いないでしょうが。

 

 

 

 

おれもそのエゴに気づいたり恐れを手放したり、過去の感情を解放することで

人の可能性が広がったり、広い視野や視点で感じれることで楽に生きたり

豊かに生きれるためのお手伝いとしてヒーリングのセッションを人に

施したりしています。 

 

それが自分が人に与えることができるギフトだと思うから。 

 

でもそれは技術やツールを持っているという以上に、 

自分の存在そのものがギフトなんだという意識を保つことで 

受け取れるものなんだと思います。 

 

桜が与えられた絶対的な美しさというギフトが人を癒すことができるように、 

人にも絶対的に与えられたギフトがあるんだと思います。 

 

だから今のこのご時世、そのギフトをできる限り発信していく事に専念しています。

 

桜の花も人の人生の長さも宇宙の広さから見ればほとんど変わらない。 

だから花のように人生を超然と生きよう。 

 

そう決心した2020年4月の春の日でした。

 

桜とニューヨークの摩天楼と共に記念撮影 🌸🌸

 

 

 

では今日も音楽のギフトをお送りします。  

 

『この素晴らしき世界  』

 

 

 

ルイアームストロングの楽曲として有名な歌をギターソロで演奏しました。   

 

そのほか多くの有名アーティストに歌われていますが、印象にあるのは、   

ハワイアンのIZことイズラエル・カマカヴィヴォオレがウクレレと一緒に歌ってるものがあります。   

 

歌の歌詞の冒頭を訳すとこんな感じになります。   

 

『緑の植物に赤いバラ、君と僕のために咲いている。   

なんて素晴らしい世界なんだって思うんだよ。   

青い空に白い雲、明るい祝福の1日、神聖な暗闇の夜。   

なんて素晴らしい世界、、そう思うんだ。  〜〜〜』   

 

 

あたりまえのようにある美しい日々を描写しながら、   

この地球と人々のライフを賛美している、この曲がとても好きです。   

 

きっと今のこの時期だからこそ、そんなシンプルな感動に 感謝する気持ちも   

溢れ出すことができるんだと思います。   

 

全ては奇跡で常に変わりゆくもの。   

だから人生も生命も全ての存在も尊いのだと思います。   

 

そんな思いをギターで表してみました。   

 

ありがとうございます。   

 

もしよろしければ、youtubeにてGoodボタンや、チャンネル登録ボタンを   

押していただければ嬉しいです✨✨

 

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

 

 

 

 

安心立命ですね  

 

ニューヨークもコロナウィルスによる封鎖で短期間のうちに 

すっかり様相が変わってしまった。 

 

外は車も人通りも少なくて随分と静かになった。 

 

見る限り人がいるのは食材のあるスーパーか公園。 

 

さすがのニューヨークでもマスクをしてる人もかなり増えた。 

 

ちょっと用事で行ったファーマシーも、いっぺんにたくさんの 

人が入ってきて混雑して感染しないように入場制限してて 

かなり緊迫した状況だっていう感じは伝わる。 

 

そのくらいこのウィルスは勢いがあるらしい。 

 

しかし今一番大変なのは病院の人たちだろう。 

 

そこで働いてる人たちも患者のために命がけな感じで日々 

戦ってるんだと思うと過酷さが伝わってきますね。 

 

きっとキネシオロジーやサウンドヒーリング や、おれが講習にいった 

Holo-Setsもそうだし、多くのヒーリングは恐れを和らげ、 

免疫力を高めたり、ウィルスを浄化し調整する効力はあるのでしょうが、 

一般的な認識としてはやはりそこまでヒーリングは市民権を得ていないので、

多くの人たちは病院に行くことになるんでしょうね。 

 

きっとそういったウィルス感染のクライアントさんへのヒーリングセッションを 

自分がするならスカイプを通じてやることになります。 

 

そしてテーマは免疫力、安心感を高める、エネルギーを高める、、 

というようなものになるかと思われます。 

 

ちょっと話が逸れますが、、、 

 

自分はレイキのマスターもやっているので、先日久々にレイキの伝授をさせて 

頂いたのですが、それでレイキに関して再検証してたんですけど、

創始者の臼井ミカオ氏はレイキを体得される前に安心立命の境地を求めていたんですね。 

 

それで安心立命ってなんぞやって事でググってみたんですけどね。 
もともとは仏教や儒教の教えから来てるそうなんですが、

それはこういう意味になるそうです。

 

『心を安らかにして身を天命にまかせ、 

 どんなときにも動揺しないこと。 

 人力のすべてを尽くして身を天命にまかせ、 

 いかなるときも他のものに心を動かさないこと。』 

 

いや~全くそれが今私たちに必要とされる意識だよな~と。 

 

すなわち、それが究極のグラウンディングだし、自分と宇宙を信頼して 

流れに委ねている、自分軸の状態、、と言えるんじゃないでしょうか。 

 

そしてそうなることで自然治癒力は高まり、ちょっとやそっとでは 

病気にならない心身が作られるんだと思います。 

 

だからそう考えたらレイキの理念としては地に足のついた意識を 

目指したヒーリングなんだと思います。 

 

伝授の機会をいただき改めて臼井氏に感謝と敬意を表したいです。 

そして受講していただいたNさんにも感謝します。

 

いまやヒーリングも進化して様々な種類のものがあって、皆さん 

どれから始めたらいいのか迷うほどに情報も増えましたが、 

最初にヒーリングを学ぶものとしてはレイキはとても面白いと思います。 

 

もちろん伝授する人にもよるのかもしれませんね。 

 

多分自分が伝授やってて楽しいと感じたから、受ける側もその楽しさを 

感じれたんだと思います。 

 

因みに今回は初のスカイプ伝授でした。 

 

それまでスカイプで伝授はやったことがなかったので、一抹の懸念は 

ありましたが、実際やってみると全く問題はありませんでしたし、 

十分にできた手応えがありました。 

 

 

さて話を元に戻して、要するに今回のコロナのもたらしたメッセージは 

やはりこの「安心立命」、、平たく言うとグラウンディングした意識状態が 

大事なのかなと感じました。 

 

こう言う状況ですから、いろんな情報がメディアから飛び交いますし、 

周囲から影響されたりだったりで翻弄されがちになることもあるかと思います。 

 

そこでこのグラウンディングすると言うことが大事になってくるわけです。 

 

どんな時も肝を据える、落ち着く、安心感を保つ、、、あるいはそういう状態に 

なっても戻って来れる信頼感。 

 

もしセラピストやヒーラーさんなら、今一番試されている時なんじゃないでしょうか。

 

自分が安心した意識でクライアントさんにその安心感を与えれることがヒーリングの 

技術より何よりヒーリングのパワーになるんだと思います。 

 

それはBeingでいることですね。

女性性のエネルギーですね。

 

なので、これはそういった人たちには与えられたチャレンジなんだと思います。 

 

不安、心配、恐れは完全に今ここに存在する意識から引き離される事なんですね。 

だからグラウンディングが弱い状態になりますからね。 

 

しかしよく考えたら、今地球に生存している人たちというのは、 

ながーい地球の歴史の中で様々な戦い、争い、疫病や飢え、貧困、天災などの 

困難を乗り越えて生き残ってきたご先祖様たちの末裔なわけですよ。 

 

だからそんなやわな遺伝子をもった私たち人類じゃないんですよ、本質的には。 

一昔前、100年ほど前にはスペインかぜというものが流行し、桁違いの

死者を出したらしいのですが、私たちはそういった苦境を超えてきたわけですよ。

 

だから今回もこれが乗り越えることのできるものだからチャレンジさせられているんですよね。 

そう思うと私たちは常に宇宙の最先端なんだと認識できますね。 

 

しかしその恐れを超えることができるのは愛なんですよね。 

 

これは理想とかではなくて真実なんだと思います。 

 

この陰と陽の二元性の世界では恐れと安心は相反する意識だとおもいますが、 

それは表裏一体でもあるわけですね。 

 

それを超える意識は愛なんだと思います。 

 

なので、究極的には今回のコロナウィルスから学ぶべきことは 

自分が愛を表現すると言うことに尽きるのかなと。 

 

魂が本当に喜びを表現したいこと、やりたかったこと、、、 

そこに戻ることなんじゃないかなと、そう感じました。 

 

だから焦らず、頑張りすぎずに、もし今回のことで職を失ったのでしたら

お金の心配やら、先の不安やらの代わりに、仕事から解放されて自由を得た今

自分は本当は何をしたいんだろうって、内観する時間を設けてはいかがでしょうか?

 

そしてその貴重な時間をそれに向けて専念することや、それを外に発信することが

今ここでできることなんだと思います。

 

もっぱら私もそれを実行すべく、今必要な、やりたいことをやる、 

ということにフォーカスし専念して生きています。 

 

なので今回は私の与えられたギフトである、ギターを手にして 

ユーチューブの動画をアップさせていただきました。

 

まだご覧でない方はどうぞご視聴ください。

 

アイルランド民謡として古くから知られているこの曲は「ダニーボーイ」

あるいは「ロンドンデリーの歌」という名前で有名な曲。

 

最近この曲のメロディーが頭に浮かんできて、演奏したくなりました。

もう戻ってこない愛する人に向けられた哀しみの情感が旋律に込められ、

たくさんの愛が詰まってるこの曲が好きです。

 

なぜなら哀しみは私たちの心にたくさんの愛が溢れていることに 気づかせてくれるから。

 

また、この曲には私自身がアイルランドを旅した時の美しい情景を思い起こさせ、

親しみと懐かしさを感じさせます。

 

今回はギターでそれを表現してみました。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

最近はもっぱら晴れた日には川沿いの公園の芝生の上で日光浴しながら

バイタリティや免疫力を高めてますねー。

 

ソーラーパワー、スゴイですよ。

なんてったってアマテラスパワーですからね☀️

 

 

 

 

Love💖&Light✨

 

 

 

春分の日・ハワイ・クジラとサウンドヒーリング音楽 

 

こんにちは。 

 

今日は春分の日ですね。 

 

正確にはNY時間19日午後11時49分に春分ということですが、 

その前後数日は春分のエネルギーがつよいので、 

今日は一人で春分の日のリチュアルをやってます。 

 

そのために、昨日は家を片付け、掃除したり、自己浄化して 

古いエネルギーを手放して新しいエネルギーを迎い入れる準備をし、 

今日は日中ニューヨークも摂氏20度に達するほどの暖かい天気だったので 

川沿いの公園の芝生の上でお祈り日光浴をしながらバリトンウクレレを 

かき鳴らしてました。 

 

一年の中でも春分の日は占星術などでは始まりの日なので 

とても大切な出発の日だと言えます。 

 

そんな何度も経験した春分の日の中でも昨年の事は忘れられない神秘的な

春分だった日々だったので、その事をシェアしたいと思います。 

 

ハワイ島のコナでのりこ&ゆうき&はるま&参加者グループを引き連れて 

リトリートを行なっていたのは2月の下旬から3月中旬にかけて。 

 

その仕事が全て終わったのはちょうど春分の日の直前。 

そしてリトリートで借りてた家を出る日が3月21日の春分の日。 

 

リトリートハウスのラナイから眺める景色がとびっきり美しく、 

正面には水平線が広がってて、そこから毎日のように夕日が見えてたのだけど、 

リトリート終了直後の20日の早朝は満月が水平線にポカンと浮かんでて、 

空を淡いブルーとピンクのグラデーションで彩っていた。

 

それは天秤座の満月だったらしい。

 

 

 

 

 

そして翌日の早朝には空に虹がでて、全てを祝福してくれてるようだった。 

 

それから、家をチェックアウトする前に、ケカハカイのビーチに挨拶しに行った。 

 

そこには、偶然にも絶滅危惧種のハワイアンモンクシールという 

アザラシがビーチに来てて、しかも生まれたてホヤホヤの赤ちゃんが 

一緒にいた。 

 

この春分の日に、そんな貴重な動物の新しい生命の誕生に遭遇するなんて、 

タイミングが奇跡すぎるほどに、チャンスに恵まれたと思ったし、 

満月も太陽も、虹も、動物たちも、全てここの自然のスピリット、 

それをハワイの女神ペレーと言うのかもしれないけど、そういう存在から 

溢れんばかりの祝福を受け取った気持ちだった。 

 

 

 

素晴らしい一年の始まり。 

この先どんな素晴らしいことが待っているんだろう。。 

 

そんなワクワクな予感に心は弾んだ。 

 

あれからちょうど一年経った今、その時の事を振り返ってるのだけど、

あの祝福の日々は今に繋がっているし、どんな事が起きようとも

これから迎える未来は素晴らしいものなんだと、あの時の圧倒的な

光を思い出しながら今の時を過ごしている。

 

今回の日記はサウンドヒーリング ミュージックを紹介するのだけど、 

去年の春分の光から今日の春分へと進化するための創造を引き継ぐような意図で

お贈りしたいと思います。 

 

今回のサウンドの目玉は音源の中にクジラの唄声をフューチャーしている事です。

 

そのクジラの音源は、先のリトリートで出会ったドルフィンスイムツアーの 

ガイドでありアーティストのダイスケさんから拝借させていただいたものです。 

 

リトリートは3回こなしたのだけど、それぞれにドルフィンツアーを 

行ないました。 

 

そのドルフィンツアーで出会ったダイスケさんはイルカを愛し、イルカに愛され 

テレパシーで意思を通わせる、イルカの申し子のようなラブリーな人。 

 

そのツアーの間、何度も会うので話をするチャンスがあったりして 

お互いのやってることや、やりたいことなんかを話し合って、 

お互いにどこかしら通じ合う友人のように思うようになってた。 

 

それでFacebookで繋がったりして、時折近況を伺っていたのだけれど、 

最近パートナーのゆうこさん<彼女もドルフィンスイムツアーで素晴らしい 

サポートをしてくれた方なのだけれど>というイルカカップルの間に 

赤ちゃん生まれてチョーオメデタになってます。 

 

 

そんな彼に2ヶ月ほど前にフッと思い立ち連絡を取って、

音楽を制作したいのでイルカとクジラの音源を送ってほしいとお願いしたら、 

すぐにオーケーしてくれ、ファイルを送ってもらいました。 

 

そんな経緯で、やっと曲も仕上がり春分の日の今日を発表する事が 

できました。 

 

音楽はクジラの唄にシンセサイザーのバックグラウンド。 

ネイティブアメリカン・フルートのリードにクリスタルボウルなどの 

シンギングボウルをちりばめて宇宙的なサウンドになってます。 

 

リラックスしたい時、癒されたい時、瞑想の時、、、など 

お好みに合わせてかけてもらえると嬉しいです。

 

と言う事で春分のエネルギーに祝福と祈りを込めてお届けします。

 

題して

『Whale Song Of The Universe』

 

 

ダイスケさん&ゆうこさん ありがとー&アロハー🌈

 

 

 

 

 

信頼感と安心感と豊かさに関して 

 

 

ここニューヨークでもコロナウィルスの感染防止に対応して 

公共の施設、エンターテイメント系の娯楽施設やレストランなどが 

営業を停止したり、テイクアウトやデリバリーのサービスだけに 

なったらしく、これは多くの人にとって過酷な耐久戦になる 

だろうことが予想される今日この頃、、、 

 

そんなことは浮世離れしたおれでも街のひと気の少なさを垣間見たり 

ネットで見たりで自然に現状を目の当たりにしてる。 

 

けれどこんな時だからこそ、人が恐れから行動をとるのか、 

愛という信頼から行動するのかが試される分岐点の時期でもあるなーと、、 

 

自分も今回のことに関しては大きな変容の学びの機会として受け止めてます。 

 

こうなると感染する不安や恐れに関してだけではなく 

経済が動かないので、やはりお金に関する不安も大きく

上がって来てるんじゃないかと思われます。 

 

お金というのは長年の歴史の中で最も権力を与えられたものだろうし、 

それが人の生活の営みにどれだけ大きなサバイバルプログラムを 

作ってきたか計り知れない。 

 

サバイバルプログラム。 

それは生存するための行動であり縛り、制限された信念。

 

それは生活、生存するためにやらなけネバならない、 

という義務や責任感、損得勘定を伴ったものなので、

本人のハートや魂が求めているものとはかけ離れてしまう、

という自分の本質から切り離されてしまった意識が

根深く信念体系としてはびこった状態。 

 

よくスピ系でワクワクすることとか、ハートに従うことをしましょう、 

とかって話してるのを近年はかなり多くの人々が知っていると思うけど、 

そういったハートの感覚や直感は、本質的に自分自身と宇宙への 

信頼と安心感という意識状態で感じれるものだと思います。 

 

宇宙への信頼、、とは「必要な時に必要な事が完璧なタイミングで 

物事は起こっている」という事を委ね安心した意識、、、 

ということになります。 

 

ただ多くの人々にとってそれはサバイバルプログラムによって 

ブロックされてしまいます。 

 

お金に対する恐れはまず筆頭に挙げられるでしょう。 

 

もちろんお金そのものにはいいもわるいもないですし、 

あくまでも森羅万象の豊かさの中の一つ過ぎず、

それをよくするもわるくするも個人の意識次第だと言うことになりますね。 

 

人は幼い時からこのお金という物質に対して様々な信念体系を 

植えつけられてきました。 

 

それは親からかもしれないし、周りの環境、社会的なものかも 

しれないし、今まで生きてきてお金に苦労した経験だったかもしれない。 

 

お金が自由と豊かさと幸せの象徴かのように、 

多大な権威とパワーがお金にあるかのように思い込んできました。 

 

しかし高次元の叡智、視点から見ればそれは幻想に過ぎず、 

真実のパワーと豊かさは常に自分自身の中から生じるものなんだと 

伝えています。 

 

信頼と安心に関しても同じで、どんな状況でも力や豊かさは内側にある、 

という信頼と安心感がインスピレーションやハートからくる直感に

繋がるのでしょうね。 

 

人からの評価、周囲の目、という恐れに関しても 

かなりのサバイバルプログラムが働いています。 

 

例えば上司とか、目上の人、親など自分にとって権威的な人物から 

否定、批判、拒否されないようにしなければ、、というサバイバル。 

 

あるいは、友人知人、近所の人、子供の学校の親達、などなど、 

自分が変な目で見られないように、嫌われないように、見下されないようにと 

ちゃんとしなければでサバイバルプログラム。 

 

いずれにしても他人軸に傾いてしまうために人からの評価や承認に 

流されてしまう傾向があるで、やはりハートの声をブロックしてしまうんですね。 

 

他人軸で生きるということは、楽な面もありますよね。 

 

それが故にサバイバルプログラムで生きているわけですが、 

人の言う事をきいてた方が責任を取らないで 

「だってあの人がそう言うから」と常に人のせいにして生きていた方が 

責任取らないで、自分が責められないで生きられるのですから。 

 

それと引き換えに自分の人生に責任を持つ事を放棄するという 

選択をしてしまっている自信のなさと臆病さが潜んでるわけですね。 

 

簡単に二つの大きな恐れに関して説明しましたが、 

きっとこれらの恐れの双璧を克服できれば、 

信頼と安心感の中、多くの自由への扉が開かれるだろうと思います。 

 

その扉を開くポテンシャルは人によって難易度は変わってくるのだと思います。 

 

人によってはわりとすぐに突破できるかもしれないし、何年も時間をかけて 

経験と学びを通じて変容していく必要があるのかもしれません。 

 

いずれにせよ無駄な経験など何もないんだと思います。 

焦らないでいきましょう。

 

ありきたりな言い方に聞こえるのかもしれないけれど、 

自分にとって豊かさとは、この世に生を授かった事だと 

今は感じてます。 

 

この人生の経験、学びや感じてきた事、人と出会いや別れ、歓びと悲しみ、 

苦しみも幸せなことも全てにおいて、自分じゃないとできなかった 

スペシャルな人としてのライフを経験するという豊かさを与えられたこと。 

 

人生を約半世紀近く生きてると、人生には時間という制限が設けられているんだ

という認識が出て来て、寿命的には80年程度の生涯。

 

スピリチュアルな見方や転生という視点で考えると魂は永遠なのですが

この体、今生というものはそんな無限の永遠の中の一つの魂の経験。

 

生と死の隣り合わせにしていることを感じると、

空気のように当たり前だと思ってた経験の数々が、

かけがえのないこの地球での生命の営みという 

宝物だと言う事に心から感じ取ることができるようになりました。 

 

そんな感性を養ってきたいろんな経験という豊かさに時折感謝の涙が 

溢れてきます。 

 

ここ最近いろんなことに多感になって涙腺が弱いですね。 

 

だから残りの人生は今よりもっとこの人生を愛したいし、

出会う人たちに心を開いていきたい。

 

自分が心を開けばひらくほどもっと豊かさを受け取れるし、

与えれるんだと思います。 


きっと皆さんにとっても今回のコロナウィルスを通じて経験する 

様々な感情や恐れ、などがきっと変容の糸口になるかもしれませんし、 

またそこから受け取れる気づき、自分にとって本当に大切なこと、 

必要なこと、やりたかったこと、、、などを見直してみる時期でも 

あるんだと思います。 

 

ですから今回のコロナの件でネガティサイドばかりにフォーカスする 

情報を受け取る代わりに、ここで大きく成長するチャンスが与えられてる 

事に意識を向けてみてはどうでしょう?

 

恐れを超えたところで、あなたは本当は何を求めているのでしょうか?

 

と言うわけで、前回のブログに引き続き、ユーチューブの

サウンドヒーリング のクリップをお届けします。

 

ヒーリングのプロセス方法は前回のブログにリンクしてください。

免疫力を高めるサウンドヒーリング 

 

あるいはユーチューブにリンクしたら読むことができます。

 

 

 

 

そしてもう一つ音を追加しておきます。

 

『ザ・サークル・プレーヤー』

この曲はきっと魂の本質を呼び覚ます力があると思います。

なので魂の統合、などのヒーリングワークに使えると思います。

 

ネイティブアメリカンのドラムとフルートを鳴らしているのですが、

録音中の即興のプロセスは完全に祈りの状態にあって、

そのエネルギーは魂の躍動、宇宙のエネルギーそのものなんだと思います。

だから人の魂に活力を与える力が込められているんだと思います。

 

 

 

さて明日は春分の日ですね。

 

シェアしたいことあるので、きっとまたブログアップするかもしれません。

 

では乞うご期待。

 

 

 

ある晴れた日の散歩の景色